5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【世界の】南京大虐殺はウソ【常識】3次資料

1 :日出づる処の名無し:2005/04/05(火) 18:55:31 ID:LU5rmTix
南京問題初心者の方。惑わされてはいけません。
前スレまでレス2000にいたるも下記の根拠は覆されませんでした。
南京大虐殺はウソです。実在しません。

<根拠>
・骨も死体も銃も刀も書類も全く見つかっていない。
・というよりそもそも証言以外の証拠は無い。
・裁判で証拠として提出された写真はその全てが無関係または合成であることが発覚。
・そもそも裁判の時、南京大虐殺を「見た」と答えた人は2人しかいなかった。
・30万人殺されたとはいうが、そもそも南京には当時30万人もいなかった。
・30万人も殺したはずなのに、なぜか虐殺後の人口はむしろ虐殺前より増えている。

基本リンク
http://www.history.gr.jp/nanking/

【世界の】南京大虐殺はウソ【常識】
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1111297289/

【世界の】南京大虐殺はウソ【常識】2次資料
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1112383046/


*ルール:反論を大量スルーしておきながら質問を発してはいけません。
 社会常識上、許されないでしょう。


145 :日出づる処の名無し:2005/04/07(木) 00:26:44 ID:O6V2T0fP
>骨も死体も銃も刀も書類も全く見つかっていない
骨は見つかっている。書類も見つかっている。銃や刀に証拠に意味は無い。
1947年3月には国際的に幾つかの埋設個所を掘り起して、人骨数と報告数との確認がおこなわれ、合致した。


>というよりそもそも証言以外の証拠は無い
伝聞証拠しかなかったからといって南京事件全部がなくなるわけではない。

>裁判で証拠として提出された写真はその全てが無関係または合成であることが発覚
南京大虐殺事件があったことについて、写真を証拠としてあげている歴史の研究者はいない。
南京大虐殺は、目撃者の証言や、いろいろな記録や、記事など、文献の資料によって十分にその論拠は得られている。

>そもそも裁判の時、南京大虐殺を「見た」と答えた人は2人しかいなかった
マギー証言の意義は夥しい数の被害者と接しいたことにある。
また、彼は日本軍の目を盗み、虐殺死体や被害者を撮影しており、それらの膨大な証拠を無視して
彼は「1人しか見ていない」というところだけ何度も強調するのは否定派の常套手段。
また、裁判では1万を超える膨大な証拠が突きつけられ、検察側が挙げた虐殺証拠に対し、
弁護側の反証は極めて少なく、弱すぎたため、法廷は「あっけに取られた」という史実がある。

146 :日出づる処の名無し:2005/04/07(木) 00:28:05 ID:O6V2T0fP
>30万人殺されたとはいうが、そもそも南京には当時30万人もいなかった。
これは一番使われる否定派の常套手段
そもそも中国の言う30万人は上海戦以降のことで日本の右翼の言う南京城区内オンリーとは違うのだが
虐殺があった事実は変わりない。

◆南京とは?
 南京特別市は南京城壁内とその周辺地域からなる南京城区と
 行政区として南京特別市に属する近郊県城と村を合わせた近郊区からなる。
 南京特別市の行政区には
  ・六合(ロクゴウ)
  ・江浦(コウホ)
  ・江寧(コウネイ)
  ・凛水(リッスイ)
  ・句容(クヨウ)
  ・高淳(コウジュン)
 の合計6県からなる。
 南京特別市の全面積は『日本の東京都・埼玉県・神奈川県を合わせた大きさ』である。

 現在の人口は以下の通り
  ・六合 68万人
  ・江浦 30万人
  ・江寧 76万人
  ・凛水 40万人
  ・句容 60万人
  ・高淳 43万人
 この近郊句と城区の人口比率はナン金銭以前も同じで、社会学教授ルイス・S・スマイスの「当時」の調査によれば
 近郊区の人口は高淳県と六合県半分を除いた4県半でも120万〜135万人に達し、南京城区は100万だった。
 又、近郊6県を合わせれば150万人を超えていた。
 近郊農村区域の人口がこれほど多いのは長江沿いのこの地域が昔から肥沃な米作地帯として栄えてきたからである。

147 :日出づる処の名無し:2005/04/07(木) 00:28:43 ID:O6V2T0fP
>30万人も殺したはずなのに、なぜか虐殺後の人口はむしろ虐殺前より増えている
これも常套手段。

