5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本に戦争責任なし!

1 :右や左の名無し様:04/09/20 22:58:23 ID:???
皆さんそう思いません?
太平洋戦争は自衛の戦争だった。
ハルノートと突きつけられて・・・実質的にアメリカの宣戦布告だ。
日独伊軍事同盟を破棄、満州、中国から全軍撤兵と無茶な要求された。
日本は当時、石油をアメリカから85%輸入していた。
石油の日本への輸出を禁止すると通告してきた。
日本は2年分の石油の備蓄しかなかった。
戦時では半年分しかなかった。戦争をせざる得ない状況になった。
ABCD包囲網で絞め殺されそうになり
アメリカの謀略で戦争をしなければいけない状況に
日本は追い込まれたんだよ。話し合いなど無駄・・・
アメリカはとにかく戦争がしたいんだから・・・日本を潰したいんだから・・・
アメリカに妥協しても次から次へと無理難題を突きつけてくる。

2 :右や左の名無し様:04/09/20 23:02:47 ID:???
真珠湾も奇襲じゃないしね。
アメリカも機密文書の暗号解読出来ててわざとさせたしね。

3 :右や左の名無し様:04/09/20 23:16:42 ID:zRczJBes
いまだにこの話題?
君たちの努力が実って今では誰も反論しないのに?

いつまでたっても安心しないんだね君たちは。

4 :AA貼り付けホモ野郎=阪京=大日本報靖會 ◆5m18GD4M5g :04/09/20 23:36:07 ID:???
こんな詰まらないスレ直ぐになくなると思うよ。

5 :右や左の名無し:04/09/20 23:47:46 ID:???
もう 時効だよ


6 :右や左の名無し様:04/09/20 23:52:13 ID:???
何だ。まだハルノート万能論が生き残っていたのか。。

実はこの前に日米交渉をやっていたんだが、
1940.9.23北部仏印進駐→9.26米国は屑鉄全面禁輸
1941.7.28南部仏印進駐→8.1米国は石油など対日全面禁輸

・・と軍部が勝手に侵攻して交渉をおじゃんにしたのが真相。
米国と交渉する一方で独ソと同盟し、しかも途端に独ソが開戦したり、
当時の外交はボロボロ。米国と組むのかどうかもハッキリしなかった。
それが後々にハルノートみたいな最後通牒につながったんだが。
歴史に詳しくない思想家を愚弄するのはけしからんな。

7 :右や左の名無し様:04/09/20 23:52:50 ID:DpFddfHI

どもりの入川君、元気かな?
おまえフニャチンだから、奥さんを満足させられないと聞いたぞ。
奥さんの欲求不満が溜まったせいで別居しているそうじゃないか。
大丈夫かおまえ、ん?
      


8 :右や左の名無し様:04/09/20 23:58:23 ID:???
日本の戦争責任を一方的に追及している歴史教科書を何とかすべきだ。

9 :6:04/09/20 23:59:01 ID:???
「日本」に戦争責任があるという抽象的な主張はありえないが、
「当時の政府首脳」に開戦責任があるのは、紛れもない事実。

戦前日本最大の失敗を粉飾しては、歴史に学ぶことなぞ不可能だぜ。

10 :右や左の名無し様:04/09/21 00:35:29 ID:???
>>9
そこが右翼の狙いだろうな。
自民政権からすれば政府批判のない戦前日本や北朝鮮の社会が
最も都合がよい。どんな失政も批判されないからな。

そこで、意図しようとしまいと自民政府の忠実な犬の役割を演じる
右翼は、戦前日本の全ての失敗を隠そうとする。
もちろん、日本の国益からすれば、これほどの裏切りはないのだが。

11 :右や左の名無し様:04/09/21 00:48:05 ID:2gRYK0Ey
>>6
つまりこういう事が言いたいわけだな。
米国のお友達の植民地が減ったから
米国は対日経済封鎖を強めた。
とても米国に正義がある理屈とは思えんな。

日本の仏印進駐が遠因と言うなら
白人のアジア侵略が遠因と言ってもいいはずだな。

そりゃ日本の行動すべて善などと言う勇気はないが、
なんでもかんでも、祖国とって悪いようにしか考えられんのは異常者だな。

ハルノートが宣戦布告と同義なんだから
開戦決定者は米国。それで十分と思うがな。

12 :右や左の名無し様:04/09/21 00:58:29 ID:az2c2+cA
個人的な意見なんだが、ハルノートを突き付けられただけで真珠湾を攻撃するっていう暴挙に出たのは間違いだと思う。まんまとアメリカの術中にはまってしまったな…。アメリカは自分から攻撃できないから、日本やドイツに先制攻撃をさせる必要があった。

13 :右や左の名無し様:04/09/21 01:05:28 ID:2gRYK0Ey
>>9 >>10
祖国の悪口しか学べないアホサヨは、
歴史から何か学んだのか?

こういうのはな結果を見れば簡単なんじゃ
何かを学んで、米国ポチになった自民。
何かを学んで、北朝鮮賛美をしたアホサヨ政党。
どちらがアホかは一目瞭然と思わんか?

現実から目をそむけ、祖国批判に熱中するアホは、
中国行って、纏足に踏まれて喜んどれや。

14 :右や左の名無し様:04/09/21 01:10:28 ID:az2c2+cA
7 おまえみたいな奴はしね

15 :右や左の名無し様:04/09/21 01:12:52 ID:2gRYK0Ey
>>12
一理あるとは思うが、
アメリカが開戦を意図してたのは事実だからね。
アメリカの要求を呑み続ければ幸せになった・・とは思えない。

16 :右や左の名無し様:04/09/21 01:16:56 ID:+yune02c
高松宮海軍大佐が石原莞爾を召されて意見を求められた。石原は、
「戦争の勝敗は初めからわかっております。わが方の作戦はすべてに攻勢の終末点を越え
ています。戦力は根拠地と戦場との距離の二乗に反比例するのが原則です。日本本土では
百の力が、ガ島まで行けば十から五の力しかない、ところが敵は根拠地に近いから我が軍
より力の大きいのは当然です。持久戦争においては、攻勢の終末点をどこにするかが、
最初から確立されていなければなりません。しかるに支那事変も今次戦争も、全くこれを
考えていない。東条のやっている戦争は何をやっているのかデタラメで、まるで決戦戦争の
やり方であります。攻勢の終末線を越えれば叩かれるのは当然であり、負けることが判って
いる所へ兵を送る馬鹿はありません。」
と奉答した。更に石原は、東郷平八郎提督が日露戦争の日本海海戦においてその根拠地を
朝鮮海峡に置き、ロシアのバルチック艦隊を迎撃して海戦史上未曾有の大戦果を挙げた
事例を引用して、
「近時の戦争では制空権のないところに制海権はあり得ません。制空権既に敵の手中に
陥った以上は、即刻ガダルカナル島を撤退すべきです。陸軍も又同様であります。ソロモン、
ビスマルク、ニューギニアの諸島を早急に放棄することです。そして我が補給線確保上、
攻勢の終末線を西はビルマ国境から、シンガポール、スマトラなどの戦略資源地帯を中心
とし、この防衛線を堅固に構築して、中部は比島の線に退却せしめ、他方本土周辺の
サイパン、テニアン、グアムの南洋諸島一切を難攻不落の要塞化することであります。」
わが国はドイツ軍の東進攻勢に呼応して、ソ連、或いはインド、中東、北アフリカ方面の
イギリス軍を挟撃し日独打通を図る戦略だけでなく日本本土防衛の要衝サイパンの確保を
遂行する為の貴重な戦力と時間を喪失してしまい、サイパン陥落の責任を負って総理大臣
を辞職した東条大将をして、
「海軍の実力に関する判断を誤れり、而かも海軍に引きづられた。攻勢終末を誤れり、
印度洋に方向を採るべきであった。」
ttp://touarenmeilv.ld.infoseek.co.jp/from67to69ww2.htm

17 :右や左の名無し様:04/09/21 01:19:08 ID:az2c2+cA
指揮は南進論の東条ではなく、北進論を考えていた石原莞爾にとらせていれば確実にもっと戦局はかわっていたはずだ。

18 :右や左の名無し様:04/09/21 01:33:26 ID:???
>>6
まあ、そこまで言うなら、この前のイラク戦争が起こったのもフセインが悪いんだよな?
となると、反戦デモしている連中って、アホってことだな。
もちろん君は、アメリカ様が正しいと思っているんだろうね(w

19 :右や左の名無し様:04/09/21 01:37:30 ID:???
日本武尊の開発が終了してたら勝てた。絶対に勝てた。最強。

20 :AA貼り付けホモ野郎=阪京=大日本報靖會 ◆5m18GD4M5g :04/09/21 02:16:01 ID:???
こんな詰まらないスレ直ぐになくなると思う。

21 :右や左の名無し様:04/09/21 09:35:35 ID:akRbUs2D
>>16
2ch右翼の価値観から言えば、石原は反戦左翼ということになるな。

22 :右や左の名無し様:04/09/21 22:16:39 ID:???
清や李氏朝鮮がアジアでどんな国だったか。
日本が富国強兵したのはアジアのために正しかった。
欧米はアジアを植民地にしまくっていたじゃないか!
日本が欧米の白人たちに戦いを挑んでどうして悪いんだ?

23 :右や左の名無し様:04/09/21 22:23:44 ID:aXRLzwxl
いかなる場合にも戦争責任なんてものはないんです。
勝てば官軍ですから。
ただ、戦い方がマズかったというのはある。

24 :右や左の名無し様:04/09/21 23:25:27 ID:l9DnV5DK
>>22
悪い負け方をしたから

25 :右や左の名無し様:04/09/21 23:43:36 ID:???
45年初めの段階でもう既にソ連の力は抑止できないまで肥大化していたから
日本がもう少し粘っていればアメリカやイギリスとしてもソ連に対抗するために
日本とは停戦協定を結ばざるを得なくなったのではないか?

原爆があるから無理だろうか?

26 :右や左の名無し様:04/09/21 23:49:03 ID:???
>>24
ちょっと違う。

 負けたから。


27 :右や左の名無し様:04/09/22 00:37:09 ID:???
>>1
>日本は当時、石油をアメリカから85%輸入していた。
石油の日本への輸出を禁止すると通告してきた。
日本は2年分の石油の備蓄しかなかった。
戦時では半年分しかなかった。戦争をせざる得ない状況になった。

これが戦争に追い込まれた主要因だろう。
20世紀以降の世界は石油を最大のエネルギー源としてモノづくりを
やっているわけだから石油が手に入らなくなると大混乱に陥ることは明らかだ。
アメリカはそれを分かっていて石油禁輸の通告に踏み切ったのだから問題だ。
しかしそれ以上に問題なのは、同じことが現代においても言えるということだ。
日本が中東から石油を輸入できるのはアメリカの圧力のおかげであり、
石油の輸入をアメリカに依存しているという構造は戦前と変わっていないということだ。
日本が反米を標榜するようになりアメリカのグループから離れることになれば、
アメリカの圧力の下にある中東の国は日本に石油を売ってくれなくなり、
また戦前と同じ轍を踏むこととなるだろう。
こういうシナリオこそ「いつか来た道」ではないだろうか?

28 :右や左の名無し様:04/09/22 01:12:20 ID:9nwkH6WU
確かに危険は否定しないし、構造的には同じだが、
だいぶ状況は違うと思うよ。
米国の影響力が大きいとはいえ、
昔と違ってみな独立国だし、石油は中東以外にもあるからね。
(中東原油に頼るのはコストが安いからよね)

米国との全面対決を考えてたら何も出来ないけど、
国際関係ってのは、1か0って訳じゃないよね。
現状では日米同盟が最善とは思うけど、
別の道を考えておく事も必要じゃないかな。

29 :右や左の名無し様:04/09/22 01:25:52 ID:6zogR9gY
>石油は中東以外にもあるからね。

しかも石油以外にも原子力というエネルギー源があるよね。
石油以外のエネルギー源を積極的に開発していくことも
対米追従から離れるカギになるんじゃないかな?

30 :右や左の名無し様:04/09/22 01:28:03 ID:???
東シナ海の天然資源採掘を急ぐべし。

31 :右や左の名無し様:04/09/22 01:41:20 ID:???
メタンハイドレードもあります
http://www.mh21japan.gr.jp/mh/03fuzon.html
日本近海では主に太平洋側にある。

32 :右や左の名無し様:04/09/22 01:55:49 ID:???
アメリカに頼っているのは石油だけじゃないだろ。

33 :右や左の名無し様:04/09/22 02:29:15 ID:9nwkH6WU
>>32
うん? なんの事。
話の流れからして、まさか軍事力なんて 間抜けなこと言わないよね。
経済的には、お互い様だし。
あっハリウッドの映画の事?
こりゃ恐れ入りました。

34 :右や左の名無し様:04/09/22 11:56:52 ID:???
だって、例えば米国からの牛肉の輸入を停止しただけでも、牛丼が食べられなくなるぐらいだよ。
ほとんど米国がくしゃみをすれば日本は風邪を引くと言ってもいいぐらいの依存関係があるが。

35 :右や左の名無し様:04/09/22 16:31:41 ID:???
あれば採れると思うなら、水面に写る月影も泣く児のためにとれるべし。

36 :右や左の名無し様:04/09/22 16:47:11 ID:9nwkH6WU
>>34
米国がくしゃみ→日本が風邪。
20年前の経済感覚だな。(多分お年を召した方ね)
貿易とはお互いが利益を享受するのよ。
日米貿易を停止すれば米国だって大打撃だろ。

だいたい なんでそんな極端な事ばかり考えるのかな?
ポチか、全面対決か、そんな二者択一みたいな思考じゃ、
何も出来ないだろ。

37 :右や左の名無し様:04/09/22 16:57:07 ID:???
牛肉を輸出しないので真珠湾を再攻撃しませう

38 :右や左の名無し様:04/09/22 17:00:42 ID:???
>>33
WindowsやMSOffice

39 :右や左の名無し様:04/09/22 17:02:14 ID:???
人間はパンのみによって生きるのではありません。
神の口からこぼれる一粒々々のことばによって生きるのです。

40 :右や左の名無し様:04/09/22 17:17:06 ID:9nwkH6WU
>>33
そんなもん、入ってこなきゃ俺が作ってやるよ。
むしろ 米国は「MSから買えと」言って来るだろうな。
貿易ってのは、お互い様なんだよ。

ちなみにアメリカが牛肉輸出をしなかったら
オーストラリアは喜ぶだろうな。
短絡しないで、冷静に考えてよ。

>>39
「人間はパンのみに生きるに非ず」
その言葉。わしも大好きじゃ。

41 :右や左の名無し様:04/09/22 17:18:32 ID:9nwkH6WU

>>33 じゃなくて >>38 だった。
すまん数字も読めんのじゃ。

42 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/09/22 17:32:06 ID:gLW18iJG
靖国神社の英霊に素直に頭を下げよう。

43 :右や左の名無し様:04/09/22 20:52:28 ID:???
>>42 どうしてあんな犯罪者に?無神論者だったんじゃないのか?訳分からん。

44 :右や左の名無し様:04/09/22 21:26:54 ID:???
>>40
牛肉というのはあくまでも一つの例だよ。他にも大豆とか小麦粉とかいくらでも考えられる。
それに肝心要の自衛隊が持っている兵器の多くが米国製だし。
で、米国が日本に対して禁輸措置などの経済制裁を掛けるときには、当然オーストリアなどの同盟国とも組んで行うよ。
ABCD包囲陣のようにしてね。
米国とオーストラリア・ニュージーランドの間には依然としてANZUSという同盟関係が存在しているし。
ま、いずれにしても日本はポチといわれようが何だろうが、米国とは組んでおくべき。

45 :右や左の名無し様:04/09/22 21:30:21 ID:???
>>43
死者を冒涜するとはお前チョンだな。

46 :右や左の名無し様:04/09/22 23:52:28 ID:9nwkH6WU
>>44
どんな例をあげても同じだよ。
日本は米国以外から買えばいいだけ。

今の時代に、日本が対米追従を離れたらいきなりABCD包囲網か?
被害妄想が大きすぎると思わない?
当時は世界中殆ど米英仏の植民地。現在はみな独立国。
現代では、よほどおかしな事をしない限り
全世界から貿易封鎖されるなんてありえない。

何度も言うが、君は"ポチか決戦か"の二者択一しか考えられないの?
「子分をやめたら殺される」。奴隷の価値観だね。
繰り返しになるが、僕は日米同盟を否定はしない
しかし他の選択肢を考えられない人間は奴隷に過ぎない。

47 :右や左の名無し様:04/09/23 00:00:41 ID:arJRlJYM
>>43
国のために戦って死んだ人間を、犯罪者扱いか
お前は最低のアホだな。
単なるアホなら仕方ないから許してやるが、
もし、まともな頭を持った上で言っているのなら、
日本国に住む資格なし、勝手にどっかいけよ。

48 :右や左の名無し様:04/09/23 00:08:22 ID:1+DiwnOV
43 おまえマジでそんなこといってんのか?おまえみたいなクズ野郎が日本をダメにしてんだよ!死んでいった人々を冒涜するとは、おまえは地獄行き決定だよ。日本から出ていけバカヤロウ

49 :右や左の名無し様:04/09/23 00:23:36 ID:???
>>46
一応断っておくが、おれは>>27と同一人ではない。
まあ、状況設定を全然せずに議論しているから、空中戦になってしまっている感があるが。
何が何でも対米追従をしろと言っているのではなくて、米国との良好な関係は保っておくべきということ。
そしてそのためにはある程度の譲歩はせざるを得ないだろうということだ。
「他の選択肢」って具体的にあるか?日本に。
ヨーロッパのように宗教も民族も国家体制も似通った国が隣り合っているなら、各国が一体となることによって米国と組まなくとも安全保障や経済面で一定の実力を持つことが出来るだろうけどね。
君が>>40で書いたような「アメリカがダメならオーストラリアがあるさ」といった楽観的過ぎる発想はいささか危険だよね。

50 :右や左の名無し様:04/09/23 00:36:09 ID:OnCi8GAq
>>47-48 わざわざID変えて・・・ご苦労なこった
別に冒涜はしていないと思うが。
戦犯が祀られているのだから、「犯罪者」といってもそれ程間違ってはいまい。
死んだ人間の事を批判することを忌避していたら、およそ歴史学はじめ多くの社会科学は成り立ち得まい。
そういえば前にもこんなこと誰かが言っていたな。
おまい、マルクスやレーニンやヒトラーのことを批判した事ないのかよ?

