5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【肯定論】大東亜戦争【否定論】

1 :右や左の名無し様:04/08/23 17:46 ID:1tcQiEaB
あの戦争は、あの戦争を始めた日本は正しかったのか?がちんこで議論してください。

2 :右や左の名無し様:04/08/23 17:49 ID:???
>>1
戦争を善悪で判断しようとする>>はアホ杉

3 :右や左の名無し様:04/08/23 17:53 ID:???
>>2
善悪以外も、戦略的に正しかったのかって議論もどんどんしてください。

4 :右や左の名無し様:04/08/23 18:17 ID:???

善も悪も無い。戦略的にも戦術的にも、特段否定する要素が無い。

「まあ、よく戦った。善戦を評価する。」これだけ。

少なくとも漏れは、そして今の日本の誰も、当時の日本以上の外交・戦いは出来なかったと思う。



5 :右や左の名無し様:04/08/23 18:19 ID:???
>>1
ウヨサヨ板と勘違いしてないか?「”政治”思想板」だ。削除依頼よろしく。

6 :右や左の名無し様:04/08/23 18:20 ID:???
>>3
戦略面で話すなら軍板だからスレ違い。
それ以外の事ならすでに結論がでているし、ここにも沢山書いてある。
ここに反論が来ないのだから、こんなスレ立てても反論なんて書き込まれない
だろうな。
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1092673334/l50

7 :右や左の名無し様:04/08/23 18:24 ID:???
というか、スレを盛り上げたいなら>>1がなんでもいいから議論になるようなソース
持ってきたら良いのでは?

8 :7:04/08/23 18:30 ID:???
まあそれだけではさすがにあれなので一つ挙げるとすると、太平洋戦争は
アメリカも日本もソ連に騙されたって事だな。
アメリカは朝鮮戦争の頃になってやっとどこが一番脅威なのかを理解できたのだし。

9 :右や左の名無し様:04/08/23 18:34 ID:???
>>6
軍事ではなくもっと俯瞰的な国家戦略なら政治に入るのでは?
そもそも戦争を始めたこと自体正しかったとか。

10 :右や左の名無し様:04/08/23 18:45 ID:???
>>9
東京裁判でも言われている事だけれど、戦争を始めざるを得ない状況に
されておいて、正しかったも何も無いだろ。
正しい正しくないってのは、他に選択肢があった場合にしか判断できないような。

11 :右や左の名無し様:04/08/23 18:46 ID:???
>>4
実際に最善を尽くしたかどうかはともかく
多くの日本人が戦前の指導者を憎んでたのは確かだろうなあ。
極東裁判に最近まで疑問の声が上がらなかったのも
多くの日本人がA級戦犯など死んで当然だと思ってたからでしょ。

東条の娘(孫娘だっけ?)だって学校で滅茶苦茶にいじめられたというし。

12 :右や左の名無し様:04/08/23 18:50 ID:???
>>11
>極東裁判に最近まで疑問の声が上がらなかったのも
>多くの日本人がA級戦犯など死んで当然だと思ってたからでしょ。

これのソースは?

戦後の日本では、GHQによる情報操作と統制が行われていたのだが

13 :右や左の名無し様:04/08/23 18:52 ID:???
>>11
>極東裁判に最近まで疑問の声が上がらなかったのも

裁判後どころか裁判中にすでに疑問の声が上がっていたのだが・・・


14 :右や左の名無し様:04/08/23 18:52 ID:???
>>9
そうやってさあ、スレを何とか生き残らせようとすんなよw

15 :右や左の名無し様:04/08/23 19:04 ID:???
始めざるを得なかっただあ?
どういいわけしようが百倍の国力の敵に戦争を仕掛けたエテ公のサルっぷりは否定され得ません。

詳しくはここ
弱すぎる旧日本軍Part7〜エテ公よ、永久に〜
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1090063984/
 過去スレ
初代スレ
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1078421506/l50
弱すぎる旧日本軍Part2〜エテ公の限界〜
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1081521851/l50
弱すぎる旧日本軍Part3〜エテ公の夢〜
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1082041990/
弱すぎる旧日本軍Part4〜エテ公の野望〜
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1082630448/
弱すぎる旧日本軍Part5〜エテ公の逆襲〜
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1083758504/
弱すぎる旧日本軍Part6〜帰ってきたエテ公〜
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1087811327/




16 :右や左の名無し様:04/08/23 19:04 ID:???
1939年時の主要幹線の道路舗装率

アメリカ 39%
イギリス 44%
フランス 31%
ドイツ  36%
イタリア 28%

日本   0.9%



主要国交通機関概要表

国名   鉄道延長m  m/一万人  機関車数    客車数    貨物車数    自動車数  台数/人口千人

ドイツ    13.8万    11.9    2.0万     6.3万    57.3万    110.0万       17
イギリス   8.1万    12.0    2.0万     4.2万    61.9万    202.8万       45
アメリカ   63.3万    34.1    4.5万     2.4万   179.0万   2616.7万      213
フランス   6.6万    15.8    1.9万     3.2万    49.4万    218.0万       52
イタリア    2.9万     4.9    0.6万     0.7万    12.5万     39.0万       10
ソ連      8.5万      −      −        −        −       34.5万        2

日本     3.7万     3.9    0.4万     1.1万     7.3万     20.9万        3


17 :右や左の名無し様:04/08/23 19:04 ID:???
艦名       戦果

  長門       なし     戦後アメリカ軍の原爆実験艦として活躍
  陸奥       なし     勝手に爆沈・・・死者無数
  扶桑       なし     魚雷艇に面白半分にボコられる
  山城       なし     魚雷艇に面白半分にボコられる
  伊勢       なし     両性生物として米軍に笑われる
  日向       なし     両性生物として米軍に笑われる
  大和  駆逐艦一隻(諸説あり) サマール沖で摩耶を撃沈したという証言あり
  武蔵       なし     特記事項なし
  金剛     商船空母一隻   イギリス製
  榛名       なし     ガ島砲撃はかっこイイ!
  霧島       なし     オレは好き!
  比叡       なし     三式弾で対艦攻撃はマズイだろ

            日本戦艦群は最強だな!


18 :右や左の名無し様:04/08/23 19:04 ID:???
艦名       戦果(

   赤城      戦艦1隻・重巡1隻     
   加賀      戦艦1隻      
   飛龍      重巡1隻・空母1隻大破   
   蒼龍      駆逐艦1隻・軽空母1隻
   翔鶴      空母1隻・駆逐艦1隻
   瑞鶴      空母1隻大破
   

       空母6隻がかりでこのショボイ戦果は何ですか?


19 :右や左の名無し様:04/08/23 19:05 ID:???
艦名            戦果

USSエンタープライズ   赤城・加賀・飛龍・龍譲撃沈(正規空母4隻)
              比叡・武蔵撃沈      (戦艦2隻) 
              三熊・衣笠撃沈      (重巡2隻)
              駆逐艦26隻(未確認含む)撃沈
              輸送船39隻〜45隻   撃沈
              哨戒艦・海防艦ほか小艦艇 約800隻撃沈
              航空機撃破・推定1800機

            ビッグEはスゴイでつね


20 :右や左の名無し様:04/08/23 19:05 ID:???
艦名           戦果

   サウスダコタ    戦艦1隻・駆逐艦3隻撃沈
   ワシントン      軽巡1隻・駆逐艦1隻撃沈
   アイオワ       軽巡1隻・駆逐艦2隻撃沈     日本本土砲撃
   ノースカロライナ  軽巡1隻・駆逐艦1隻撃沈     日本本土砲撃
   ニュージャージー                   日本本土砲撃
   ミズーリ        日本降伏調印艦       世界の教科書に載る
   
   ネバダ       戦艦1大破・重巡1隻撃沈
   コロラド       駆逐艦1隻撃沈
   ペンシルバニア   潜水艦1撃沈
   アリゾナ        なし           現在も記念館として
                            山本の騙し討ちを批判


21 :右や左の名無し様:04/08/23 19:05 ID:???
強制労働所収容者よりも日本国民のほうが虐待されてたような気がする。

日本人の平均摂取カロリー
1931〜1935年 2265kcal
1944年    1900kcal


アウシュビッツ収容者の平均摂取カロリー
1941〜1944年 2375kcal(重労働者2686kcal)


ドイツ人は1945年以外は2900kcal



22 :右や左の名無し様:04/08/23 19:05 ID:???
〜人間の軍隊・アメリカ軍〜
自動小銃と豊富な銃弾。
手榴弾。
豊富な戦闘食。
塹壕にこもる相手には火炎放射器。
戦車が来たら対戦車用ロケット弾。
強力な野戦砲が援護してくれる。砲弾は豊富で打ち止めの心配なし。
移動には燃料豊富なジープ。
最強とは言えないが、稼働率が良く、安心して使える上に数が多い戦車部隊。
無線で他部隊と綿密な連携。無線で呼べばすぐやって来る爆撃機。
制空権は確保済み。自軍上空にはいつも友軍機が飛んでいる。
怪我をして動けなくなっても、後方の清潔な軍病院で治療して貰える。

〜人間未満の軍隊・日本軍〜
単発式のライフルと少ない銃弾(「無駄撃ちしないように」との上官命令有り)
手榴弾(自決用)
貧弱な食料(大半は現地調達)
塹壕にこもる相手には銃剣突撃。
戦車が来たら対戦車用地雷……を持って肉弾攻撃。
わずかな野戦砲。砲弾はもっと少なく「撃てば場所を特定されて10倍返しで反撃される」ので事実上撃てない。
移動には銀輪部隊(タイヤのゴム無し)
世界でも下から数えて何番目。戦車と呼ぶもおこがましい装甲車並の主力戦車。しかも数が少ない。
雑音ばかりで役に立たない無線。空爆の援護は呼んでも来ない。
制空権は無い。自軍上空にはいつも敵軍機が飛んでいる。見つかったら12.7mmで機銃掃射 OR 激しい空爆。
怪我をして動けなくなったら置き去り OR 「処分」される


23 :右や左の名無し様:04/08/23 19:05 ID:???
http://www.cwporter.com/tokyowct.htm
That the Japanese are a nation of habitual cannibals has been repeatedly “proven” in “War Crimes Trials”, (a sort of zoo).
日本人が習慣的な人食いの国家であることは繰り返しありました?証明されました?の中で?戦争犯罪裁判(一種の動物園)、

The most famous of these “War Crimes Trials” was the International Military Tribunal for the Far East, or Tokyo Trial.
The transcript is available in book form from Garland Publishing, 1000A Sherman Ave., Hamden CT 06514, or 136 Madison Ave, New York 10016-6753,
under the title THE TOKYO WAR CRIMES TRIAL, edited by R. John Pritchard and Sonia Magbanua Zaide, ISBN 0-82404755-9.
これらの中で最も有名です?戦争犯罪裁判?極東用の国際軍法会議、あるいは東京裁判でした。その記録は花輪出版からの本形式で利用可能です、
1000Aシャーマン通り、ハムデンCT 06514、あるいは136のマディソン通り、ニューヨーク10016-6753がタイトルTHE TOKYO WAR CRIMES TRIALの下で、
R.ジョンPritchardおよびソニアMagbanua Zaide(ISBN 0-82404755-9)をそばに編集しました。
The following “eyewitness testimony” is taken from these volumes:
下記?目撃者証言?これらのボリュームから得られます:

以下簡易抜粋
6人の日本人兵士は民家に押し入り家族を惨殺して少女までも食べた。JAG Report 137, p. 12,468-9
日本の少将が150人の部下に油であげた人肉を振舞っていた。土民軍下士官の裁判出廷と宣誓供述書
加藤大佐率いる第308大隊で人間の肉を3回食べた事がある。
またこれらの部隊では味方同士を食うのは禁止する軍司令が出されていた。JAG Report pp. 15,033-42
違反した4人は処刑されました。


24 :右や左の名無し様:04/08/23 19:06 ID:???
エテ吉が「よく頑張った」結果

軍人・軍属の戦死、陸軍約144万人、海軍約 42万人
一般国民の死者・行方不明(空襲・艦砲射撃その他のよる)約69万人、総計255万人
国富の被害総額は敗戦当時の価格で653億200万円(被害率25.4%、つまり4分の1の損害)
航空機の喪失約6万機
艦艇の喪失総計628隻
敗戦当時の価格による兵器の損害は合計700億円
領土は北海道・本州・四国・九州以外の全てを失う。

で・・・これだけの損失に対し、どんな成果があったの?


25 :右や左の名無し様:04/08/23 19:06 ID:???
第二次大戦参加国の概要

国名       死傷者          直接戦費
アメリカ     108万人          3180億ドル
イギリス      98万人          1250億ドル
ソ連       2780万人           1920億ドル
中国       318?万人          不明

ドイツ       950万人         2730億ドル
イタリア      78万人           940億ドル
日本        645万人           560億ドル



26 :右や左の名無し様:04/08/23 19:06 ID:???
ドイツと日本の比較

【連合軍の戦略爆撃の規模 】

       期間     投下爆弾量    死者        連合軍の爆撃機の損失
ドイツ    35ヶ月    170万トン   30万5千人       米1万機 英1万2千機 ←さすがドイツ
日本   約10ヶ月     16万トン   30万+原爆21万人     約450機 ←はぁ?

【日独高射砲の配備数】

ドイツ   '39年 2800門   '43年 1万5000門   '44年 2万6000門  ←さすがはドイツ
日本    '41年 880門    '43年    850門 ←やる気あるの?

【ヨーロッパ戦線の連合軍航空戦力の損失 (ドイツ軍の輝かしい戦果)】

アメリカ航空軍  航空機1万8400機喪失  5万4700人死亡  4万200人捕虜 ← フォッケウルフは
イギリス空軍   航空機2万2000機喪失  7万6300人死亡   7400人捕虜 ← 無敵だな


27 :右や左の名無し様:04/08/23 19:06 ID:???
連合国の海運の損失 (単位:万トン、(隻数))


期間               大西洋    地中海    インド洋        太平洋

1939年9月-1941年3月    561万トン   8万トン   21万トン        10万トン
                   (1533隻)   (17隻)    (31隻)          (15隻)

1941年4月-1943月3月    863万トン  103万トン   84万トン       104万トン 
                   (1727隻)   (271隻)    (231隻)         (467隻)

1943年4月-1943年9月    74万トン    25万トン   32万トン        8万トン
                  (130隻)     (55隻)    (54隻)         (16隻) 

1943年10月-1945年8月    50万トン    37万トン   42万トン       12万トン
                   (88隻)     (69隻)     (68隻)          (16隻)


     計           1548万トン   173万トン   179万トン      134万トン


海洋国家のくせにまるでやる気なしの弱小三等国家を同盟国にしてしまったドイツは悲劇だな

28 :右や左の名無し様:04/08/23 19:06 ID:???
〜WWII 各国の爆撃機事情〜

アメリカ
双発爆撃機:B-26……455q(搭載量1.8トン)
大型爆撃機:B-29……576q(搭載量9トン)

イギリス
双発爆撃機:モスキート……612q(搭載量1トン)
大型爆撃機:ランカスター……462q(搭載量6〜10トン)

ドイツ
双発爆撃機:Do217……515q(搭載量2トン)
大型爆撃機:He177……491q(搭載量2.8トン)
※ジェット爆撃機や6発の大型試作機も存在

ソ連
双発爆撃機:Pe-2……580q(搭載量1トン)
大型爆撃機:Pe-8……443q(搭載量5トン)

イタリア
三発爆撃機:S.79……430q(搭載量1.2トン)
大型爆撃機:P108B……420q(搭載量3.5トン)

日本
双発爆撃機:飛龍……537q(搭載量1トン)
大型爆撃機:なし(試作機だけ)

ハッキリ言ってイタリア以下。特に日本機の爆弾搭載量の少なさは失笑物。
日本の航空機技術などたかが知れている。


29 :右や左の名無し様:04/08/23 19:06 ID:???
〜WWII中に実用化された最速レシプロ戦闘機事情〜

アメリカ
戦闘機:P-51……703q
※アメリカ最速はP-51Hの784q なお、ジェット機のP-80Aは898q

イギリス
戦闘機:スピットファイヤ……669q

ドイツ
戦闘機:Bf109K……710q
※ドイツ最速はDo335の763q なお、ジェット機のMe262は869q
ロケット機Me163の最高速は950q以上と言われている。

ソ連
戦闘機:La-7……655q
※ソ連最速はLa-9の690q

イタリア
戦闘機:G55……630q
※イタリア最速はG56の685q

日本
戦闘機:疾風……623q
※日本最速は100式司令部偵察機の630q なお、ロケット自爆機桜花の速度は876qと言う説もある。
秋水、梅花、橘花は数度しか飛んでいないので除外。もちろん震電なんぞ論外。

国が「総力を挙げて」も630qが限界。しかも双発機で未武装。
最後まで液冷エンジンはものにならず、速度面ではイタリアにすら負けている。


30 :右や左の名無し様:04/08/23 19:07 ID:???
エテ公用テンプレ

Qなぜ戦争に負けたのですか?   
A チョンのせいだ

Q直接戦費はイタリアの半分ですよね?  
A 左翼必死だな

Qなぜ日本は海洋国家なのにドイツの10分の一の船舶撃沈量?  
A お前日本人じゃないな

Qドイツの10分の一の爆弾投下量ですがなぜ30万人も死んだのですか?  
A お前は精神異常者だ

Q戦没者の大半は餓死者と自殺ですがどう思います?  
A チョンは死ね

Q戦艦大和は費用に対して何らかの戦果をあげましたか?  
A お前は日教組に洗脳されている

Q国民の摂取カロリーは45年に基礎代謝ギリギリですが戦争どころじゃないんでは?
A 万年属国で悲惨だなw


31 :右や左の名無し様:04/08/23 19:07 ID:???
エテ公用テンプレ

Q与圧室のついた戦闘機はいらなかったんですか?
A 北へ帰れ

Q高射砲がドイツの17分の1で少なすぎませんか?
A お前には愛国心が無いのか?

Qなぜ爆撃機を450機しか落とさなかったのですか?  
A 将軍様へのお布施はすんだのか?

Qやはり日本は弱かったのでは・・・
A 在日のお前は人類の敵だ



32 :右や左の名無し様:04/08/23 19:08 ID:???
マトモな脳みそがあればどんな状況であれ
ここまで桁違いの相手にケンカを売ろうなどと考えるはずがありません、正にエテ公、お猿さん、ウッキッキー!

33 :右や左の名無し様:04/08/23 19:11 ID:???
軍人・軍属の戦死、陸軍約144万人、海軍約 42万人
一般国民の死者・行方不明(空襲・艦砲射撃その他のよる)約69万人、総計255万人
国富の被害総額は敗戦当時の価格で653億200万円(被害率25.4%、つまり4分の1の損害)
航空機の喪失約6万機
艦艇の喪失総計628隻
敗戦当時の価格による兵器の損害は合計700億円
領土は北海道・本州・四国・九州以外の全てを失う。

こういう結果を齎した連中が尊敬すべき先達、父祖なんですか?

あなたの家族がや家がここに入っていてもおなじことが言えるんですか?



34 :右や左の名無し様:04/08/23 19:14 ID:???
>>15
>始めざるを得なかっただあ?
>どういいわけしようが百倍の国力の敵に戦争を仕掛けたエテ公のサルっぷりは否定され得ません。

属国になるより戦う事を選んだだけのこと。
どこぞの半島のように1000年近くも属国に甘んじていたような事は、普通の国はやりません。

というと、結果論を持ち出して負けたからと言い出す負け犬根性丸出しの事を言い出すのだよな(w

35 :右や左の名無し様:04/08/23 19:15 ID:???
>>34
そうだね、戦わずして属国になるより
数百万殺されてから属国になれてよかったね!

36 :右や左の名無し様:04/08/23 19:17 ID:???
>>35
戦わずして属国になる事に慣れてしまった半島出身の方ですか?

37 :右や左の名無し様:04/08/23 19:17 ID:???
というか、戦争しなかったら属国になった→>>34の脳内妄想
戦争したからボコボコにされて属国にされた→紛れも無い歴史的事実
な訳ですが。

38 :右や左の名無し様:04/08/23 19:22 ID:???
>>37
当時日本に突きつけられた要求

・日本は中国大陸から無条件で撤退せよ。(アメリカの支持する蒋介石政権以外を認めるな)
 つまり、アメリカの中国での利権を無条件に認め、日本は利権を放棄しろ。
 そうすれば資源の輸入ルート回復の交渉の場に座ってやってもいい
 正し撤退しても貿易封鎖を解くとは限らない


ジョセフ・グルー米駐日大使もハル・ノートを読み、「戦争になるボタンは押された」と開戦の覚悟をした。


39 :右や左の名無し様:04/08/23 19:24 ID:???
>>38
これは要求と言うより脅迫だろ

40 :右や左の名無し様:04/08/23 19:36 ID:???
太平洋戦争を勝ち負けでしか見れらいからそんな偏った極論しか出てこないのだよな。

アーノルド・J・トインビー(イギリス、歴史学者) 1965年十月二十八日、英紙「オブザーバー」より 
第二次大戦において、日本人は日本のためというよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々のために、
偉大なる歴史を残したと言わねばならない。その国々とは、日本の掲げた短命な理想であった大東亜
共栄圏に含まれていた国々である。日本人が歴史上に残した業績の意義は、西洋人以外の人類の
面前において、アジアとアフリカを支配してきた西洋人が、過去二百年の間に考えられていたような、不
敗の半神でないことを明らかに示した点にある。

英国サッセックス大学のクリストファー・ソーン教授 「太平洋戦争とは何だったのか」より
「日本は敗北したとはいえ、アジアにおける西欧帝国主義の終焉(しゅうえん)を早めた。」

東京裁判のオランダ代表判事を勤めたレーリンク
「日本は西洋諸国の植民地を解放した罪によって罰せられたが、その四半世紀もたたない
うちに、昭和三十五年(1960年)に国連が植民地を保有することを不法行為であると宣言し、
その後、国連総会が植民地の保有を犯罪として規定すらした」



41 :右や左の名無し様:04/08/23 19:37 ID:???
>>38
戦争して全ての海外権益を失ってよかったね!