(1)南京市には最初から25万人の市民が残っていた
ラーベら国際安全委員会では、南京市に残る市民の人口を事前に20万人と見積もっていたが、実際に統計調査をして確認したわけではないので、当てずっぽうの見積もりだった。
日本軍の占領後にスマイス博士らが統計調査をした結果、安全区に避難した人口が20万、安全区外の南京市に残っていた人が5万人で、合計25万人の市民が逃げずに南京市に残っていたことが判った。

事前に予測した難民数:約20万
実際に残っていた難民数:約25万

この「予測と実際残っていた難民数の差」を「市民が戻ってきて増えた数」にすり替えているのが否定派のトリック。

  これらの安全区外の市街地に残っていた5万人の人々も日本軍の暴行・略奪・放火に耐えかねて安全区に逃げ込んできた。これらはラーベの日記の1月17日の記述と日本軍特務機関の報告書で確認できる。


難民数は今や約25万と見積もられている。増えた人たちは廃墟になったと
ころに住んでいた人たちだ。彼らはどこに行ったらいいのか判らないのだ。
20万人という数字が事前の予測にすぎないことは、当時南京市長だった馬超俊市が1937年11月23日に国民党政府軍事委員会後方勤務部に送付した書簡からも明らかです
調査によれば本市(南京城区)の現在の人口は約50万余りである。将来は、およそ20万と予想される難民のために食糧送付が必要である。
(1937年11月23日に国民党政府軍事委員会後方勤務部宛書簡)

148 :恵也 ◆1BgPjyxSE. :2005/04/07(木) 00:29:46 ID:k2TFnFAk
>>127
>遺体が「棺に入れられて埋葬」となっている

紅卍字会のメモだけに、納棺と書いてあるが中国語の原文にはなんと
書いてあるんだろう?
しかも全員の納棺じゃ数が多すぎて、当時では不可能な事と思うが
原文を見てみたいものだ。

4月から異常に埋葬数が増えたのは、日本軍の埋葬作業者に対する規制
がルーズになったり、暖かくなり遺体の腐敗が酷くなり伝染病の心配や
腐敗臭で中国人自身が、積極的に作業に参加したとか、いろいろ考え
れると思うがね。

崇善堂が、会社概要に追記したなんて、どこで判るんだい?
俺にはあなたの話が理解できん。
http://nankinrein.hp.infoseek.co.jp/page014.html
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/maisou/suzendou.html

149 :日出づる処の名無し:2005/04/07(木) 00:29:58 ID:O6V2T0fP
(2)南京市に戻ってくる難民はほとんどいなかった。
  城外から南京市に戻ってくる市民がほとんどいないことは、
  南京攻略軍の司令官であった松井中将が占領地行政の問題点として雑誌記者に語っている。

雑誌「改造」昭和13年3月号

 松井指揮官・山本実彦対談
三軍を統べて我民族のために上海、蘇州、講習、南京で大捷し、歴史的の偉業を、基地でホット休養している松井指揮官を
私は大晦日の午後に訪問いたしまして約一時間会談を遂げることができました。
(中略)
山本: 南京もよく行きましたね。あれほど早く陥ちるとは思ひませんでした。
松井: 実は僕らも、もう二週間ぐらいは後になるだらうとおもっていたが、案外に早かった。蒋介石の教導総隊だけは
相当に抵抗をつづけたが、後はたいした抵抗をしなかった。だから南京は都合の好いことには余り破壊されていない。
蘇州も十分の一位しか壊れていないが、占領地域の人民の帰って来るまでには
やはり一月位はかかるだらうね。今でも一日に六百人位は帰って来るとか云ふ話だ。
(後略)
    偕行社「南京戦史資料集II」p197
 昭和12年12月末の時点で、松井司令官は日本軍の占領した南京や蘇州に
一般市民が戻ってくるのに1ヶ月はかかると見ている。
東中野修道が昭和13年1月になって南京安全区の人口が25万となったことを根拠に
「市外から南京市に市民が戻ってきた」と主張していることが成り立たないことが判る。
一日に600人ぐらいの難民が戻ってくるのなら、5万人の人間が増えるのに要する期間はおよそ83日間、2ヶ月半もかかる勘定になる。

ポイント
(1)20万人は事前の推測にすぎない。
(2)戻ってくる難民がほとんどいない事を軍が認めている。

150 :日出づる処の名無し:2005/04/07(木) 00:31:15 ID:O6V2T0fP
つまり南京事件はあった。以上、終了

424 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)