51 :右や左の名無し様:04/09/23 00:53:15 ID:???
いや、日本のために太平洋戦争を戦った英雄たちを英霊たちを
祀るのは当然だよ。
その場が靖国であるか千鳥ヶ淵であるかは別としてな。

しかし、日本を焦土にした開戦責任者

土肥原賢二(中国戦線を拡大し、対米交渉を麻痺させる)
東郷 茂徳(日米開戦までの対米交渉最終的に破産させた外務相)
東條英機(日米開戦の総責任者にして日本を破壊した張本人)
平沼騏一郎(総理として民主主義の破壊を推し進める)
広田弘毅(軍部大臣現役武官制を復活させ、民主主義を破壊)
松岡洋右(日米諒解案を蹴り、日本を太平洋戦争に追い込んだ)

は英霊でなく、ただの地獄に堕ちるべき犯罪者だ。

52 :右や左の名無し様:04/09/23 01:23:53 ID:arJRlJYM
>>49
確かに日本の周りには マトモな国がないのが不幸なんだ。
嫌なヤツでも米国と付き合うしかない。

わざわざケンカ売れとは言わないけど、
「いざとなったら戦う」という気概を失っちゃいけない
そのためには過激な事も言う。

悪い方法ではあっても、ロシアと同盟して米国に対抗するとか
いろいろな選択肢の可能性を残しておかなければいけないのよ。
今の時代、よほどの事がなければ日本を経済封鎖などありえない。
ビビリ過ぎて奴隷になっちゃイカンと言いたかったのよ。

53 :右や左の名無し様:04/09/23 01:34:44 ID:arJRlJYM
>>50
東条英機首相を戦犯と呼ぶのはGHQに洗脳されたアホだな。
子孫のわれわれが、東条英樹の政策の失敗を批判するのは構わないが、
断じて犯罪者ではない。

首相として政策を誤った。結果、大勢の日本人が死んだ。
その失敗を非難し憎むのは構わないが、

戦犯などと呼ぶのは、
要するにあんたが、アホサヨなだけ。


54 :右や左の名無し様:04/09/23 01:43:26 ID:???
>>53
300万人もの国民を死なせたあの男は間違いなく犯罪者だろうが。

ただ東京裁判の結果としての「戦犯」という言い方は、
確かにちと引っかかる。あの裁判じゃ戦勝国の
戦争犯罪は無視されたし、その他法律家たちは様々な
疑問を呈していてね。>>50はその辺知っておくべし。

55 :右や左の名無し様:04/09/23 02:00:49 ID:arJRlJYM
>>54
僕は東条英機を犯罪者とは思わない。
60年前、米国の謀略にハマった日本があって
その時に首相に祭り上げられていたのが東条英樹だった
そんなイメージかな。

ヒトラーは進んで戦争をした。
日本は追い込まれて戦争を決意した。
東条がいなくても戦争になったと思うよ。

それと東京裁判は「裁判」と呼べる代物じゃない
ネーミング 何とかならんかねぇ。

56 :右や左の名無し様:04/09/23 02:13:01 ID:???
日中戦争は、追い込まれてやったのか・・・

57 :右や左の名無し様:04/09/23 02:16:12 ID:???
電波軍人どもが勝手に起こし、
堕落政治屋どもが追認したのが実態。
これを後押ししたのが民主主義が崩壊していた政治状況。

58 :右や左の名無し様:04/09/23 02:48:33 ID:W4lSe1yK
国家とは国民の共同体とその財産を守る為に存在しているが
昭和初期に入ってからの日本はそうで無かったと言う話。
日本では言葉で情報を明確に伝達する事を 重んじてこなかった日本の文化があります。
はっきり言わない、察しの文化です。
だから日本兵の場合、国民の意識が高まらないのにちゃんと兵隊として働いてしまった。
日本の歴史を見ると、残念ながら、参加民主主義と徴兵制が結びついて旺盛な意欲が生まれた時代は、
民権運動の短い時期を例外として、ありません。
だから国家の国民に対する裏切りが黙認されるどころかマインドコントロールされて
「国民が全部死んでも国の本質は守られる」というデタラメがまかり通てしまった。
個人の尊厳とは自己責任によってなされた試行錯誤の結果、積み重ねられた、自信や自尊心です。
そうすると今度は、人が自由に振る舞うためには、いろいろな条件が必要です。
何か問題のあるやつがいたら警察が捕まえてくれるとか、様々な信頼関係がなければいけない、
そのような信頼を支える公共財です。
つまり、人々が自由に振る舞うために、苦心して作り上げてきた道具が国であるはずなのに
崇高なる国家と一体化するという形で尊厳を保とうとした為に
大正期になって、明治維新以来日本を実際に動かしていた人々が老人となり死に絶え
日本という国家を動かしていた元老や枢密院の機能が停止してしまったために、
あらかじめ、帝国憲法に内在する構造的な不備が、その後露呈してしまった。
『腐敗』は、誰かがではなく、すでに明治憲法の政治システムに内在したものであり、
大正期にはそれを修正しなかったために、 必然的に起こってしまい
そして、その腐敗は、昭和初期に爆発する。

59 :右や左の名無し様:04/09/23 03:00:08 ID:arJRlJYM
>>56
お前 アホ 丸出しじゃな。

日米開戦の話をしとんじゃろうが。
アホサヨはひっこんどれ。

60 :右や左の名無し様:04/09/23 03:05:02 ID:???
>>59
>>6
追い込んだのは米国でなく日本の電波軍部。
構造的には日中戦争から何の進歩もない。
そして今のウヨも当時の右翼から何の進歩もない(溜息。

61 :右や左の名無し様:04/09/23 03:19:35 ID:arJRlJYM
>>60
お前 56のヤツだろう。
ちっとはマトモな事 言えや。

寝る前に一言だけ、教えといたるわ。
戦前、アホウヨがおったのは事実。
お経のように「鬼畜米英」と叫んどった連中じゃ。
そいつらがな戦後、アホサヨになって
お経のように「反戦平和」を叫んどるんじゃ。

所詮、新興宗教なんやから
サティアンにでもこもって「ハルマゲド〜ン」と叫んどれや。

62 :右や左の名無し様:04/09/23 03:33:36 ID:???
>>61
鬼畜米英は戦時中 みんな叫んどったわけだが(w

無理すんなよ厨。

63 :57:04/09/23 03:35:20 ID:???
残念、51=54=57だよw
君の存在がアホウヨの健在ぶりを示しているな。
反戦平和じたいは当然の目的だろ。
非武装中立で謝罪外交を繰り返せば達成できると
勘違いしている連中はそりゃ問題だがな。
国益を理解できないあんたらアホウヨと、
どっちが有害かは難しいところだ。

64 :右や左の名無し様:04/09/23 03:55:39 ID:arJRlJYM
>>62
もちっとマトモな事 言えるようになったら相手したるわ。バイバイ

>>63
君は、まだ見込みがあるから、一言忠告するが
「電波軍部」なんてガキみたいな表現 やめたほうがエエで
アホと思われるだけじゃ。

65 :右や左の名無し様:04/09/23 03:59:38 ID:arJRlJYM
ひとつ聞きたいんじゃがのぅ
ID:??? ってどうやるんじゃ?

66 :右や左の名無し様:04/09/23 04:21:47 ID:???
>>65
http://www.wcn.to/~gappa/kova/

67 :右や左の名無し様:04/09/23 04:34:33 ID:arJRlJYM
>>66
わざわざ ありがとな。
でも、リンク先を見たんじゃが、
どこを見たら分かるのか、サッパリ分からんのじゃ。

わしの頭でも理解できるように教えてくれんかの。

68 : ◆SLShmljNdI :04/09/23 09:50:11 ID:???
>>1

いや、1919年から1922年までの国際合意を遵守しなかった咎が日本にはある。日本が国際社会を
挑発し続けたからこそ、ABCD包囲網ができたんだ。

69 :63:04/09/23 10:50:41 ID:???
>>64
では、御老体の「アホ」連発は愛情表現だとでも(W
電波な軍部を表現するには最適の表現ですよ。
例えば。。。。

1944年3月ビルマにて、インド領内のインパールにある英軍基地攻略作戦が開始された。
周囲や部下の反対を司令官の牟田口中将が押し切って実施された作戦である。
反対の理由は、補給が足りないことは明らかであったことによる。

作戦の結果基地は包囲したものの、食糧も尽き武器も不足し、撤退命令が出された。
疲労と飢えの極限に追い込まれた部隊は英軍の追撃も受けて1万5千以上の兵力が
三千に激減し火砲もほとんど失った。退却路は部隊の白骨で埋まったという。

何よりも醜態をさらしたのは、最初から無謀と分かっていた作戦を強行した司令官の
牟田口中将が、次々と死んでいく部下たちを退却路中に見捨て、
単身で東京に逃げ帰ったことである。


70 :右や左の名無し様:04/09/23 11:28:36 ID:???
その通りです。日本は戦争を「させられた」だけなのです。
ドイツやイタリアも同じです。
当時の日本を批判する人はアレでしょうか。
「昔の日本が悪い方が都合の良い人達」でしょうか。
反日日本人の皆さんもいい加減罪を認めましょう。

71 :右や左の名無し様:04/09/23 12:26:18 ID:???
2ちゃんウヨ厨のようなスレがはじめて来た板にあったので驚いた

72 :右や左の名無し様:04/09/23 13:21:02 ID:arJRlJYM
>>69
どっかの本丸写しで、恥かしくないかね。
本の内容、鵜呑みで何も考えてないのを告白してるようなものね。

ちなみにインパールとガダルカナルは、
ウヨサヨ問わず批判の対象となってるけどね、
作戦の失敗なんて、どこの国の軍隊にもあるのよ。

それとも
米軍や英軍には、何も失敗がなかったとでも言うかい?

73 :右や左の名無し様:04/09/23 13:32:28 ID:arJRlJYM
>>68
どうして、日本の非ばかりに目が行くんかのう。
まあ、日本に全く非がなかった言う勇気はないがの

世界中を植民地にして
資源と市場を独占してた米英仏はお咎めなしかい?


74 :右や左の名無し様:04/09/23 13:35:03 ID:???
>>65
メール欄に何か書き込むのです。通常はsageと入力します。
こうすると書き込んでもスレッドが上がらないのです。
ちなみにメール欄に何か入力してもIDが???にならない板もあります。

75 :右や左の名無し様:04/09/23 13:46:20 ID:???
>>74
教えてくれて、ありがとう。
さっそく、試してみる。

76 :右や左の名無し様:04/09/23 13:47:08 ID:???
あっ本当だ。素晴らしい!

77 :東條英機は神!:04/09/23 13:47:11 ID:???
>>58のコピペを軍事板でも見たが・・・

78 :右や左の名無し様:04/09/23 13:58:16 ID:???
>>74
厨に余計な事を教えるなよ。


79 :右や左の名無し様:04/09/23 14:05:37 ID:???
しかしarJRlJYMは近頃、珍しい程、プンプン臭ってくる厨だな。

>ちなみにインパールとガダルカナルは、
>ウヨサヨ問わず批判の対象となってるけどね、
>作戦の失敗なんて、どこの国の軍隊にもあるのよ。
「ウヨ・サヨ問わず批判の対象になってる事」と、
「作戦の失敗がどこの国にもある」とかいう主張は、まるでベクトルが
異なり相互にまるで補完しあわないわけだが
本人気づいてるのかね(w
此奴はこういう、とりあえず「ウヨサヨ」する上での決まり文句みたいなのを
ネット上で拾って、自分の価値観として再構成せずに、ろくに考えずに
「貼り付けてる」としか思えないのお


80 :右や左の名無し様:04/09/23 14:21:40 ID:dmag84Dn
テスト

81 :右や左の名無し様:04/09/23 14:23:31 ID:???
>>73
戦前日本の無数の過ちから学ばないなら、
同じ失敗を繰り返して日本は滅んじまうぜ。

政府の統制を離れた軍部の暴走が破滅を生んだと何故気づかない?
誰もチェックできないシステムだったんだよ。
その原因が統帥権独立や全体主義教育、民主主義の破壊などだ。
インパールの例はわかりやすい具体例に過ぎない。

82 :右や左の名無し様:04/09/23 14:34:36 ID:???
ウヨは爆撃で次々日本の都市が廃墟になっていくのを見ると、
快感を覚えるらしい。国益なんてどうでも良いようだ。
どうしょうもないな。

83 :右や左の名無し様:04/09/23 14:51:01 ID:???
>>73
あえて言えばウヨは見たくない過去から目をそらしたいただのガキだよ。
arJRlJYMは実年齢は爺臭そうだが。
冷静に市民の権利と国益を判断する思想家ではない。

84 :右や左の名無し様:04/09/23 15:07:01 ID:???
純粋な疑問だが、何でインパール作戦とガダルカナルが同列に扱われるのだろう?

幾ら何でもそりゃガダルカナルに失礼ってもんだ(w

85 :右や左の名無し様:04/09/23 15:28:18 ID:???
>>78
じゃお前はID出せ

86 :右や左の名無し様:04/09/23 17:56:00 ID:???
>>79
ツッコミ入れるなら、もうちょっと考えろよ
みっともないぞ。( >>72>>79 )

>>81
あのね。失敗を反省するのと、
先人の悪口ばかり言うのは違うのよ。
なんでもかんでも、日本が悪いと言ってるだけのヤツは、ただのアホサヨ。

87 :右や左の名無し様:04/09/23 17:58:04 ID:???
>>78>>83
一人でご苦労なこったな。

88 :右や左の名無し様:04/09/23 18:00:11 ID:???
みんなとっくに藤岡とか、司馬とか乗り越えてるのか

89 :右や左の名無し様:04/09/23 18:10:29 ID:???
>>84
確かに同じではない。
僕もガダルカナルには同情的だが、
本題には関係ないので勘弁してね。

90 :右や左の名無し様:04/09/23 18:28:51 ID:???
>>85
arJRlJYMが厨だから言ったんだが

arJRlJYMが名無しで立派な意見を書き込める
情報を脳内に持ってると思ってるの?オマイ?

日中戦争と二次対戦を別に論じようとかいう凄い香具師だぜ(w
日本の立場を擁護する香具師だって、それ以前の満州事変、
昭和恐慌くらいまでは遡って語るだろうよ(w

91 :右や左の名無し様:04/09/23 18:38:39 ID:???
>>91
あのさ、ここは日米開戦のスレで、その話をしてたんだろ。
みっともない発言の次は、
話をまぜ返してゴマカシか?
情けない男よのぅ。

92 :右や左の名無し様:04/09/23 18:39:57 ID:???
↑しまった 間違えた >>91>>90 じゃ。

93 :右や左の名無し様:04/09/23 18:40:18 ID:???
>>91
>あのさ、ここは日米開戦のスレで、その話をしてたんだろ
オマエ スレとレスの違い把握してる?