42 :右や左の名無し様:04/08/23 19:38 ID:???
>>40
戦争は勝敗が全てですけど?
アジア解放なぞ犠牲になった数百万の日本人とその家族にとっては知ったことではありません。

43 :右や左の名無し様:04/08/23 19:39 ID:???
1943年5月31日 大東亜政略指導大綱

六 其ノ他ノ占領地域ニ対スル方策ヲ左ノ通リ定ム 但シ(ロ)(ニ)以外ハ当分発表セズ
(イ)「マライ」「スマトラ」「ジャワ」「ボルネオ」「セレベス」ハ帝国領土ト決定シ
重要資源ノ供給源トシテ極力之ガ開発並ニ民心ノ把握ニ努ム
(ロ)前号各地域ニ於テハ原住民ノ民度ニ応ジ努メテ政治ニ参与セシム
(ハ)「ニューギニア」等(イ)以外ノ地域ノ処理ニ関シテハ前二号ニ準ジ追テ定ム
(ニ)前記各地ニ於テハ当分軍政ヲ継続ス

44 :右や左の名無し様:04/08/23 19:42 ID:???
肯定派は日比谷焼き討ち事件がどうして起こったのかよく考えるべき。

45 :右や左の名無し様:04/08/23 19:45 ID:???
>>41
>>42

パンデイット夫人(国連総会議長をつとめた女性政治家であり、インドの英雄ネルーの妹でもある) 
1945年アメリカにて
「日本を貶(おとし)めようとする内外の歴史家や自虐史観に立つ人たちは、これまで太平洋戦争
がもたらしたアジアの民族主義への影響をことさら「無視」し続け、あるいは「過小評価」してきました。」

レイキ博士(インド法曹界の重鎮)
「太陽が空を輝かし、月光が天地を潤(うるお)し、満天に星がまたたく限り、インド国民は日本の恩義を忘れない」

名越二荒之助著『世界から見た大東亜戦争』展転社刊より
昭和63年(1988年)9月 マレーシア ガザリー・シャフェ外相 謝罪する日本の政治家に対して
 とくに私(ガザリー・シャフェ外相)が惜しいと思うのは、日本くらいアジアのために尽くした国はないのに、
それを日本の政治家が否定することだ、責任感をもった政治家だったら、次のように言うだろう。
「その頃、アジア諸国はほとんど欧米の植民地になっていて、独立国はないに等しかった。日本軍は、
その欧米の勢力を追い払ったのだ。それに対して、ゲリラやテロで歯向かってきたら、治安を守るために
弾圧するのは当然でないか。諸君らは何十年何百年にわたって彼らからどんなひどい仕打ちを受けたか
忘れたのか?日本軍が進撃した時にはあんなに歓呼して迎えながら、負けたら自分のことは棚に上げ
て責任をすべて日本にかぶせてしまう。そのアジア人のことなかれ主義が、欧米の植民地から脱却で
きなかった原因ではないか。」


46 :右や左の名無し様:04/08/23 19:47 ID:???
>>45
感謝されて良かったね!
で、それが自己満足以外のどんな意味を持つのかな?

47 :右や左の名無し様:04/08/23 19:51 ID:???
>>46
外交面での信頼関係。
これは相互安全保障から経済面に至るまで幅広く影響する、これを金や軍事力で
覆す事は容易ではない。

48 :右や左の名無し様:04/08/23 19:53 ID:???
また抽象的で具体性に欠けるもの持ち出すのな。

49 :右や左の名無し様:04/08/23 19:54 ID:???
しかし国歌と国旗掲揚は間もなく禁止になり、「皇紀」「昭和」という元号が導入され、学校では日本語のほか
「修身」なども教えられました。天皇崇拝は強化され、皇居に向かって最敬礼させる「宮城遙拝」も強要されま
したが、これらは一神教のイスラム教徒には耐え難いものでした。

 しかしながら、オランダが築いた中央集権的国家機構は陸軍と海軍の分割占領によってずたずたにされ、経
済もオランダの輸出入市場と切り離されたため崩壊、インフレ率は3年半の軍政で4000%に達しました。
 にも関わらず軍政当局は米の生産量の3〜5割を強制的に徴用したので、人々は生活苦にあえぎました。
 加えて、随時「ロームシャ(労務者)」が徴発され、日本軍のために強制労働させられました。その数は約
30万に及びましたが、終戦時に生き残っていたのはわずか7万人だったと言われます。




50 :右や左の名無し様:04/08/23 19:58 ID:???
ってか戦後もミャンマーとかマレーシアとかインドネシアとか
日本によって解放されたと言われてる国々も普通に日本と揉めてるけど。
インドに対しても核実験の時に経済制裁してただろ。

51 :右や左の名無し様:04/08/23 19:59 ID:???
インドネシアの歴史教科書「社会科学分野・歴史科第五分冊」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 当初、日本軍の到来はインドネシア民族に歓迎された。インドネシア民族に
歓迎された。インドネシア民族は、長く切望してきた独立を日本が与えてくれ
るだろうと期待した。
 どうしてインドネシア民族は、このような期待をもったのだろうか。それは、
日本がやってきてまもなく、次のような宣伝を展開したからである。
―日本民族はインドネシア民族の「兄」である。日本がきた目的は、インドネ
 シア民族を西洋の植民地支配から解放することである。
―日本が「大東亜の共栄」のために開発を実施する。
 その実態はどうであったか。日本時代にインドネシアの民衆は、並外れた苦
痛を体験した。日本は結局、独立を与えるどころかインドネシア民衆を圧迫し、
摂取したのだ。その行いは、強制栽培と強制労働時代のオランダの行為を超え
る、非人道的なものだった。資源とインドネシア民衆の労働力は、日本の戦争
のために搾り取られた。

52 :右や左の名無し様:04/08/23 20:01 ID:???
>>49
在比邦人何けテレビ局「WINSチヤンネル」のキャスターでウインズ・インターナショナルの社長・水島総(51)
「フィリピン人は日本で伝えられているような”反日”などではなく、むしろ親日的ですよ・・・。
フィリピンの人々は戦争に対しては日本人よりも”リアリスト”です。戦争があれぱ多少なりとも悲劇はあると、
現実的な考え方をしています。ですからフィリピンの人々は日本を責めようなどとは思っていません」

マレーシア ラジャー・ダト・ノンチック元上院議員
この国に来られた日本のある学校の先生は「日本軍はマレー人を虐殺したに違いない。その事実を調
べに来たのだ」と言っていました。私は驚きました。「日本軍はマレー人を一人も殺していません。」
と私は答えてやりました。日本軍が殺したのは、戦闘で闘った英軍や、その英軍に協力したチャイナ
系の抗日ゲリラだけでした。


53 :右や左の名無し様:04/08/23 20:02 ID:???
マレーシアの教科書「歴史の中のマレーシア」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 日本は、マレー人の解放獲得への期待を裏切った。日本人はマラヤを、まる
で自分たちの植民地であるかのように支配した。今度は彼らがイギリス人の座
を奪ったのだ。日本の支配はイギリスよりずっとひどかった


ブルネイの教科書「ブルネイの歴史」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 一九三八年、日本は「東亜新秩序」を宣言した。それは、日本が蒋介石政府
を打ち倒し、中国を手中に収めるためのものであった。また新秩序は、東アジ
アにおけるすべての西洋列強を排除することも目的とした。日本のスローガン
は「アジアのためのアジア」であった。
―――――――――――――――――中略――――――――――――――――
 日本陸軍は、その後すぐ、その新秩序を宣伝し始めた。その新秩序は、日本
陸軍の宣伝が乱暴かつ横暴だったために、ブルネイの人々の歓迎を受けなかっ
た。クアラ・ベイトの住民は油田の労働にかり出され、村人は穀物の生産を強
いられた。彼らはまた、日本の軍事規律を無視したもの達に対して行われた大
量処刑を目の前で見せられた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


54 :右や左の名無し様:04/08/23 20:04 ID:???
アジアが解放されたかなんてどうでもいーんだよバーカ。

55 :右や左の名無し様:04/08/23 20:04 ID:???
>>52
それはインドネシアの”華僑の教科書”だろうが

インドネシアの中学3年用の歴史教科書
 「日本の占領は、後に大きな影響を及ぼすような利点を残した。第一に、オランダ語と英語が禁止されたので、インドネシア語が成長し、
使用が広まった。日本軍政の3年半に培われたインドネシア語は驚異的発展をとげた。第二に、日本は青年達に軍事教練を課して、竹槍、
木銃によるものだったとはいえ、きびしい規律を教え込み、勇敢に戦うことや耐え忍ぶことを訓練した。第三に、職場からオランダ人がす
べていなくなり、日本はインドネシア人に高い地位を与えて、われわれに高い能力や大きい責任を要求する、重要な仕事をまかせた」


56 :右や左の名無し様:04/08/23 20:07 ID:???
華僑の教科書なんてあるはずない。
スハルト政権下では華僑に対して徹底した同化政策がとられ独自の学校も禁止された。

>>52はスハルト政権下の国定教科書。

57 :右や左の名無し様:04/08/23 20:09 ID:???
>>56
よくアジアでの〜と言って華僑社会の教科書を持ってくるバカがいるかなら。

インドネシア アラムシャ第三副首相
日本軍政時代の3年半については、オランダ、チャイナ、アメリカなど、戦勝国の学者や、
欧米に留学して日本が嫌いになった人々は、悪い面ばかりを誇大にあげつらっている。
しかしそれでは全体を語ったことにはならない。


58 :右や左の名無し様:04/08/23 20:11 ID:???
スカルノは親日でスハルトは反日、スハルト以降は知らないが。

だから>>55はたぶんスカルノ政権下の教科書。

59 :右や左の名無し様:04/08/23 20:12 ID:???
>>56
インドネシア サイデマン外務省上級大使(陸軍大学長、駐日大使などを歴任)
 平成7(1995年)年5月29日「アジア共生の祭典」より
 「第2次大戦中、あるいはその直後、植民地の独立のために、外国の人々が力を貸してくれる
ということが見られました。 私の国インドネシアの場合、多くの日本の青年たちがインドネシア
を自由にするために独立の闘士たちと肩を並べて戦ってくれました。そして多くの日本の青年
がそのために命を捧げてくれました。今日このアジア共生の祭典において、私たちの独立の
ために命を捧げてくれたこれらすべての若者たちを偲びたいと思います」

※ 日本降伏後もインドネシアには1000人以上の日本軍兵士が戦争に負けたからといって
  彼らを見捨てるわけには行かないと言って残った。



60 :右や左の名無し様:04/08/23 20:27 ID:???
高等学校用「フィリピンの歴史」

フィリピンの戦いは、バターンとコレヒドールの陥落とともには終わらなかった。
ユサッフェの残軍は山に登り、ゲリラ活動を開始した。
ゲリラの数は、町や市の市民が加わったり、また隠れてゲリラになる者もいたので増え続けた。
日本軍の残極さ―特に地方での女性に対する邪悪な扱い―は、多くの市民がゲリラになる要因の一つであった。
ゲリラ活動の広がりを危険視した日本軍は、フィリピン市民に対して残酷さをいっそう加えるようになった。
おおくのフィリピン人は、有罪無罪を問わず捕えられ、サンティアゴ砦や、日本軍が接収し刑務所とした他の施設に送られた。
家に戻ることができた者にしても、不自由な身体となっていた。
一般市民はゲリラに全面協力し、食料やお金を与えた。
市民はまた、ゲリラに兵力、兵営、武器、艦船の数など日本軍の状況を伝えた。
このためオーストラリアにいたアメリカ軍は、フィリピンのどこを攻撃しなければならないかがわかっていた。
フィリピン全土でさまざまなゲリラ・グループが発生した。軍人出身のゲリラ・リーダーもいれば、民間人のリーダーもいた。
(中略)
自由への道は長く険しかった。
オーストラリアのアメリカ軍は、日本軍の手に陥っていた島々を取り戻していった。
一九四四年九月、アメリカ軍は、フィリピンにいた日本軍に対し容赦ない砲撃をしかけた。
フィリピンの人びとはひそかに喜んだが、日本軍はフィリピン人の心まで征服することはできなかった。


61 :右や左の名無し様:04/08/23 20:34 ID:???
>>60
えらくこれと矛盾してますね(w


フィリピン独立記念での演説   パルガス フィリピン大使 
「しかし、大日本帝国は軍政を最終的に撤廃し、フィリピン共和国の独立を承認するというこのうえない形で、
その高邁な精神と理念を証明した。帝国はその全ての誓約と宣言を誠実に守り、フィリピン国民が憲法を制定し、
自らの文化と伝統に調和する国家を樹立する最大の機会を開いたのである。大東亜において日本帝国は
あまりに激しく、あまりに不当に圧政暴虐の侵略者として非難されているが、その寛容と自由の実践は世界
も驚くであろう。日本は帝国であったが一つの共和国を認め、まさにその樹立に参画した」

フィリピン ジョジョ・P・マリグ(フィリピン人ジャーナリスト)SAPIO(小学館)
2000年12月20日号「PHOTO & REPORT 神風特攻隊はフィリピンで英雄だった/井上和彦氏」より

「この式典は日本とフィリピンの関係を知るよい機会です。私は先の大戦で戦ったすべての愛国者は”英雄”
だと考えています。とりわけその尊い生命を国家に捧げた神風特攻隊員は尊敬すべき”英雄”だと思います。
またカミカゼ・アタックを決断した大西瀧治郎中将も本物の”武士”です」

※ 平成12年10月25日、フィリピンでは、パンパンガ州マバラカットをメインに、タルラック州バンバン、
  同州カパスの3か所で、「神風特別攻撃隊」をはじめ戦没者の慰霊祭が挙行された。この慰霊祭には、
  特攻隊員の遺族ら日本からの参加者に混じって、フィリピン空軍将校やアメリカ人らも参列したのであった。




62 :右や左の名無し様:04/08/23 20:38 ID:???
>>61
>えらくこれと矛盾してますね(w

日本と同じだよ。
教科書と個人の発言はよく食い違うものだ。

63 :右や左の名無し様:04/08/23 20:38 ID:???
>>60
まあどうせそれはアメリカあたりがちょっかい出して、情報操作しようとした結果だろうが

続き

フィリピン ダニエル・H・ディゾン画伯・・・1974年(昭和49年)、
特攻隊の生き様に感動したディゾン画伯は、神風特攻隊慰霊碑の建立を思い立ち、マバラカット市長に進言。
マバラカット飛行場跡地に慰霊碑を建立した。(引用は同上)
 「いまから35年前に私は神風特攻隊の本を読みました。涙がとまらなかった。・・・こんな勇気や忠誠心をそれま
で聞いたことがなかったからです。同じアジア人として、このような英雄がマバラカットと私の町アンヘレスで誕生
したことを”誇り”に思っています」
「私達フィリピン人は白人支配の犠牲者ですょ」「フィリピンは今でもアメリカのパペットレジーン(操り人形)ですよ」

地元通訳 マリオ・ピネダ氏(2000年当時 73歳) 同上より引用
「かつて日本の統治を受けた台湾や韓国を見てください。立派に経済的な繁栄を遂げているでしょう。これは
日本が統治下で施した”教育”の成果です。・・・・ですが、アメリカの統治を受けたフィリピンでは、自分たち
でモノを作ることを学ぱせてもらえなかった。人々は鉛筆すら作ることができなかったのですよ。アメリカが
自分達の作ったものを一方的にフィリピンに売りつけてきたからでした」


64 :右や左の名無し様:04/08/23 20:42 ID:???
都合が悪いことは全部「洗脳、情報操作の結果」だから。

65 :右や左の名無し様:04/08/23 20:44 ID:???
というか、俺の「アジアの解放などどうでもいい」に反論ないの?

66 :右や左の名無し様:04/08/23 20:53 ID:???
>>65
英国、ディリー・メイル紙
「日本が戦争を始めた理由は、フィリピンを初めとする東洋へのアメリカの進出を、
いかに日本が恐怖に感じたかを理解しなければ分からないだろう。また1941年
(昭和十六年)に、アメリカが日本へのいっさいの石油資源の供給を絶った時の
日本の感じた深刻さも無視することはできないであろう。
そう考えてみれば、真珠湾攻撃を一方的に卑劣だと非難することはあたらない」


「新しい現実」 著者:P・F・ドラッガー・・・「マネジメントの父」と呼ばれる経営学の第一人者
 しかし、結局のところ、最後に勝ったのは日本だった。日本のとった道、すなわち、自らの主権のもとに、近代化、
西洋化をはかるという道が、結局、西洋を打ち負かした。日本は西洋を取り込むことによって、西洋の支配を免れた。
軍事的には、日本は第二次世界大戦(大東亜戦争)において、歴史上、最も決定的な敗北を喫した。自ら植民地
大国たらんとする政治的な野望は達せられなかった。しかし、その後の推移では、政治的に敗北したのは西洋だった。
日本は、西洋をアジアから追い出し、西洋の植民地勢力の権威を失墜させることに成功した。その結果、西洋はアジア、
ついでアフリカの西洋化された非西洋世界に対する支配権を放棄せざるをえなくなった。


欧米人も、日本は戦闘では負けたかもしれないが、最終的に列強の利権を非欧米諸国から
排除し、なおかつ経済大国として復活した日本の勝ちの部分を認めているな。





67 :右や左の名無し様:04/08/23 20:55 ID:???
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h13/jog206.html

■3.アメリカは戦う相手を間違えていた■

 ソ連が第2次大戦中の日本敵視政策のままであったのに対し、
アメリカは明らかに対日認識を変えていたのである。1949年
12月に蒋介石は台湾に逃れ、中国大陸は共産主義の手に落ち
た。1950年6月には、北朝鮮の侵攻により朝鮮戦争が始まり、
10月には中国が加担して、アメリカを中心とする国連軍と激
しい戦闘を繰り広げた。

 この頃、アメリカでは、"We fought the wrong enemy."
(我々は戦う相手を間違えていた)という言葉が人口に膾炙し
ていた。日本と戦ったのは誤っていた、という認識である。


68 :右や左の名無し様:04/08/23 20:59 ID:???
>>64
>>65
セオボルト米海軍小将
「まさしくハルノートは、日本を鉄棒で殴りつけた挑発であった。」

元米国大統領ハーバート・フーバー(ルーズベルトの前任者)
「もし我々が日本人を挑発しなかったら、日本人から攻撃を受ける事は決して無かったであろう」

パール判事(インド人)
「日本は国際法に照らし、全被告は無罪である」

オリヴァー・リトルトン生産相(英保守党内閣)の証言(昭和十九年六月)
「米国が戦争に追込まれたというのは、歴史を歪曲するも甚だしい。米国が余りひどく日本を
挑発したので日本は真珠湾攻撃の止むなきに至ったのだ」

小堀桂一郎編『東京裁判 日本の弁明』より
GHQ(日本進駐連合国軍総司令部)最高司令官 ダグラス=マッカーサー元帥
昭和26年(1951年)5月3日米国上院軍事外交共同委員会での証言
「(中略)日本は絹産業以外には、固有の産物はほとんど何も無いのです。彼らは綿が無い、
羊毛が無い、石油の産出が無い、錫が無い、ゴムが無い。その他実に多くの原料が欠如してゐる。
そしてそれら一切のものがアジアの海域には存在してゐたのです。もしこれらの原料の
供給を断ち切られたら、一千万から一千二百万の失業者が発生するであらうことを彼ら
(日本政府・軍部)は恐れてゐました。
したがつて彼らが戦争に飛び込んでいつた動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてのことだつたのです」



69 :右や左の名無し様:04/08/23 21:02 ID:???
>>66>>67>>68

>>62

70 :右や左の名無し様:04/08/23 21:04 ID:???
>>69
まさかとは思うけど、だからこれらの発言は全部捏造か嘘と言いたいのか?

71 :右や左の名無し様:04/08/23 21:06 ID:???
>>70
その全てが、後出しじゃんけんです。

72 :右や左の名無し様:04/08/23 21:06 ID:???
>>70
個人の発言をピックアップするのは無意味ってことだろ。
自論に都合がいい発言だけ恣意的に集めて何がしたいんだ。
そいつ一人がそう考えてたからどうなんだってことだ。

73 :右や左の名無し様:04/08/23 21:08 ID:???
>>71
>>72
だから全て間違いだと言いたいのかな?

74 :右や左の名無し様:04/08/23 21:08 ID:???
>>70
教科書や国の公式見解と、個人の発言と、
どちらを重く見るかだ。

さっきも言っただろう?日本と同じだよ。
エライ人が好き勝手言うじゃないか。

75 :右や左の名無し様:04/08/23 21:09 ID:???
エラい人がそう言ってたから正しいんだ!
とても恥ずかしいですね。

76 :右や左の名無し様:04/08/23 21:09 ID:???
>>74
だからこの発言にはどれも根拠が皆無と言いたいのかな?

77 :右や左の名無し様:04/08/23 21:11 ID:???
日本が勝った!なんてのは誰の口から発せられようが戯言にしか聞こえんがね。

78 :右や左の名無し様:04/08/23 21:12 ID:???
>>77
いいから質問に答えろよ、これらの発言はみんな根拠無しの個人の妄言と言いたいのか?

79 :右や左の名無し様:04/08/23 21:13 ID:???
>>76
盗人にも三分の理。

80 :右や左の名無し様:04/08/23 21:14 ID:1nf4/QAH
>>73 >>76
俺達は日本人だから、日本のために都合よく利用させてもらう。
これが普通じゃん。


81 :右や左の名無し様:04/08/23 21:14 ID:???
>>79
説明になっていないが?
これらの発言には根拠があるのかな?それとも無いのかな?
あるとすると、あんたらの主張は根拠を失うのだが。

82 :右や左の名無し様:04/08/23 21:16 ID:???
>>78
全て終わった後なら何でもいえる。
それだけのこと。

83 :右や左の名無し様:04/08/23 21:16 ID:???
>>81
根拠ってなんだ?
ある事実をどう評価するかって話だろうが。

84 :右や左の名無し様:04/08/23 21:17 ID:???
>>82
つまり、根拠無しの妄言と言いたいわけだな?
yesかnoかはっきりしてくれないか?

85 :右や左の名無し様:04/08/23 21:19 ID:???
>>83
過去に起きた事実をどう捉えるかには、なんらかの根拠が必要なのだが。
これらの発言があるという事は、答えが2つしか無い訳だが。

・事実を認識して判断した結果
・なんの根拠も無い妄言

いったいどちらだと思っているのかな?

