5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

長谷川慶太郎の「米国一極支配」を論じよう

1 :名無しかましてよかですか?:05/01/11 12:57:52 ID:fh374ouX
長谷川慶太郎さんの新刊「次の世界が見えた 長谷川慶太郎の世界は
こう変わる 2005」および「長谷川慶太郎の大局を読む 経済政治
軍事 2005年」はお読みになりましたか?

ttp://www.7andy.jp/books/detail?accd=31460011&introd_id=Xmo46Wk9o36m9m9oi81GiiX869Gk3564&pg_from=c
ttp://www.7andy.jp/books/detail?accd=31448752&introd_id=Xmo46Wk9o36m9m9oi81GiiX869Gk3564&pg_from=c

主張は今までの延長ですが、あるていど、納得のいく内容です。
一人勝ちの覇権国アメリカへの反感はこのさい措くとして、アメリカ
の決定的勝利によって、地球秩序が決定される・・・もはや誰も、
これに逆らえない。ムスリムテロは終息の運命にある、日本は米国に
高度な工業技術を提供して繁栄を分かち合えるであろう・・・

長谷川さんの見通し能力の高さは、僕は疑ったことがありません。
具体例をあげれば、橋本政権時代のペルー籠城事件での、フジモリ大統
領の方針を、氏は完全に見抜きました。ブッシュ再選も、左巻の一部を
除けば大勢が支持する無難な予想とはいえ、きっちり当てています。

とはいえ。長期的な米国覇権の見通しには異議が無いとしても、いささか
気になるのはアジア、とりわけ半島やチャイナにかんする、氏の認識です。
氏の見立てでは、チャイナ共産幹部はいまや政権崩壊後の軟着陸だけを
考えており、もはや野望などないかのような物言い。
しかし、民族感情とか国家のエゴといったファクターを考えたとき、
チャイナが日本敵視、内陸(チベット・ウイグル)での圧制、台湾への
攻撃意図・・・そういったものを、おいそれと引っ込めるとは思えません。

アジアでの平和確立プロセスに関しては、長谷川先生は、いささか結末
を急ぎすぎ、プロセスの解析を飛ばしすぎるきらいがあるように、小生
には思われます。
そういう部分を可能な限り補い異論を事上げし、有益な意見交換をする
スレッドにいたしたいと思います。

2 :名無しかましてよかですか?:05/01/11 13:05:54 ID:l/i7ZHzm
おみくじ評論家、バブルA級戦犯
まあそれはそれとしてこの人もうとしだからほかの人が書いてるのでは

3 :名無しかましてよかですか?:05/01/11 13:10:24 ID:3MuYP863
長谷川の言っていることはシンプル。

アメリカと戦争して勝てる国は地球上に存在しない。
これを崩すことは、中国にも、日本にも、欧州連合にもできない。
これが軍事上の絶対的優位。

そして経済もドルの優位を崩すものは存在しない。
円にもユーロにもドルのかわりはつとまらない。
これが経済上の絶対的優位。

軍事、経済のアメリカ支配が確立した。
これを打ち破ることはできるか?
答えはNOだろう。

4 :名無しかましてよかですか?:05/01/11 13:13:14 ID:3MuYP863
>>2
バブルは潰したいと思った大蔵省が予定通り潰したのであり、
株購入を勧めた人が潰したわけではない。
バブル崩壊は、人為的に引き起こされたのであって、株成金土地成金が
日本をオカシクしたのではない。

むしろ、バブル罪悪論者にこそ、バブル崩壊の責任がある。

5 :名無しかましてよかですか?:05/01/11 13:43:30 ID:l/i7ZHzm
君、バブルの生成に関し日本をだめにした7人の政治家を読んで貰いたい。
バブルは人為的にもたらされた。
で、慶太郎は90年代日本に何の問題もない
あるとしたら教えてくださいと書いていた。

6 :大東亜士衛会 ◆I8MBlPeUoU :05/01/11 15:06:23 ID:cqB5OySK
こいつ「アメリカのイラク占領は全面的に成功している」「イラクの治安回復は
目前。イラクは速やかに復興する」とか言ってたインチキマンじゃんw

7 :名無しかましてよかですか?:05/01/11 15:58:52 ID:zWagdmic
この人、昔からリストラマンセー、改革マンセーとか
アメリカに都合のいい政策をヨイショしてばっかり