94 :右や左の名無し様:04/09/23 18:47:02 ID:???
アホサヨは立場が悪くなると、
直ぐに糞レス合戦に持ち込もうとする。

まあ、アホだから仕方ないか。
好きにやっとれや。

95 :右や左の名無し様:04/09/23 19:58:04 ID:???
アメリカには国軍の他に州兵といって各州が独自で持っている強力な軍事組織がある
だから万が一国軍が暴走した場合は州兵がこれに応戦することができる。
またナチス・ドイツは正規の国軍の他にナチス直属の部隊である親衛隊という組織を持っていた。
それからフランスなどの国もやはり警察武装部隊などといったかたちで
国軍とは別系統で管轄される高度な武装組織を持っている。
国軍の暴走を抑止するための“軍隊”が用意されているのだ。
しかし、戦前の日本はこうした軍事力を持っていなかった。
戦前、日本だけが軍部の独走を許してしまった原因は実はここにある。

そして、現代もまた然りである。
日本は自衛隊に対抗できる軍事力を持っていないのだ。
自衛隊の暴走を抑止しているのは結局、米軍ではないか?
日本人はあまりにも暴力装置の扱い方に不慣れである。
これはとりもなおさず日本人が暴力というものの存在をありのままに直視できない性質に由来しているのではあるまいか?
戦前の体制はさんざん批判して反省し尽くしたはずなのに、肝心なところを見落としているのだ。

「いつか来た道」のシナリオはここにも用意されている。

96 :右や左の名無し様:04/09/23 22:19:16 ID:???
>>82
ウヨではなくサヨの間違いだと思うが。

97 :右や左の名無し様:04/09/23 23:15:48 ID:???
>>95
元々米国は強力な中央政府を作ることで超大国であろうとする勢力と、
緩やかな連合国家であろうとする勢力が憲法制定以来、対立の
構図を作っているという事を理解しないと、勘違い君になっちゃうよ。

98 :右や左の名無し様:04/09/24 11:26:47 ID:UF64e8aY
ハル・ノートをして最後通牒というのは間違い。
というのは本当だと思う。でも、最後通牒ではないが、最後通牒のように見える演出をされていたようなものだと思う。アメリカの確信犯という意味では最後通牒だ。
ハル・ノートで門戸開放をうたってはいるが、とうのアメリカがそれをやっていないんだからハル・ノートをたたき台として見なくてはならない何ていうのも妙な話。

だいたい、事後になれば先人の失敗をして何とでも言える。
自分の今の失態を後世の人間がああでもこうでもと言っているのを想像すれば、いかに破廉恥な行為かわかりそうなもの

99 :右や左の名無し様:04/09/24 11:49:00 ID:s05zusBE
    |┃三  ガラッ  三
    |┃三     ./"´     ´"γ  
    |┃      /         ./ ヽ    
    |┃     /ノノ ノノノノノノ人ヾ .!     
    |┃ ≡  彡ノノ .,,,,,  ・ ,,,,, .( 川  
    |┃      r |シ/__ヽ./__ヽ !!ゞ:      
    |┃      ! | "ヽ-.ノ| |ヽ-ノ ヽ!ノ 
    |┃      ヽ{ i ,(r.しn)ヽ ノ}ノ 
    |┃       ヾ ヽ/___U__ |Y// < 特攻隊員は自爆テロリストです。
    |┃        ヽ、ヽ´--ノ`iノ|     あれは国家によるテロルでした。
    |┃       _, 〉ヽ '.⌒'ノ/|   
    |┃     __,,ィ' ト `ニニ/:..ノ|ヽ、_ (↑昨日ホントに言ってた)


100 :右や左の名無し様:04/09/24 12:12:35 ID:???
>>99 間違った事言っていないように思うが。

101 :暇人:04/09/24 14:56:43 ID:???
筑紫か?ホントにアホだな。

102 :右や左の名無し様:04/09/24 16:16:50 ID:???
筑紫のアホは、死ななきゃ直らんな。
アホサヨの代表格が、堂々とテレビに出ていて、
大半の人は不思議に思わない。平和だね。


103 :右や左の名無し様:04/09/24 16:38:56 ID:???
うんちもりもりげんきくん

104 :右や左の名無し様:04/09/24 16:40:09 ID:???
あれですよ。

105 :右や左の名無し様:04/09/26 12:34:33 ID:WoIvVwWr
>>95
国民軍について言うと、この概念は基本的には市民軍とほとんど同義です。
たとえばフランスのレジスタンスも、徴兵制に基づく国民軍的、すなわち国民皆兵思想と表裏一体なんです。
国民軍はナショナリスティックな参加動機の強さをベースとします。
だから「外」に対しては、傭兵よりもずっとモラールが高く、圧倒的な強さを発揮します。
同時に「内」に対しても、国民の操縦に服しない政府、国民を屠るような政府を
自らが手にした武器で打ち倒す気概を持ちますので、レジスタンスのベースになります。
このあたりのリアリティーが日本では分からないかもしれない。
 現在の韓国には徴兵制があるがこれは民主化を遂げて以降の韓国が、ものすごいスピードで近代化を遂げる秘密だと思う。
徴兵制があると、自分が、あるいは自分の子どもが、戦地に送られる可能性があるので、
シビリアンコントロール(文民統制)のあり方をちゃんとチェックしよう、そのためにちゃんとした政治家を選ぼう、
という意欲が非常に強くなるために韓国の政治参加意欲の大きな原動力になっている。
 ところが、日本の歴史を見ると、残念ながら、参加民主主義と徴兵制が結びついて旺盛な意欲が生まれた時代は、
民権運動の短い時期を例外として、ありません。国民と国家を分離したうえで、
「国家のために死ぬのはいいが、国家なるものがまともかどうかを検証しようじゃないか」というふうになったことがない。
日本は植民地にならないための政策として国民国家にしているわけで。
「崇高なる魂に一体化するべく命懸けで国体にコミットする臣民を作り出す」という形で「国民化」がなされていて、
その結果としての国民国家化であるわけです。
いち早く市民社会化を遂げた「連合国」と出遅れたために田吾作を国家へと糾合しようとした「枢軸国」。
国民軍と言っても、前者では、国民共同体のために戦う集団ですが、後者では、国民に優先する国家のために戦う集団です。
だから、戦車で国民を踏みつぶしながら前進しながら、それでも「国のために戦っている」と思えるわけです。
国のために戦うことが、国民のために戦うこととは関係ないからです。

106 :右や左の名無し様:04/09/26 15:03:04 ID:NeIgdD7R
 【北京25日時事】満州事変の発端となった柳条湖事件73周年に当たる今月18日、キヤノンが日本国内を対象に新型デジタルカメラを発売したことに対し、中国国内でクレームが相次ぎ、北京の日系企業に困惑が広がっている。
 中国の日系企業は柳条湖事件のほか、8月の終戦記念日(抗日戦勝記念日)や7月の盧溝橋事件の発生日など「反日感情」が高まる日に中国国内で大規模なセールスなどを行うことを控えているが、「日本国内の動きにまで細心の注意が必要になった」との懸念が出ている

107 :右や左の名無し様:04/09/26 16:42:53 ID:???
>>105
いまだに意識云々の精神論ですか?
戦時中の精神論と変わらないね。戦後版精神主義だ。
本当に大切なのはシステムの問題なのだよ。
戦前の日本には国軍に対抗できる部隊がなかった、
だから軍部の独走を政府が止められなかった。
そして現代も自衛隊に対抗できる組織を持っていない。
問題はそこではないの?

108 :右や左の名無し様:04/09/26 23:49:15 ID:zLvuWb9C
>>107
自国の軍隊について、他の暴力機構を以ってしか統制できないような仕組みは
危うくて仕方がない。
まあ、徴兵制によって国民が戦争回避についてのみ積極的に考えるというのも
政治意識としてはゆがんでいると言えるが。

109 :右や左の名無し様:04/09/27 00:12:45 ID:???
>>107
個人的には、大臣の現役武官制を復活させたのが致命的だったと思う。
政府が人事と予算を掌握できれば、あれほど暴走することはなかっただろう。
満州事変を起こした石原、ノモンハン事件を起こした辻などをクビにすれば、他の連中も下手なことは出来ないかったはず。
現役武官であると、どうしても組織の利益を最優先するので、こういったことは出来ない。
今の役人連中が、国益よりも省益を優先するのを見ても、これは明らか。
その点、予備役からの抜擢なら、そういった利益とはすでに縁が切れているし、政府の意向に沿った人物を選べばいいだけ。

110 :右や左の名無し様:04/09/27 00:47:21 ID:upcOs3jC
>>107
日本は箱だけがあって、中心がなくなってしまっているんですね。
箱を国家だと考えますと、普通なら箱が中身の間尺に合うかどうかが問題になります。
つまり国家が国民のために機能しているかどうかを検討することが当たり前になります。
でも、日本では中身はどうでもよくて、箱がすべてなんです。
「崇高なる魂に一体化するべく命懸けで国体にコミットする臣民を作り出す」から
「国民のすべてが死んでも守られる国体の本義がある」という発想が生まれる。
国家が国民のためにまともに機能しているのであれば、国家の命令で戦場で死ぬことは、 間接的に国民
ために死ぬことになるが国家なるものがまともかどうかを検証しようじゃないか
というものがない。
明治初期の人たちはリアリストで「天皇機関説」では「国民のための天皇であり得ないなら討ってよし」が
公言する者こそわずかで常識としてあった。
昭和になると妄想的になっていき水戸学ルーツの純粋国体思想のごときの単なるネタが
ベタに信じられてしまうようになる。
日本には本来は現実主義的にならないと救われないはずなのに、
逆に精神主義的になる悪いクセがあります。

111 :閑人:04/09/27 22:02:50 ID:???
>>110
思い出せない。それは誰の引用でしたっけ?


112 :右や左の名無し様:04/09/28 20:40:39 ID:???
日本軍はシンガポールでも市民大量虐殺をやったらしいな。
シンガポールにはその記念碑があるが、その記念碑の建立には日本政府も資金援助したっていうじゃねえか
ということは、日本政府もその事実を認めているということだよな。
全くとんでもない極悪非道な軍隊だぜ、日本軍って

113 :右や左の名無し様:04/09/29 10:55:20 ID:???
アメリカが一方的にハルノートを提出したとでも思っているのか?
日中戦争そのものが米国との決裂をもたらしたのではない。
ソ連のスパイゾルゲに操られた政府・軍部は南方進出を検討していた。しかし、
米国との「帝国の存亡を賭する大戦」が予想されると認識され決定は先延ばしされていた。

ところが、陸軍が例によって暴走する
1940.9.23北部仏印進駐→9.26米国は屑鉄全面禁輸

これに対し政府は対米交渉を進めて平和解決を図る。
ところが一方で日独伊同盟、日ソ不可侵条約とロクでもない国々と
手を結び、この国際的非常識の報いに独ソ開戦が起こる。ここで
当然なすべきソ連侵攻の正論はスパイのゾルゲらの陰謀に阻まれ、
裏切ってドイツと手を結んだことにより、日米交渉は危機に瀕する。
そして、また暴走。

1941.7.28南部仏印進駐→8.1米国は石油など対日全面禁輸

この間、政府は命令に従わない陸軍を全く制御できなかった。
もちろん、統帥権独立の問題が大きいだろう。それら交渉の
機会が全て失われて突きつけられたのが

1941.11.26 ハルノート

だ。この二週間後には開戦、ハルノートはもう交渉なんてものじゃないぜ。
結局、当時の無能政府と暴走軍部が引き起こし、
虎視眈々と待ちかまえていた米国に潰されたわけだが。

置き去りにされた国民こそ被害者だ。
死んでいった国民の悲しみを思えば政府を弁護する余地はない。


114 :右や左の名無し様:04/09/29 22:51:53 ID:RDtv7Tb6
↑ハルノート原因論者はよく読んでおけ!

115 :右や左の名無し様:04/09/29 22:56:33 ID:+M/jFncj
日本ってどんな国?

・アジアを戦火に巻き込んで、罪のないアジア市民5000万人を殺した国
・中国で、強盗・強姦・虐殺・拷問など、あらゆる悪の限りを尽くした国
・あまりの残虐な民族性ゆえに、世界中から嫌われているかわいそうな国
・原爆を落とされまくって、悲惨な原爆奇形児がうろついてるキモい国
・現在は、イラクに出兵して、アメリカと一緒に虐殺行為をやっている怖い国
・経済的に没落しまくりで、アメリカと中国にすがって生きている国
・クジラを殺して食べているという野蛮きわまりないキモい食文化の国
・肉を生で食べる習慣を卒業できない原始的な人間が集まっている国
・政権交代が起こらないのに、民主主義と言い張っている馬鹿な国
・いまどき君主制で、みな国王に頭を下げている国
・相撲とかいう丸裸のデブ男同士のつかみ合いが国技になっている国
・10代の女が、こぞって街中で売春をやっているという廃れた国
・人権がまるで守られていない恐怖体制の国
・1500年間、中国の属国だったのに、歴史を捏造している哀れな国

116 :右や左の名無し様:04/09/29 23:13:57 ID:fCKZcafz
↑チョソの分際で意見するな!失せろ!!!

117 :右や左の名無し様:04/09/29 23:15:58 ID:fCKZcafz
誤りを重ねた戦前政府に対する日本人自身の見方の問題だ。
在日ウヨはハン板に帰ってキモイ妄想を並べてやがれ!

118 :右や左の名無し様:04/09/30 00:27:51 ID:gLNtXhc0
>>116
要するに、サヨが言ってるのは>>115みたいな馬鹿な思想だって事だろ?
>>115はただ皮肉ってるだけだと思われ・・・

>>117
お前は支那と南北チョンにでも行って謝罪でもしてろ

119 :右や左の名無し様:04/09/30 00:34:29 ID:???
>>116>>117はIDが同じだよ。

120 :118:04/09/30 02:36:12 ID:gLNtXhc0
>>119
あら、ホントだw
>>116はウヨ思想で>>117はサヨ思想?
意味分からん・・・

121 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/09/30 02:54:27 ID:Rz3oMnHa
>>115
>・アジアを戦火に巻き込んで、罪のないアジア市民5000万人を殺した国
東亜から米英の桎梏を追放しようとした「義」の国。

>・中国で、強盗・強姦・虐殺・拷問など、あらゆる悪の限りを尽くした国
大戦の大義を否定できないが故のシナ政府のプロパガンダ。

>・あまりの残虐な民族性ゆえに、世界中から嫌われているかわいそうな国
大戦の大義を否定できないが故の連合国のプロパガンダ。

>・原爆を落とされまくって、悲惨な原爆奇形児がうろついてるキモい国
仮にそうだとしてもシナ・チョソなどよりはるかに優秀なDNA

>・現在は、イラクに出兵して、アメリカと一緒に虐殺行為をやっている怖い国
自衛隊は一発の砲撃もしていまへん。

>・経済的に没落しまくりで、アメリカと中国にすがって生きている国
いくら落ちても、落ちてもその下にはシナが逃げ水のように・・・。それとアメ
は債務国。米国債など売り払ってやろうかいな?

122 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :04/09/30 02:55:35 ID:Rz3oMnHa
>・クジラを殺して食べているという野蛮きわまりないキモい食文化の国
クジラは鯨とあるように魚と同類。犬や両脚羊食うのと一緒にせんといてくれや?

>・肉を生で食べる習慣を卒業できない原始的な人間が集まっている国
焼いてしか食えないのは、流通機構が不備な証左。

>・政権交代が起こらないのに、民主主義と言い張っている馬鹿な国
政権交代がいくらでも起きてベキなのに起きないのとの論理のすり替え。おまい
の知性の低さの証左。

>・いまどき君主制で、みな国王に頭を下げている国
他に英国、ベルギー、スエーデンなど先進国ばかりですけど?

>・相撲とかいう丸裸のデブ男同士のつかみ合いが国技になっている国
そりは伝統というものでしが?

>・10代の女が、こぞって街中で売春をやっているという廃れた国
そりはあんたの言うとうりちょとはずかしいが、東亜でそうでない国はない。

>・人権がまるで守られていない恐怖体制の国
そりはシナ、チョソ、その他。

>・1500年間、中国の属国だったのに、歴史を捏造している哀れな国
数字の根拠不明。古代と御朱印船貿易などわずかな期間。

123 :右や左の名無し様:04/09/30 08:41:04 ID:Ru+rm3+n
日中戦争そのものが米国との決裂をもたらしたのではない。
ソ連のスパイゾルゲに操られた政府・軍部は南方進出を検討していた。しかし、
米国との「帝国の存亡を賭する大戦」が予想されると認識され決定は先延ばしされていた。

ところが、陸軍が例によって暴走する
1940.9.23北部仏印進駐→9.26米国は屑鉄全面禁輸

これに対し政府は対米交渉を進めて平和解決を図る。
ところが一方で日独伊同盟、日ソ不可侵条約とロクでもない国々と
手を結び、この国際的非常識の報いに独ソ開戦が起こる。ここで
当然なすべきソ連侵攻の正論はスパイのゾルゲらの陰謀に阻まれ、
裏切ってドイツと手を結んだことにより、日米交渉は危機に瀕する。
そして、また暴走。

1941.7.28南部仏印進駐→8.1米国は石油など対日全面禁輸

この間、政府は命令に従わない陸軍を全く制御できなかった。
もちろん、統帥権独立の問題が大きいだろう。それら交渉の
機会が全て失われて突きつけられたのが

1941.11.26 ハルノート

だ。この二週間後には開戦、ハルノートはもう交渉なんてものじゃないぜ。
結局、当時の無能政府と暴走軍部が引き起こし、
虎視眈々と待ちかまえていた米国に潰されたわけだが。

置き去りにされた国民こそ被害者だ。
死んでいった国民の悲しみを思えば政府を弁護する余地はない。


124 :右や左の名無し様:04/09/30 08:44:32 ID:???
>>118
あんたら在日ウヨの本音が115、建前が118。当然だろ。

125 :右や左の名無し様:04/09/30 09:28:33 ID:qhKNidhc
>>86
どうして東条みたいなのを先人だとか呼べるんだ、気が知れん。


126 :右や左の名無し様:04/09/30 10:30:46 ID:???
>>125
東條を批判する前に自分ならどうしたかぐらいの意見を聞きたい。

1941.10.18に首相になり、11.20に提出した妥協案に対する答えが11.26のハル・ノート。
あきらかに交渉する意思の無い米に対してこれ以上交渉しろと言うのですか?
大陸における利権を放棄し、ハル・ノートを受け入れて戦争を回避したとしても、石油はどうするんですか?
あの状況では米の戦争準備が整う前に開戦しか無いと思う。
(宣戦布告が遅れたのは重大なミスだが・・・)

真の戦犯は近衛だろ?