86 :右や左の名無し様:04/08/23 21:19 ID:???
>>81
>これらの発言には根拠があるのかな?それとも無いのかな?
>あるとすると、あんたらの主張は根拠を失うのだが。

>>43>>49>>51>>53>>60には根拠があるのかな?それとも無いのかな?
あるとすると、あんたらの主張は根拠を失うのだが。



87 :右や左の名無し様:04/08/23 21:20 ID:???
>>84
後出しじゃんけんが、何の意味も持たないという点ならYes.

88 :右や左の名無し様:04/08/23 21:22 ID:???
>>86
情報元がはっきりしないもの、さらに政治的な理由から来るものまであるようだが?

今まで俺が出した証言はそれに当てはまらないぞ、なぜなら政治的にも時期的にも敗戦国日本を擁護
するメリットが存在しない、それに情報元ははっきりしている。

89 :右や左の名無し様:04/08/23 21:24 ID:???
>>87
つまり、何一つメリットが無くしかも戦勝国の政治家や学者が、敗戦間もない頃に
ただの妄言で日本擁護をしていたと言いたいのかな?

90 :右や左の名無し様:04/08/23 21:25 ID:???
動機何てどうでもいいよ。
ただ、アメリカの挑発の存在などというのは
それに乗った日本人のエテ振りを否定する根拠になどならないということだ。

91 :右や左の名無し様:04/08/23 21:26 ID:???
>>90
日本は、「逃げられない状況に追い込まれた」というコメントが理解できないのかな?

92 :右や左の名無し様:04/08/23 21:27 ID:???
>>88
>情報元がはっきりしないもの、さらに政治的な理由から来るものまであるようだが?

たとえば>>43についてはどこらへんだ?


93 :右や左の名無し様:04/08/23 21:27 ID:???
反論されると話題を変えまくるのやめてくれないか?

94 :右や左の名無し様:04/08/23 21:29 ID:???
>>92
それは東南アジアでの日本の「蛮行」の証明にはならないうえに、残り4レス
の説明になっていないのだが?

それから>>89への説明がまだだが

95 :右や左の名無し様:04/08/23 21:29 ID:???
>>91
だから言い訳にならない。
誰がなんと言おうが始めたのは日本という事実は揺らがない。
始めた時点で既に敗北してるんだから無能と謗られても仕方ないな。


96 :右や左の名無し様:04/08/23 21:31 ID:???
>>94
解放目的でなかったと認めるわけだな。

>>89
所詮個人の発言だ。真意は本人に聞かにゃ分からんだろ。

97 :右や左の名無し様:04/08/23 21:32 ID:BTGRGczp
>>92
ちなみに、>>43は日本政府のどの所属組織がどこへ向けて出したものかな?
責任者の名前までわかるとなおありがたい、従軍慰安婦関連や731部隊、強制連行
南京大虐殺関連で、かなりの捏造文書が出回っているから、これくらい説明してもらわないと。

98 :右や左の名無し様:04/08/23 21:32 ID:???
>>91
それだけなら簡単だ。

日本は蘭印の資源を取りに行こうとして仏印に侵攻したんで経済封鎖を喰らったのだから、

銀行強盗が、トンネル掘るために銀行の隣の家に侵入したら、見つかって包囲されて、
「逃げられない状況に追い込まれた」

と言う意味だ。

99 :右や左の名無し様:04/08/23 21:34 ID:???
>>96
つまり、不特定多数の”個人”がなんのメリットも史実としての根拠も曖昧の
まま日本を弁護したと言いたいのかな?

100 :右や左の名無し様:04/08/23 21:34 ID:???
>>97
おいおい、検索の仕方を知らんのか?

101 :右や左の名無し様:04/08/23 21:35 ID:???
>>98
その親友された先そのものが現地人から見たら強盗である事は無視ですか?

102 :右や左の名無し様:04/08/23 21:36 ID:???
>>100
曖昧なソースを出しておいて正確さを求めたら自分で調べろかw
なかなか面白い事を言いますね。

103 :右や左の名無し様:04/08/23 21:36 ID:???
>>101
しょおもねえ善悪論ぶってんな。
それで経済封鎖されたんだから明らかな戦略的失敗だろうが。

104 :101:04/08/23 21:37 ID:???
×親友
○進入

105 :右や左の名無し様:04/08/23 21:37 ID:???
>>101
アメリカ・イギリス・オランダの行為を説明するだけなら無視してもかまわない。

106 :右や左の名無し様:04/08/23 21:38 ID:???
>>103
欧米の利権そのものが強盗の理論である事は事実だが?
それとも植民地支配肯定論者ですか?

107 :右や左の名無し様:04/08/23 21:39 ID:???
>>106
はぁ?話にもならないな。現に存在するものに対して否定も肯定もあるかっての。

108 :右や左の名無し様:04/08/23 21:41 ID:???
>>106
>欧米の利権そのものが強盗の理論である事は事実だが?

「強盗同士が戦って、一方が負けた」と言いたいんで?
だからなんだという話なんだが。

109 :右や左の名無し様:04/08/23 21:41 ID:???
>>102
検索頑張れ。
「大東亜政略指導大綱」だ。



110 :右や左の名無し様:04/08/23 21:41 ID:???
>>105
日本の行為を非難するのに、欧米の植民地利権は肯定するとは
なかなか面白い理論展開ですねw
現地人から見たら、日本のように現地人に教育や地位を与えなかった
欧米の行為のほうが蛮行そのものだが?

111 :右や左の名無し様:04/08/23 21:42 ID:???
確かに>>98は善悪の話をしているように見えるな。
翻訳してやろう。経済制裁のリスクを勘案せず仏印に進駐した政府は無能だった。

112 :右や左の名無し様:04/08/23 21:43 ID:???
>>110
>現地人から見たら、日本のように現地人に教育や地位を与えなかった
>欧米の行為のほうが蛮行そのものだが?

>>43>>49>>51>>53>>60

113 :右や左の名無し様:04/08/23 21:43 ID:???
>>108
なら日本の行動を非難することなど誰にもできないな。

>>109
自分で出してきたソースの根拠を質問相手に求めるのかw
アホですか?

 お 話 に な り ま せ ん

114 :右や左の名無し様:04/08/23 21:45 ID:???
>>112
だから政治的意図が入ったものと、ソースの詳細が不明の情報になんの価値が
あるのかと聞いたさっきの質問に全く答えていないのだが?

115 :右や左の名無し様:04/08/23 21:46 ID:???
他の人はどうか知らんが俺は善悪や道義的優位性の話など一切してない。
大敗必至の開戦という最悪の結果を回避できなかった戦前日本の指導者は無能だったということを言ってる。

116 :右や左の名無し様:04/08/23 21:49 ID:???
>>115
だから、ハルノートの存在は日本の逃げ道を無くして、属国かそれとも戦うか
という2択まで追い詰められていた事は、ハルノートは日本に突きつけられた
時点でアメリカが認識していた事だが?
これもどちらが無能とか卑怯という話もできないな。

117 :右や左の名無し様:04/08/23 21:49 ID:???
>>113
>アホですか?

検索の仕方も知らんとは、アホですか?
まあ見たくないんだろうが。
クリックは分かるな?
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&q=%E5%A4%A7%E6%9D%B1%E4%BA%9C%E6%94%BF%E7%95%A5%E6%8C%87%E5%B0%8E%E5%A4%A7%E7%B6%B1&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja

118 :右や左の名無し様:04/08/23 21:50 ID:???
>>110
>日本の行為を非難するのに、欧米の植民地利権は肯定するとは
>なかなか面白い理論展開ですねw

非難も肯定もしないよ。ただ事実を言っているだけ。
日本もアメリカも、自国の利益に沿って行動しているだけで、
他国の事など考えていない。

>>108
>なら日本の行動を非難することなど誰にもできないな。

少なくとも日本を敗戦させた当時の政治家については、日本人として非難すべきでしょう。

119 :右や左の名無し様:04/08/23 21:54 ID:???
>>116
ハルノートは、日本の機動部隊が真珠湾に向けて出向した後に出された、
アメリカからの交渉打ち切りのサインという事だけじゃん。

120 :右や左の名無し様:04/08/23 21:55 ID:???
>>117
ググったサーチ結果だけ出して、まさか後は自分で調べろと?
しかも見て見ても俺の言った情報がどこにも無いのだが。

>>118
属国になるかそれとも戦うかの2択しかなかったら、普通どうするかな?
何も言わずに属国の道を選ぶのが正しい選択かな?

121 :右や左の名無し様:04/08/23 21:57 ID:???
>>119
国際派日本人養成講座 17,674部 H11.12.09
■2.真珠湾の7ヶ月前に日本爆撃計画■
第一のニュースは、日本の真珠湾攻撃の7ヶ月も前に、米軍が蒋介石軍に荷担して、日本爆撃を計画し
、陸軍長官、海軍長官、そしてルーズベルト大統領自身が承認のサインを与えていた書類が明るみに
出たことである。この作戦には350機のカーチス戦闘機、150機のロッキード・ハドソン爆撃機を使用
するとし、また大阪、神戸、京都、東京、横浜の爆撃には木造住宅の多い日本民家に効果のある焼夷
(しょうい)弾を使用すべきであるなどとする内容もあった。後の本土空襲の原形がすでに考えられてい
たのである。実際には、欧州戦線への爆撃機投入を優先したため、この計画は実施が遅れて、その前
に真珠湾攻撃となった。[2]
しかし、この案が突飛なアイデアでない証拠として、すでに米軍の最新鋭戦闘機とパイロット約100名、
地上要員約200名のフライング・タイガーと呼ばれる一隊が、義勇兵を装って、蒋介石軍に参加してい
た事実がある。上記の爆撃計画は、この戦闘機部隊に爆撃機を加えて、日本本土を直接攻撃しようと
いう拡張案なのである。[3]
これは完全な中立義務違反で、こんなことが国際法上許されるなら、たとえば台湾が中国に攻撃された場合、
自衛隊を台湾に義勇兵として送れば、日本は中立と平和憲法を維持したまま、実質的に参戦できることになる。
2.「米『真珠湾』直前 日本爆撃を計画」、産経新聞、H11.07.15、東京朝刊、1頁総合1面、関連記事が国際2面に2件
3.「発覚したルーズベルトの”だまし討ち計画”、前田徹、正論、H11.10


122 :右や左の名無し様:04/08/23 21:58 ID:???
>>120
>属国になるかそれとも戦うかの2択しかなかったら、普通どうするかな?
>何も言わずに属国の道を選ぶのが正しい選択かな?

その「属国」というのはどこに書いてあった言葉なんでしょう?
少なくともハルノートには書いてない。

http://touarenmeilv.ld.infoseek.co.jp/halnote.htm

123 :右や左の名無し様:04/08/23 21:58 ID:???
パール判決
「これは経済戦の宣戦布告であり、確かに(アメリカは)中立行動では無かった。
これと同時に、オーストラリア、オランダ、イギリスによって取られた経済的・
軍事的措置と相まって、まさに”対日包囲”であった」

「アメリカは自らの行為によって、真珠湾の遥か前から交戦国となっていた」


124 :右や左の名無し様:04/08/23 22:00 ID:???
>>120

>>43が無かったのか?
探すのが大変なことは時々あるが、
目の前にあるものを見ないようにするのは
もっと大変だろうなw

125 :右や左の名無し様:04/08/23 22:02 ID:???
>>122
日本軍の支那・仏印からの無条件撤兵。
支那における重慶政権(蒋介石政権)以外の政府・政権の否定(つまりは、日本が支援する南京国民政府=汪兆銘政権の否定)。
日独伊三国同盟の死文化(独伊両国との同盟を一方的に解消)。
早い話が、日本に対して、「明治維新」(1868年)以来、血の滲(にじ)む様な苦労をして営々と築いてきた、大陸における一切の権益を全
て放棄しろ、と言ってきたのと変わらない。これは、アメリカに対して、王国を滅ぼして併合したハワイや、ロシアから買ったアラスカ、更にメキシコ
から「戦利品」として奪ったカリフォルニア・ニューメキシコ・テキサス等の諸州を全て放棄し、建国当初の東部十三州に戻れ、と言っている様なもの。
到底、受け入れられる様なものではない。そして、こんな条件を突き付けながら、一言も、「経済封鎖」の解除には触れていない。
これでは、日本に「死ね」と言っている様なもの。結果、日本は、自らの「生存権」(生きる権利)を賭けて、「対米開戦」と言う「カード」を選んだ。
つまり、アメリカは、日本に好むと好まざるとに関わらず、「対米開戦」と言う選択を取らせたと言う事。

>>124
結局ソースの証明を相手に求めるのか、ほんとアホですね。

126 :右や左の名無し様:04/08/23 22:05 ID:???
>>124
つーか>>43そのものではなく、>>43がどの所属部署から発信され、どの所属部署
が受け取り、責任者は誰なのかを聞いているのだが。

しかも、あれそのものに日本の蛮行とやらを証明する根拠が無いし。

127 :右や左の名無し様:04/08/23 22:06 ID:???
>>121
ロッキード・ハドソン爆撃機じゃ航続距離が足りなくて日本爆撃は不可能だよ。
日本爆撃がしたけりゃ、それだけの航続距離があるB29の完成を待つしかない。

これは明らかに軍の官僚が書いたいい加減な作文でしょう。
軍事知識のない大統領なら簡単にだませて予算をもらえる。
大統領サインも「読んだ」という意味でしょう。

たしか重慶に軍事顧問として行っていた米軍将校が、日本軍のゼロ戦見て
「日本には凄い戦闘機がある」と報告したが、軍の上層部にこの手の作文と勘違いされ、
真珠湾攻撃で大被害を被ったのは有名な話です。

128 :右や左の名無し様:04/08/23 22:08 ID:???
というか、>>43が日本の蛮行をどう証明しているのか、詳しく聞きたいな。
言っておくが、無い事を証明する事は不可能だからな。
証明責任は>>43を持ってきた香具師にあるからな。

129 :右や左の名無し様:04/08/23 22:09 ID:???
>>126
>つーか>>43そのものではなく、>>43がどの所属部署から発信され、どの所属部署
>が受け取り、責任者は誰なのかを聞いているのだが。

ほんとに>>117クリックしたか?


資料 御前会議/大本営・政府連絡会議
... 根本方針. 第10回, 昭和18年 5月31日, 大東亜政略指導大綱
大東亜会議召集 決定. 第11回, 昭和18年 9月30日, 今後採るべき
戦争指導の基本大綱 (絶対国防圏の設定). 第 ...
www.geocities.co.jp/WallStreet/2687/siryo/siryo03.html - 6k - キャッシュ - 関連ページ

第6章目次
... 6-4情勢判断 6-5攻勢的戦略 6-6戦線拡大 6-7ドゥリットル隊 6-8蹉跌 6-9ガダルカナル
6-10ガダルカナル(2) 6-11昭和17年の外交 6-12昭和18年初頭の情勢 6-13い号作戦
6-14アッツ島玉砕 6-15絶対国防圏 6-16大東亜政略指導大綱 6-17 ...
www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/1252/mokuji6.html - 8k - キャッシュ - 関連ページ
[ 他、www.geocities.co.jp内のページ ]

御 前 会 議
... 9. 1942(昭和17)年12月21日. 大東亜戦争完遂の為の対支処理根本方針.
10. 1943(昭和18)年 5月31日. 大東亜政略指導大綱. 11. 1943(昭和
18)年 9月30日. 今後採るべき戦争指導の大綱ほか. 12. ...



130 :右や左の名無し様:04/08/23 22:10 ID:???
>>127
アメリカが中立であることを無視して中国への支援を行う国際法違反をし。
さらに太平洋戦争以前から、物理的に可能かどうかは別にして、日本攻撃の
「準備」をしていた事実は変わらないが?

131 :右や左の名無し様:04/08/23 22:11 ID:???
>>129
それで、>>129は?

132 :右や左の名無し様:04/08/23 22:11 ID:???
>>126
>>43は戦争指導の為の御前会議の結論で、今で言うなら内閣会議の結論だな。
責任者は当然、東條首相でしょう。

133 :右や左の名無し様:04/08/23 22:12 ID:???
>>131
>>128のことね

134 :右や左の名無し様:04/08/23 22:12 ID:???
>>128
>というか、>>43が日本の蛮行をどう証明しているのか、詳しく聞きたいな。

>>43が日本の蛮行」っていつそんなこと言った?
それともあれが「蛮行」を決定したものに見えてしまったのか?

135 :右や左の名無し様:04/08/23 22:12 ID:???
>>134
では>>43で何が証明できるのかな?

136 :右や左の名無し様:04/08/23 22:17 ID:???
ちなみに、日本がどのような統治を東南アジアでしたかは
>>45>>52>>55>>57>>59>>61>>63
にあるな、教科書の記述も含めてね

137 :右や左の名無し様:04/08/23 22:17 ID:???
>>135
では>>43で何が証明できるのかな?

なんだろうなw

138 :右や左の名無し様:04/08/23 22:18 ID:???
>>137
まさか解りもしないのに、ただ出してきただけなのか?
やっぱりアホだw

139 :右や左の名無し様:04/08/23 22:20 ID:???
>>130
アメリカが中国への援助を始めたのは、日本が日独伊三国同盟を結んで、北部仏印侵攻を
してからだよ。

それまでは中国にもドイツ軍事顧問団がいて、この地域の色分けははっきりしていなかった。

要するに欧州大戦にでアジアに軍事空白が生じたのに乗じて、日本がアジアの植民地に侵攻
する気なら、アメリカも対抗する、というサインだ。

北部仏印ならまだシナ事変の一環として良いわけもつくが、南部仏印は蘭印侵攻の足がかり
にしかならないので、この時点で決定的になり経済封鎖が掛けられたわけ。


140 :右や左の名無し様:04/08/23 22:23 ID:???
>>139
中立を宣言しての軍事援助は国際法上当時としても違反だが?

141 :右や左の名無し様:04/08/23 22:24 ID:???
>>138
>やっぱりアホだw

資料を知らなかった人間と、
資料を教えてやり、検索・クリック先もコピペしてやった人間の、
どちらがアホだろうなw


142 :右や左の名無し様:04/08/23 22:24 ID:???
>>116
アメリカが認識したからなんなの?
どのような状況であれ国力が百倍の国に戦争を始めるのは
客観的に見て愚行だという事実はかわらないよ。

143 :右や左の名無し様:04/08/23 22:25 ID:???
>>140
違法合法なんて話はどうでもいいし。

144 :右や左の名無し様:04/08/23 22:26 ID:???
>>141
だから、>>43で何が証明できるのかすら解らないのだろ?

>>142
>>125がなんて読める?



145 :右や左の名無し様:04/08/23 22:26 ID:???
>>144
何の言い訳にもならない。

146 :右や左の名無し様:04/08/23 22:27 ID:???
>>143
ならなぜ日本軍のインドシナ駐留を持ち出してきた?

147 :右や左の名無し様:04/08/23 22:27 ID:???
>>145
つまり、戦わずに経済封鎖で干からびれば良かったと?

148 :右や左の名無し様:04/08/23 22:28 ID:???
取るべき選択肢があるとしたら現状維持で様子見だな。
少なくとも開戦、しかも真珠湾奇襲なんて絶対にアリエナーイ。

149 :右や左の名無し様:04/08/23 22:29 ID:???
>>140
当時は日本軍も宣戦布告をしていないシナ事変で北京・南京まで占領してからな。
日本としてもあれは「戦争」でなく「事変」と言うことになっている。

国際法的に「戦争」でないので、中立もへったくれもない。

150 :右や左の名無し様:04/08/23 22:31 ID:???
というか、それならこの新聞記事をどう説明するのかな?

英国、ディリー・メイル紙
「日本が戦争を始めた理由は、フィリピンを初めとする東洋へのアメリカの進出を、
いかに日本が恐怖に感じたかを理解しなければ分からないだろう。また1941年
(昭和十六年)に、アメリカが日本へのいっさいの石油資源の供給を絶った時の
日本の感じた深刻さも無視することはできないであろう。
そう考えてみれば、真珠湾攻撃を一方的に卑劣だと非難することはあたらない」

あるときは政治家の話も、東南アジアの教科書も学者の話もあてにならないと言い。
自分たちの都合のいい教科書は政治的な意図でかかれたものでも信用できると
言う、それを普通ダブルスタンダードと言うのだがな。

151 :右や左の名無し様:04/08/23 22:32 ID:???
>>147
戦って国土が焦土になったほうが良かったと?


152 :右や左の名無し様:04/08/23 22:35 ID:???
ってか話を戻せよ。
そもそも経済制裁されたのは日本が東南アジアに色気を見せたからなんだろ。

153 :右や左の名無し様:04/08/23 22:35 ID:BTGRGczp
>>149
これは”公式文”な

パール判決
「これは経済戦の宣戦布告であり、確かに(アメリカは)中立行動では無かった。これと同時に
、オーストラリア、オランダ、イギリスによって取られた経済的・軍事的措置と相まって、まさに”対日包囲”であった」

「アメリカは自らの行為によって、真珠湾の遥か前から交戦国となっていた」

パール判決
「これと同じ通牒を受け取った場合には、モナコ公国かルクセンブルグ大公国のような小国でさえも、
アメリカに対して武器を手にして立ち上がったであろう」

更に、アメリカの当時の認識

ハル・ノートが日本に突き付けられる前日、ホワイトハウスでハル国務長官、スチムソン陸軍長官、ノックス海軍長官が会合した。
出席者の1人、スチムソン陸軍長官の会議の様子を記録した日記に、こう記されているという。
我々が過大な危険にさらされないで、日本に最初の一弾を撃たせるように、どのように誘導してゆくかが話し合われた

ジョセフ・グルー米駐日大使もハル・ノートを読み、「戦争になるボタンは押された」と開戦の覚悟をしたという。

フランクリン・ルーズベルト 英国王立公文書館の資料にあるチャーチル首相が大西洋上の
軍艦でルーズベルト大統領と昭和十六年(1941年)八月十日と十一日におこなった大西洋
憲章制定に関する秘密会談の一部より
「如何にしたら日本が先に、米国に攻撃を仕掛けるかを検討中である。」


154 :右や左の名無し様:04/08/23 22:36 ID:???
>>153
>こう記されているという。
>開戦の覚悟をしたという
伝聞じゃん。

155 :右や左の名無し様:04/08/23 22:37 ID:???
>>150
これいつの記事だよ。第2次世界大戦終了後のやつだろうが。

1940〜41年(昭和15〜16)あたりの情勢を順に調べれば、問題が
日本軍の仏印侵攻であることが明白だが。

156 :右や左の名無し様:04/08/23 22:37 ID:???
>>153
で、馬鹿な日本の指導者は、アメリカに攻撃したわけだ
で、何がいいたんだ

157 :右や左の名無し様:04/08/23 22:40 ID:???
>>154
それ以外は?