8 :名無しかましてよかですか?:05/01/11 16:09:13 ID:soXqqzuw
>>6
右にしろ左にしろ、日本人にしろ外国人にしろ、「イラクの泥沼化」に、過剰
な期待?をかける人が多すぎるよ。
一般のイラク人はテロリストを嫌悪しており、警察官求人には、テロにあって
さえ行列ができる始末。翻るに反米武装勢力には、シンパがいない。
まして正当な手段で合法的に参政権を得られる道を、アメリカに保証されて
いるのに、これと対決してまでテロリストや反米運動化の思惑どおり、生命
財産を反米闘争になげこむ人間は、いまや少数派でしかない。

避難所になる保護国(テロ支援国)・軍資金・武器弾薬・情報伝達手段を狭め
られているテロリストは、アメリカ覇権の好餌でしかない。

長谷川の論の弱点は、>>1ですでに指摘されたところの、チャイナやコリアの
外交的封じ込めに関する具体的方法論の部分に尽きるとおもう。

9 :名無しかましてよかですか?:05/01/11 16:59:06 ID:lt28zAtF
シンパがいない、いまや少数派でしかないなわけないだろ
今現にどうかよく見てみなよ。
いまや少数派でしかないなら平和になるはずだろ

10 :名無しかましてよかですか?:05/01/11 17:17:26 ID:oKHzSYBH
米国自身が一極支配のコストに苦しんでいる。
軍事費の増加がアメリカの財政赤字の原因の一つだ。

多極化された世界であってもアメリカの繁栄が続くならアメリカは歓迎する。
アジアの共通通貨体制構築をアメリカ自身が支援するようになってきている。
緩やかな多極化世界への移行が為されることが世界の安定を進めることになっていくだろう。

しかし、それを「アメリカの没落であり日米安保を捨て中国に軸足を移すべき」と誤解しない冷静さが重要だ。

11 :名無しかましてよかですか?:05/01/12 02:40:32 ID:ZxCxIYFV
1は政治か国際板でスレ立てた方がよい。
ここはゴーマニズム板で板違いだよ。住民少ないし、何より小林よしのりの
ファンの方達(アンチ含む)で長谷川ファンは少ない。
このままだと板違いでスレ削除の対象になる可能性あるよ。

12 :名無しかましてよかですか?:05/01/12 08:53:06 ID:eMr4dPfB
元共産党員だし

13 :名無しかましてよかですか?:05/01/12 23:27:19 ID:mBJ8O+RF
 カントリーリスクが低くて比較的親日的な東南アジア諸
国に工場を建て、そこからASEAN・インド・中国市場
をねらう、というのが最も合理的選択ではないか。

 もはや大陸中国はたかだか第3、第4の選択とすべきだ。
日本企業の進出先はASEAN諸国へと回帰すべきだ

14 :nanasi:05/01/13 19:16:52 ID:96oibqbh
http://homepage2.nifty.com/akahanejimusyo/index.htm

15 :タクアン@コヴァ ◆WitetKvf16 :05/01/15 00:24:06 ID:4hWoIHah
一極支配、一人勝ち体勢になると、
ほかの国全部が結託して引きずり降ろすのが、近代世界史の常ではないかな…
具体的には大英帝国。

16 :名無しかましてよかですか?:05/01/15 09:33:51 ID:lbDGvyNP
>>15
>ほかの国全部が結託して引きずり降ろすのが、・・・・・・・
その音頭取りをした国が次の支配者になる。

支配者に単独で向かうのはバカ、勝ち馬にのるのが国家戦略の基本だ。

17 :名無しかましてよかですか?:05/01/15 10:59:25 ID:6mqL/Lky
ってことは、アメリカを倒す国に上手くついていけばいいってことだね。

18 :名無しかましてよかですか?:05/01/15 14:47:03 ID:pSd5Ybze
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/eco/1060137431/

19 :名無しかましてよかですか?:05/01/16 02:51:22 ID:IG/TNvRP
>>17

アメリカを倒す国はどこですか?

まさか支那ではないよな。

20 :名無しかましてよかですか?:05/01/16 03:17:13 ID:acGLxv2+
>>17
 概念的には軍事・経済・技術・諜報、この4要素で世界のトップベルに立てた国家が挑戦権を得るだろうね。
 ただ、少なくとも大陸国家ではないだろう。
 何故なら、大陸国家が海洋覇権国家を打倒した事は無い。
 そして海洋覇権国家に挑戦した大陸覇権国家は、前者の力の根元である海軍を粉砕しようと大海軍を建設したが全て壊滅しただけでなく、その建軍費用が国家財政を圧迫して国家そのものが沈没している。
 ↑帝政ロシア、帝政ドイツ、旧ソ連 