127 :右や左の名無し様:04/10/01 00:55:19 ID:FbSAuMWI
高松宮海軍大佐が石原莞爾を召されて意見を求められた。石原は、
「戦争の勝敗は初めからわかっております。わが方の作戦はすべてに攻勢の終末点を越え
ています。戦力は根拠地と戦場との距離の二乗に反比例するのが原則です。日本本土では
百の力が、ガ島まで行けば十から五の力しかない、ところが敵は根拠地に近いから我が軍
より力の大きいのは当然です。持久戦争においては、攻勢の終末点をどこにするかが、
最初から確立されていなければなりません。しかるに支那事変も今次戦争も、全くこれを
考えていない。

『東条のやっている戦争は何をやっているのかデタラメで、』

まるで決戦戦争のやり方であります。攻勢の終末線を越えれば叩かれるのは当然であり、
負けることが判っている所へ兵を送る馬鹿はありません。」
と奉答した。更に石原は、東郷平八郎提督が日露戦争の日本海海戦においてその根拠地を
朝鮮海峡に置き、ロシアのバルチック艦隊を迎撃して海戦史上未曾有の大戦果を挙げた
事例を引用して、
「近時の戦争では制空権のないところに制海権はあり得ません。制空権既に敵の手中に
陥った以上は、即刻ガダルカナル島を撤退すべきです。陸軍も又同様であります。ソロモン、
ビスマルク、ニューギニアの諸島を早急に放棄することです。そして我が補給線確保上、
攻勢の終末線を西はビルマ国境から、シンガポール、スマトラなどの戦略資源地帯を中心
とし、この防衛線を堅固に構築して、中部は比島の線に退却せしめ、他方本土周辺の
サイパン、テニアン、グアムの南洋諸島一切を難攻不落の要塞化することであります。」
わが国はドイツ軍の東進攻勢に呼応して、ソ連、或いはインド、中東、北アフリカ方面の
イギリス軍を挟撃し日独打通を図る戦略だけでなく日本本土防衛の要衝サイパンの確保を
遂行する為の貴重な戦力と時間を喪失してしまい、サイパン陥落の責任を負って総理大臣
を辞職した東条大将をして、
「海軍の実力に関する判断を誤れり、而かも海軍に引きづられた。攻勢終末を誤れり、
印度洋に方向を採るべきであった。」
ttp://touarenmeilv.ld.infoseek.co.jp/from67to69ww2.htm


128 :山本海軍大臣:04/10/01 04:16:55 ID:???
どうやっても負けるのが常識だよ!
それがわからないから、手段にこだわるんだよ
総力戦といいながら 理解できず 個人の立身を国家より↑に置いた軍人
が国を滅ぼしたんだ。 

129 :右や左の名無し様:04/10/01 05:43:27 ID:???
日露は、開戦決まったのに「ぜってー勝てるわけねーじゃん!!」
って意見がバリバリ多くて、でも政府の方で決めちゃったことだからもうなんもできず
開戦直後すぐ伊藤とか仲介を模索してたっていうじゃん。
あれもボロ負けでもおかしくない?
桂山県あたりが戦犯になりそーじゃね?

130 :右や左の名無し様:04/10/01 06:23:21 ID:???
戦争に負ける事は、恥ではない。
つらい事だが、堂々と戦って負けたのは立派な事。
当時の世界には、戦わずして奴隷になった国がどれほどあった事か
人間には命より大切なものがある。

敗戦を、一部軍人のせいにして、
他人のフリをしている破廉恥なサヨの神経が理解できない。
それとも、
「自分なら敗戦より奴隷を選んだ。自分は利口者」
と、でも思っているのだろうか?

131 :右や左の名無し様:04/10/01 20:37:11 ID:???
でも戦前よりも戦後の方が遥かに自由で民主的な国になったのだから、大人しく「奴隷」になっていた方が正解だったのかも。

132 :右や左の名無し様:04/10/01 21:24:10 ID:FbSAuMWI
>>130
>つらい事だが、堂々と戦って負けたのは立派な事。
>>127を嫁。
堂々と戦ったのではなく只の暴走だ。
命をかけて守った物など無い。
命をかけて捨てた物ならある。

133 :右や左の名無し様:04/10/01 22:07:39 ID:???
みなさん、>>131はみなさんの奴隷になりたいそうです。


134 :右や左の名無し様:04/10/01 22:14:37 ID:???
だって戦前は「天皇を中心とした神の国」の奴隷だったもんな、国民は。あ、臣民っていうんだったっけ?
それよりは、民主主義の「奴隷」になった方がまだましだろ。

135 :右や左の名無し様:04/10/01 23:17:51 ID:4wC6v+ek
アメリカによって齎されるのは奴隷化なんかじゃなくてファシストからの解放だろ?
自由と民主主義の守護者、地球の保安官は奴隷化なんてしないよ。

本当の愛国者ならむしろアメリカに協力してファシスト政府と戦うべきだ。



136 :右や左の名無し様:04/10/02 00:11:10 ID:???
アメリカには服従
ロシアには宣戦布告

でよろしいでしょうか?

137 :自分なら敗戦より奴隷を選んだ:04/10/02 00:14:11 ID:???
>>130 戦争に負ける事は、恥ではない。

馬鹿なことを逝っちゃいかん 軍人、指導者の最高責任は勝つことであり
まければ最大の恥だ。

勝ちようのない戦いにかりだされた兵士は、たとえ捕虜になっても
祖国は誇りにおもうが、高級軍人はちがう。

138 :右や左の名無し様:04/10/02 01:39:44 ID:8A5dS2q2
そもそも戦争責任とか言う概念そのものが、プロパガンダ用語だということに気付いているのか?このスレのやつらは。
頭わるいよな・・・

139 :右や左の名無し様:04/10/02 04:00:09 ID:???
まあ、俺は知識と根拠をもって書いてくれればなんでもいいが。
考え方がわかれるのはいいが、予想やカンで、日本良かった! 日本氏ね!とか
書いてるやつは何のつもりか意味わからんからな。

140 :右や左の名無し様:04/10/02 10:45:11 ID:???
>>136
どうしてロシアに宣戦布告する必要があるんだ?
それにアメリカとロシアは今は仲が悪くないし。

141 :右や左の名無し様:04/10/02 10:52:12 ID:???
>>137
ヤクザがいいがかりをつけてきました。
ケンカしました。
負けました。

最初から言いなりになってろって事かい?
60年前の世界に警察はおらんのだぞ。

142 :右や左の名無し様:04/10/02 11:01:25 ID:???
>>134
民主主義の奴隷?
笑わせるなよ。
戦後の体制は、戦った結果の産物だよ。

戦前の民主主義国(米英仏)の植民地の有様を見ろよ。
日本人が命を懸けて戦ったのは、当然だろ。
まあ、乞食になりたいヤツに何言っても無駄だろうけどさ。

米軍基地 行って「ぎぶみぃちょこれーと」言ってろよ。

143 :右や左の名無し様:04/10/02 11:03:27 ID:???

>>1も読めない馬鹿。
ルーズベルトがアジア権益を狙っていたのは事実だが、
諸外国のように外交で妥協と共存を計るかわりに、ロクな援軍もない
勝ち目のない戦争に打って出て、ツケを国民の命で払わせたのが東條たち。

144 :右や左の名無し様:04/10/02 11:04:35 ID:???
おっと>>1でなく、>>113な。

145 :右や左の名無し様:04/10/02 11:29:18 ID:???
>>144
アホ。みんながオマエのアホレス読んでると思ってんのかよ。

外交的な失敗を指摘するのは構わん。
軍をコントロール出来ていなかった失敗を指摘するのも構わん。
そんな事で文句言うつもりはない。

いいか。日本に限らず、外交も内政も、
いつでも最善を尽くせるとは限らないんだよ。
世界史の流れの中で考えて見ろって事だ。

軍人の悪口言ってれば褒めてもらえると思ってるようじゃ
全共闘世代のサヨと変わらんぞ。

146 :右や左の名無し様:04/10/02 12:09:36 ID:???
>>140
帝政ロシアのことだと思われ。

147 :右や左の名無し様:04/10/02 13:12:19 ID:1eYN7L98
>1
当然だよな
東京裁判でアメリカが後出しでだしてきたのが
戦争にたいする罪
それまでは、戦争責任なんてものはなかった

白人は自分達の都合のいいようにルールを変えてくる

148 :右や左の名無し様:04/10/02 13:27:06 ID:???
イラク戦争。
米兵捕虜の映像をどうたらと言ってた米国。
フセインの映像は平気で公開。
こんな事で驚いちゃイカンよ。
昔から、軍事強国は好きに価値観を創作して良い事になっとるのよ。
世界は。

サヨの諸君! 戦勝国の主張に踊らされてたらバカよ。

149 :右や左の名無し様:04/10/02 13:48:29 ID:???
刑法39条の話ですか?

150 :右や左の名無し様:04/10/02 17:31:45 ID:xyfL6XEt
>>136
同意
ロシア死ね!とっとと北方領土返せ!
今年で日露百年が経ったが、今の日本にはロシアの軍事力など全く通用しない。

151 :右や左の名無し様:04/10/02 18:27:58 ID:???
ロシアのハルノート飲んでたら、今ごろ共産主義のつめあとの下
極貧社会だろうな。
そんな社会を>>131は望んでおります。

152 :右や左の名無し様:04/10/02 21:13:38 ID:???
>>151 妄想乙

153 :右や左の名無し様:04/10/03 01:21:10 ID:???
>>152 妄言乙

154 :右や左の名無し様:04/10/03 18:55:46 ID:???
>>131
つーか
戦後になって自由な社会になったのは
アメリカもイギリスもフランスも同じわけだが…

155 :右や左の名無し様:04/10/03 20:12:08 ID:???
┌──────────────────────―─┐
│                              |
│          運命をねじ伏せてやる         |
│                ∧_∧    俺自身が神だ  .|
|                (`・ω・´)          ..|
|               と  ∩ つ          . |
|               ( ヽω/              |
|               (_)_)            |
|                                   |
│             Now Shaki-ing. ...       .|
│                              |
│                             |
│         しばらく自分を解き放ってお待ち下さい    .|
│                             |
└───────────────────────―┘

156 :右や左の名無し様:04/10/03 21:33:35 ID:???
現アメリカ大統領  ジョージ・ブッシュ

「わたしは日本の小泉首相と協力し合っている。(イラクに関する)われわれの政策に懐疑的な人たちは、
私やあなたの父親、祖父が日本軍と戦ったことを思いだしてほしい。戦争が終わったとき、多くの米国人は、
自由を通じて、かつての敵国を同盟国に変化させ、民主主義を促進させることができると信じた。
結果的に、自由の力によって、私が小泉首相と平和について話し合うことが可能になった」
http://www.sankei.co.jp/news/040927/morning/27int002.htm

157 :右や左の名無し様:04/10/03 22:31:44 ID:???
>>154
そうかも知れんが、自由と民主主義という点で戦前と戦後で最も大きく変わったのは、やはり日本だろ。

158 :右や左の名無し様:04/10/04 16:02:31 ID:kWVJYjg4
石井英夫(『産経新聞』コラム「産経抄」筆者)

【戦前】
「イラクが大量破壊兵器を隠していることは確かである」(平成14年9月26日付)
「叱る文化の衰退は日本ばかりではなく世界的現象ではないか。
大量破壊兵器を隠し持ったり、他国民を拉致したりする無法国家
に対しても、話し合いばかりが尊重され、ガツンと厳しくたしなめる
ことができない。『叱り』の復権の要望は地球的問題なのである」
(平成15年3月19日付)
「大量破壊兵器の廃棄をめざす戦争であることに変わりはない。
その実態から目をそらさず、真正面から見すえなければならない
だろう」(平成15年3月21日付)
↓スリカエ
【戦後】
「先制攻撃をしたのはアメリカだが、その単独攻撃主義の戦争責任
だけが責められるのか。サダム・フセイン政権のクルド人虐殺やテロ
支援や独裁や専制に問題はないのか。戦争責任をいうなら戦争を
起こさせた側にもあるというべきだろう」
(平成15年12月8日付、以上いずれも『産経新聞』)

解説*
誰か、この人を叱ってくれ。

159 :右や左の名無し様:04/10/05 01:37:45 ID:???
157>>
あなたにお聞きします。
戦前の言論の自由はどんなでしたか? また、戦前は手紙の検閲などはあったんですか?

160 :右や左の名無し様:04/10/05 19:35:10 ID:0aoHpdSC
戦前と戦中じゃ全然違うだろ。
大正時代は陪審制があったり今よりリベラルな面さえあった。

161 :右や左の名無し様:04/10/05 21:13:16 ID:AQkqKwhK
つーか戦前から普通に民主主義だったんだが。戦後はそれに婦人参政権などオマケを付けただけ

162 :右や左の名無し様:04/10/05 21:16:10 ID:???
戦中は違うだろ。

163 :右や左の名無し様:04/10/05 21:27:58 ID:AQkqKwhK
戦時下ってアメリカだって政府(大統領)に大権を与えるだろ

164 :右や左の名無し様:04/10/05 21:29:28 ID:???
いや、戦時における非常体制とかの範疇外だろ。


165 :右や左の名無し様:04/10/05 21:39:17 ID:AQkqKwhK
戦時の非常体制に規範なんかあるんかいな。あったとしても時代によって変わるだろ

166 :右や左の名無し様:04/10/06 20:35:59 ID:???
国際法上は戦争責任を日本に課せられたのは、明らかに事後法

167 :右や左の名無し様:04/10/06 21:44:28 ID:QAHK65BA
東京裁判が違法なら現代の国際法廷も違法?
ミロシェヴィッチ裁判とか。

168 :右や左の名無し様:04/10/07 07:56:07 ID:???
>>160
陪審制とリベラルは無関係

169 :右や左の名無し様:04/10/08 12:27:37 ID:???
チャーチルの挙国一致体制って、軍国主義そのもの。

170 :右や左の名無し様:04/10/08 18:54:03 ID:???
戦中の日本は特殊なファジズム体制であるという戦後の学問的蓄積を全否定する気なのかな。

171 :右や左の名無し様:04/10/08 21:54:59 ID:???
ファジーに対処していたから訳が分からなくなり
負けてしまったのだな。
面白い見方だが、そんなもの学問ではなく
蓄積しておいても何の役にも立たんわ。


172 :右や左の名無し様:04/10/09 00:34:04 ID:???
日本はファシズムじゃなくて米・英と同じ軍国主義だと考える方が自然。
いいかげん「戦争に負けたおかげで自由になった」とか言うのは馬鹿らしくなってきた。
戦争に勝っていたら漏れたちは未だに国民服を着て大本営発表のラジオ放送しか聞けないことになっていたのか?
たぶん戦争に勝っていたとしても、カラーテレビは普及しただろうし、
ビートたけしも村上春樹も加古隆も登場していただろう。
もーむ酢が流行る運命も変わらないし、ネットで2chのAAが氾濫する事実も変えられなかったに違いない。

173 :右や左の名無し様:04/10/09 02:42:00 ID:???
米・英は軍国主義ではなくて民主主義の国。
日本がファシズムだったのは明らか。
そりゃ戦争に勝ってても風俗は現代風になっていただろうが、自由保障は限定されたものに留まっているだろう。

174 :右や左の名無し様:04/10/09 03:19:39 ID:???
日本は軍隊専制主義。

175 :反サヨ:04/11/04 05:16:40 ID:xPhLuh9z
日本人ならば、日本の都合のいい歴史を主張するのは当然だ。日本国益のためだ。
「日本国益のため」という大前提をもとに政治を考えろよ。
政治はお前らクソサヨの自己満足のためにやるもんじゃねーよ。

176 :右や左の名無し様:04/11/04 16:24:49 ID:cdnqr8bY
俺の利益のために君は書き込まないで下さい

177 :右や左の名無し様:04/11/05 00:37:53 ID:6v4kBZpG
>>175
ですね。
実際反日やればさよの利益になるわけで・・・
結局サヨも自分の利益、自己満足しか望んでないんだろうね。
しかも反日どものやってる事のほうがむしろ捏造だしなw
俺は本当に日本に生まれてきて良かったと思うよ・・・・・

178 :右や左の名無し様:04/11/05 00:58:25 ID:???
そりゃまあ、イラクよりは日本に生まれてよかったとは思うがな。

179 :右や左の名無し様:04/11/05 02:03:55 ID:???
負けたことには責任を取って保水。


180 :右や左の名無し様 :04/11/05 03:34:53 ID:???
東條は、開戦の責任者だが、敗戦は天皇の責任だ。


181 :右や左の名無し様:04/11/05 04:24:13 ID:6v4kBZpG
てゆーか東条英機はヒトラー程のカリスマ性は無かったと思うんだが・・・
なのになんで日本は第二次世界大戦に参加したんですか?