>>155
だからそれはどっちもどっちでどちらも非難できる立場に無い事なのでは?

158 :右や左の名無し様:04/08/23 22:41 ID:???
>>150
しかし外国人の書いたものは理解するが、
>>43の日本人の文章は理解できないというのも不思議な話だなw




159 :右や左の名無し様:04/08/23 22:42 ID:???
>>157
だから道義的な話をしてるわけじゃなくて
日本の国家戦略上の無為無策の話をしてるんだと何度言わせるんだ。

160 :右や左の名無し様:04/08/23 22:42 ID:???
>>155
終了後だろうがいつだろうが、事実は事実だが?
まさかイギリスの大手新聞が朝日なみの捏造記事を書いたとでも言いたいのか?

161 :右や左の名無し様:04/08/23 22:43 ID:???
>>158
それで、>>43では何が証明できるのかな?

162 :右や左の名無し様:04/08/23 22:43 ID:???
>>160
ああ、卑劣ではないかもね。
でもそういう結果を予想して行動できなかったというのは無能だね、という話なんだけど。

163 :右や左の名無し様:04/08/23 22:43 ID:???
>>159
パール判事の公式文は?


164 :右や左の名無し様:04/08/23 22:45 ID:???
>>157
>だからそれはどっちもどっちでどちらも非難できる立場に無い事なのでは?

被害を受けた者の立場からは非難できるだろうな。

165 :右や左の名無し様:04/08/23 22:45 ID:???
>>163
詭弁テンプレの「非現実的な想定を持ち出す」って奴だなw


166 :右や左の名無し様:04/08/23 22:46 ID:???
>>153
>「これは経済戦の宣戦布告であり、確かに(アメリカは)中立行動では無かった。これと同時に
>、オーストラリア、オランダ、イギリスによって取られた経済的・軍事的措置と相まって、まさに”対日包囲”であった」

あくまでも南部仏印侵攻の報復処置としての経済封鎖ね。


>「アメリカは自らの行為によって、真珠湾の遥か前から交戦国となっていた」

ルーズベルトの予定としては、仏印から蘭印に掛けての海域に、アメリカの商船を配置しておいて、
侵攻してきた日本軍にこれを撃たせて、これをきっかけに開戦する腹づもりだったようです。

真珠湾攻撃は、これを読んだ山本五十六長官による、米軍の裏をかいた作戦です。

167 :右や左の名無し様:04/08/23 22:46 ID:???
>>163
公式文といっても、靖国参拝違憲と同じ、ただの判事の意見

168 :右や左の名無し様:04/08/23 22:48 ID:???
>>165
つまり、パール判事の公式発言は妄言と言いたいのかな?


169 :右や左の名無し様:04/08/23 22:48 ID:???
>>166
真珠湾自体が露見してたんだから
さらに裏をかかれたんだな。

170 :右や左の名無し様:04/08/23 22:49 ID:???
>>168
感情論だね。

171 :右や左の名無し様:04/08/23 22:49 ID:???
1943年5月31日 大東亜政略指導大綱

六 其ノ他ノ占領地域ニ対スル方策ヲ左ノ通リ定ム 但シ(ロ)(ニ)以外ハ当分発表セズ
(イ)「マライ」「スマトラ」「ジャワ」「ボルネオ」「セレベス」ハ帝国領土ト決定シ
重要資源ノ供給源トシテ極力之ガ開発並ニ民心ノ把握ニ努ム
(ロ)前号各地域ニ於テハ原住民ノ民度ニ応ジ努メテ政治ニ参与セシム
(ハ)「ニューギニア」等(イ)以外ノ地域ノ処理ニ関シテハ前二号ニ準ジ追テ定ム
(ニ)前記各地ニ於テハ当分軍政ヲ継続ス

これはそんなに理解が難しいか。

172 :右や左の名無し様:04/08/23 22:50 ID:???
>>166
>「アメリカは自らの行為によって、真珠湾の遥か前から交戦国となっていた」
これと
>「如何にしたら日本が先に、米国に攻撃を仕掛けるかを検討中である。」
これは?

173 :右や左の名無し様:04/08/23 22:50 ID:???
>>160
>まさかイギリスの大手新聞が朝日なみの捏造記事を書いたとでも言いたいのか?

新聞社は新聞社だ、適当なこと書くぐらいしょっちゅう。
朝日と比べてイギリスの大衆紙が捏造を書かないと言うお前の根拠は何だ?

174 :右や左の名無し様:04/08/23 22:51 ID:???
>>171
だから、それが何を証明するのかを聞いてきるのだが?
まさか、日本統治だから悪いとでも?

175 :右や左の名無し様:04/08/23 22:52 ID:???
>>172
何回同じこと言わせるの?

176 :右や左の名無し様:04/08/23 22:52 ID:???
>>168
いや、判事も人間だから間違えることぐらいしょゅうだよ。
そのために何人もいる。

特にパール判事はインド人だったことが大きいでしょう。
最初から裁判に対して感情が入っていた。

177 :右や左の名無し様:04/08/23 22:53 ID:???
>>173
そこまで言うのなら、あの記事が捏造だとする明確な根拠があるのだよな?
ちなみに、証明責任を相手に求める質問返しは無しね。

178 :右や左の名無し様:04/08/23 22:54 ID:???
日本がもっと上手に立ち回れば開戦も海外権益喪失もなかったと解ってもらえればいいんだよ。
どっちに理があるかなんて話はしてない。

179 :右や左の名無し様:04/08/23 22:55 ID:???
>>176
>>177がそれにも当てはまるな。
まさか「そう思っただけ」で言っているわけではないよな?

180 :右や左の名無し様:04/08/23 22:56 ID:???
>>173>>176は根拠の提示をしてもらおうか。


181 :右や左の名無し様:04/08/23 22:58 ID:???
個人のいった事だからほんにんにしか解らないなんて逃げ方するなよ、>>173>>176では
「断定」して書いているのだから。

182 :右や左の名無し様:04/08/23 22:58 ID:???
もっと言えば日本のほうが圧倒的に弱いんだから
日本はもっとアメリカに対して神経質になるべきだったんだよ。
全体に戦争にならないよう努力すべきだった。

しかし昭和日本は「状況次第ではアメリカと戦争になってもいい」という感覚で動いていたわけだ。


183 :右や左の名無し様:04/08/23 23:00 ID:???
>>178
日本の対応が悪かったから日本は駄目だったと。
それで、連合国側の対応は?

184 :右や左の名無し様:04/08/23 23:00 ID:???
人の行為には、たいていそいつなりに理由があるんだよ。
「借金に困って強盗しました」
「馬鹿にされたのでカッとなり殺してやった」
「やりたくて強姦した」

問題は、その理由が当事者や周囲にどれほど認められるかだ。
言っただろう、盗人にも三分の理だ。

185 :右や左の名無し様:04/08/23 23:01 ID:???
>>183
だからどっちが悪かったなんて話はしてないと何度言わせるんだ!

186 :右や左の名無し様:04/08/23 23:01 ID:???
>>180
新聞記事とか、判決文なんて、書き手が書き手の都合で書いていることが
多いので読者が判断するのは当然だろう?
お前さんは朝日新聞の記事をそのまま信用するのか?


ps:明日早いんでもう寝るわ。お休み。

187 :右や左の名無し様:04/08/23 23:01 ID:???
>>173>>176書いた香具師は、ID出ない事を良いことにこのまま逃げると。

188 :右や左の名無し様:04/08/23 23:03 ID:???
>>185
なら何が言いたい?

>>186
つまり根拠無しに断定して書いたと。

189 :右や左の名無し様:04/08/23 23:04 ID:???
>>188
祖国を破滅の淵に追いやった無為無能な指導者たちは糾弾されて当然だよね?ということ。

190 :右や左の名無し様:04/08/23 23:05 ID:???
>>186
その言い方だと新聞記事も判決文も何一つ信用できないという事になるな。
それを証明するソースも出していないのに言っているのだから。

191 :右や左の名無し様:04/08/23 23:06 ID:???
>>189
その破滅の道にしか選択肢を残さなかった連合国側は?
しかも、良い悪いの問題ではないといっていたのに、なぜそこで
そうなる?

192 :右や左の名無し様:04/08/23 23:08 ID:???
>>190
朝ピーの記事が信用できないのは書かれた記事が明らかに捏造であると
判明できるソースがあるからだ罠

193 :右や左の名無し様:04/08/23 23:09 ID:???
1943年5月31日 大東亜政略指導大綱

六 其ノ他ノ占領地域ニ対スル方策ヲ左ノ通リ定ム 但シ(ロ)(ニ)以外ハ当分発表セズ
(イ)「マライ」「スマトラ」「ジャワ」「ボルネオ」「セレベス」ハ帝国領土ト決定シ
重要資源ノ供給源トシテ極力之ガ開発並ニ民心ノ把握ニ努ム
(ロ)前号各地域ニ於テハ原住民ノ民度ニ応ジ努メテ政治ニ参与セシム
(ハ)「ニューギニア」等(イ)以外ノ地域ノ処理ニ関シテハ前二号ニ準ジ追テ定ム
(ニ)前記各地ニ於テハ当分軍政ヲ継続ス

そろそろ読み取れたか?

194 :右や左の名無し様:04/08/23 23:09 ID:???
>>189
これ書いたのあんただよね?
矛盾してますよ

185 名前: 右や左の名無し様 [sage] 投稿日: 04/08/23 23:01 ID:???
>>183
だからどっちが悪かったなんて話はしてないと何度言わせるんだ!


195 :右や左の名無し様:04/08/23 23:10 ID:???
>>193
それで何を証明できるのかと聞いているのだが?
証明責任はソースを出して来た側にあるぞ、何度言わせる気だ?

196 :右や左の名無し様:04/08/23 23:12 ID:???
>>191
それぞれの国家がその国益のために行動するのは当然のこと。
そのため他の国を侵略したり追い詰めたりすることもある。
それ自体は外側からどうこう言えるものではない。日本もやってきたことだ。

そのパワーゲームの中で戦前の日本は多くの誤った選択をした。
そういう反国益的過ちをおかした無能な指導者を論難するのは当然だろう。
日比谷焼き討ち事件の群集が「賠償金を支払わないロシア」ではなく
「ロシアから賠償金を引き出せなかった日本政府」を叩いたのと同じだよ。

>>194
それは道義的にどちらに責任があるかって話だろ?
俺が言ってるのは無為無策の話だ。

197 :右や左の名無し様:04/08/23 23:13 ID:???
>>193
もう少し解りやすく言おう
そこから俺が読み取れるのは日本が統治したと言うことだけなのだが、
それだけの事なら俺は統治された側の教科書の記述も政治家等の
証言も出してきたが、それの何が問題なのか教えてくれないか?

198 :右や左の名無し様:04/08/23 23:14 ID:???
>>196
その見地から見た連合国側の対応はどうだ?

199 :右や左の名無し様:04/08/23 23:14 ID:???
もっと言えば相手が強くてずるかったから負けたってんじゃ発展性がないだろ。
相手より馬鹿であらゆる意味で劣ってたから負けた、だから今度はもっと利口にやろうってことだ。

200 :右や左の名無し様:04/08/23 23:16 ID:???
>>197
>そこから俺が読み取れるのは日本が統治したと言うことだけなのだが、

正確には、
「マライ」「スマトラ」「ジャワ」「ボルネオ」「セレベス」ハ帝国領土ト決定シ
「ニューギニア」等(イ)以外ノ地域ノ処理ニ関シテハ前二号ニ準ジ追テ定ム
但シ(ロ)(ニ)以外ハ当分発表セズ
だな。

201 :右や左の名無し様:04/08/23 23:16 ID:???
>>196
それに、アメリカの対応は中国東南アジアの利権目的で、しかも
戦後戦う相手を間違えたと言っているように中国での利権を全て
失っているな、これも無為無策の行動だよな?

202 :右や左の名無し様:04/08/23 23:16 ID:???
>>198
彼らは勝った、それだけだよ。

203 :右や左の名無し様:04/08/23 23:18 ID:???
>>201
日本が蒙った損害とはまるで比較にならないだろ。
敗北とはとても言えない。

日本を勢力圏に編入するなど得たものも大きいわけで。

204 :右や左の名無し様:04/08/23 23:20 ID:???
敗軍の将を英雄と呼ぶべからず、という単純なことがなぜ通らないのか。

205 :右や左の名無し様:04/08/23 23:20 ID:???
>>199
なら単に戦略上のミスがあっただけで、それは戦争なのだからどちらかが
必ず負けるわけで、日本の罪なんて話ではないな。
違うなら、ハルノートを突きつけられてどう対応すればよかったのかを
説明しないと。
アメリカが真珠湾攻撃の7ヶ月も前に日本本土攻撃を「準備していた」のは
事実なのだし、アメリカ側もハルノートが日本の逃げ道を無くす事実上の
最後通牒であったことを認めていて、ルーズベルトも日本の逃げ道を無くす
よう画策していたのも事実なのだから。

206 :右や左の名無し様:04/08/23 23:21 ID:???
>>204
そんな事誰も言っていないが?

207 :右や左の名無し様:04/08/23 23:23 ID:???
というか、太平洋戦争は「アメリカが始めた戦争」と言っているだけなのだが。

208 :右や左の名無し様:04/08/23 23:27 ID:???
>>207
とすればそこに至るまでの日本の外交、軍事戦略にも失敗(責任じゃないぞ)があったよな、ってことだと思うが。

209 :右や左の名無し様:04/08/23 23:31 ID:???
>>208
そして、アメリカも戦後に大陸利権を共産国に奪われたのだからどちらも
失策だな。
そして、冷戦後旧ソ連も崩壊し、中国も文化大革命なんてことして停滞し、
2008年のオリンピック後には持たないと言われているから、あの戦争は
長期的に見てどこも勝者になれなかったと。
しいて言うなら日本は戦後世界第二位の経済大国に復活できたな。

210 :右や左の名無し様:04/08/23 23:32 ID:???
>>208
追加
中国は共産化によって民族対立を弾圧する事でその場しのぎの
火消しをし、分裂の火種を現在に至るまで負うはめになっているな。

211 :右や左の名無し様:04/08/23 23:35 ID:???
>>209
まあアメリカの話は置いといて日本は

軍人・軍属の戦死、陸軍約144万人、海軍約 42万人
一般国民の死者・行方不明(空襲・艦砲射撃その他のよる)約69万人、総計255万人
国富の被害総額は敗戦当時の価格で653億200万円(被害率25.4%、つまり4分の1の損害)
航空機の喪失約6万機
艦艇の喪失総計628隻
敗戦当時の価格による兵器の損害は合計700億円
領土は北海道・本州・四国・九州以外の全てを失う。

これだけの人間がもう帰ってこない。
日露戦争じゃ五万死んだだけで大騒ぎしてたのに。


212 :右や左の名無し様:04/08/23 23:35 ID:???
>>209
>しいて言うなら日本は戦後世界第二位の経済大国に復活できたな。

元寇のおかげで建武の親政実現したしな。

213 :右や左の名無し様:04/08/23 23:35 ID:???
これを何とか回避できなかったのかと。

214 :右や左の名無し様:04/08/23 23:36 ID:???
アメリカに占領されたおかげで民主制に復帰できたしな。

215 :右や左の名無し様:04/08/23 23:38 ID:???
善悪の問題じゃなく国家戦略の問題から
太平洋戦争を否定するアメリカ人も多いよ。
日本と妥協して中国共産化を阻止し、大陸権益を分け合うべきだったと。

216 :右や左の名無し様:04/08/23 23:39 ID:???
やはり負けたから良かったわけだな。
勝とう、負けまいと思って始めた戦争は目的が間違っていたわけだ。

217 :右や左の名無し様:04/08/23 23:40 ID:???
>>211
朝鮮なんてなくなってよかったじゃないか。
もしまだあったらどうなってることか。

218 :右や左の名無し様:04/08/23 23:41 ID:???
>>211
資料がどこに行ったか解らないので、具体的な数字は出せないが。
兵士の戦死者の数ではアメリカの数も日本と大して変わらないな。
利権失った事も含めた損害なら金額面ではアメリカのほうがはるかに
上だし。
日本の民間人の死傷者は、アメリカが空爆や原爆での不必要な
虐殺をしなかったら抑えられたな。

どちらにしても日本関係の第二次大戦では、勝者はどこにもいない
関わった国全てが失策をしているわけだ。

219 :コピペ:04/08/23 23:41 ID:???
一つの事件・事実を取り上げても、そこには百人百様の解釈や捉え方がある。
それが歴史認識というもの。
神ならざる人間どもが、後世の価値観でもってどんな価値判断を下したところで
そこには自ずと限界があるし、そもそもそんな行為自体にどんな意味があるのか
さえ怪しい。

であれば。
現在と将来の自分達のために役立てることを考えるべきではないだろうか。
善悪を抜きにして。実はこのへんを一番良く解ってるのが中国と韓国だ。

多かれ少なかれ、世界中で日本を除いてどの国も、
自国の利になるように歴史を捉え、自国の国益に役立てている。
都合のいいように解釈しろとか、隠蔽や捏造を行えと言ってるわけではないが
(極東三馬鹿はこのあたり平気でやってるぞ)
少なくとも、自国に都合の悪い物事をわざわざ自分で煽る基地外は
世界中どこを探しても居ないのだ。日本人の一部を除いて。

ヒロシマ・ナガサキをことさら話題に挙げるアメリカ人がいないように、
天安門や文革やチベットをことさら話題に挙げる中国人がいないように、
ベトナム戦争をことさら話題に挙げる韓国人がいないように。

古今東西、戦後の日本だけが狂っている。


220 :右や左の名無し様:04/08/23 23:42 ID:???
>>218
>日本関係の第二次大戦では、勝者はどこにもいない

ミズーリの映像もアポロ月面着陸並みに捏造だからな。

221 :右や左の名無し様:04/08/23 23:45 ID:???
>>220
意味不明なのだが。
まさかアポロの月面着陸が捏造だったと本気で信じているわけでは無いよな?
スレ違いだからこれ以上は何も言わないが。

どちらにしても、太平洋戦争でどの国も長期的に見て失策をしていたのは事実。

222 :右や左の名無し様:04/08/23 23:54 ID:???
>>221
>太平洋戦争でどの国も長期的に見て失策をしていたのは事実。
この論理でいくと、有史以来のあらゆる戦争はそれだけでは勝敗が分からんことになるな。
戦争後の失策の量を考慮せにゃならんからな。
もしかするとまだ勝敗は決まってないかもな。
人類がいなくなる頃、どこが失策が少なかったかで勝敗が決まるのかなw
つくる会の歴史教科書も、戦争の勝敗には容易には触れられないな。

223 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/08/24 00:02 ID:bC1CY/L8
>>221
アポロのはともかくもソ連のランデブーは捏造だという事件があったような
気が。消防の時に少年○○○○の類の漫画雑誌で読んだことなので、詳細は
わかんねーけども。

224 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :04/08/24 00:06 ID:???
キムの生まれた家とか、左翼は捏造だらけだからな>>223

225 :右や左の名無し様:04/08/24 00:08 ID:???
あの戦争の結果としてアジアの国々が独立出来たんだから
それでいいじゃないか

226 :右や左の名無し様:04/08/24 00:09 ID:???
阪京と大日本報靖會が来ましたので、このスレの論争は終了しますた。

つうか何やってんだよ、お前ら。

至る所のスレを、雑談スレに変えるのをやみろ。

227 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/08/24 00:10 ID:bC1CY/L8
白頭山の虎って、デッチアゲの最たるもので、生まれたのはソ連国内だった
ような。

228 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :04/08/24 00:14 ID:???
>>226
> 至る所のスレを、雑談スレに変えるのをやみろ。

デッチアゲの最たるものだな

229 :右や左の名無し様:04/08/24 00:16 ID:???


230 :右や左の名無し様:04/08/24 00:19 ID:???


231 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :04/08/24 00:19 ID:???
スレタイの結論があまりにも明白だから、つい雑談になってしまう
ということはあるかもしれないが。。。。。

232 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/08/24 00:28 ID:bC1CY/L8
おりが否定論者でないのは自明の理。

233 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :04/08/24 00:33 ID:???
大東亜戦争に反対する奴の親の顔が見たいよ

234 :右や左の名無し様:04/08/24 00:34 ID:???
大東亜戦争なんて逃げ口上だよ
対米英戦争というべきだよ! 負け戦だがね 完敗だった。


235 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/08/24 00:40 ID:???
>>234
戦闘には確かに負けたが、どういう訳だか戦争目的は全て貫徹してしまった。

自由貿易体制の確立、欧米の植民地支配の駆逐など。。。

そりに引き替え、サヨが1億人ほど惨殺して、残した結果は・・・(以下略。

236 :右や左の名無し様:04/08/24 01:01 ID:???
日本統治と、日本領土の違いがわからん奴を見たのは久しぶりだな。
昔なつかしのタットブベシあたりがこういうことを言っていたのを思い出す

237 :右や左の名無し様:04/08/24 01:50 ID:???
>>222
太平洋戦争でのアメリカの行動は、ソ連にそそのかされて敵を見誤った
結果でもあるわけだし、ソ連にしても結局中国と仲たがいして利権を失う
わけで、中国も共産主義体制を選んだ事でその後の大虐殺と恐怖政治
で途上国としての道を歩む事になったのだから、戦後の失策ではなく
戦前戦中の失策では?

238 :右や左の名無し様:04/08/24 02:12 ID:???
>>237
元々国境が接していて片方は自分たちが一番だと妄想が抜けない中華思想の中国。
片方は近代史以降植民地政策をしていた欧米からすら「ロシアの本能は略奪だ」と
言われており、有史以来最大規模の大虐殺をしたソ連(レーニンもスターリンほど
ではないが、800万人近くを粛清している)が、利害の一致などできるわけが無かった
のだよな。

しかも両国とも領土的野心を隠そうともしない基地外共産主義だし。

239 :右や左の名無し様:04/08/24 02:15 ID:9xvsqOB7
つか、あの戦争での日本の一番の教訓は
朝 鮮 と は 二 度 と 関 わ る な だろ。

240 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/08/24 02:33 ID:bC1CY/L8
>>236
はん? 「負けるが勝ち」とは、むかし、うちのばーさんがよく言っていたもんだわいな。
で、タットブベシって慶應に入学するどころかドキュソの道に陥ってしまったわけかいな?