21 :名無しかましてよかですか?:05/01/17 11:55:57 ID:Tv39W3PY
これからは航空覇権国家の、時代じゃないか?
いつまでの船の時代じゃない。

22 :名無しかましてよかですか?:05/01/17 13:06:44 ID:i9BuOu3k
>>21
アメリカの航空覇権は、空母という移動基地があっての航空機覇権です。陸上
基地だけでやるのなら、限界があります。
くわえてコスト面でもキャパシティでも、空運はいまだ海運の敵ではありません。

23 :名無しかましてよかですか?:05/01/17 23:23:54 ID:GJr/V7bd
>>21
 民空はボーイングとエアバスの2極寡占状態で、他者が割り込む隙は無い。
 航空機が更に大型化すれば、開発に必要な技術的・経済的ハードルは益々高くなり、新規参入は限りなく困難になる。

 また、航空宇宙技術分野の先端領域はもうアメリカの独壇場で、ライバルだった旧ソ連がリタイアした今、彼の国を追いかけるのは不可能ではないだろうか?
 航空軍事部門も然り。

 それに、>>22氏が言うように、海運のアドバンテージは反重力機関でも誕生しない限り揺るがないだろう。
 将来、マンモス航空タンカーや自動車運搬航空機が登場する時代が来るかも知れない。
 が、その頃には我々はとっくの昔に土に帰っており、ソレらが誕生する事によって生じる問題は我々の遙か子孫が解決すべき事で、我々が出来るのはSF小説のネタにする事ぐらいだろう。

24 :名無しかましてよかですか?:05/01/18 09:34:03 ID:aOLwg5d6
>>22
金額的には、航空機で運ぶものがこれからさらに増加していく。
海運は安く大量に運ぶだけだ。スピードが金銭的な価値を生む時代に、遅いことは致命的だ。

安全な飛行船時代になれば、さらに安く大量輸送も可能になる、海上輸送は覇権には影響は少ない。

25 :名無しかましてよかですか?:05/01/18 14:27:47 ID:JAZZSCeb
>>24

金額ベースの航空機輸送が増加の一途を辿っているのはご指摘の通りですが、だから
といって海運が衰退していくと考えるのはちと短絡的では。世の中には食品原材料や鉱
工業原材料など輸送速度よりもコストの方が重視されるものが多々ありまして、海運に
コストで太刀打ちできない限りこれに代替するものは出てこないでしょう。

また飛行船にご期待をおかけのようですが、その可能性は低いかと。理由としては

・飛行船は低速である(最新飛行船の巡航速度は80km/h程度、現在の高速コンテナ船
 の巡航速度は45km/h程度)
・天候に弱い
・貨物搭載重量が少ない。増やせば速度が落ち、かつ大型化する。
・インフラ整備にそれなりに金がかかる。
・飛行機から見て邪魔

等々。特に貨物搭載量の少なさは致命的かと。

順当に考えれば海運の高速化に真面目に取り組んだ方が良いと思います。現在トレンド
になりつつあるウェーブピアサー型の高速輸送船は巡航70km/hを超えていますし。

26 :名無しかましてよかですか?:05/01/18 15:52:54 ID:qac4rlqC
>>24
 航空覇権国家としてもアメリカに追随できる国は無い。
 辛うじてエアバスが猛追しているが、メガライナー時代になれば技術力で劣る彼らが追随できるか微妙だ。
 空も宇宙も、今世紀中はアメリカの独走態勢だろう。
 つか、貴方はどこがアメリカの航空宇宙覇権に挑戦できると思ってます?

>海運は安く大量に運ぶだけだ。
 だからこそ海運と空運との棲み分けが可能な訳で、マンモスタンカーが空を飛ぶ時代にでもならなきゃ海運の絶滅はあり得ない。
 日本も中国も、アメリカが支配する海洋通商路を使ってペルシャ湾から石油をタンカーで運んでいる事を忘れてはいませんか?
 工業国の基幹産業の依存度で言えば、海運>>>空運ですよ。

27 :名無しかましてよかですか?:05/01/20 00:52:36 ID:MHM7oiZQ
http://www.geocities.jp/tekina777/

28 :名無しかましてよかですか?:05/01/20 01:05:42 ID:A2MLWjPL

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 おまいら、捏造新聞社を叩いたところで

  ス ポ ン サ ー 

 がいる限り生き続ける。

 スポンサーのチェックと不買運動から始めよう。
 今日からできる。君にもできる。きっと日本はもっとよくなる。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)