182 :右や左の名無し様:04/11/05 04:38:25 ID:???
オトコは一度は清水の舞台から飛び降りるものだよ

183 :右や左の名無し様:04/11/05 12:29:08 ID:???
>181
ハルノートでぐぐれ


184 :右や左の名無し様:04/11/05 15:43:08 ID:???
清水の舞台から飛び降りるにはゴムヒモが必要だぁ。

185 :右や左の名無し様:04/11/07 22:44:57 ID:???
史跡や文化財でそのような遊びはしてはいけません
バンジージャンプをする為に作られた場所でどうぞ

186 :181:04/11/08 18:28:42 ID:J09xUmT+
>>183
いやー、ありがとう。なかなかいい勉強になったよ。
つーかこんなことを知らなかったとは恥ずいよな・・・w
で、もう一つきになったんだが、
これでなんでサヨは 日本が過ちを犯した とか言ってんのかね?
意味分からん。まさか 負けんだったら最初っからやめた方が良かった とか? 結果論かよ!w
野球の評論家でも分かるように、結果論しか言えないやつは馬鹿にされるw
サヨは良い例なのかな?・・・w





あ、それ以下かw だって 結果論 っつーより、 “ ご都合主義 ” だもんなwwwww

187 :◆r0FmiN9ADk :04/11/09 18:12:47 ID:???
1、戦争の忌避(悪しき穢れの思想)・・・平安貴族と同じ心情(軍備を廃し平安を祈れば
  平安はかなう・・・検非違使あたりで調べればわかるが・・・。)
2、「至誠は天に通じる」の逆バージョン。正しい目的をもって一生懸命がんばれば何事も
  成し得ると言う逆で、負けたからには「悪しき目的と手段があったに違いない」と考え
  てしまっている。
3、政府を、とにかく批判したいだけ。
4、米国の占領プロパガンダの影響

等などが入り混じっているんじゃないの?
  

188 :右や左の名無し様:04/11/09 21:33:43 ID:???
デスノートは面白い

189 :右や左の名無し様:04/11/09 21:43:15 ID:???
TBSラジオ アクセス
2004年11月09日(火)のテーマ

日朝実務者協議の焦点は10人の安否確認。
「納得できる成果が得られなければ、
日本側から交渉を打ち切る」という考え方に
賛成?反対?


A 賛成

B 反対

C −

投稿なさる方は・・・
http://www.tbs.co.jp/ac/bt/index.htm

190 :右や左の名無し様:04/11/14 14:14:32 ID:???
でもまあ、ハルノートによる米側の要求は概ね妥当だよな。日本によるアジア侵略をやめさせるということだから。

191 :右や左の名無し様:04/11/14 16:24:08 ID:???
>190
だって自分たちがアジアを支配したくて仕方なかったんだからな。


192 :右や左の名無し様:04/11/19 20:29:22 ID:???
欧米列強はアジアを食いつぶしまくった
日本が十字架にかからなかったら
中南米の先住民のように文明を奪われたり
アフリカのように戦争と飢餓の泥沼になっていただろう
アジア諸国は日本にもっと感謝すべきなのに

193 :右や左の名無し様:04/11/19 20:57:30 ID:zFikKTKu
そもそも、欧米が「侵略者達を断罪する!」て失笑ものだよ。侵略戦争の概念を生み出した国々がさ。
あの当時の国家でまともなのはインドとタイくらいかと(思想として

194 :右や左の名無し様:04/11/19 21:06:16 ID:1D2CEPUJ
自由討論は議会が機能しうる為の必須条件であり「議会内の言論の自由」を大日本大日本帝国憲法第五十二条で謳っている。
議会内の賛成の多数は自由な討議によって獲得する。
これが無ければ政治家は只の木偶となり国会は機能を停止し国民の信頼を失い立憲政治は機能しない。
戦前の日本の政府は軍部大臣現役制が癌になっていたため論理的に機能しなくなってしまう危険性を孕んでいた。
軍部大臣が辞職すれば内閣は解散してしまう(天皇の大権すら阻害できる)ので軍部が政治をコントロールする事が出来るからだ。
山本内閣は勇断によって軍部大臣現役制の現役規定を削除して陸海軍大臣の補人資格を
予・後備役の陸海軍大中将にまで拡大した。
軍部大臣が現役制で無く予・後備役制まで広がれば予・後備役の就任は軍部の文官大臣制へと繋がる。
現役こそが軍人であり予・後備役に編入した途端に軍人では無くなる。
軍部大臣が現役軍人で無い場合、軍に対して大臣が共同歩調をとってくれるとは限らない。
そう言う状況を嫌悪して予・後備役の軍部大臣が就任する事が無いように自制して軍部は
政治に余計な口出しをしないようにしたが広田内閣は迂闊にも軍部大臣現役制を復活させてしまった。
支那事変の様に出先の軍隊が暴走しても内角に軍隊の指揮権は無いからどうする事も出来ない。
しかし、言う事を聞かない指揮官は片っ端からクビにすれば良い。
軍部は政治に口を挟めないから勝手に戦争を始める部隊はいなくなる。
高級将校は官僚だから役人根性コチコチなんで大臣を暗殺してまで政策を阻止しようなんて思わない。
さらにいくら政党が腐敗して民衆の信頼を失い民意が軍部に傾いてもその対象は青年将校であり
軍閥や高級将校は政党同様腐敗し君側の奸として暗殺の的になっていた。
政府は不拡大方針を堅持したが軍隊が勝手に動いてしまうので戦争は拡大するばかり。
外国から見れば不拡大方針の言明で外国を安心させておいて結局戦果をあげて既成事実を作ってしまうとは
なんて狡い国策だと言う事になって日本の信頼は地に落ちる。
外交の基本は相手国に付け入る隙を与えない事。
これではダメダメ。

195 :右や左の名無し様:04/11/19 23:08:50 ID:???
>>192-193
というかさ、西欧もかつてはフン族やモンゴル帝国・オスマン帝国などに散々侵略され略奪を受けたんだよ。
15世紀以降の西欧による世界征服は、それに対するリベンジという面もあるのでは?
ま、西欧が最初に侵略を始めたというわけではないということだ。

196 :右や左の名無し様:04/11/19 23:18:24 ID:LGVVPDEd
自分達に、都合のいいようにルールを変えてくる
ユダヤ系の白人連中は信用できんな

197 :d〇メ〇b 大川襲名:04/11/20 11:33:13 ID:zl2k2+bb
⇒愚民化政策の輝かしい成果だな。所詮ご主人様には逆らえんということか…

198 :d〇メ〇b 大川襲名:04/11/20 11:33:36 ID:zl2k2+bb
⇒愚民化政策の輝かしい成果だな。所詮ご主人様には逆らえんということか…

199 :右や左の名無し様:04/11/20 11:51:02 ID:???
>>1がか?

200 :右や左の名無し様:04/11/20 22:52:42 ID:???
      (⊆⊇ヽ 三三==−−  
      ρミ゚Д゚,,L) 三三==−−冬を先取りしつつ200ゲット
    口⊇⊂  ミ  三三==−−
   /"/|ミ  ミ┐三三==−− 
   ///UU'//┐⌒;;));;:;))i、))三三==−− 
 .ー┴ ⊂◎◎◎⊃ ⌒;;));;:;))i、))三三==−−

201 :右や左の名無し様:04/11/22 14:09:50 ID:???
>>196
それがルールというものなのだ。

202 :右や左の名無し様:04/11/23 19:21:30 ID:???
1>>
日本が主権国家として存在していた以上、全くないわけはない。
でも日本の責任が著しく大きいとも思えない......

203 :右や左の名無し様:04/11/23 19:47:30 ID:???
すでに当時、アジアは欧米列強に蝕まれまくりだった。
アメリカ大陸やアフリカ大陸の先住民が、欧米人によって、
どんな目に逢わされてきたかは歴史に詳しくない者でも一目瞭然。
日本が富国強兵をしなければならなかったのは当然だ。
ほかのアジア諸国も富国強兵をしなければならなかったが、
目の開いた人が出てきても保守的な勢力によってつぶされていた。
それじゃ、日本が進出していかなければ仕方がなかっただろう。
周辺国がすべて欧米の白人に支配されることなどを待ってるわけはないだろう。
アメリカ大陸のように先住民が文明や文化や言語を失うまで待っているほうがよかったのか?
本当はアジアの盟主など支那がやればよかったのだった。
だが支那が欧米に蝕まれて成す術がなかった。
蒋介石なども、
どっかの演説で「中国がソヴィエトに早く加盟できるように」などと言っていた、
そんな時代に手をこまねいてなどいられまい。

204 :d〇メ〇b 大川襲名:04/11/23 23:19:55 ID:???
…かつては東亞の国々をあれほど豊かにした支那文化は、
巧みに支那の統一を破る術を心得ているヨーロッパ帝国主義諸国、
なかんずくイギリスの侵入と共に、内的にも外的にも弱められて、
ついに偉大なる過去の、単なる影と成り下がらんとしております。
のみならず、イギリスの巧妙なる搾取と相ならんで、
今やボルシェヴィズムの暗い力が新たに支那の舞台に現れ、衰えたる支那をその
勢力の下に置き始めたので、支那の文化は破壊崩壊に対して、
益々無抵抗に曝されるに至ったのであります。
日本は自国の文化と、支那において脅かされつつある東洋文化を救うために、
あらゆる努力を続けて戦い来たれるに拘らず、
支那は起って我等と共に東洋を譲り、アジアを滅ぼす勢力と戦わんとはせず、
かえって刃を我等に向け来ったのであります。
しこうして、東洋の敵たる米英と手を握り、
今尚東洋を救いつつある日本と戦い続けんとするのであります。


205 :右や左の名無し様:04/11/24 17:51:50 ID:???
       @ノハ@
       @ノハ@
       @ノハ@
       @ノハ@
       @ノハ@
       @ノハ@
       @ノハ@
       @ノハ@
       @ノハ@
       @ノハ@
      ☆))
ヽヽヽ∩☆)) パパパパパーン
d〇メ〇b彡☆ ⌒ヽ      三 @ノハ@ 三 @ノハ@ 三 @ノハ@ 三 @ノハ@ 三 @ノハ@ 三 @ノハ@
   ⊂彡☆( ‘д‘)
    ☆)) ( ∪ ∪
       と__)__)

ttp://www2.edu.ipa.go.jp/gz/p-rek1/p-sho7/p-s50/p-288.mpg

206 :右や左の名無し様:04/11/25 17:32:54 ID:kQLsbsFR
>>1
戦争のあいだの耐乏生活するぐらいなら、
初めからしなければ、人を殺したり、殺されたりしなずに済んだ。
あれだけの耐乏生活ができたんだから、いくら正当化しても無駄。
それに戦争というのは、そんな単純なものではない。

207 :右や左の名無し様:04/11/25 17:56:19 ID:???
>>206
お前みたいな馬鹿はとっとと死ね
やらなきゃやられるだけで終りだ
殺さなくても殺されたり死んでたさ
戦争と言うものは、そんな単純なものではない。

208 :右や左の名無し様:04/11/25 18:02:09 ID:stbQaiV3
中国は被害妄想を持った国民ばかりの滅茶苦茶な国だ
1978に角栄が友好を結んだ時点で戦争責任はもうほぼ無いだろう
こんな国と友好を結ぶ事自体「家来になります」とか言っているのとほぼ同じだ
小泉は国民の税金を増やし、中国にODAを貢ぐ売国奴



209 :右や左の名無し様:04/11/25 22:19:46 ID:BlqNbbar
そうだな。
靖国参拝は大いに賛成だが、
やったならやったで、その後の中国を黙らせる事ぐらいしろって感じだな。

210 :地獄の質問者:04/11/25 22:22:41 ID:NGBnK3If
右翼・保守・極右・愛国者・軍国主義者・民族主義者・武士気取り・言論チンピラ・ネットチンピラたちに質問します。
軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。



211 :右や左の名無し様:04/11/25 22:34:36 ID:???
日本ってどんな国?

・アジアを戦火に巻き込んで、罪のないアジア市民5000万人を殺した国
・中国で、強盗・強姦・虐殺・拷問など、あらゆる悪の限りを尽くした国
・あまりの残虐な民族性ゆえに、世界中から嫌われているかわいそうな国
・原爆を落とされまくって、悲惨な原爆奇形児がうろついてるキモい国
・現在は、イラクに出兵して、アメリカと一緒に虐殺行為をやっている怖い国
・経済的に没落しまくりで、アメリカと中国にすがって生きている国
・クジラを殺して食べているという野蛮きわまりないキモい食文化の国
・肉を生で食べる習慣を卒業できない原始的な人間が集まっている国
・政権交代が起こらないのに、民主主義と言い張っている馬鹿な国
・いまどき君主制で、みな国王に頭を下げている国
・相撲とかいう丸裸のデブ男同士のつかみ合いが国技になっている国
・10代の女が、こぞって街中で売春をやっているという廃れた国
・人権がまるで守られていない恐怖体制の国
・1500年間、中国の属国だったのに、歴史を捏造している哀れな国

212 :右や左の名無し様:04/11/25 23:20:09 ID:BlqNbbar
>>210
お前そのネタどっかで使ってたよな。
確かこの板の「日本人をなめるな」って言うスレの>71だったよな。
>>http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1099222893/71
このスレでお前散々叩かれてたけど、結局ここに逃げて来たわけか?
ちゃんと質問に答えろよな まぁどーせまた逃げるんだろうけど・・・
キモいからとっとと消えろ

213 :右や左の名無し様:04/11/26 00:09:05 ID:OEdg0San
韓国ってどんな国?

・アメリカに媚びるためにベトナムに行って大量虐殺した国
・他人の良い物をすぐに欲しがるガキんちょな国
・あまりのご都合主義ゆえに、アジアだけでなく世界中で嫌われている国
・いじめられればいじめられるほどそいつに服従する国
・現在は反日やりながらも日本に頼りっぱなしで何も出来ない国
・国家予算の全てが日本から貰ったカネでやりくりしている国
・できもしないのにW杯ホスト国になって、結局日本に全額負担してもらってまだ1円も返してない国
・日本に併合してもらった時代が一番繁栄していた国
・人質として王族を日本に渡しておきながら、今更になって日本の皇族の起源は朝鮮人だとデタラメ言う国
・日本の全てをパクって劣化させて起源を偽り、世界中からツッコミ入れられる国
・芸能人でもないのに10人に一人が(ヤブ医者で)整形手術している国
・強姦や嘗糞など、世界で稀に見る文化が今でも大流行している国
・犬を食べるという野蛮極まりない国
・コムド、ユド、…etc など、有りもしないスポーツを自分の国の物だと言い張る国
・5000年間、中国、日本、モンゴル、ソ連、アメリカなどの属国だった(現在進行形)国
・中国に「過去地方政権だった」と事実を突き付けられて逆切れした国

214 :特命希望:04/11/26 19:23:47 ID:KQ98bFIk
 戦争犯罪なんか何処の国でも犯してるの!!!!
スペインやポルトガルをはじめとするヨーロッパが中世大航海時代に起こした
植民地政策が、今の南北問題、南南問題を引き起こしているんです。
 それに、いくらかの動植物の絶滅も!!!奴らが持ち込んだ動物のせいで生態系
が変わったせい。この間NHKでやったドードーみたいに。見てました?タレント、渡辺徹さんのナレーションのヤツ。
あの時本当に日本だけが独立国だったんです。他はみんなヨーロッパに丸飲みされてた。
 ・・・子どもに、全部日本が悪かったと言う謝った認識を教えるのは教育ではない。
麻原がビデオを見せてアレフ(オウム真理教)のロボットにしたのや金日成、金正日父子の主体思想教育を植えつけたのと一緒。

 

215 :特命希望:04/11/26 19:27:02 ID:KQ98bFIk
 あたしも洗脳が今解けたけど、多分終わること無いわね。
「魔の」平和教育。
洗脳の一例です。何も知らない子ども達の・・・
 ・心から謝ります。これで許してはくれないけど、ごめんなさい。
 ・私はこんな人たちの子孫であると思うと悔しくてたまらない。
 そして・・・
さっさと謝ってしまえばいいのに、日本人の癖見栄を張るから原爆など
  落とされてしまうのだ!!!!!!!!!!!!!!
最後も本当です。

216 :右や左の名無し様:04/11/26 21:53:46 ID:???
>>214
スペインやポルトガルなどの西欧の大航海は戦争犯罪とはいえんだろ。
当時には「戦争犯罪」なんて概念がなかったのだから。
第1次世界大戦以後に行われた侵略行為だけに限定して戦争犯罪とすべき。
それに、スペインなどによる世界進出は交易とキリスト教布教が主たる目的で、領土的野望はそれ程なかったと思われる。
従って、日本の侵略行為とは性質がかなり異なっていると見るべき。

217 :特命希望:04/11/26 22:40:27 ID:KQ98bFIk
 あなたとはもう話しません。
全く考え方が違いますから。
 それを誇りに思います。


218 :右や左の名無し様:04/11/26 22:43:32 ID:KQ98bFIk
 あの時、本当に日本くらいがヨーロッパの餌食にならずに独立国であった・・・
確かに日本も悪いですよ。大義名分で同じアジアの人を殺したり・・・
 それでも、有色人種なんか牛や馬くらいにしか思っていなかった白人達に抵抗した
日本軍が全て悪いとは思いません。

219 :特命希望:04/11/26 22:49:16 ID:KQ98bFIk
 領土的野望が無かった?!
確か世界史で、インカ帝国を滅ぼしてスペイン風の建物を作ったと習いましたが・・・
 公用語もスペイン語やポルトガル語だったような気がします。
領土的野望が無かったのなら、何で上みたいな現実が今あるのですかね?