>元々国境が接していて片方は自分たちが一番だと妄想が抜けない中華思想の中国。
>片方は近代史以降植民地政策をしていた欧米からすら「ロシアの本能は略奪だ」と
>言われており、有史以来最大規模の大虐殺をしたソ連(レーニンもスターリンほど
>ではないが、800万人近くを粛清している)が、利害の一致などできるわけが無かった
>のだよな。
>
>しかも両国とも領土的野心を隠そうともしない基地外共産主義だし。

遅れた国の連中がマルクス主義というエクスキューズになりえる可能性を仕入れて
奮闘したけども、溺れるものが掴んだのは実はワラだったつーことだろーに?

241 :右や左の名無し様:04/08/24 09:16 ID:???
学者同士のガチンコの論争ってあまりないよね。あっても罵り合いの下品なものだったりして。
中村粲氏と、こないだ亡くなった林健太郎氏との論争はその点、いいものだったと思う。
小堀vs林ってのもあったね。こっちは単行本になってる。

242 :右や左の名無し様:04/08/24 09:51 ID:???
植民地支配は正しかった、もしカンボジアやがフランスに支配されていればポルポトの虐殺も無かったし
中国も日本や欧米に分割統治されていれば文革も大躍進もチベットにおける民族浄化も無かった。
英印が存続していれば印パ核戦争の恐怖もなかった。
軍事政権下で少数民族が弾圧され、強制労働を課される今のミャンマーに比べれば
英統治下のほうがずっとまともで民主的な自治が敷かれていた。

朝鮮半島などは言わずもがな。

解放などお節介もいいところ、まともな政府を持つ能力のない未開人は文明国によって統治されるべきだったのです。

243 :右や左の名無し様:04/08/24 10:13 ID:???
>>242
朝鮮人とは二度と係わり合いになりたくありません。

244 :右や左の名無し様:04/08/24 10:44 ID:???
>>242
在日の騙り右翼さん、日本人のイメージダウンのお仕事ご苦労さん。

245 :右や左の名無し様:04/08/24 11:04 ID:???
俺は左翼だが?

246 :右や左の名無し様:04/08/24 11:57 ID:???
>>245
左翼だから右を騙ってネガティブ工作したんだろ?おまえ馬鹿?


247 :右や左の名無し様:04/08/24 13:47 ID:???
七つの首

 七つの首は
 やがて
 絞められるであろう


 七つの首のために
 ぼくらは涙を流さぬであろう
 悲しみを知らぬからではない
 人民の流した涙が
 あまりに塩からいのを知っているからだ


 七つの首に
 もしも僕らが
 この手でじかに縄をかけてよいものなら
 死者も墓場から起きあがってくるであろらう
 それほどにも深い悲しみを
 ひとびとはなめさせられたのだ


 やがて絞められる七つの首のために
 悲しみを覚えるものよ
 思う存分に
 泣くがよい
 涙の袋が裂けてしまうまで
 ぼくらはそれを
 禁じはしないであろう
 かつてばくらが悲しみのために
 涙を流すことさえ禁じられたようには

248 :右や左の名無し様:04/08/24 13:47 ID:???

 そればかりではない
 ぼくらは
 七つの首のために
 黒い首飾りを贈ろう
 七つの首が
 確実に息の根をとめるように
 最後の贈物として


 鉄のギロチンよ
 お前は
 革命家のためにだけ
 用意されたのではない


 やがて絞められる七つの首は
 お前に挨拶するであろう
 お前は
 無慈悲に
 それをうけとるがよい


249 :右や左の名無し様:04/08/24 13:56 ID:???
このスレ読んで見たがおもしろいな。
個人の証言は駄目とか、新聞記事や教科書や判事の公式発表が信憑性が無い
とか、ならいったいどんな情報なら信用できるんだろうな(w

傍から見てて自分たちの考えに会わないから認めれないと言っている様にしか
見えないのだが。

250 :右や左の名無し様:04/08/24 14:08 ID:???
>>249

>>219


251 :右や左の名無し様:04/08/24 14:26 ID:???
>>250
つまり日本の利益になる話だから信用しないってことか?

252 :堀田大作 ◆HeKVCq2G2k :04/08/24 14:38 ID:???
>>4
>>10

さっさと朝鮮半島と満州を手放していれば、戦争を回避できた。

イギリスというお手本もあった。

大東亜戦争1つだけではなくて、明治維新前夜からの約100年間をま
とめて、大東亜百年戦争として捉えたほうがいいんだよ。

そうすると、問題の本質は時代遅れの負け組に入ってしまったこと
だとわかるだろう。

イギリス&アメリカとの関係を良好に保つことを最優先にしておれ
ば、ややこしいことにはならなかったんだ。


253 :右や左の名無し様:04/08/24 15:01 ID:???
>>251
歴史的真実がどうあれ、外交や政治のうえでは、得な方を選択すべきだな。
少なくとも自国に都合の悪い事柄をわざわざ自分で(ry


254 :右や左の名無し様:04/08/24 19:37 ID:???
>>12

情報操作なり統制なりが成功したのだって、日本人が「終戦」という言葉に明るい響きを感じ
取ったからだろう。

大政翼賛会に日本人はうんざりしていたのさ。

255 :右や左の名無し様:04/08/24 19:57 ID:???
>>254
その根拠はなにかソースがあるのかな。

256 :ほい:04/08/24 20:28 ID:???
>255

http://www.kagome.co.jp/products/food/images/pic/4445.jpg


257 :右や左の名無し様:04/08/24 20:37 ID:???
>>1
まあだいたいこんな所だ。

このテーマはみんなで何度もやっているやつなので進行が早い早い。
>222まででこれまでのおさらいが出来たので、こんな所で良いでしょう。

後はソースをやたらと掛けて大味にしてしまう香具師が出てきて、
大味になって面白くないのでパス。

おりは醤油派なんでな。


258 :右や左の名無し様:04/08/24 23:54 ID:???
>>246
だから右を騙ってなどいないが?

259 : ◆SLShmljNdI :04/08/25 07:50 ID:???
>>22

いや、これはもう、日本軍は「人間だけの軍隊に近かった」といっ
たほうがわかりやすいかも。


260 :右や左の名無し様:04/08/25 09:13 ID:???
>>243
未開の猿を人間にするのは文明人の義務なのです。
逃げてはけません。

261 :右や左の名無し様:04/08/25 10:06 ID:???
>>260
すでに半島に過去にはあった地政学上の価値はありません。
たかりとストーカーしかできない国は日本にとって害悪にしかならないのだから、相手に
しないのが最善、最近は文明国とは思えないような事後法まで制定して魔女狩り始めた
からな、政情不安になるのも時間の問題、係わり合いになってはいけない。

262 :右や左の名無し様:04/08/25 10:21 ID:uECoUtPg
>最近は文明国とは思えないような事後法まで制定して魔女狩り始めた

これはさすがに狂っているとしか思えないよなあ。
基地外を更正させるのは、最初から無理。
どこかに隔離して相手にしないのがベスト。

263 :右や左の名無し様:04/08/25 10:37 ID:???
あの国のあの法則を理解し実践しようと努める人が増えて、
日本人同胞として喜ばしい事です。


264 :右や左の名無し様:04/08/25 10:39 ID:???
でも相手にせざるを得ないよね、お隣さんだし

265 :右や左の名無し様:04/08/25 10:42 ID:???
これいじょうあの国が日本に何か言ってきたら、もういっそ通貨スワッピング協定
破棄して息の根止めてあげようよ。
調子に乗って竹島どころか対馬まで自分たちの領土とか言い出してるし。
日本の一番の失敗は、半島を中国から切り離して文明を与えてやった事、これは
間違いなく失敗とか恥部とか言える。

266 :右や左の名無し様:04/08/25 11:12 ID:JO9JQWD6
大東亜戦争を肯定するか否定するかなんて議論は無駄なんだ。

わしら日本人の観点からいえば、そりゃ 正直無駄にきまっとる。
特になることがないからな。
戦術愚かだったとか、無駄な不毛なことや外交を行ったってのは
戦争が負けた以上は当たり前のことでそんなことは議題にすらならない。

けっきょく、わしらがあの戦争に対して誇りを持つかどうかってことなん
だよ。問題は。
そのことを肯定的にとらえるか否定的に捕らえるかってことだろ。

大部分の香具師は勘違いしてる


267 : ◆SLShmljNdI :04/08/25 17:43 ID:???
>>24

成果: 無条件降伏

268 :右や左の名無し様:04/08/25 19:15 ID:???
なんか必死になって都合が悪いスレの中間辺りにあるレスを無視しようと
している香具師がいるな(笑)

269 :暇人:04/08/25 20:03 ID:rv/vBmXU
>>24
「国民大衆の百数十万の戦争死によって贖われた唯一の戦利品」は「憲法第9条」だと吉本隆明が言ってたな。

270 :右や左の名無し様:04/08/25 20:12 ID:???
>>269
>>235

271 :右や左の名無し様:04/08/26 00:03 ID:???
>>269 高い代償だな

欧米の植民地支配の駆逐など(の後に日本の植民地支配があるはずだったのに)ブルネイの油田等ほしかったなぁ



272 :右や左の名無し様:04/08/26 00:36 ID:???
>>270
>>43が達成できとらんだろうが。

273 :暇人:04/08/26 16:55 ID:vS0mYJ0G
日本が得たものと言えば、憲法9条の条項と文言。反日国家(中国・韓国・北朝鮮)を周囲に抱える事になった不安定さ。位か?

274 :右や左の名無し様:04/08/26 17:41 ID:???
>>272
一つでも得ていないものがあると全て無かった事になるのか?

275 :右や左の名無し様:04/08/26 17:43 ID:???
273 名前: 右や左の名無し様 [sage] 投稿日: 04/08/25 17:43 ID:???
日本の罪と言ってもなぁ、こんなのあるし。

参考資料:『日本軍は香港で何をしたか』
著者:謝永光(日本軍による香港占領を体験した鍼灸医) 
森幹夫訳四六判/264頁/9310  価格:2300円 社会評論社 より P.36,37
九龍が占領された翌朝、農夫の姿に変装した二人の女性が、有名な作家侶倫(原名李林風)の家の門を叩いた。
頭巾をとると、鑽石山(ダイヤモンド・ヒル)の某映画製作所に避難していた女優であることが分かった。
彼女たちは恐怖に引きつった表情で、日本軍の馬丁に暴行された昨夜の出来事を打明けた。
 当時の鑽石山はまだ一面の荒れ山で、未完成の映画制作所があるだけだった。製作所の経営者は避難してきた
彼の会社の管轄下の職員や俳優をかくまっていた。
最初の数日間は平穏無事で、「皇軍」の姿は全くみられなかった。ところがある日、突然五、六人の‘獣兵‘が現れ、
麻雀をしていた四人の女優を輪姦したという。
前述の女優は日本軍の馬丁に暴行されたが、この馬丁とは恐らく朝鮮人に違いなかった。

当時朝鮮は亡国の運命を辿り、台湾も日本の植民地であった。日本は兵力不足のため、大量の朝鮮人や台湾人
が戦場に駆り出されていた。
香港占領期間中、多くの朝鮮人が日本の軍服を着ていたが、一般の日本人よりも背が高く、日本の正規軍より
ももっと凶暴だった。
このとき民家に乱入して婦女暴行を働いたのは、ほとんど日本人の手先となって悪事を働いていた朝鮮人であった。
当時香港住民は日本軍に対するよりももっと激しい憎悪の念を彼らに抱いた。


元パリ・マッチ特派員アルフレッド・スムラー著「日本は誤解されている」日本教文社・昭和六十三年・119ページ
別に日本人戦犯の責任を軽減するつもりは毛頭ないが、占領地域で最も嫌われていたのは、このころ日本国籍を
持っていた朝鮮人だったことに注意しておかなければならない。

P.142
(日本軍占領下の香港では)アヘン販売や売春市場は朝鮮人が中心となって取り仕切っていた。


276 :右や左の名無し様:04/08/26 17:44 ID:???
290 名前: 右や左の名無し様 投稿日: 04/08/26 02:14 ID:+LpEk6gF
それに日本の罪がどうたらと言うのなら、当然>>273や通州事件、敗戦後の帰国
時に起きた中国人、ロシア人、朝鮮人による虐殺と略奪も問題にする必要があるな。

まあサヨ豚さんたちは都合の悪い事は無視して脳内妄想垂れ流すから、ぜったい
このことに触れないだろうがな(藁

291 名前: 右や左の名無し様 [sage] 投稿日: 04/08/26 02:17 ID:???
>>290
これも追加してくれ
http://haniwa82.hp.infoseek.co.jp/meigen/crime.html

299 名前: 右や左の名無し様 [age] 投稿日: 04/08/26 12:42 ID:???
>>290
これも追加で
■中国人が描いた絵「旭日旗を持った朝鮮人が中国人を殺す」
http://japanese.joins.com/transboard/upfile/up28088.jpg


■とある内科医の述懐「キヤンガン、山下将軍降伏の地―フィリピンの心象風景」より抜粋。
山では仲間どうしの信頼関係が全てだ。
韓比日の3人で風雨の中、ピークを踏む寸前のこと、小休止のときアンがコリアンと知らないフィリピン人の彼が言った。
「日本の占領下で最も残虐だったのはコリアンだった。赤ん坊を投げて銃剣でうけたのも彼らだった。皆がそう信じている。」
一気に遭難しそうになったパーティを何とか支えつつ、私はキアンガンの将軍の亡霊を見たような心持だった。
その後も各地でこの噂のような言説をきくたびに、愛国者たるアンの胸中が想われてならない。
http://www.net-ric.com/advocacy/datums/95_10irohira.html


277 :右や左の名無し様:04/08/26 17:54 ID:???
>>235
雨工の植民地支配は、形を変えて今でも残ってるぜ?
史上最古の忌まわしき植民憲法まで押し付けられて正義まで奪われてさ。


278 :暇人:04/08/27 12:51 ID:qKyf+RNB
アジア解放がどうこうというのは詭弁に過ぎぬ。

279 :右や左の名無し様:04/08/27 13:26 ID:???
 ヴェルサイユ条約といひ、国際聯盟といひ、ワシントン条約といひ、
それはいづれも世界人類のため、人道のためと標榜されて来ましたが、
それは米英のために必要な秩序を維持するための思想の魔術に
ほかならなかつたのであります。それは自らの利益のために、
これに反撃する力を抑へんとして来た米英の狡猾な手段であつたのであります。
ところが、このことは当初から国内で十分理解され、認識されてゐたとは
いへませんでした。例へば、ヴェルサイユ条約の基調になつた当時の
米大統領ウィルソンの民族自決主義にかぶれたり、ワシントン会議、
ロンドン会議による軍縮を以て人類の福祉とするやうな危険な考へ方が、
ソ連を祖国と考へるやうな赤い思想と結びついて、
どんなに国内を毒したことでせう。今思つてもぞつとする時代さへあつたではありませんか。
 しかし、この思想の危機に対して日本は堂々反撃しました。国際聯盟脱退を
きつかけに、この米英的秩序との闘争を展開し、思想改新の先鞭をつけ、
外交においても国際協調主義からいはゆる自主外交へと進んで来たのでありますが、
これは国内でも激しい戦ひの歴史でありました。
 しかし、すべての迷ひ、悩みを清算する日は来ました。昭和十六年十二月八日、
 大詔は渙発され、米英に対する宣戦は布告され、
  億兆一心国家ノ総力ヲ挙ケテ征戦ノ目的ヲ達成スルニ遺算ナカラムコトヲ期セヨ  
と仰せられたのであります。

280 :右や左の名無し様:04/08/27 22:49 ID:???
>>278
別に詭弁でいいよ。

ただ確実に言えることが一つあって、少なくとも、
わざわざ自国に悪い解釈をして、ことさらそれを喧伝する意味が全くないんだが、
何故日本の一部の基地外はそれをやめないのかね。


281 :右や左の名無し様:04/08/28 11:10 ID:uVDPGeOF
解釈じゃなくて事実認識の問題なをだがな。

282 :右や左の名無し様:04/08/30 22:47 ID:???
>>1
正しいかどうかで言えば
軍隊は負ける戦争を始めてはならないという意味で
間違いだったといえよう。

しかし、ハルノートに「満州からの撤退」を示された以上それを受け入れる事はできなかったし、
やむを得なかったとも思われるが、外交的に回避へ動けなかったのかという疑問も大きい。

一方、今日の日本の繁栄と言う観点からすれば
大東亜戦争を戦い敗北したということは
経過はともかくとして「良かった」といえるのではないだろうか。

唯一つの間違いは戦後の政治と外交における自主性・独自性のなさが
精神的空洞をもたらしていることに他ならない。

283 :右や左の名無し様:04/08/31 08:51 ID:1enDqzzS
>>282
> 唯一つの間違いは戦後の政治と外交における自主性・独自性のなさが
> 精神的空洞をもたらしていることに他ならない。

間違いというか、今も日本はアメリカと戦争継続中で、
負けたままの状態になってるということじゃね?
つまり形を変えた植民地・占領状態。
戦後の自虐史観も、国家主権の侵害に何も出来ない現状も、
このへんで全て説明がつくんだよね。

小学生でもわかるこんな理屈から目をそむけたうえで
「沖縄ヘリ事故に対して、政府は十分な説明責任を果たしていない!」
などという頓珍漢なコメントしか出来ない日本の報道に腹が立つ。


284 :右や左の名無し様:04/08/31 13:14 ID:???
>>283
中国・韓国への対応を見れば、まだアメリカへの対応はまともな方だと思うぞ。
あくまでマシってだけだが。

285 :右や左の名無し様:04/08/31 15:12 ID:EqwgWAAB
ウヨの好きな言葉 「真実」
保守の好きな言葉 「現実」
サヨの好きな言葉 「事実」

286 :右や左の名無し様:04/08/31 15:22 ID:???
植民地だというのなら
日本の問題もアメリカの問題なのだから何とかしてくれ。

287 :右や左の名無し様:04/09/14 16:02:55 ID:Er2Xcs3I
この戦争にアメリカには正義はないが日本には欧米列強の東アジア植民地化を排除するという正義があった。

288 :右や左の名無し様:04/09/14 16:06:37 ID:liOsvWLo
ファシストから日本人を解放する聖戦です。

289 :右や左の名無し様:04/09/14 23:55:42 ID:???
>>282
>外交的に回避へ動けなかったのかという疑問も大きい。

あそこまで行ったら無理だったろうねえ。
ルーズベルトは戦争をしたくて仕方なかったから。
譲歩したとて、さらなる要求を突きつけてきた可能性がある。
というか、それがアメリカのやり方なんだが。
イラク戦争でも、次から次へと要求をつり上げてきたわけだし。
どっちみち、戦争は避けられなかったと思うよ。

ただ、不思議なのが、日本の反戦主義者はイラクの擁護はするが、大日本帝国の擁護はしないんだよな。
ほぼ同じようなやり方で、戦争に引きずり込まれたのに。
なぜだろうね?

290 :右や左の名無し様:04/09/15 08:47:00 ID:???
>>289
> ただ、不思議なのが、日本の反戦主義者はイラクの擁護はするが、大日本帝国の擁護はしないんだよな。
> ほぼ同じようなやり方で、戦争に引きずり込まれたのに。
> なぜだろうね?

そりゃそうさ。
基本的に反米だけど、戦時中のアメリカやGHQは正義の味方で神様だとか考えてる連中だもん。

漏れに言わせりゃ、どっちが米ポチだよ?ってな感じなんだが。


291 :右や左の名無し様:04/09/15 09:17:21 ID:???
ケンカに負けて、勝った香具師から
「ほい、飴玉でも食うか?」
と言われたら、
「いるか、こんなもん!馬鹿にすんな」
と普通言う罠
ありがたがって舐めてるうちにそのあまりのうまさに誇りを失ってしまったのが
今の日本人だな

292 :右や左の名無し様:04/09/15 11:36:27 ID:pPZ8Qq/2
ルーズベルトは知合いの金持ちに
「お前の船で、日本軍に近づいてくれんか」と言ったそうな
近づけば当然、威嚇攻撃されるわな
そしたら戦争の口実になるわなからという訳だ。
もちろんお断りされたそうな。

戦わずして奴隷になる国より、
戦って負けた国の方が偉いに決まってるわな。天地の差じゃ。
命を捨てて戦ってくれた先人がいるからこそ、
わしらはこの国を誇れるのじゃ。

哀れフィリピンなんぞ、
奴隷根性がしみついて、ありゃ永久にダメじゃ。

293 :右や左の名無し様:04/09/15 14:10:29 ID:PjM0ZGol
>>291
負けたのは「愚劣なファシストども」であって日本人ではない。
軍国主義者の圧政から解放して頂いたことをアメリカ様に感謝せねばならない。

294 :わしスト:04/09/15 14:16:42 ID:EhE4+NFn
つかコヴァの戦争論よんだら否定できんだろ。だれか説得力のある反論してみろ。
無理だな。
2chの連中はコヴァの本読んどきながら、あたかも違うところから知識を得ているかのように議論を進める。

295 :右や左の名無し様:04/09/15 14:56:04 ID:???
>>293
釣りとか煽りって、面白いか?まじに疑問。


296 :右や左の名無し様:04/09/15 15:30:48 ID:pPZ8Qq/2
>>293
じゃあ、アメリカ様に世界を征服してもらうために
米軍にでも入隊したらどうかな?
おまはんみたいはアホはお断りされるだろうがな

戦って負けたのは立派な日本人だ。
心まで占領されたヤツは奴隷じゃ。
米軍基地に行って米兵様の靴でも磨いてろや。

297 :右や左の名無し様:04/09/15 16:48:41 ID:JJ2nzEYa
そっちの方が利益があるとなればそうする。
小泉だって日本を軍国主義から解放してくれたと感謝しとるしな。

糞ウヨの奴隷よりもアメリカの奴隷の方がまし。

298 :右や左の名無し様:04/09/15 17:27:11 ID:pPZ8Qq/2
>>297
おはんとは気が合うのぅ。
わしも、アホサヨよりはアメリカの方がましじゃ。
これじゃ、日本が独立できんわけじゃな。
ハハハ 参った参った。

299 :右や左の名無し様:04/09/15 17:55:43 ID:???
戦争に負けた日本は
男は去勢され、女はアメリカ人のメカケとなりしあわせに暮らすはずでした。
それが 雨工は 日本を平和国家に変えてしまったのだ

しょくん けしからんと思わんか!!!