220 :特命希望:04/11/26 22:53:56 ID:KQ98bFIk
 最後に一つ。
アフリカの飢餓の理由を知っていますか?
 栄養失調で空腹に泣く元気も無い幼児の理由を・・・
第1次世界大戦以後に行われた侵略行為だけに限定して戦争犯罪とすべき?!
 それは違いますね、苦しむ人が1人でもいる限り、それは何百年たったとしても
戦争犯罪です。

221 :神戸人:04/11/26 22:54:28 ID:LuirEepu
歴史認識も大切だが、より大切なことは何を学んで
これからどうすればより良い選択になるのかを考え
ることである。どうすればいいと思う?

222 :右や左の名無し様:04/11/26 23:05:15 ID:qHL/bXGV
日本とアメリカを戦わせようと謀略したのはイギリス

223 :神戸人:04/11/26 23:09:40 ID:LuirEepu
知らなかった。根拠は?

224 :右や左の名無し様:04/11/26 23:11:49 ID:xavw3Y0Y
ここも反日がいっぱいいるなぁ・・・・・・。
何のために反日やってるのかを聞きたい。

225 :特命:04/11/26 23:14:24 ID:KQ98bFIk
 当時には「戦争犯罪」なんて概念がなかったのだから。
第1次世界大戦以後に行われた侵略行為だけに限定して戦争犯罪とすべき。 
 ・・・もし決まりが無ければ、人の家に入り込んでその家の人を殺していいのですか?



226 :神戸人:04/11/26 23:22:10 ID:LuirEepu
国際情勢は常に弱肉強食であり、すべてはパワーバランスによって
決定されてきた(文化面、道徳面含めて)。決まりができていない
情勢下では問題にはならないということを歴史が示している。

227 :特命:04/11/26 23:27:43 ID:KQ98bFIk
・・・日本だけが悪いのではないということは理解しておこう。
むしろ歴史を見れば、ヨーロッパの方がはるかに汚い事を行っているということを
覚えておきましょう。
 日本より地球を荒廃させたのは、紛れも無い彼らである事は間違いないのですから・・・

228 :右や左の名無し様:04/11/26 23:37:54 ID:???
>>225
だって、東京裁判に対してさえ「不遡及処罰の原則に反する」なんてイチャモンをつける輩もいるぐらいだよ。
大航海時代のスペインやポルトガルの行為が「戦争犯罪」なんていえば、益々「不遡及処罰の原則」に反するだろ。

229 :神戸人:04/11/26 23:39:00 ID:LuirEepu
我々に戦争体験がないことにかかわらず責任を
追求される理不尽さと同じで、欧米に既に覚え
のない事を追求することになんら価値はない。
過去にこだわることに歴史の本質はないと思う
。あくまで認識を恐れないこと、教訓を学ぶこ
とに価値がある。



230 :特命:04/11/26 23:54:46 ID:KQ98bFIk
 大航海時代を例に出すのは少しおかしかったかもしれない。
とは言っても、今現在それにより苦しんで死んでいく人が現実にいるのだから
おかしいともいえないのだろうが・・・
 

231 :神戸人:04/11/27 00:31:36 ID:+zoLopxF
過去には戻れん。善後策を練ろう。そのために
この場がある、と信じたい。


232 :右や左の名無し様:04/11/27 00:46:04 ID:HRNHVCSq
スレタイどおり、日本に戦争責任はないし、そんな事で足引っ張られたくない。
だいたい、戦争犯罪に該当する行為をまったく行ってないところなんてあるのか?

233 :神戸人:04/11/27 00:55:14 ID:+zoLopxF
戦争犯罪というか、戦争自体倫理的に認められるものではないしね。
人間の愚かさは今更言うまでもないが、それでも我々は過去を知り、
未来を選択できる。少しは大人にならんと嘘だよ。日本は世界一バラ
ンスよく考えられる環境にあると思う。日本が世界をリードせねばな
らん。


234 :右や左の名無し様:04/11/27 01:09:08 ID:???
test

235 :特命:04/11/27 09:40:04 ID:ZKsLhLV/
 ヨーロッパは衰退していってますよ。
むしろアジアの貧乏な国の方が見通しは明るいかもしれない。
 今まで、俺たちヨーロッパに憧れ、アジアを蔑視してきました。
 でも、そんな事は無いと思う。
私はむしろ、アジアの方が芯はしっかりしていると思う。
 間違いなくアジアの時代が来るのだろうと確信している。

236 :特命希望:04/11/27 09:44:26 ID:ZKsLhLV/
 どうしよう、もしヨーロッパが崩壊したら・・・
イタ飯が食えなくなる!!!あたしイタリアン嫌いだけど、ピザだけは別。
 大好きなのにーーーー!!!!!!!!!

237 :右や左の名無し様:04/11/27 10:14:49 ID:???
>>224
簡単fだよ、右翼の根拠のない妄想につきあっていると、もう一回負けて日本を危うくするから。

238 : 特命希望:04/11/27 11:22:32 ID:ZKsLhLV/
 後、セリエAが見れなくなる。サッカーが見れなくなりますよ。
後どんな影響が出るでしょうか・・・

239 :特命希望:04/11/27 11:24:39 ID:ZKsLhLV/
 後は個人的に嬉しいのが・・・
オリンピックが潰れる。ざまあ見ろってか。
 よくも今までスポーツ音痴を苦しめてくれたなあ。
クソッタレ!!!クソッタレ!!!
意味不明。


240 : ◆SLShmljNdI :04/11/27 11:51:11 ID:???
>>11

いや、アメリカに正義があるだろう。

1919年から1922年までの間に、植民地問題の解決と民族自決の原則が決まっていた。

1920年 国際連盟成立。ハンガリー、チェコスロバキ
ア、ユーゴスラビア、ポーランド、フィンランド、バル
ト三国が独立。

1921〜22年 ワシントン会議。海軍軍縮条約により主力
艦隊保有率を、米5、英5、日3、仏1.67、伊1.67と決め
る。四ヶ国条約により、日英同盟は解消され、*太平洋
における*米、英、仏、日の権利が確定する。九ヶ国条
約により中国の主権尊重、領土保全を約束する。

1921年 イギリスの支援により、イランが独立する。
→1925年にパフレヴィー朝が成立する。

1922年 イギリスがエジプトの独立を認める。→1936年
に、イギリス軍はエジプトから完全撤退する。

こういった歴史の流れに日本が逆らったのが大きな問題だった。

241 :特命希望:04/11/27 14:49:57 ID:ZKsLhLV/
 人種差別撤廃条約を日本が提案したのに、それをイギリスやアメリカが拒否
した事は皆さん知っていますよね。当然。
それにアメリカに正義があるといえるとしましょう。仮に。
 原爆の投下は正義でしょうか?何で奴らは謝罪しない。
人間をなんだと思っていたんですか?人間だと思っていなかったんでしょう。


242 :右や左の名無し様:04/11/27 15:27:11 ID:???
◆SLShmljNdIの勉強不足が露呈したわけだ。

243 :♪\(■^)[^ム^](○m)/!:04/11/27 19:17:04 ID:???
嘘を言っては困ります!
英帝国はイランもエジプトも自由にしなかった。
彼等の支配下に置き続けただけだゾ!
そのため、エジプト軍ではナセルや国王派が、
枢軸軍に協力的だったし、イラクでは反英クーデターさえ起きている。
それに大日本帝国政府は、
アラブ・アフリカに対する共同声明さえ作成していたゾ!

244 :右や左の名無し様:04/11/27 19:23:13 ID:MrQ/7jwk
欧州よりアジアに芯がある?おれはそうは思わないね。
欧州ってのは国民主権の在り方を模索し、歴史上何度も血を流してきた。だから市民の義務とか権利とか、アジアとは根底から意識が違う。隅々まで浸透してるんだ。
アジアはそれを後追いしてるにすぎない。欧州の強さは本物だと思う

245 :右や左の名無し様:04/11/27 20:37:33 ID:???
重慶の無差別爆撃も責任無しでしゅか?

http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/iraq/1099008978/

246 :特命希望:04/11/28 11:40:58 ID:GuAjeCgY
欧州よりアジアに芯がある?おれはそうは思わないね。
欧州ってのは国民主権の在り方を模索し、歴史上何度も血を流してきた。だから市民の義務とか権利とか、アジアとは根底から意識が違う。隅々まで浸透してるんだ。
アジアはそれを後追いしてるにすぎない。欧州の強さは本物だと思う
 ・・・後10数年すれば分かりますよ。それが間違いだって言うことをね。
あたしは見抜いてますから・・・

247 :右や左の名無し様:04/11/28 12:10:31 ID:???
重慶のどの辺りを爆撃したのさ。
まずはその辺りをはっきりさせよう。

248 :右や左の名無し様:04/11/28 12:44:43 ID:???
>>246
予知能力があるの?
ヨーロッパはアジアなんかにそう簡単に負けるとはとても思えないが。
経済力だけではなくて、社会の豊かさという点でね。もちろん経済力でも負けないだろうが。

249 :特命希望:04/11/28 14:11:55 ID:GuAjeCgY
 歴史的に見て、ヨーロッパはアジアに遅れた面がとめどなく存在していた。
例えば、生物自然発生説。人間以外の生き物は親がいなくても自然にわいてくる。
「・・・お前がチーズを10日間置いていたからネズミが湧き出てきた。
肉の切れ端を20日間置いていたから、ほら蛆虫がわいてきた!!!」
 こんな事が当たり前に信じられていたんですよ。大真面目に。
後、中世ヨーロッパの治療は放血治療といって動脈を切るだけの無謀な手術だった。
一方、中東にはそれより以前に盲腸の手術が行われていた記録がある。
 


250 :特命希望:04/11/28 14:13:23 ID:GuAjeCgY
 あなたは西洋文明啓蒙主義者ですか?
西洋文明=地球人の文明と思い込む多くの勘違い主義者の一人ですか。
 文明は一長一短です。そのくらい理解しましょう。


251 :特命希望:04/11/28 14:20:02 ID:GuAjeCgY
 後、欧米ハイテクを意識するのもいいでしょうが・・・
たまには、和の世界を楽しんではどうです?盆栽を育てたり、天然の温泉に
入ったり、ワビサビを感じたり・・・
 西洋文明は自然を拒絶しますから、少なくともアジアに比べて潤いと言う点
では劣りますよ。

252 :特命希望:04/11/28 14:23:10 ID:GuAjeCgY
 西洋啓蒙主義が、自分の国の文化を年寄り臭いなんて言う人間を作り出すんですよ。

253 :右や左の名無し様:04/11/28 14:23:13 ID:???
善し悪しはどっちにもあるよ。
良いところと悪いところを比べてみれば、特徴が見えてくる。
と思うのに、何故にこっちが優れてるという話になるかな?

254 :右や左の名無し様:04/11/28 18:25:10 ID:???
>>245
当然です。何の責任もありません。
責任を問うのであれば、あれだけ(あれしかでも良いのだが)
攻撃して、何の戦果も得られなかったという
国内的には何の責任もとっていないことは大問題だろう。

255 :右や左の名無し様:04/11/28 22:12:05 ID:???
>>249
まあ、中世の時代には科学技術的な点でイスラム圏に劣っていたことは認めざるを得ないがね。
しかし、それにしてもその基礎はギリシャ・ローマの「ヨーロッパ」の文物を継承したからであって、イスラムが独自に発見したものではない。
また、その時点でも「日本」などの東アジアに劣っていたわけではないし、ルネッサンス以降は現在に至るまでヨーロッパと19世紀以降はアメリカがリードしているだろう。
あとそのチーズとかの話にしても、当時の知識の範囲で自然現象を理解し説明しようとしていた証拠であって、ただその当時は科学がまだ立ち遅れていたからそのような解釈をせざるを得なかったというだけのことだろ。
「日本」などはそういう試みすらあまりしなかったからそういう逸話が残っていないということだろう。

256 :特命希望:04/11/28 23:48:11 ID:vHdf1irY
 文明なんてどこの国も似たりよったりでどれが素晴らしいなんて事は無い。
アジアにはアジアで素晴らしい文明があるし、ヨーロッパにはヨーロッパで
素晴らしいとりえがある。
 どの文明も同じだけ素晴らしいんです。
だから、今の日本のガキに言いたい。
 西洋文明に惹かれるのはいい、でもそのあまり自らの文化を年寄り臭いなど
と蔑むのは問題があります。

257 :特命希望:04/11/28 23:48:44 ID:vHdf1irY
  文明なんてどこの国も似たりよったりでどれが素晴らしいなんて事は無い。
アジアにはアジアで素晴らしい文明があるし、ヨーロッパにはヨーロッパで
素晴らしいとりえがある。
 どの文明も同じだけ素晴らしいんです。
だから、今の日本のガキに言いたい。
 西洋文明に惹かれるのはいい、でもそのあまり自らの文化を年寄り臭いなど
と蔑むのは止めなさい。

258 :特命:04/11/28 23:52:37 ID:vHdf1irY
 江戸幕府八代将軍徳川綱吉が出した、生類哀れみのれいに・・・
鳥の「卵」は食べるなと言う命令が残されていることを一応報告しておきます。
 試みをしなかったのではなく、鳥がタマゴから生まれることをすでに分かっていたのであるということを・・・
ちなみに、ヨーロッパで生物自然発生説が否定されたのは1800年代だったと思います。


259 :右や左の名無し様:04/11/29 01:03:58 ID:???
15世紀にイタリアの地理学者トスカネリが唱えた地球球体説について、16世紀に日本にやってきた宣教師たちは語ったわけだが、当時の日本人は全く理解できなかったという。
一人織田信長を除いて。

260 :右や左の名無し様:04/11/29 14:25:41 ID:???
>>257
同じくらいに取るに足りない無意味なものとも言える。

261 :特命希望:04/11/29 15:24:32 ID:JbN7Wc5+
 どういう意味ですか?
もしかして貴方はヨーロッパ人ですか?
 今思いつきましたけど。
それだったら謝ります。あなたの国を傷つけたかもしれないですから。


262 :右や左の名無し様:04/11/29 22:41:51 ID:???
>>257
>西洋文明に惹かれるのはいい、でもそのあまり自らの文化を年寄り臭いなどと蔑むのは止めなさい。

それはしょうがないんだよな・・・^^;
そもそも、日本の文化といえば「サムライ」や「刀」、すなわち、江戸時代や戦国時代などなど・・・
今の時代はテレビやPCが発達して、殆どの情報はこれらから入ってくる。
ゆえにこれらは生活の中心ともいえる。
それで、テレビなんかでこーゆー“日本文化”が出てくる番組といえば、
水戸黄門、暴れん坊将軍、大河ドラマなど、年寄り向けの番組ばっかりだw
だから 日本文化=年寄り向け っていう考え方が、勝手に植えつけられている。
日本文化をもっとカッコ良く、若い人向けに発信する、 何か が欲しいよな・・・^^;

263 :右や左の名無し様:04/11/30 00:10:11 ID:???
>>261
というか、君に対してなされた反論は別に普通に行われるものだろ。
別にヨーロッパ人じゃなくても。
日本人なら日本にとって都合の悪いことは書かないはずだとか、ヨーロッパ人は2chを見ていないはずだ、なんていう根拠のない前提に立っているのも痛いし。
例え他国のことであっても批判めいたことを書けば、反論を受けるし、場合によっては自国にとって不都合なことを書かれる事もありえるということは容易に予想できることだと思うがね。

264 :右や左の名無し様:04/11/30 19:37:58 ID:???
水戸黄門、暴れん坊将軍、大河ドラマ等は
翻って検証するとそれほど日本文化っぽさを感じない

演歌に一番似てる外国の音楽スタイルとはなんだろうかと思うと
曲に短調が多くて一生懸命歌い上げるというと
ヘビーメタルあたりが実は似てたりする
北島三郎に見られる独特な編曲の仰々しさなども

民謡の中にブルースやゴスペルっぽさを感じると
かなりホンモノっぽさのカッコよさを感じたりする

265 :右や左の名無し様:04/11/30 20:32:21 ID:HB9/FUV8
自民党をぶっ壊すという勇ましい掛け声をあげていたことがそ
のまま彼の国家観を表わしていたとしたら、彼はどういう日本
を作り上げたかったのでしょうか?靖国参拝を続けることが彼
の国家観でしょうか?いまだにわかりません。

中国首脳との会談の際、きちんと彼の持論を言って、はっきり
させるべきではなかったのでしょうか。彼がきちんと言えなか
っただけだと思います。彼の得意な先延ばしです。特に(2)
および(3)については日本という国のプライドさえも傷つけ
るやり方で終始していますが、果たしてこういうやり方を続け
ていて良いのでしょうか?中国の原子力潜水艦の侵犯にしても
然りです。これが逆だったらどうなっていたでしょうか?
http://www.k-tajima.net/goiken_menu.html


266 :特命希望:04/11/30 20:48:13 ID:em4ydGB7
 大河ドラマは日本文化を感じない?
新撰組見てないですか?面白いのに。
 前の3作品の出来を考えれば上出来ですよ。
来年は義経ですか?皆さん見ます?来年が勝負ですね。元に戻りかけた年に
なりましたから。
 

267 :右や左の名無し様:04/11/30 21:39:35 ID:F/7xN56U
人斬って、血も出ぬおかしなドラマはやめろ。


268 :名無しさん ◆WED.COAwms :04/11/30 22:32:08 ID:???
>>262
浴衣とかはどうよ?

269 :右や左の名無し様:04/12/01 03:20:21 ID:???
>>266
俺は新撰組その物が嫌いなんだよな・・・^^;
あいつ等は江戸時代のままで逝こうとした、タダの時代遅れの馬鹿集団だしw

270 :右や左の名無し様:04/12/01 03:26:27 ID:???
>>264
>ヘビーメタルあたりが実は似てたりする
↓これとか?
http://www.epic-metal.com/rhapsody/middle.php#

271 :右や左の名無し様:04/12/01 03:40:25 ID:???
すまそ。アドレス間違っていた。
↓こっちが正しいアドレス。
http://www.mightyrhapsody.com/

272 :右や左の名無し様:04/12/01 13:49:28 ID:???
>>267
見せ掛けの血など出ようが出まいが同じ。
喪舞のイメージ力が欠落しているだけと知れ。
本当に血を噴き、首を飛ばせというならそれも一案だ。
だが、実演にするとドラマ作るのは大変だろうな。
大体一発勝負で、取り直しなんて出来なくなるな。

273 :右や左の名無し様:04/12/01 21:30:51 ID:o2IiEvw5
>>272
そういうことじゃなくて…。
大河ドラマがオモロイ、なんていう香具師がいるしさぁ、
あんなもんリアリティーの欠如甚だしいし、時代考証もめちゃくちゃだし、
歴史をNHKの好いように、現代の価値観にそって改竄するな、と。
そんな生易しい時代ではなかったんだろうし、血みどろの殺戮の繰り返し。
そういう覚悟で彼等は戦ったんだよ。近藤が草葉の陰で泣いてるよ。





274 :特命:04/12/02 00:22:03 ID:fIQnTH9n
 昔は良かったんだけどね・・・
葵三代以降はクズになった。とりあえず新撰組はおいといて。
 「北条時宗」「利家とまつ」「武蔵」・・・
来年が勝負ですね。今年良くなりかけたから・・・


275 ::04/12/02 21:53:23 ID:l+Pkx5Lp
 史実云々って言うバカがいるけど・・・
史実を盛り込めと。しきりに繰り返すおバカさんが。
 史実とは何だ。俺から言わせてもらう。
新撰組が実在したのは史実か?誰か彼らを生で見たのか!?
 お前らはウオーリーか!?
徳川家康が本当に実在したのを生で見たのか?!
 史実って何だ?教科書に書いてあることは史実なら、鑑真が失明して
なかったという歴史の書き換えは起こらないでしょ!?
 このくらい理解して、お願い。

276 ::04/12/02 21:57:49 ID:l+Pkx5Lp
 どうしよう、実は徳川家康は関が原の戦で死んでいて、幕府を開いたのは
彼のかわいい部下でした。徳川の名を後世に残すため、名前を偽って、自分
が徳川家安と嘘をついて、それがそのまま後世に残りました・・・
 なんてことになったら・・・十分ありえる話しですね。
あ、それから、一説には真田幸村は架空の人物と言う学説もあるんですよ。



277 ::04/12/02 21:59:42 ID:l+Pkx5Lp
 史実史実とほざく人は、タイムマシンを発明してから写真をとって見せてください。
でないと、私は徳川家康も新撰組も彼らの起こした歴史的行動は勿論、実在そのものも
絶対信じない。だって見てないのに・・・

278 :右や左の名無し様:04/12/02 22:04:00 ID:fLLWfg8y
>>275-277
馬鹿を発見しますた。ただちに通報しますた。

279 ::04/12/03 08:45:10 ID:/k0qPcTa
 私の言う意味分かりませんか。不愉快にさせたら謝ります。でも何故そんなこと
されないといけないのですか?
 だって本に書いてあるから真実とどうして言えるのですか。
自分達は実在の徳川家康や新撰組を絶対に目で見ることは出来ません。なのにどうして
実在したと言えるのですか。彼らがいたというのは一つの定説に過ぎません。
 全てが謎のベールに包まれている。それが日本、いやこの地球の歴史なのです。
誰も見ていないのですから・・・分からないですか。意味。
 見栄を張って嘘を書き残すとも考えられます。あるいは年月がたって忘れて
あったことと全く違うことを書くことも・・・
 信長が本能寺で死んだとどうして断言できる?誰も見ていないのに。

280 ::04/12/03 08:46:58 ID:/k0qPcTa
 276、家康が戦で天下を目前にして死亡した・・・
そういう仮説もあるらしいですよ。無視できません。

281 ::04/12/04 23:15:03 ID:QylZZFhF
 私は、なるべく史実と言う言葉は使わない。
それが本当にあったことなのか、それともただの作り話なのか、分からないから。
 例えば、信長の事を書いた信長公記と言う本がある。
でもこの本を、彼の事を本当に正しく書いた本かどうか断定は出来ない。
 ところどころ作者の間違いがあり、それがそのまま後世に伝わった所もあるかもしれない。
あるいはただのフイクションであるかもしれない。それは作者の太田牛一でないと分かりません。


282 :右や左の名無し様:04/12/04 23:47:59 ID:???


283 ::04/12/05 13:40:15 ID:QY6cFaWu
 信長が本能寺で死んだと言う歴史的史実を例に挙げた場合、皆さんは「何を
もって」死んだといえるのか真面目に考えたことがありますか。
そうであろうという以上の定義付けは不可能なはずです。誰もその現場に居合わせていないのに。
 考えてみると当然の事ですが、こんな事が日本人に浸透していないというのが
少し悲しいですよ。少しは理解してください。

284 :右や左の名無し様:04/12/05 14:01:34 ID:/5ngktjj
戦争責任なんて糞だ糞。
あるわけきゃねーだろんなもん。

285 ::04/12/05 14:37:57 ID:QY6cFaWu
 結局元をたどって言ったら何処の国が一番悪いんですか?
やっぱりナチスドイツじゃないですか。どう考えても・・・
 でもアメリカかな・・・
第二次世界大戦のきっかけを作った世界恐慌を引き起こしたのだから。
 第一次世界大戦はともかく、どこで気をつければ第二次世界大戦は食い止め
られたかと言うと、やっぱりアメリカの世界恐慌にたどり着くはず。


286 :◆r0FmiN9ADk :04/12/05 14:47:51 ID:???
>第二次世界大戦のきっかけを作った世界恐慌を引き起こしたのだから。
そうであろうという以上の定義付けは不可能なはずです。誰もその現場に居合わせていないのに。


287 ::04/12/05 15:31:30 ID:QY6cFaWu
 タイタニックより後の時代です。まだ確実に生存者が多くいるはず。
その人たちが覚えている以上、あったと言う事は間違いありません。
 確実に証人がいるまでは、「事実」といっていいのではないでしょうか。
そんな百年以上前の事で無い限り、「事実」といっていいと思います。




288 :右や左の名無し様:04/12/05 16:11:37 ID:???
>>285
スペイン&ポルトガル
真の元凶はユダヤ教とその同類の神を奉じる者共。

289 :◆r0FmiN9ADk :04/12/05 16:24:41 ID:???
>>287
現実に生存している人の証言と、信長の時代の文献という証拠について
前者は確実で、後者は不確実であるという論証をお願いします。



290 ::04/12/05 17:10:20 ID:QY6cFaWu
 実際にその出来事を直接体験した人がいるからよ。
当たり前です。
 だから、いつかはタイタニックも世界恐慌も、広島長崎の原爆投下も遠い
未来には「史実」ではなくなる日が来る。悲しいけど・・・


291 :右や左の名無し様:04/12/05 17:18:22 ID:QY6cFaWu
 同時多発テロも、イラク戦争も、地下鉄サリンも・・・
何でも遠い遠い未来には「通説」でしか無くなる。
 それもかなり歪曲されていくのが常だ。いくらかは歴史の表舞台から名前を消すかもしれない。
それと、時がたつにつれ、どこかで間違いが生じて、それがそのまま伝わる可能性は
十分ある。

292 :◆r0FmiN9ADk :04/12/05 17:44:33 ID:???
>>290
一言で言うと、あなたの主観ということだね。
生存している個人の記憶の吐露が現実を反映するというのは主観でしょ。

293 ::04/12/05 21:16:24 ID:L4Al0ZJW
 ここで言っているのは、細かい事ではなく、世界に影響を与えた大きな大きな
出来事を言っているのですから覚えていないというような細かいことではないのです。


294 ::04/12/06 00:56:40 ID:6PqD6g4U
 れさん(笑)は世界恐慌は本当にあったかどうか分からないとおっしゃるんですか。


295 :右や左の名無し様:04/12/06 04:14:08 ID:???
>>285
日本の分際で植民地を持とうなんて大それたことを考えたからだろ。
やはり日本が一番の元凶。

296 ::04/12/06 10:59:45 ID:8tGvukuM
 あなたはどうしても日本を悪者にしたいんですね。
もうこれ以上何も言いません。


297 :右や左の名無し様:04/12/06 11:50:09 ID:???
>>296
悪事を悪事と認めず無理に正当化するような発言を繰り返している限り、日本はいつまでたっても国際社会から本当の信頼は得られないよ。
そのことが日本の国籍を害しているということが分からないの?

298 :右や左の名無し様:04/12/06 11:51:59 ID:???
すまそ。重大な誤字発見。
×国籍
○国益

299 :右や左の名無し様:04/12/06 21:15:21 ID:???
>>297
悪事って何ですか?

300 :右や左の名無し様:04/12/06 22:39:31 ID:???
>299
冤罪ってやつだなw


301 :右や左の名無し様:04/12/06 22:40:51 ID:???
>297
> 日本はいつまでたっても国際社会から本当の信頼は得られないよ。

3馬鹿だけで「国際社会」?
(゚Д゚)ハァ?

いっぺん死んでこいw



302 :右や左の名無し様:04/12/06 23:25:15 ID:???
>>300-301
だから、そういう論理は日本国内でしか通用しないんだって。
国内でサヨと不毛な論争をしている際には、そういう論理でかわすことができてもな。
日本が侵略行為を行ったということは厳然とした歴史的事実なんだから。

303 :右や左の名無し様:04/12/06 23:40:54 ID:???
>>302
>そういう論理は日本国内でしか通用しないんだって。

そうだね。日本以外の国に「お前は侵略した。お前は悪い」っつったって誰にも相手にされないもんなw
ちなみにお前、
>厳然とした歴史的事実なんだから。
と言ってるが、どーゆー勉強してんの?

304 :右や左の名無し様:04/12/06 23:43:12 ID:???
>>297
>悪事を悪事と認めず無理に正当化するような発言を繰り返している限り、日本はいつまでたっても国際社会から本当の信頼は得られないよ。

お前、国際社会からの信頼欲しいの? じゃあなんで売国してんの? 教えて。

305 :右や左の名無し様:04/12/07 01:44:41 ID:???
やれやれ、ちょっと日本に対して批判めいたことを書いただけで「売国」だなんて・・・・
>>303>>304は外国人と会話を交わしたこともないんだろうね。

306 :304:04/12/07 13:45:10 ID:???
>>305
外国人はみんな自分の国を責めてるってか???
お前外国人と会話したこと無いんだなw
みんなお国自慢ばっかりだよ、ちなみに、自分の国を悪く言うやつは相手にされませんよw
うちの学校にモンゴル人が居るけど、チンギスカンとか朝青龍の話とかしまくってる。
自分の国に誇りを持たないのは日本ぐらいなモンだ。
今度はお前が外国人と話した時のエピソード教えて?

307 :右や左の名無し様:04/12/07 14:42:50 ID:???
>305の言う「外国人」は中朝韓の反日野郎だろうがw



308 :右や左の名無し様:04/12/07 16:25:04 ID:???
>>302
国ってのは侵略し、侵略されるために存在するものだから
当然でしょう。
で、侵略して何が悪いの。
侵略されたとか言い立てる国もまた侵略を行っているのだから
別に何も悪いことではないでしょう。
悪いと向こうが言ったところでそれはお互い様ですもの。
結局は力のある者のしたい放題なんですがね。

309 :おおお:04/12/07 16:46:01 ID:cbvOjiez
 はじめまして。このページに始めてきましたが、少しオドロキです。
日本の分際で植民地を持とうなんて大それたことを考えたから?
 「分際」とはどういうことですか。自分の祖国を。どうやら日本人らしいので言わせて頂きます。
自分の国に誇りを持つ事、それは別に右翼でも何でもありません。当然の事です。
 どういう意味で分際と言う単語を使うのか説明してください。
そんな言葉を使うほど自分の国を蔑まなければならないあなたの理由を!!!
 教えてくださいよおおお!!!

310 :おおお:04/12/07 16:55:01 ID:cbvOjiez
 アメリカ=正義 日本=悪 
の図式が日本人には染み付いているからね・・・だからこんなヤツが出てくるんだ。 
アメリカは「美国」って書くんだ。中国語で。少し勉強したから覚えてる。
あの国のどこが美しいんでしょうかね・・・
 アメリカに元から住んでいた善良な人々を殺して、勝手にハワイ国を殺して、
空襲をして沢山の人を殺して、原爆を落として沢山の人を殺して、そして21世紀、
イラクの子ども達を沢山殺して・・・
 美しい国とは程遠いと思いますどね・・・

311 :おおお:04/12/07 16:56:03 ID:cbvOjiez
 相手の人々の血の色で美しくなったんでしょうか・・・


312 :名無し三等兵:04/12/07 19:41:31 ID:???
開戦責任は誰だスレで、頑張ってます。ブサヨってよっぽど、東条大将他、既に
鬼籍に入り、仏様となった方達の霊を、どうしても靖国から切り離してやりたい
みたいですね。日本における死生観は、既に死者となった人間は、その浮き世の
全てのしがらみから解放されるとあるのにな。ブサヨは「分祀が正しい」と臆面
もなく抜かしやがる。

313 :右や左の名無し様:04/12/07 20:29:54 ID:???
>>310
旗が美しい。
自国だけが美しければ良いのであって
他所の国がどうかなんてことは知ったことではありません。
自国の美しさや豊かさに傷を付けるものは皆殺しですよ。
その強欲さを鏡に映すとウットリするほど美しい。

314 :おおお:04/12/07 21:08:48 ID:cbvOjiez
 ストリートファイター2のバルログを思い出した。
でもあれはヨーロッパ人だったからね。確か。
 ヨーロッパ的な雰囲気がします。そういう言い方をすると。
何かアメリカに似合うそういったうまい表現誰か考えてください。



315 :おおお:04/12/07 21:11:29 ID:cbvOjiez
 優雅な感じがします。そう言うと・・・
考えたら何で、美しい国って言うのをアメリカにあてはめるん
だろうな・・・中国人から見てアメリカって優雅に見えるのか。
 俺にはあの国の存在自体美しいとは言えないと思うが・・・
美しいと言ったらヨーロッパを連想するのは俺だけ?

316 :右や左の名無し様:04/12/07 22:47:17 ID:???
>>309
>>285>>288の煽りに応えたというだけのことだろ。
深い意味はないのでは?

317 :右や左の名無し様:04/12/09 00:00:50 ID:22ANSxam
>>285
それをたどっていくと四大文明に行き着くかもね
そして功罪どちらも大きいということだな

318 :おおお:04/12/09 15:30:08 ID:QzEql1Kk
 何でもでかいし豪快なイメージがあるから・・・
美しいとはいえない、あの国自体そういうカラーじゃないですよ。


319 :右や左の名無し様:04/12/11 23:31:38 ID:???
日本は「大」よりも「細」を尊んできた

ここでいう「細」とは「ほそい」ということではなく
「細密」とか「微細」とかいう使われ方の「細」なのだ

そして「折る」とか「畳む」とか「結ぶ」とかの作業により
「大」を圧縮する

扇子や屏風や折り紙や綾取り
短歌や俳句の短詩が発展したのも日本的な美の姿の現れだろう

320 :右や左の名無し様:04/12/12 16:33:32 ID:519tm2Lh
欧米列強の植民地政策を見て、現地民を懐柔するという意味も含めてインフラ整備を行ったとは
考えられない?