300 :右や左の名無し様:04/09/15 20:06:24 ID:???
>>299

残念だったな
おまえは 金髪の美少年になっていたのにね!!


301 :金髪の美少年:04/09/15 21:11:27 ID:???
>>300 金髪の美少年

バーカ おまえは クロンボのガキだよ


302 :右や左の名無し様:04/09/15 21:37:29 ID:???
>>299
金髪美女の家畜奴隷となって暮らすのじゃないのか?

303 :右や左の名無し様:04/09/15 21:47:45 ID:???
>>299

情けないオトコよのおお ハンキョウ


304 :右や左の名無し様:04/09/16 02:29:25 ID:???
しかし もっと金髪の血を入れるいいチャンスだったのに


305 :右や左の名無し様 :04/09/16 17:00:44 ID:???
金髪女の尿を飲みたいなんて、情けないオトコよのおお ハンキョウ

306 :右や左の名無し様:04/09/16 17:01:23 ID:???
金髪オトコの尿を飲みたいなんて、情けないオトコよのおお ホモのハンキョウ

307 :右や左の名無し様:04/09/16 17:06:08 ID:???

>>303-306



 …まじで、こいつキモイ。



308 :右や左の名無し様:04/09/16 17:44:36 ID:???

>>303-307



 …まじで、こいつキモイ

309 :右や左の名無し様:04/09/16 18:06:18 ID:G9JmXL3O
ハル・ノートを付きつけられたら東条以外でも戦争は避けられなかったかもしれない。 この大東亜戦争については個人的には肯定だけど、戦中の鬼畜米英から戦後の民主主義万歳に変わった奴は否定する。

310 :右や左の名無し様:04/09/16 18:26:58 ID:RN6FVdjm
戦争を肯定するヤツは居ない。
あくまで、戦争を避けられたか、避けられなかったかの問題。


311 :右や左の名無し様:04/09/16 18:45:43 ID:AhCgSL2i
>>310
流した血に値する対価が得られた戦争は当然肯定されるべき。

312 :右や左の名無し様 :04/09/16 22:50:14 ID:???
戦争は勝ったか 負けたかが問題

反共は 買ったか まけたかが問題。


313 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/09/16 22:58:44 ID:???
少女の尿など飲みたいのは、ザンゲの大学の後輩の某氏だわ。ちなみに
こやつの家に行ったときにはアカハタが郵便受けにありますた。おまい
サヨクかと問うとおりがウヨだからか、「お爺ちゃんが取ってるねん」
と逃げ口上を言っておりますたけど、ザンゲはサヨだと言っておりますた。

314 :右や左の名無し様 :04/09/16 23:19:51 ID:???
金髪オトコの尿を飲みたいなんて、情けないオトコよのおお ホモのハンキョウ

金髪女の尿を飲みたいなんて、情けないオトコよのおお ザンゲの大学の後輩の某氏

315 :( ’ ⊇’)裸眼ちゃん:04/09/16 23:51:00 ID:???
。。

316 :右や左の名無し様:04/09/17 18:08:16 ID:???
>>303-314



 …まじで、こいつキモイ


317 :右や左の名無し様:04/09/17 20:50:14 ID:???
>>金髪女の尿を飲みたいなんて

ドンナ味が掏るの?
やっぱしょっぱいの?


318 :右や左の名無し様:04/09/17 20:52:41 ID:dArrE3UY
ていうかエグミがある

319 :右や左の名無し様:04/09/17 22:38:02 ID:???
もちっとくわしく おせええて

320 :右や左の名無し様:04/09/18 01:16:39 ID:???
まあ わしもあまり経験がないんだが そのほうのしりあいによれば
カマンベールの味だそうだが

だれか もっとくわしいやつはおらんかのうう


321 :右や左の名無し様:04/09/18 02:57:01 ID:jL6x+KUy
日本が戦争否定平和主義なのは、負けたからである
はっきり言って負け犬根性にすぎない
ホントに反戦主義ならイラクやアフガン、チェチェンなどの問題も真剣になるのだ


太平洋戦争の仕方は間違い
太平洋戦争自体は当時の世界情勢ならやむなし

そした侵略戦争をした日本はクズとかいう奴らは正に売国奴

322 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/09/18 03:09:15 ID:WEvxqgyX
>>321
うぜ〜ぞ。チョン

323 :右や左の名無し様:04/09/18 03:34:26 ID:jL6x+KUy
>>322
ワシは生粋の日本人だ

324 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/09/18 03:37:45 ID:WEvxqgyX
>ワシは生粋の日本人だ!
その表現の根底にある朝鮮人差別を感じる。

325 :右や左の名無し様:04/09/18 03:43:24 ID:jL6x+KUy
>>324
あたり前
我ら先祖代々武蔵野で生きてきた板東武者である
まさに日本人

別に朝鮮人は朝鮮を威張ればよろし
否定はしない

戦争は悪い
しかしお互い様

326 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/09/18 03:47:00 ID:WEvxqgyX
だから差別を云々するイデアは「偽」だったってことよ。

327 :右や左の名無し様:04/09/18 04:19:01 ID:oFtaplza
326は低能だな。ただ誰かに相手してもらいたいだけだろ?なんで侵略戦争を肯定してる偉大な御方がチョンなんだ?文章読めんのか?まぁ仕方ないか

328 :カマンベールの味だそうだが:04/09/18 04:52:24 ID:???
326は低能だな。ただ誰かに相手してもらいたいだけだろ?なんでホモを肯定してる偉大な御方がチョンなんだ?ケツアナが読めんのか?まぁ仕方ないか


329 :右や左の名無し様 :04/09/18 14:26:11 ID:???
このような異常者は差よ紆余の両方に多いな!
やはり 女にもてなくて 妄想がわきおこって抑えられないんだろうな!

天下国家を ロンずるだって  ップ
そのまえに 女のあそこでも味わうんだな ばかめ


330 :右や左の名無し様:04/09/18 17:46:22 ID:???
>323 ワシは生粋の日本人だ!

生粋の日本女性のあれは どんなあじがするの?
チョンはキムチだろうな



331 :右や左の名無し様:04/09/18 20:32:50 ID:???
西田 ある処で話をしたとき、青年団のやうな服装をした男がゐて居睡りしてゐたが、最後に何とか一言葉で要点をつかみたいと云ふやうなことを云ふ。

三木 ちやんとした結論が欲しいんでせう。

西田 結論は何もならん。どの途をとつてどう結論するかが問題だからね。学問の研究でも、二、三年のうちに何か出してみせないと満足しないと云ふ…。

三木 そのやうな実際主義は日本人の特徴でせうね。

西田 今まで他から根本の原理を貰つて、ただ応用するだけだつたからかも知れんね。

三木 日本の文化には伝統がなく、クラシックが確立してゐませんね。そして現在のやうな状態ですと、明治以来せつかく出来たものが孤立して次の時代から離れる危険があるんではないでせうか。

西田 それが文化には大事なものなんだが。日本人は本当に自分で考へてみることがない。新しいものがいいとして流行を追うてゐる哲学でも、問題でも一致すりやあいいんだが、バラバラで統一した点がない。
学界にも共通の問題といふものがない。日本に学会なんてあるかどうか知らぬが。

332 :右や左の名無し様:04/09/18 22:30:09 ID:jL6x+KUy
三木って三木武夫か?

333 :右や左の名無し様:04/09/18 23:45:56 ID:???
いや 三木ブキチだよ

334 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/09/19 00:02:23 ID:TIdVRbf6
どこで仕入れたのか覚えていない。けど、綴り間違いなどは修正しますた。

 STRATEGY AGAINST JAPAN IN WORLD WAR U

Senator HICKENLOOPER. Question No.5: Isn't your proposal for sea and air blockade
of Red China the same strategy by which Americans achieved victory over the Japanese
in the Pacific?
General MACARTHUR. Yes, sir. In the Pacific we bypassed them. We closed in. You must
understand that Japan had an enormous population of nearly 80 million people, crowded
into 4 islands. It was about half a farm population. The other half was engaged in
industry. Potentially the labor pool in Japan, both in quantity and quality, is as
good as anything that I have ever known. Some place down the line they have discovered
what you might call the dignity of labor, that men are happier when they are working
and constructing than when they are idling. This enormous capacity for work meant
that they had to have something to work on. They built the factories, they had the
labor, but they didn't have the basic materials. There is practically nothing
indigenous to Japan except the silkworm. They lack cotton, they lack wool, they lack
petroleum products, they lack tin, they lack rubber, they lack a great many other
things, all which was in the Asiatic basin. They feared that if those supplies were
cut off, there would be 10 to 12 million people unoccupied in Japan. Their purpose,
therefore, in going to war was largely dictated by security.

335 :右や左の名無し様:04/09/19 00:29:51 ID:4RnxHFzv
和訳せい!
わからん

336 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/09/19 00:32:44 ID:TIdVRbf6
めんどくせー! けど、やってみっか。ほとんど知られたヤシだし。

337 :ホモのアヌス:04/09/19 00:34:58 ID:???
STRATEGY AGAINST JAPAN IN WORLD WARU
HICKENLOOPER.上院議員
質問No.5:
海と赤い中国の空気の封鎖のあなたの提案は、アメリカ人が太平洋で日本人に対する勝利を成し遂げた同じ戦略でないか?
マッカーサー将軍。
はい。
太平洋では、我々は彼らを回避した。
我々は、襲ってきた。
あなたは日本にほぼ8000万人の人々の莫大な住民がいたと思わなければならない。そして、4つの島に詰め込まれる。
それは、半分の農場人口のまわりにあった。
他の半分は、産業に従事していた。
場合によっては、日本(量と品質の中の両方とも)での労働プールは、私がこれまでに知っていた何でもと同じくらいよい。
いくつかは、彼らが持つ線があなたがそうするかもしれないものが労働の尊厳と呼ぶということを発見した、彼らが働いているとき、男性がより幸せであるダウンを置く、そして、造る彼らがなまけている時に。
仕事のこの莫大な能力は、彼らが取り組む何かを持たなければならないことを意味した。
彼らが工場を建ててやられて、彼らは労働を持った、しかし、彼らには基本的材料がなかった。
土着の何も、実際にカイコを除いて日本にない。
彼らは綿が不足する、彼らはウールが不足する、彼らは石油製品が不足する、彼らはスズが不足する、彼らはゴムが不足する、彼らはかなり多くの他のもの(アジアの鉢にあった全て)が不足する。
彼らは、それらの供給が止められるならば、空いている1200万人の人々への10が日本にあるだろうのを恐れた。
戦争に行くことにおける彼らのしたがって、意図は主に保障によって口述された。


338 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/09/19 01:21:04 ID:TIdVRbf6
第二次大戦における対日戦略

上院HICKENLOOPER質問5 あなたの共産中国への海上および航空封鎖は、太平洋戦争において日本で勝利を得た
のと同じ戦略ではないのか?

マックアーサー将軍:はい。太平洋戦争ではそれらを避けました。我々は集中したのです。あなたは、こみ入った
四つの島に8,000万近い巨大な人口を持っていることを知らねばならない。ほぼ半数は農民だったのです。残り半数は
工業に従事していました。潜在的に日本での労働供給力は質的、量的に私の知る限り良質のものです。あるところで
行をはなれてみれば、彼らは労働の尊厳とでも言えるものを彼らは発見していました。怠けている時よりも働いている
とき、汲み上げているときに幸福なことを。この大きな労働への容容力は、彼らが働かなければならなかったことを意味
彼らは工場を建てた、労働力があった、が、原材料に欠いていた。実際、カイコを除いて日本に特産物はない。彼らは
綿を欠いている、羊毛を欠いている、石油産品を欠いている、錫がない、ゴムがない。その他多くのものを買いいているが、
それらはアジア[basic]にあった。彼らはもしそれらの供給が足られたならば、1,000万〜1,200万の失業者の日本の発生を
恐れていました。戦争に突入していったという彼らの目的はそれ故に主に安全保障によるものであります。

和訳だいたい知ってたけど、全部、新たに和訳してやったぞい?

339 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/09/19 01:32:06 ID:TIdVRbf6
読み返すとヘンだったので、訂正バージョン。

第二次大戦における対日戦略

上院HICKENLOOPER質問5 あなたの共産中国への海上および航空封鎖は、太平洋戦争において日本で勝利を得た
のと同じ戦略ではないのか?

マックアーサー将軍:はい。太平洋戦争ではそれらを避けました。我々は集中したのです。あなたは、日本はこみ入った
四つの島に8,000万近い巨大な人口を抱えていることを知らねばならない。ほぼ半数は農民だったのです。残り半数は
工業に従事していました。潜在的に日本での労働供給力は質的、量的に私の知る限り最良のものです。あるところで
行をはなれてみれば、彼らは労働の尊厳とでも言えるものを発見していました。怠けている時よりも働いている
とき、組み上げているときに幸福なことを。この大きな労働への許容力は、彼らが働かなければならなかったことを意味
します。彼らは工場を建てた、労働力があった、が、原材料に欠いていた。実際、カイコを除いて日本に特産物はない。彼らは
綿を欠いている、羊毛を欠いている、石油産品を欠いている、錫がない、ゴムがない。その他多くのものを買いいている。
しかし、それらはアジア[basin]にあった。彼らはもしそれらの供給が足られたならば、1,000万〜1,200万の失業者の日本の発生を
恐れていました。戦争に突入していったという彼らの目的はそれ故に主に安全保障によるものであります。

和訳だいたい知ってたけど、全部、新たに和訳してやったぞい?

340 :連続殺人犯の柳被告「死ぬ前にヤクザ一人、道連れに」:04/09/19 12:23:04 ID:???



 ソウル拘置所に収監中の連続殺人犯、柳永哲(ユ・ヨンチョル/34)被告が「死ぬ前にヤクザ一人と経済犯一人を道連れにする」と公言している。

 警察署の留置場で柳被告は、収監者らを一瞥するとこのような言葉を投げ掛け、収監者らを驚かせたと伝えられている。

 


341 :連続殺人犯の柳被告「死ぬ前にヤクザ右翼を一人、道連れに」 :04/09/19 21:21:00 ID:???
ソウル拘置所に収監中の連続殺人犯、柳永哲(ユ・ヨンチョル/34)被告が「死ぬ前に日本右翼ヤクザ一人と経済犯一人を道連れにする」と公言している。
拘置所では既に複数の日本右翼とおもわれる男が彫られているそうだ。

342 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/09/19 21:24:43 ID:TIdVRbf6
どこに開戦の不都合あるねん? 大東亜戦争に?

343 :右や左の名無し様:04/09/19 21:55:48 ID:???
反共よ おまえは マッカーサーにだまされているのだよ!

まあ さあ あかけつ さーアス
マ     ッカー  サー

いたかっただろうね


344 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/09/19 22:34:45 ID:TIdVRbf6
言語不明瞭。意味不明瞭。

345 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/09/19 22:44:23 ID:TIdVRbf6
だから、大東亜戦争を恥じる必要などいっさいないつーとるだろが?

346 :右や左の名無し様:04/09/19 22:55:42 ID:GqJwDRXC
そりゃあんたが恥って言葉の意味をしらないだけでさ

開戦の経緯はでたらめ
経過は国家の非人道性を世界に晒し
破局は最悪。

これが恥でないとなりゃ、収容所群島も民族浄化も偉大な栄光だな。

347 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/09/19 22:56:06 ID:TIdVRbf6
おりは今でもepochmakingなことだと思っている。その後わずかな期間に
世界地図が塗り変わったけど、バカサヨにはそういうことはできなかった
よな。

348 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/09/19 22:58:50 ID:TIdVRbf6
英霊に幸あれ。靖国に誇りあれ。

349 :右や左の名無し様:04/09/19 22:58:51 ID:3UM4RIA8

>第2次世界大戦勃発の張本人である日本
  _, ._
( ゚ Д゚)

◆政府の平和的核利用4原則 -中央日報社説- [09/19]
http://japanese.joins.com/html/2004/0919/20040919184805100.html


>わが国は過去数十年間米国の同盟国として自由世界を守るため、ベトナム戦争や
>アフガン戦争、イラク戦争に派兵して核拡散禁止条約(NPT)体制を忠実に遂行し
>てきたというのに、非常に不条理で差別的な待遇を受けている。

>特に第2次世界大戦勃発の張本人である日本が、ウラン濃縮はもちろん再処理工
>場までをも運用しているという事実は、われわれのプライドを大きく傷つけている。


ちなみに、

           朝鮮日報(238万部) 保守的右派。毎日新聞と協力関係
           東亜日報(209万部) 保守的右派。朝日新聞と協力関係
これの社説 →  中央日報(206万部) 保守的右派。日本経済新聞と提携。
           ハンギョレ新聞(60万部) 分断民族の統一&民主化、民族主義が理念


350 :右や左の名無し様:04/09/19 23:00:09 ID:2HcRhue8
>>349
WW2は欧州戦線から始まったっていいたいの?

351 :右や左の名無し様:04/09/19 23:02:26 ID:GqJwDRXC
ロシアの共産主義革命はWWIの終結に大きな影響を与え
アフリカ諸国の独立に多大な寄与をしましたが?

アジアの独立に日本が与えた影響なんてないも同然。
大体、独立した本人達が感謝してないんだからな。

352 :右や左の名無し様:04/09/19 23:11:55 ID:2HcRhue8
「解放」自体が余計なお世話。
どこの国でも独立した後DQN独裁者によって植民地時代よりひどくなってる。
保護者から無理やり幼子を引き離したようなもんだ。

353 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/09/19 23:19:20 ID:TIdVRbf6
だから大東亜戦ほどの日本民族の誇りはなかろうて?

354 :右や左の名無し様:04/09/19 23:21:58 ID:???
>>352
それは段階だよ
何事もすぐに一流というわけにはいかない
どっちみち自力で独立してても同様か
またそれ以上の凄惨な歴史が待ってただろう
もしかしたらまだ独立できてなかったかも知れない

355 :右や左の名無し様:04/09/19 23:52:46 ID:???
>だから大東亜戦ほどの日本民族の誇りはなかろうて?

大ケツアナほど反共のほこりはなかろうて!


356 :右や左の名無し様:04/09/20 00:10:17 ID:tiXHm8xE
>>354
だから、独立しないほうがよかったよ。
戦後も植民地のままとどまったところでは
独立した国よりもずっと幸せに暮らしてるぞ。

香港人が植民地支配から解放された、独立国民になれたと喜んでるか?

357 :右や左の名無し様:04/09/20 00:29:30 ID:???
>>356
一部だけだろ。
たいがいの有色人種は人間扱いもされずまるで家畜のように扱われていた。
東南アジアの元植民地国に「あんたらずっと家畜でいればよかったのに」と言って来い。

358 :右や左の名無し様:04/09/20 00:46:43 ID:???
>>357
>たいがいの有色人種は人間扱いもされずまるで家畜のように扱われていた。
これ自体が悪意に満ちたプロパガンダ。
一部の悪徳資本家はいたとしても
多くの植民地政府の官吏は植民地を文明化しなければならないという使命感を持っていた。

本当に大衆を家畜としか思っていなかったのは
独立後にこれら旧植民地を支配した独裁者たち。
ポルポト支配下のカンボジアでは国民の実に三分の一が虐殺された。インドネシア、スハルト政権下では
赤狩りの名の下にやはり数百万の国民が虐殺された、植民地統治のもとでは
こんなことはなかった。現在ビルマでは軍事政権の圧政に国民が喘いでいるが
植民地時代のほうがずっとまともで民主的な自治が敷かれていた。

現在フランスの植民地、海外領土の住民には本国人と同じ公民権が認められ
完全なフランス人として生きている。
彼らを家畜などと呼べばそれこそ激怒されるだろう。

359 :右や左の名無し様:04/09/20 00:58:11 ID:???
>>358
禿同
朝鮮半島も台湾もずっと日本のままでいれば良かった
いや、朝鮮半島は嫌だな…

360 :右や左の名無し様:04/09/20 01:11:48 ID:???
>>359
彼らは実に良き日本人だったよ、あの日が来るまでは。

361 :右や左の名無し様:04/09/20 01:16:28 ID:???
あの日?
イヤラシイ響きでつね

362 :右や左の名無し様 :04/09/20 04:50:27 ID:???
一般の常識人>>>>>>>>>>>東条>>>>ハンキョウ>>>>>大日本ホウセイカイ

363 :右や左の名無し様:04/09/20 06:59:10 ID:fWSXmFFG
先天性変態症候群   名前:もっけ。

すいません、こんなことでお褒め頂いちゃって。
本当にこんな変なところしか記憶しない俺の脳みそ
いったいどういう構造してんだか・・(^^;
もう先天的なまでの変態ですね(汗)

mokkedonburi@mail.goo.ne.jp

メールじゃんじゃんキボンヌ。


364 :右や左の名無し様:04/09/28 17:35:16 ID:???
日清・日露でも対米でも議会承認ってあったの?

365 :右や左の名無し様:04/09/30 09:29:54 ID:qhKNidhc
ないよ、宣戦講和は天皇の専権事項。
実質的には政府首脳だろうけど。

366 :右や左の名無し様:04/09/30 10:57:48 ID:???
このスレもよろしく。

【日本の敵】開戦責任者を見逃すな【日本の敵】
http://tmp4.2ch.net/sisou/

367 :右や左の名無し様:04/09/30 20:44:50 ID:CU+H4P0f
元タイ首相「クウリット・プラモート」

『日本のおかげで、アジア諸国はすべて独立した。日本というお母さんは難産して母体をそこなったが、生まれた子供はたちはすくすく育っている。
今日、東南アジアの諸国民が米国と対等に話ができるのは誰のおかげか。
それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためだ。
十二月八日は吾々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが、一身を賭して重大な決意をされた日である。吾々はこの日を忘れてはならない。』



368 :右や左の名無し様:04/09/30 21:23:11 ID:BwEVBazH
現アメリカ大統領  ジョージ・ブッシュ

「わたしは日本の小泉首相と協力し合っている。(イラクに関する)われわれの政策に懐疑的な人たちは、
私やあなたの父親、祖父が日本軍と戦ったことを思いだしてほしい。戦争が終わったとき、多くの米国人は、
自由を通じて、かつての敵国を同盟国に変化させ、民主主義を促進させることができると信じた。
結果的に、自由の力によって、私が小泉首相と平和について話し合うことが可能になった」
http://www.sankei.co.jp/news/040927/morning/27int002.htm

369 :右や左の名無し様:04/10/01 05:11:15 ID:???
>>365
おお、神様ありがとう。


370 :右や左の名無し様:04/10/01 05:49:55 ID:???
子ブッシュえらい傲慢だなおい。
父ブッシュは昔、真珠湾攻撃をあやまれと言ったとか言わないとか。どっちだ。

371 :右や左の名無し様:04/10/02 00:52:44 ID:xyfL6XEt
>>29
>国が「総力を挙げて」も630qが限界。

「震電」という、エンジンを後ろに搭載した革命的なデザインで有名な、
帝国海軍最後の戦闘機は、 750km/h 出ますが何か?
その時の連合軍飛行機が何km/h出るかは忘れたが、とりあえずそれは上回ってたらしい。
だが、既に戦況が悪すぎたので、完成してすぐに敗戦を迎えることとなったので、使われる事は無かった。
当時は既にジェットエンジンの時代に成りつつあったが、まだこの時代ではこれが最強だとの説もある。

>>http://www.hi-ho.ne.jp/nomura1205/fighter18sinden.htm

372 :右や左の名無し様:04/10/02 01:13:54 ID:???
>>371 帝国海軍最後の戦闘機は、 750km/h 出ますが何か?

また 与太話をもちだして!

シンデンは 8月に足を出した状態のテスト飛行を1、2回でお仕舞いになりました。
完成もしていません。
P51,PD47がそれぐらいの高速を出しているとおもうけど、日本のホラ話は
眉唾で聞いたほうがいいよ


373 :右や左の名無し様:04/10/02 02:35:19 ID:xyfL6XEt
>>372
完成はしましたよ。米のスミソニアン博物館に実物があるとの事。

374 :右や左の名無し様:04/10/02 04:29:14 ID:???
米のスミソニアン博物館に実物は、試作機のガラクタですよ
テスト飛行は足だしで300kmの基礎テストでおわった。
当時の製品のレベルでは、ペーパ仕様の実現は無理だろう
(ゼロ戦の後継機烈風の低性能がいい例)
まあ 話は大きくなるのがこの種の日本戦闘機の例である。


375 :右や左の名無し様:04/10/02 04:38:43 ID:???
>>373
横レスだが、
>8月に足を出した状態のテスト飛行を1、2回でお仕舞いになりました
と言っておろうが。

テストを終え、欠陥が指摘改修され、実用性が確認されなきゃ完成とは言えないだろ。
まあ、全力飛行テストはやらせてみたかったが、仮に計画値(というより期待値)
の700km/h以上が出たところで、せいぜい証明されるのは、機体設計技術の優秀さ
位で、
大戦前期にドイツやらイギリスがジェット機の実用化を可能にしていたことを考えると
虚しい感じがするな。

376 :打通さん ◆5xK5GBOzhk :04/10/10 20:42:46 ID:srYu0wU7
http://home.att.net/~jbaugher2/b29_9.html
http://home.att.net/~jbaugher2/b29_10.html
http://home.att.net/~jbaugher2/b29_12.html

大東亜戦争でB-29は28550ソーティで喪失518機、
朝鮮戦争では21000ソーティで喪失34機。

帝国陸軍の火力水準は、少なくともチンピラゴロツキの十倍以上。
当然ながら戦闘機も高射砲も、上陸軍迎撃に転用できる。
本土決戦になれば米陸軍なんて確実に水際撃滅されてた。

377 :打通さん ◆5xK5GBOzhk :04/10/10 20:46:13 ID:srYu0wU7
>中共(原文は赤化支那)に対し海と空とから閉鎖して
>しまへといふ貴官の提案は、
http://www1.odn.ne.jp/~aal99510/m_shougen.htm

「チンピラゴロツキ」も撃破できねぇで司令官クビになって、
アメリカは陸海軍総力挙げて臨めだと?

笑わせるじゃねぇか。

そんな調子で、日本本土上陸作戦なんて発動してたら、
トルーマンの言う「米軍将兵100万の犠牲」をもってしても、
九州さえも取れないで惨めな敗退を余儀なくされていたであろう。

378 :右や左の名無し様:04/10/10 20:54:58 ID:???
打通サンて中国本土から生還できたんだ
蒋介石に感謝しなくちゃあ

恨みにむくいるの徳をもってせよ  ああ 感激
台湾独立マンセー


379 :打通さん ◆5xK5GBOzhk :04/10/10 21:17:51 ID:srYu0wU7
   蒋介石声明「怨みを報いるに徳を以ってす」(以徳報怨)

聞いたか。共産革命で国を追い出された、徳のカケラも認められない
チンピラゴロツキが、何と日本軍に対してだけは、「徳を以ってする」だとよ。

笑わせるじゃねぇか。

そんな「徳」が、ほんの一滴でも、国の政治に反映していたならば、
国民党政権がこともあろうに国を追い出されるなんてことはなかったはずだ。

そもそもチンピラゴロツキに、「国家」など最初からありはしなかったのだ。

380 :右や左の名無し様 :04/10/10 21:45:31 ID:???
>そもそもチンピラゴロツキに、「国家」など最初からありはしなかったのだ

打通さんはまだ病院通いだな
ああ 恩をわすれてこのいいは、なんたる忘恩の徒よ
国民党政権に対抗した毛沢東は、満州ににげそこでソ連の援助をえて
盛り返したんだよ!
長年の内戦の疲弊のうらみを一身にうけ 蒋介石は台湾に逃げた。

しかし台湾は長年の日本統治の善政としかも戦場にならなかったが故
幸福な時代だった。 そこへごろつきと化した国民軍がなだれ込んできた。
いまやせめて台湾の平和を願おうではないか


381 :右や左の名無し様:04/10/11 17:22:01 ID:???
>>376
沖縄の短い海岸線さえ防衛できなかったのに
遥かに長い本土の海岸線は守り切れるなどと
どうして考えられるのだろう。

382 :打通さん ◆5xK5GBOzhk :04/10/11 18:45:54 ID:V2CHet/P
>遥かに長い本土の海岸線は守り切れるなどと

日本本土より遥かに長い大陸打通作戦3000キロ勝利行軍で、
中国チンピラゴロツキ3500万人を殺戮したのだがな。

チンピラゴロツキの3500万人じゃ、まだ足らなかったか?

383 :右や左の名無し様:04/10/11 19:13:49 ID:xYwyGIrw
否定論はないのか。米からの石油輸入8割という時点で
諦め米の軍門に下る。ハルノート無問題、満韓放棄もオ
マケしとく。「うわハルノートのんじゃったよJap!」慌てる
アメ。とにかく輸入再開、陸軍は暴発寸前だが油を買って
もらった海軍人はキャッキャと船遊び..
いけるじゃん!


384 :右や左の名無し様:04/10/11 19:24:20 ID:???
あの戦争のおかげで日本国民は醜悪な天皇独裁体制から脱し、
崇高なアメリカ様の従属下に入ることができたのだから
結果的には正しい戦争だったといえよう。

385 :右や左の名無し様:04/10/11 20:29:20 ID:???
>>382
>3500万人じゃ、まだ足らなかったか?
足らないから負けてしまったではないか。
3000キロの勝利行軍(W
泥水啜らせ草を食わせているだけで、3000キロも良く歩けたものだな。
昔の日本人の体力は大したものだ。今の香具師なら30キロも歩けまいな。

386 :右や左の名無し様:04/10/11 21:04:06 ID:7tvqRSzt
>>384
>醜悪な天皇独裁体制

プッ(´∀`)o”仕方無いから釣られてやる。
天皇陛下がワガママ言い放題で、国政を混乱させたって事例をいくつあげれるんだか。
日本は『立憲君主国家』だったから、議会がほとんどの政治を行っていたのに、いつ天皇陛下が『独裁政治』を??


387 :右や左の名無し様:04/10/12 00:01:45 ID:???
植民地解放闘争は大日本帝国がやらんでもいずれ国際
共産主義がやってくれたろう。無論アカの流儀でだがw
ハルノートを飲めば帝国は崩壊するが米は領土的野心
をあらわにせざるをえない。日本は固有領に引きこもって
も米が(朝鮮戦争のようなもので)消耗するのを待つべき
ではなかったのか。1960年代になれば工業のレベルも
上がってくるし(これは後知恵)。

388 :打通さん ◆5xK5GBOzhk :04/10/12 08:56:19 ID:MUKQ0fg9
確かにハルノートを受け入れて、大陸から陸軍撤収するというテもあった。
史実でも終戦間際に、中国大陸で戦線縮小が行われてる。ただしハルノート
以外にも、アメリカは次から次へと難癖を用意していたはずだ。単に難癖
をつけているだけなのだから、その一つを解決しても意味がない。

何せ真珠湾それ自体が、ルーズベルトのオトリ作戦だったのだから。

389 :右や左の名無し様:04/10/12 11:50:09 ID:???
>>388
もちろんすべて架空戦記になるけど、難癖はどこまでつけ
れたのか。時代は帝国主義の末期であり(後知恵)、イデ
オロギー覇権の争いがそこまできていた。日本が帝国ゲ
ームから降りるとなれば米は共産主義と激突する。ソ連
の力の背景はコーカサスの油田だから冷戦は規定路線
だったろう。まあその場合日本は不況を内需でしのぐこと
になり、軍事費削減に着手しようとしたら軍が戦争を選択
するのは目に見えているのだがorz

390 :右や左の名無し様:04/10/12 13:35:43 ID:???
>>386
>議会がほとんどの政治を行っていた
こういう事実は、大正の一時期「それっぽい」事があった意外、殆どありません。


391 :bussyu:04/10/14 07:43:14 ID:WYjgWXNo
■911テロはアメリカの自作自演?
アメリカ政府は充分に情報を持っていたし、CIAが裏工作との話もある。
http://tanakanews.com/d0327wtc.htm
■アメリカはなぜ日本に2発も原爆を(広島・長崎)?
戦争を早めに終わらせるためなら1発で充分
既にギブアップ宣言していた日本に対して1発でも多いくらい。
ではなぜ、2発も???

落とした後も、救助ではなく関心は被害の大きさのみ、
復興ではなく被害の調査のみ、それが実態

■第2次大戦はアメリカが仕組んだワナ
東京裁判の判決文で、パール判事が、米国の現代史家アルバート・ノックの論評を引用して「ハルノートのようなものを突き付けられたら、モナコ王国やルクセンブルク大公国といえども武器を取って戦ったであろう」と名言
防衛研究所戦史部調査員
永江太郎
http://www.bk.dfma.or.jp/~senshi/00-10.htm
『簡単に言えばどんな弱小国でも戦争をしたであろう。』とのこと

「私はもう日本人ではないが、大東亜戦争の聖戦にも参加し、二十六年間日本人として生を享けた故に、これから生まれてくる無数の日本同胞のために何か残したい。せめて大東亜戦争の中に生きた真実だけは是非お伝えしたいと思って本文をしたためた次第である。」
http://www.senyu-ren.jp/AA/AA.shtml
-
1941年8月、大西洋憲章起草のためにルーズベルトとチャーチルはプラセンシア湾に会したが、そのときルーズベルトは、チャーチルに次のように語った。「戦争には参加しよう、だが宣戦はしない。開戦に踏みきる口実をつかむために・・・・・挑発を進めていくのだ
※クリストファー・ソーン著『太平洋戦争とは何だったのか』、第2章、33頁より。
■イラク攻撃
最初は核開発、後は民主化。それが口実。
完全な侵略戦争。
■それらから見えること?
各々の判断に委ねます。


392 :右や左の名無し様:04/10/14 13:53:11 ID:WYjgWXNo
911の真実は?
911テロはアメリカの自作自演CIAが裏で工作したもので
戦争を始めるための口実との話もある
http://tanakanews.com/d0327wtc.htm
時代がやがて証明する
アメリカの常套手段は
やられたからやりかえす。この形を表向き取るのがアメリカ
真珠湾攻撃をアメリカは既に知っており、・・・
今回も同じ911テロ?
自由でないアメリカ
自由の国アメリカで反戦のDJ(デスクジョキー)クビに
自由の国アメリカ???戦争になれば当然自由はない
日本は叩く
軍事力の弱い日本はアメリカの味方だが強くなり、アメリアと肩を並べたら並べそうなら
アメリカは当然叩く、叩いて叩いて叩き潰すそんなのは朝飯前
原爆を持たない日本なんて赤子
原爆を持たない日本なんて赤子同然日本が軍拡を進め原爆の開発したら
いや原爆の計画でもしたら当然潰す
それはイラクで経験済み


393 :右や左の名無し様:04/10/14 14:12:24 ID:???
>>390
いや、少なくとも大政翼賛会が出来るまで、議会には多くの政党があった。
自由民権運動から大政翼賛会までは議会政治は行われていた。

それにだ。
『天皇独裁体制』って事は『天皇』が『独裁政治』を行う事な訳だよな。
基本的に天皇陛下が、あーだこーだワガママ言って国政を混乱させ、贅沢し放題に振る舞い、強権政治によって自らが前面に出て国家統治をしてた事例がいくつあるんだよ。

394 :右や左の名無し様:04/10/14 15:56:06 ID:???
大政翼賛会が出来てからも議会は行われていたのだが。
議会政治=政党政治なんてわけじゃないだろう。
議会があるからと言って、議会が政治を行っていることにはならない。
政治を行っているのは行政機構であって、議会なんかではないのだよ。
議会には行政の権限なんてものは与えらていないのさ。

天皇独裁は正しくないだろうな。天皇は行政の責任者でもある訳だが
実際に行政を仕切っていたのは天皇自身ではなく、行政機構そのものが
全てを仕切っていたのだな。天皇もまた時の行政機構に仕切られていたのだ。
行政機構という無人格で曖昧模糊とした組織体そのものが組織体のためだけに
独裁を行っていたのだ。だから明確な行政の責任者(独裁者)などというものは
存在しなかったのだ。
行政機構の内部で行われていたのは、時々の行政機構の内部の部分組織が
その部分のためだけに行政機構を方向付けるのに天皇の名を利用していたのだな。
部分の組織もまた無人格であり組織を方向づける責任者は存在せづ
部分組織の最良のためだけにしか機能していなかったのだ。
組織を方向付けたい誰かあるいは更にその部分が天皇の名を絶対のものと
して利用していたって訳だ。
個々の構成員が得ていたものは、誰も逆らえない絶対的な存在の代行者として
他者や他の部分組織や機構全体を反撃を許さず弄り廻すことのできる悦楽なのだな。

395 :右や左の名無し様:04/10/14 16:40:08 ID:WYjgWXNo
国産ロケットさえ打ち上げれない日本、技術大国というけど軍事力で その差は歴然
日本の金が欲しいアメリカ-日本が9条を変え、戦争できるようになればアメリカにとって家来ができたようなもの。そしてアメリカで生産した、武器や弾薬を大量に買ってもらえる。しかも言い値で
アメリカは日本をどう見ている-それは家来、あるいは家来以下。沖縄のヘリ事故の対応を見れば、一目瞭然
日本とアメリカの力の差は歴然どれだけの時間と金を使えばアメリカに追いつけると考えるのか?
北朝鮮の何倍日本国民が貧困にあえげばアメリカに肩をならべれると思うのか?
日本が軍拡を進めても核を持たねば赤子と同じでも、核開発の計画をすれば
日本を叩き、潰す、当然である。イラクで実証済み。そして、経済的にも世界で優位に立つ
常任理事国入りを促すアメリカの真の狙いは-日本が常任理事国になることではなく(それは中国の反対があり無理)アメリカの言いなりになること、アメリカの家来になること、そしてアメリカの武器・弾薬を、言い値で大量に買ってくれること。さらにその奥には?
軍拡のためひたすら貧しい生活をし、アメリカを追い越す意思などありませんよいまの日本人に
また、あるほうがおかしいですよ。万一(ないでしょうが)たとえアメリカに軍事力で勝ったとしても、やがて来る中国にどうする。その後に来るインドにどうする。その後に来る○○○にどうする・・・
日本国民はいつになったら心休まる。永遠に落ち着ける時がないではないか。あなたは日本人を不幸にしたいのか永遠に?


396 :右や左の名無し様:04/10/14 19:23:15 ID:HjnQ+v2E
マレーシアの元外務大臣「タンスリー・ガザリー・シャフィー」

『日本の政治家の冒頭の挨拶は、ハンで押したように決まって次のような、『過ぐる大戦において
我が国は貴国に対してたいへんご迷惑をおかけし申しわけありません』というお詫びです。私は、
そのたびに、なぜそのような挨拶をなさるのですか。あの戦争で日本は立派なことをなさったでは
ないですか。日本軍がイギリス軍を追い払ってくださったからこそ我々は独立できたのです。大東
亜戦争なくしては、マレーシアも、インドネシアも、シンガポールも、その他インドをふくめた東
南アジア諸国の独立は考えられません。』



397 :右や左の名無し様:04/10/14 19:36:54 ID:IFSByFvF
正直、大東亜戦争は人類史上もっとも偉大な叙事詩だな。
この地球から植民地帝国を消滅させたんだから。
しかも、あの規模な。
およそすべての文明世界と戦い、アメリカ以外のすべてに勝利した。
日本の歴史的偉業からみれば、世界史が小さく見えるな。


398 :大東亜戦争は人類史上もっとも偉大:04/10/15 00:34:43 ID:kF0sWL1+
http://www.han.org/a/half-moon/hm043.html#No.287
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/nankin01.htm
売国奴と罵られて一人一人自らの穴を掘らされ、後手に縛されて斬首された。
米軍は島民をもって再三、降伏勧告を行なったが、そのつど、使者に立った沖親住民は殺害されている。
それでいて、米軍に対しては果敢な突撃を行なうではなく、陣地の境内にひそみつづけていたのである。
そして、日本が敗戦を迎えると皇軍大尉は、部下とともに米軍に降伏し捕虜となった



399 :そうだ:04/10/15 01:06:27 ID:n+nMEZu1
敵は、アメリカにいる。サヨクと右翼が団結するときが近い。


400 :右や左の名無し様:04/10/15 16:07:25 ID:???
大東亜戦争はやらざるを得なかった戦争。
日本も出来る事なら戦争等したくなかった。
そうした事情も考えないで戦争を否定するのはおかしい。

401 :右や左の名無し様:04/10/16 21:44:28 ID:hEHGPnLa
200万人も死んだんだぞ

しかもそのあと憲法9条を押し付けられ
中国にへこへこと金を差し出している。
おまけに領土や利権もかなり失った。
上のことはたとえ戦争しなくても時期にそうなったと言っているやつが多いが
だったら200万人死なないでそうなったほうがまだましだったと思うが

またアジアの国々が独立できるようになったとか言ってるやつがいるが
だったら 200万人の日本人の命>アジアの国々の独立 と言うんだな。
いま北朝鮮に軍事で脅されていると言うのに
アジアの平和のためとかいって9条死守しようとしてるやつと一緒だな。

402 :右や左の名無し様:04/10/16 22:06:30 ID:???
200万人もの命を差し出しておめおめと生き延びたヒロヒトって人間の
屑だね。
自分の地位の保持というアメリカの約束がなければ
原爆をあと千発くらっても「戦争継続しる」といって譲らなかったんじゃ
ないの。

403 :右や左の名無し様:04/10/16 23:04:13 ID:???
【高砂義勇兵 慰霊碑義援金 成功を祝う懇親会 開催】

産経新聞に掲載された「高砂義勇兵慰霊碑の義援金」の募集に参加して
頂いた方々の懇親を兼ねてのOFFを開催いたします。

なお、高砂族ともっとも交友を深めて居られます、あけぼの会会長を務め
られております門脇先生(旧日本陸軍情報将校)を御招きし、ご一緒に昇
殿参拝、囲む会、懇親の場を設けさせていただきます。

10月17日
・靖国神社での、門脇先生ご一緒での昇殿参拝(11:00〜)
  (麒麟氏のフラッシュも奉納されます。その後、靖国境内にある靖国
   偕行文庫に高砂義勇兵関連資料として保管される予定です)
・門脇先生を囲む会(講演会)の実施(池袋) (14:35〜)
  (なお、ジャーナリストの西村幸祐氏も取材にいらっしゃいます)
・懇親会開催(池袋) (17:30〜)

詳しくは以下のスレを参照してください。

高砂義勇兵慰霊碑撤去反対OFF【懇親会】
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offevent/1096122331/l50

404 :右や左の名無し様:04/10/16 23:31:08 ID:???
戦争に突っ走ったのは天皇じゃないでしょ・・・
唯一、軍を抑える絶対的な権限を持っていながらそうしなかったのは確かだけど
立場上、「おめおめと生き延びた」との批判は受けねばならないが

405 :401:04/10/17 10:51:30 ID:G9ZAEguF
>404
それは俺も同意見
あれは俺は軍部がクーデターを起こしたものとしてみてる
だから今後この先大切なのは軍部を抑制するにはどうすべきかって話だと思ってる

406 :打通さん ◆5xK5GBOzhk :04/10/17 18:19:26 ID:pMvfj5is
>200万人もの命を差し出しておめおめと生き延びたヒロヒトって

その代わり中国チンピラゴロツキを3500万人殺戮したのだから、
敵に与えた損害・キルレシオも考慮すれば十分に相殺できる。

それに昭和天皇を裁かなかったのはアメリカ占領軍の責任。

407 :右や左の名無し様:04/10/17 19:03:48 ID:Qkyo1A8L
>>202
いやいや、降伏したのはソ連の宣戦布告があったため。
もう選択の余地はなくアメリカに降伏するのがベターな
選択になった。
共産軍に捕縛されたら処刑だから >天皇

原爆は最初から考慮に入ってない。原爆で天皇と大本営
が狙われる、というなら別だけど

408 :mのs:04/10/19 12:12:31 ID:9RfxnHsy
軍部独走の原因は内閣制度にあると思う。
みんなが閣議で票(議決権)を持ってるでしょ? とても変だ。
だって、部下が寄り集まって会議を開いて投票し、上司である
はずの総理大臣に決定事項を命令するんだよ。これは今の内閣
でも残っている指揮命令系統のねじれだ。部下が会議で票を
持つと、その会議において部下はオーナー面(づら)をし始める。
そして、ほとんどのオーナーは他のオーナーと協力しない。

409 :右や左の名無し様:04/10/19 16:02:47 ID:???
>>406
>3500万人殺戮したのだから、
>敵に与えた損害・キルレシオも考慮すれば十分に相殺できる。
人口の10%にも満たない、たったの3500万人しか殺戮出来ず
敵の損害は軽微であり、とても総裁できるようなレベルではない。

>昭和天皇を裁かなかったのはアメリカ占領軍の責任。
全てを他責に帰する日本人の悪〜い性癖丸出し。


410 :右や左の名無し様:04/10/19 21:09:50 ID:???
結論(・∀・)大日本帝国は偉大だったと。
そんで、反日ブサヨは、顔がキモイ為に異性にモテ無いから、その悔しさと恨みの矛先を日本国家全体に向けて、アタってると。

って事で宜しいかな??

411 :右や左の名無し様:04/10/20 15:07:37 ID:???
そう、偉大「だった」のかも知れないな。
今や存在しないから、何の証拠も無くなってしまったがな。
しかし、現在既に存在していないと言うことは
偉大ではなかったか、今の世では存在不可能な恐竜のような
存在で「あった」ということなのであろう。

412 :右や左の名無し様:04/10/20 16:23:57 ID:1PI1vAk1
この戦争は言い方はひどいけど日本軍部の馬鹿丸出しですね。
戦術的に言わせてもらえば、「情報、対情報のお粗末さ」「国力考えずに進出」
「陸軍、海軍の確執」等々、ひどすぎですね。



413 :右や左の名無し様:04/10/20 17:41:20 ID:???
山猿共の外国製の鉄砲・大砲・軍艦の力に驚愕して
自分達もこのような鉄砲・大砲・軍艦さえ持てば
何ごとも出来ないことはないという早とちりと
思考力の低さが国を誤らせたのさ。

414 :右や左の名無し様:04/10/20 22:27:01 ID:???
マッカーサーは1950年10月、トルーマンとの会見のなかで、
東京裁判が誤りであったと告白している。
 翌年、上院の聴聞会においても「日本が第二次大戦に突入
していった理由の大半は安全保障だった」と明言。

黄色人種が白人に楯突き、その潜在能力に恐れをなしたアメリカは、
2度の原爆投下という卑劣な非戦闘員の大量虐殺をはかる。
 東京裁判は、事後に作られた法で事件を裁くという法の不遡及の
原則を犯し、いわば戦勝国が敗戦国に因縁を付け、復讐を行うものだった。


415 :右や左の名無し様:04/10/20 23:01:01 ID:???
>>412
>情報、対情報のお粗末さ
確かに、情報分析に関しては楽観的だったり古典的だったりしたと思う。
だが、日本の諜報力って、今まで語られてるほど悪く無く、むしろ米国が舌を巻くほど凄かったらしいよ。
だから、軍部の情報分析能力が無かったのは事実だが、諜報活動はかなり優秀だったって事。

>国力考えずに進出
国力ってよりも、経済的に逼迫してたから侵出せざるを得なかっただけ。
そもそもあの当時、日本列島に8000万人だぞ。
耕地面積の少ない本土、当時の農業技術、自由貿易体制の確立以前、って状況で、人口8000万は死活問題だぞ。

ど〜考えても、新天地を求めて、満州など海外へ進出して行くしか無いだろ。

対米開戦は、もともと12月8日が回避されたとしても避けられなかったと思う。
鬼畜米帝は対日参戦を切望してたのは歴史的事実なんだから。

416 :右や左の名無し様:04/10/20 23:26:28 ID:???
>>414
>卑劣な非戦闘員の大量虐殺をはかる。
非戦闘員も攻撃対象というのが現代の戦争原理。
非戦闘員と称されるものこそが全ての元凶なのだ。

417 :右や左の名無し様:04/10/29 13:42:37 ID:OHrwDkFU
http://bbs2.otd.co.jp/mondou/bbs_index「問答有用」

↑ここで日本軍の虐殺写真を含めた、日本軍の非道な行為は本当であったとする書き込みが
詳細な記事を引用し挙げられてる。

先日の本宮ひろしの漫画の件も含めて、日本を庇う人たちを歴史修正者といい、糾弾している。
書き込みの真偽を自分なりに調べてみたが、なんとも分からなかった。
でもこれが本当なら少しショックである。
歴史に詳しい人がいたら、なにか教えて欲しい。

「こんなの一部」「捏造!」「中国も他で酷いことしてる」

等のレスは今はいらない。
本音としては、完全否定に繋がる意見が欲しいところだが・・・

ただこれが本当だとしても、ここのHPに書き込みをしている奴等は、過去の日本人を貶める事に
なんらかの愉悦を感じ、自己満足に浸っていると感じられてしまう事は拭えない。

418 :右や左の名無し様:04/10/30 15:22:24 ID:XBLDx1GQ
少し前に、「カードキャプターさくら」という、NHKで放映された
マンガが流行っていました。うちの息子(36歳、無職)も、「さくらたんハァハァ」と一生懸命見ています。
だいぶ前に終わったのに、ビデオ屋などに行くと、根強い人気を持っているとのこと。
さて、「さくら」という名前を女の子に付ける親が、ここのところ急増したと、先日の「朝日新聞」に書いてありました。
今の若い人は知らないと思いますが、桜は戦争=軍国主義のシンボルでした。
アジアの人々の心をあざ笑うかのように、最近の靖国公式参拝を公言し、
異を唱える市民を「頭のおかしい人」と冷笑するタカ派の小泉首相の異常な人気を考えると、さもありなんという気がします。

このマンガは、主人公の女の子がいきなり「あんたはカードキャプターや!」と有無を言わさず言われて、戦わされます。
私はふと、かつて若者が「赤紙」1枚で無理やり兵隊に取られた過去を思い出しました。
そんな時代はもういやです。スタッフの皆さんには、戦争で亡くなった方はいないのでしょうか。
平和を愛する人間らしい気持ちはないのですか!なによりも平和が一番です!

また、「愛がなくなるなんて悲しすぎるよ」と言って、悪役と戦うシーンがありますが、
侵略戦争はいつも「お国のため」といったきれい事のもとに行なわれるのです。
このマンガが、軍国主義を扇動している危険なマンガに見えるのは、私だけでしょうか。

NHKは不偏不党と言うのは、真っ赤なうそだと、本多勝一さんも書いておられます。
実際には、世界に誇る平和憲法をないがしろにする、危険なマンガを垂れ流しているのです。
私には、NHKをつけると映ってくる、この小さな女の子の「はにゃーん」という声が、
若者を戦争へと駆り立てる軍靴の足音に聞こえてなりません。
カードキャプターならぬ、赤紙キャプター「同期の桜」の時代はもうたくさんです!

419 :右や左の名無し様:04/10/31 03:27:37 ID:ZiGmcFAy
>>418
通りがかりです。
戦争の悲惨さは今もイラクで毎日実証されています。
ですが、そもそも戦争、戦いが悲惨なのは当り前の事でしょう。
そうしたものを表現する限りアニメであろうと文学であろうと避けて通る事が出来ないのだと思います。

420 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/10/31 03:36:29 ID:aIT1jVar
非戦闘員を攻撃対象とならしめたのは便衣。

421 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/10/31 03:38:01 ID:aIT1jVar
アカは手段を選ばない。アカは殺してよし!!

422 :右や左の名無し様:04/10/31 03:54:42 ID:???

おっさんよ 血圧があがるぜ  けもぬけるぜ

423 :右や左の名無し様:04/10/31 04:03:22 ID:b22ykWNz
>>421
どんな政治思想(勢力)にしろ、「戦争をやりたい」と思えば
手段を選ばないと思うんだけど・・・

手段を選ばないような卑劣な香具師は殺して良しと言う主張なら、
「アメリカ殺ってよし」につながらんか?


424 :右や左の名無し様:04/10/31 05:18:04 ID:ecXIsiGU
>>423
殺してもいいじゃん

425 :そもそも『日本国憲法』が:04/10/31 11:55:07 ID:/loo6D2+
マッカーサー草案をもとに、日本国民が一人もいない
『密室』で作られた事実を無視してはならないな。
翻訳だから日本語になっていない箇所が大杉。
だいたい『第九条』の『これ』って何なのさ?
一語で定義できるの?


426 :右や左の名無し様:04/10/31 13:30:04 ID:???
>417
結局虐殺肯定派の奴は、
「出自が怪しいかも知れないが、嘘とは言えない」
っていう凄い苦しい言い訳をしてるようにしか見えませんw

出自が怪しい→信憑性に欠ける→証拠にはならない
と認識するのが普通ですが、こいつらは
出自が怪しい→証拠にならないとは限らないという歪んだ論理思考を持っていますね。
こう言う輩は「無い証明」を持ってこない限り納得しないと言うことがよく分かります。

まぁ例により「無い証明」というのは悪魔の証明のことですから否定側は事実上挙げるのが不可能になります。
そうして議論は膠着する訳で。

まぁ八方ふさがりな肯定派が恣意的にこう言う状態に持ち込んで
自分たちのアイデンティティを保とうとするのも理解できますがねw


427 :右や左の名無し様:04/10/31 14:13:23 ID:tmjGxrrw
>>418( ´,_ゝ`)プッ

中共の情報操作による証言をうのみにする
走狗ジャーナリストがバイブルでつか

428 :右や左の名無し様:04/10/31 16:45:41 ID:???
>>425
国語落第点だろう、喪舞。

429 :右や左の名無し様:04/10/31 21:22:10 ID:???
>427
つーかこれは結構出回ってるコピペだと思ってたが・・・違うの?


430 :右や左の名無し様:04/11/01 18:49:51 ID:???
 村田(比島派遣軍軍政最高顧問)は抗日ゲリラが跳梁し、民衆が日本軍に背いた理由を16か条にまとめている。
そのうち3点を紹介する。
 そのひとつは、憲兵隊や守備隊の横暴さの問題である。職務上フィリピン人と直接接するのは
曹長以下であると述べ、「彼等の多くは視野概して己の周辺を出でず、治安の維持に急にして
民衆の福祉に疎く、自己の功を挙ぐるに専らにして他の迷惑を顧みる遑なく、
風俗を無視し習慣を重んぜず、常に征服者の態度を以って民衆に臨」んでいると指摘する。
 もうひとつは愚民観に関わる問題である。フィリピンは教育が盛んで大学も多く、
アメリカ留学経験者も多い。彼らのプライドを顧みず未開民族に対するのと同じ態度で
彼らを指導しようとしたのは失策であり、大いに反省すべきである、と指摘する。
 さらに日本人は教育程度が高く識字率は世界有数であるにも関わらず、
日常の行動作法はそれにともなっていない。軍人でも民間人でも海外に出るととりわけそうで、
そのために異民族に疎んじられる、と指摘する。
「マニラに於いて深夜、泥酔、高歌、放吟、不作法の限りを尽くせしものは何国人なるや。
昼間法規を無視しし警官を憚らず横行闊歩、放縦自在の行動に出でしは何人なりや。
言語不通のため偶々意に叶わざれば直ちに鉄拳を喰わせ私刑を加えたるは何人なりや。
鉄拳なればまだ可なり。比島人の最も嫌悪する平手打ちを行ない終生恨みを懐かしたるは何人なりや。
相手の如何を問わず、時に衆人環視の裡に在りて婦女子に対して又然り。
しかもその行動の粗野なる、甚だしきは白昼越中褌一つで大道を闊歩せしものあり。
予は之をマニラ、セブの両市に於いて親しく目撃せり。
――新来者は戦勝の余威を仮り占領地に対する態度を以って民衆に臨めるため、
不識不知夜郎自大の挙措に出でたるもその一因たるべし」

431 :右や左の名無し様:04/11/07 18:14:24 ID:???
 全国民諸君
 今や、我が国は安危の関頭に立つたのであります。この戦争に戦ひ
抜くこと能はずんば、光輝ある三千年の歴史は一片の哀史として世界
歴史の一頁に残るに過ぎません。我々はこの聖戦に飽くまで戦ひ抜き、
最後の勝利を獲得しなくてはなりません。これがためには前途に横は
る幾多の難関を突破克服して有終の美を収めねばなりません。
 その成否は一に一億の国民一人一人の決意と実行如何とに存するの
であります。
 諸君
 護国の英霊にぬかづくとき、身命を擲つてあらゆる国難を突破し、
今日の帝国の隆盛を齎した我々の祖先、親、子、兄弟、夫等が、今だ
時は来たぞ、我等の業をついで起てと絶叫する声が、我々の身を打ち
胸に迫るのを覚えるのであります。

432 :右や左の名無し様:04/12/03 21:40:00 ID:???
胸に迫りますね

433 :右や左の名無し様:04/12/04 20:20:35 ID:???
勝った戦争が正しい戦争。
負けた戦争は間違った戦争。
これがすべて。

434 :右や左の名無し様:04/12/04 21:51:11 ID:???
勝ち負けの基準が問題なのです。
イエス・キリストの十字架の姿は一見、完全なる敗北の姿ですが、
あれこそがこの世に対して勝利した姿であると、
キリスト教徒はそう信じてきました。
日本も十字架に掛かりました。
問題は「あれで日本は負けてしまったのだ」と考えてしまうことなのです。
日本はある基準では「負け」のレッテルを貼られましたが、
実は、ポツダム宣言受諾の聖断こそが奥深い勝利を秘めているのです。
アジアに日本が立ち上がらなければ、
アジア人は中南米の先住民のようなことになっていました。
しかし、日本は立ち上がり、終戦後にアジアの諸国は次々と独立を果たしました。
日本も先進国となり、さらには安保理の常任理事国の座も近づいています。
「負けるが勝ち」という“勝利”が現れてくるのはこれからです。

435 :右や左の名無し様:04/12/04 23:25:05 ID:???
>>434
キリストは敗者。
キリストの教えを使って権力を握った者が勝者。

436 :右や左の名無し様:04/12/05 17:15:56 ID:???
福音書が伝えるようなナザレのイエスが実在したどうかが問題ではないのです。
キリスト教圏の欧米人という存在が、
地球上での勝ち組としてあるということなのです。
しかし、彼らにも弱点はあるのです。
その弱点をつける非キリスト教文化圏の国のひとつが日本なのです。

437 :右や左の名無し様:04/12/05 18:32:04 ID:???
「天皇陛下、万歳!」
と言って、銃や大砲を構える大群に対して、(“日本刀”で)決死の突撃をしてくる日本兵を、
目の当たりにした連合国軍にとって、「万歳(BANZAI)」は、“恐怖の言葉”として現在も語り継がれてるそうな・・・

 最 強 日 本 軍 万 歳 ! ! !

438 :右や左の名無し様:04/12/06 17:50:25 ID:???
映画「ラストエンペラー」は英語で作られたが
日本語訳では乾杯のシーンなどで
「一万年の栄光を」などという訳が当てられていたと思う
これは「万歳」を英語のセリフがそういったのだろうが
日本語訳のときは「万歳」でいいだろうと思った
洋画の字幕や吹き替えの翻訳者は
たまに愉快な誤訳や珍訳で楽しませてくれる

439 :右や左の名無し様:04/12/07 17:41:23 ID:???
>>436
欧米人かどうかは関係ない。
同胞を、必要とあればどんな人間であろうが
家族としてしまう基督教の考え方が、取り敢えず
大集団を偽りの家族という名目で団結させるからだ。
血縁で団結さようとすれば、数百人から数千人を
纏めるのが精一杯だ。
基督教式なら家族の員数を無限大にまで拡張できる。
だが、誰でも皆家族だなどと言うのを額面通り真に受けたりすれば
豚でもない目に会わされるってのが相場だ。
でも阿呆を糾合するには耳当りのよい口説ではある罠。
用心用心。

440 :右や左の名無し様:04/12/08 22:09:14 ID:???

大詔奉戴日実施要項

一、方 針
 大東亜戦争完遂の為、必勝の国民士気高揚に重点を置き、健全明朗なる積極面を発揮すること
二、実施項目
 (一) 詔書奉読
  官公衙、学校、会社、工場等において詔書奉読式を行ふこと
  詔書奉読式の時刻は、業態、交通等を考慮し適宜定むること
 (二) 必勝祈願
  神社、寺院、教会等においては、必勝祈願の行事を行ふこと
  但し、一般の氏子信徒に対しては、その職場において祈願せしむるものとし、殊更に祭式に参列を強制せざること
 (三) 国旗掲揚
  各戸においては国旗を掲揚すること
 (四) 職域奉公
  各自職域の奉公に励精し、殊更に当日を休業とする如きは採らざること 
 (五) その他の国民運動
  その他の国民運動の項目は、大政翼賛会において本方針に基き随時決定すること
三、備 考
 日曜日に際会せる場合、当日業を休む官公衙、学校、会社、工場等においては、殊更に出勤、出校せしむるにも及ばず、家庭人としてまた市町村民として当日を意義あらしむるやう措置すること

441 :右や左の名無し様:05/01/02 00:57:50 ID:peUOehqm
否定したらクソスレ認定

442 :右や左の名無し様:05/01/02 15:20:38 ID:5vDCn5Ne
マッ0−サー「あれは侵略戦争じゃない」

443 :右や左の名無し様:05/01/02 21:47:45 ID:???
昭和のテンコロは戦争犯罪人です(w
・天皇の発言によって軍事行動が左右された事項
1、1933年・熱河作戦の一時指し止め
2、1936年・2・26事件における反乱軍の武力鎮圧の決定
3、1937年・日中戦争初期の兵力増強、戦略爆撃実施方針の決定
4、1938年・張鼓峰事件における武力行使方針の一時指し止め
5、1939年・「昭和14年度帝国海軍作戦計画」の修正要求
6、1940年・宜昌再確保への作戦変更
7、1942年・フィリピン・バターン要塞への早期攻撃の実現
8、1942年・重慶攻略の方針の決定と取りやめ
9、1942年・ガダルカナル攻防戦における陸軍航空隊の進出
10、1943年・ガダルカナル撤退後のニューギニアでの新攻勢の実施
11、1943年・統帥部内の中部ソロモン放棄論の棚上げ
12、1943年・アッツ島玉砕後の海上決戦のたびかさなる要求と、海軍消極姿勢への
厳しい叱責による統帥部引き締め
13、1943年・陸軍のニューギニアでの航空戦への没入
14、1943〜44年・絶対国防圏設定後の攻勢防御の実施(ブラウン奇襲後の軍令部指示など)
15、1944年・サイパン奪還計画の立案
16、1945年・沖縄戦における攻勢作戦の実施(防御部隊が突撃させられアボーン)
17、1945年・朝鮮軍の関東軍への編入取りやめ

<例>
1、「沖縄では守るだけか、海軍はどうしたのか」→防戦予定が突撃させられる、
大和特攻が敢行され死者3721人。
2、「(特攻隊は)そのようにまでせねばならなかったか。しかし良くやった」
→現地では「よくやった」とのお言葉をもらったと続々と続く一要因となる
3、1947年9月20日、寺崎英成を通して、「沖縄に関する軍事占領を継続する
事を希望する」「25年ないし50年という長期が良い」と要望した覚書をGHQ顧問
からマッカーサーに提出。
(「昭和天皇の軍事思想」校倉書房)

444 :右や左の名無し様:05/01/10 14:48:52 ID:TlKBVrGD
オランダ・アムステルダム市長のご挨拶    

 「あなた方の日本国は先の大戦で負けて、私どものオランダは勝ったのに大敗を
しました。今日の日本国は世界で一、二位を争う経済大国になりました。私たちオラ
ンダは、その間、屈辱の連続。即ち、勝ったはずなのに、貧乏国になってしまいました。
戦前は「アジア」に大きな植民地(ほぼ現在のインドネシア)があり、石油等の資源・
産物で、本国は栄耀栄華を極めておりました。しかし今では、日本の九州と同じ広さ
の本国だけになってしまいました。あなた方の日本国は、アジア各地で侵略戦争を
起こして申し訳ない。アジアの諸民族に大変迷惑をかけたと、自らを蔑み、ぺこぺこ
と謝罪していますが、これは間違いです。あなた方こそ、自らの血を流して、アジア
民族を解放し、救い出すという人類最高の良いことをしたのです。
 何故ならば、あなた方の国の人々は過去の真実の歴史を目隠しされて、先の大戦の
目先のことのみを取り上げ、或いは洗脳されて、悪いことをしたと自分で悪者になって
いますが、ここで歴史を振り返って真相を見つめる必要があるでしょう。本当は、私共
白色人種が悪いのです。百年も二百年も前から、競って武力で東亜諸民族を征服し、
自分の領土として勢力下に置いたのです。植民地・属領にされて、永い間奴隷的に
酷使されていた東亜諸民族を解放し、共に繁栄しようと、遠大崇高な理想を掲げて、
大東亜共栄権樹立という旗印で立ちあがったのが、貴国日本だったはずでしょう。
本当に悪いのは、侵略して権力を振るっていた西欧人の方です。
日本は戦いに敗れましたが、東亜の解放は実現しました。
即ち、日本軍は戦勝国の全てをアジアから追放して終わってのです。
その結果、アジア諸民族は各々独立を達成しました。
日本の功績は偉大であり、血を流して戦ったあなた方こそ、最高の功労者です。
自分を蔑むことを止めて、堂々と胸を張って、その誇りを取り戻すべきであります。」

445 :右や左の名無し様:05/01/10 17:31:49 ID:ws8tFQPe
Q:どうして中国と日本は仲が悪いの?
A:歴史問題や領土問題など沢山の火種を抱えているからです。
Q:大戦中日本が中国に悪いことをしたからでしょ?
A:いいえ、それは現在の価値観で語るからです。当時の国際情勢を知らない
  と自分で宣言しているようなものです。
Q:全く正しかった?
A:それも違います。戦線拡大で被害を大きくしてしまったなど政策上での
  問題は多々あります。批判されるのはその点においてだけです。
Q:日本総勢で中国や韓国に謝罪すべきです。
A:一人でやってろ
Q:中国と同盟を結び米帝に対抗しようではありませんか。
A:氏ね
Q:結局どうすればいいのでしょうか?
A:日本は毅然とした態度で臨むべきです。あとは相手の自浄能力に
  任せるしかありません。期待できませんが。

176 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)