321 :右や左の名無し様:04/12/12 16:35:27 ID:???
そもそも日本の植民地政策って言うほど特殊じゃないだろ

322 :右や左の名無し様:04/12/13 01:11:55 ID:UB0HvvbO
>>321
搾取ではなく同化ないし共存共栄を目指したところが特殊では?
つーか、それはもう植民地ではないとも言えそうだ。

323 :右や左の名無し様:04/12/13 21:42:19 ID:???
石原莞爾が実現しようとしたことは
白人どもにとっては脅威だったに違いない
石原莞爾自身は真に王道楽土の建設の信念を貫いていた人物だった
彼がもっと受け入れられていればアジアは共産主義などに荒らされることなく
民族自決の発展を速やかに遂げられただろうに

324 :右や左の名無し様:04/12/14 18:55:32 ID:???
 満洲建国前夜の心境     石原莞爾

 支那問題に対する私共の関心は、幼年学校時代からのも
のであつた。中国の新生と日支の心からの提携協定を念願
する素朴な気持から、私共は只管中国の革命に対して大き
な希望を抱いてゐたものである。従つて明治四十四年、当
時の清国の宜統三年に彼の武昌兵変が起り第一革命が成功
した時には、私は丁度朝鮮の守備隊に居つたのであつたが、
かねてからの中国の新生に対する念願と革命後の中国の前
途に対する希望の余り附近にある山の上に当時の自分の教
へて居た兵隊と共に登り、万歳を叫んで新しい中国の前途
に心から慶びを示したものである。
 然し此の喜びは束の間のものであつた。孫文は袁世凱と
妥協する、袁世凱は軍閥の地金を現して革命の理想を蹂躙
して行く、袁が死んでも結局軍閥と軍閥との抗争で容易に
革命の精神は行はれない。この状態を見て私共は中国人の
政治的能力に疑を懐かざるを得ない様になつた。漢民族は
高い文化を持つては居るが近代的国家を建設するのは不可
能ではないか、と言ふ気持になつて行つたのである。満洲
事変の前迄此の懐疑は続き、その気持の上から私共は当時
満家問題解決の唯一の方策として満蒙占領論を唱へ、漢民
族は自身政治能力を有せざるが故に日本の満蒙領有は日本
の存立上の必要のみならず中国人自身の幸福である、と強
硬に主張して居たのであつた。

325 :右や左の名無し様:04/12/14 23:37:00 ID:???
支那とソ連邦の間には緩衝国家があったほうが絶対によかったのだ。
戦後、スターリンに傾倒しているはずの支那共産党であるはずなのに、
結局、武力衝突なども起こったりした。
支那が広すぎることなどは支那人にとってもいいことなど一つもない。

326 :右や左の名無し様:04/12/17 20:05:45 ID:???
文藝春秋 16.1月号

日米戦は避けられると思うか?
 はい   412 (60%)
 いいえ  262 (38%)
 不明    11 ( 2%)

327 :右や左の名無し様:04/12/18 23:56:54 ID:???
ハワイ王国は日本の隣国だった
島国の君主国として友好善隣の関係だったんだ
そのハワイがアメリカ合衆国の一州になったのは
決してハワイ自身が選んだことではなかった
これはいまやアメリカ合衆国の中でも一般の正論となっている
そんなアメリカ合衆国に日本がいつまでも友好的でいられただろうか
もともとクジラの脂を目当てに捕鯨をしていたアメリカが
日本を基地のひとつにしたくて黒船を送り込んだのだ
アメリカのような国に日本が距離をおくのは当然の成り行きだった
しかしアメリカはあの手この手で日本を挑発し
陰謀をめぐらして対米戦に立ち上がらせた
真珠湾攻撃の情報を知っていたのに発表をせず
奇襲という形で日本に卑怯のレッテルを張った
しかしハワイはそもそも英語を公用語とする白人どもの支配する国ではない
あんなところにアメリカ合衆国の要塞があることなどがそもそも間違いなのだ

328 :右や左の名無し様:04/12/19 05:23:59 ID:???
>>326
おお、良くそこまで国民を騙せたもんだw 捏造教科書の成果だなw

329 :右や左の名無し様:04/12/20 17:19:48 ID:???
日本に責任は無いよ。
何か?

330 :右や左の名無し様:04/12/20 17:55:59 ID:Tj+mAhAu
国内で言っていてもなんの意味もない。
アメリカに認めさせなきゃ。

331 :右や左の名無し様:04/12/21 17:38:58 ID:qPCd9+Rp
だから日本は世界から人気がない。
あると思ってるのは利権に絡んだ一部のお役人と、テレビ、週刊誌大好きな人だけ
アジアで女を買いあさり、欧米諸国ではおとなしく、弱い物いじめが好きな国民。
本気で常任理事国入りを考えている。
無理!賛成してくれるのはアメリカだけ。
なんでか…?戦争責任をしてないから!
被害者意識が強すぎる。ちゃんと行った事には謝罪しなさい。

ヨ−ロッパなんて拉致事件のことなんか何とも思ってない
日本国民よ!思ってるなら立ち上がれ!デモしろ!エセ愛国者の固まり!
それが本当に拉致被害者家族に対するエ−ルです。



332 :右や左の名無し様:04/12/22 20:24:50 ID:???
>>331
まぁ 弱い者イジメが好き ってのは認める。
小泉はもう辞めた方が良いな。

333 :右や左の名無し様:04/12/23 21:17:07 ID:???
日本には「判官贔屓」というのがある
「弱きを助け強きをくじく」というヒーロー像も歓迎されてきた
日本が弱い者いじめが好きな国になったとすれば
それはテレビなどの弱肉強食の芸能界が
国民に甚大で深刻な影響を与えるようになってからのことだと思う
本来の日本は助け合いの精神が豊かな国民性なのだと信じたい

334 :右や左の名無し様:04/12/23 22:35:35 ID:???
>>333
本来の日本人=「良い殿様に支配されて平和に暮したい」
それが「判官贔屓」の正体
市民革命が起こったことは一度も無い国。それが日本だ。
いつ独裁国家になってもおかしくない。独立心など初めから無いのだから。

335 :右や左の名無し様:04/12/24 00:06:58 ID:???
>>334
>市民革命が起こったことは一度も無い国。それが日本だ。
それは“天皇制”があるからでしょ? もっと勉強しなさいね・・・。

336 :右や左の名無し様:04/12/24 01:34:28 ID:???
労農派によれば明治維新はブルジョア市民革命だぞ。

337 :右や左の名無し様:04/12/24 01:51:33 ID:???
>>334
>本来の日本人=「良い殿様に支配されて平和に暮したい」
確かにそれはあるね・・。
>いつ独裁国家になってもおかしくない。独立心など初めから無いのだから。
それは共和制にならないとまず無い。
ま、あなたの主張(>本来の日本人=「良い殿様に支配されて平和に暮したい」)
に基づくと、日本に「共和制」は無用って事だな・・。

338 :右や左の名無し様:04/12/24 10:35:48 ID:vCY62IWc
ジパングを読むとわかるよ

339 :右や左の名無し様:04/12/24 12:09:20 ID:???
戦争責任に話し戻すよね。

交戦権というのはどの国にもあるんだから(戦後の日本を除いて)
戦争を仕掛けた仕掛けられたってことはない。

日本にあるのは「戦争責任」じゃなくて「敗戦責任」
平たく言えば「負ける戦争するな」ってこと。

でもこれこそ一般国民が戦争指導者に追及しなくっちゃあいけないこと。
A級戦犯を「国の恩人」にしたり、
昭和天皇を「平和主義者で戦争に反対でした」で済ませちゃあ・・・・
これって市民革命以前の問題でしょ。

340 :右や左の名無し様:04/12/24 16:14:03 ID:???
戦争の生き残りなんて、どーせ命乞いでもしたから生き残ったんだろ?
国を守るって意識がこれっぽっちも無いバカに、責任を問われてもねぇ・・・

341 ::04/12/24 22:41:00 ID:???
「どーせ」という推測で
結論を言う恥ずかしさ・・・

342 :右や左の名無し様:04/12/24 22:49:35 ID:???
>>341
どーせサヨクは批判だけ。
なんちゅー恥ずかしさ・・・

343 :右や左の名無し様:04/12/25 10:51:11 ID:CNR+6yq0
植民地になるのが嫌だから帝國国主義なんでしょ。正当防衛ジャン。アメリカもイギリスも
やってたことジャン。何で日本だけ悪者なんだ?負けたからでしょ。
倫理的な反省なんか必要ねーっつの。アメリカなんざ黒人奴隷の養殖とかしていたくせに、
憲兵様なんでしょ。アツカマシイ位でちょうどいいんだよ。
人の顔色伺わないで、堂々としてりゃいい。


344 :右や左の名無し様:04/12/25 23:02:14 ID:???
そもそも侵略行為を犯罪だと言い始めたのは日本なわけで・・・w
日本はアジアを仲間だと言って、白人帝国主義を批判した。
そこで白人から反感を買った。で、戦争して日本が負けた。
だが大東亜共栄圏の影響力はさすがにデカ過ぎた。通常通り勝者が敗者を悪者にするのはさすがに無理。
でも白人はどうしても日本を悪者にしたかった。そうしなきゃ世界は日本を支持しかねないからだ。
侵略行為を犯罪だとする日本に反論するのはもう限界。世界中もそう言い始めたから。だから素直に侵略を犯罪にした。
で、日本の侵略行為だけを犯罪扱いして、日本に報復した。そこで日本が悪役になった。

345 :右や左の名無し様:04/12/26 22:23:59 ID:???
日本は「侵略」などはやったことなどないのに。
アジアの白人の侵略者を追い払うために武装して進出するしかなかった。

346 :右や左の名無し様:04/12/27 01:02:24 ID:???
『臣民の臣民による臣民のための靖国神社』てどっかのスレにあったけど、いい言葉だと思われ。

347 :右や左の名無し様:04/12/27 19:28:34 ID:???
日本が立ち上がったから
アジアの民はアメリカ大陸の先住民のような末路を辿らずに済んだ
中国や北鮮などの共産主義の存在は
いつもアジアの戦乱の火種になってきた
アフリカで共産主義が何も解決できず混乱ばかりを大きくしていたようにだ
日本は昔も今もアジアのために犠牲になり続けている
その犠牲はアジアのために確かになっているのに
非難ばかりされている国なのだ

348 :右や左の名無し様:04/12/27 21:49:12 ID:???
>>345
>日本は「侵略」などはやったことなどないのに。
豊臣秀吉の朝鮮出兵は十分「侵略」と呼ぶに値するし、もちろん言うまでも無く明治以後において日本が行ってきたアジア侵略も「侵略」だ。

>>347
>アジアの民はアメリカ大陸の先住民のような末路を辿らずに済んだ
結果論だな。日本もアイヌや琉球に対して似たようなことをやっているし。
日本に白人を責める資格はなし。

349 :右や左の名無し様:04/12/27 21:57:00 ID:pO4XCjeP
自分の子供にも反省させるのか、子供が何をした、

350 :右や左の名無し様:04/12/27 22:34:34 ID:???
子どもはその国が歩んできた歴史の中で生じた正の遺産を受け継ぐとともに、負の遺産も受け継がなければならない。

351 :右や左の名無し様:04/12/28 21:05:21 ID:???
反省とは「しろ」と言われてするものなら意味はない
事実を知って悔いる気持ちが湧き上がってきたら
それは未来のためになるでしょう

352 :右や左の名無し様 :04/12/28 21:15:52 ID:6eXutXbf
勝てば官軍負ければ賊軍

353 :555:04/12/29 01:58:14 ID:gVfmIfjD
 秀吉の朝鮮侵略は、多分ね。
その当時ポルトガルやスペインが残忍な世界征服を続けてたから、もし中国
がどっちかにでも侵略されてヨーロッパ人の国になって襲ってきたら13世紀の元寇みたいな事が起こる
かもしれないと思ってやったんだよ。
 いわば世界史の流れでいけば当然だったんだよ。

354 :555:04/12/29 01:59:27 ID:gVfmIfjD
 あの時、地球上の殆どがこの2国の魔の手の餌食になってた。
日本があせるのも当然だよ。
 

355 :右や左の名無し様:04/12/29 02:33:07 ID:IfN29auq
精神病の真実 (政治板)
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1102516267/l50

世界大百科事典 精神分裂病と向精神薬 より抜粋

「分裂病の原因はなお不明だが〜発生頻度はあらゆる民族,あらゆ
る時代を通じ不変で, 0.7 〜 0.9 %程度とされ,日本でも同様だが,
1963 年の全国調査以後は信頼できる統計がなく,近年の頻度に増減が
あるか否かは明らかではない。」

「精神分裂病には抗精神病薬を数年にわたって長期与薬しなければなら
ぬが,あまり長くなると口や舌がもぞもぞと動いてしまう遅発性ジスキ
ネジアと呼ぶ副作用が出る。これを治すのは難しい。」

「向精神薬が脳のどこへどのように働くかについてはまだよくわからない」

「病気の機序が不明なところへ,作用のしくみがよくわかっていない
精神治療薬を与えて治そうというのには無理がある。」


356 :右や左の名無し様:04/12/29 02:36:15 ID:???
>>335
・・・エシュロンじゃねぇか。
トンデモのネタには困らないんだからほっといてやれ。

357 :右や左の名無し様:04/12/29 04:03:49 ID:???
>>353
朝鮮出兵は秀吉の妄想に満ちた野望を満たすために行われたと見るのが一般的で、どう考えてもスペイン・ポルトガルとは関係ねーだろ。

358 :右や左の名無し様:04/12/29 04:07:16 ID:???
>>354
また蒸し返すのかよ?全く懲りねえ野郎だぜ。
あの両国による世界進出は、それまでヨーロッパがモンゴルやオスマン帝国などのアジア勢力による侵略を受けまくったことに対するリアクションに過ぎなかったということで既に解決済みの問題だろ。

359 :右や左の名無し様:04/12/29 04:50:08 ID:???
>>348
>日本もアイヌや琉球に対して似たようなことをやっている
馬鹿か?アイヌ(北海道)と琉球(沖縄)が独立したままだったら
確実に中共やロシアの餌食か滅亡寸前のボロボロ国家だろーが。
つーかそんな事は台湾を見れば普通に分かると思うんだけどな・・・w
居るんだな、こーゆーバカが・・・w

360 :右や左の名無し様:04/12/29 05:07:31 ID:???
>>359
バカか?日本がアイヌや琉球に侵略したのは中共やロシアが進出してくる遥か前からだろうが。
それに仮にそういう外国勢力が進出してきたとしても、それに対してどういう対応をとるか、つまり日本の傘下に入るか独立してやっていくのかそれとも第3国の傘下に入るのかは彼らが自主的に決めるべき問題だろ。
また、あのような過酷な同化政策を行わなくとも、そういう目的は達成できる訳だ罠。

ま、いずれにしても口実はどうあれ日本が琉球やアイヌに対して強引に併合して同化させたということを認めるなら、別に問題はないのだが。

361 :右や左の名無し様:04/12/29 20:43:32 ID:???
>>360
>彼らが自主的に決めるべき問題だろ。
知らねーよバカw
彼等が勝手に日本に「併合してくれ」っつったって、全ては日本が決める事だろーがw
てゆーかそんなに日本がイヤならいっそ中共の属国にでもなれば? 後はシラネ♪

362 :右や左の名無し様:04/12/29 23:28:34 ID:???
>>360
琉球、アイヌ、台湾、朝鮮を護るために本土(日本)人がどれだけ死んだか分かってんのかね?w
何? 護ってもらうかどうかは彼らが自主的に決めるべき問題ってか???w バカか?w
じゃあ自主的に死ねば?w

363 :右や左の名無し様:04/12/30 14:39:40 ID:9tB7hOQR
自由討論は議会が機能しうる為の必須条件であり「議会内の言論の自由」を大日本大日本帝国憲法第五十二条で謳っている。
議会内の賛成の多数は自由な討議によって獲得する。
これが無ければ政治家は只の木偶となり国会は機能を停止し国民の信頼を失い立憲政治は機能しない。
戦前の日本の政府は軍部大臣現役制が癌になっていたため論理的に機能しなくなってしまう危険性を孕んでいた。
軍部大臣が辞職すれば内閣は解散してしまう(天皇の大権すら阻害できる)ので軍部が政治をコントロールする事が出来るからだ。
山本内閣は勇断によって軍部大臣現役制の現役規定を削除して陸海軍大臣の補人資格を
予・後備役の陸海軍大中将にまで拡大した。
軍部大臣が現役制で無く予・後備役制まで広がれば予・後備役の就任は軍部の文官大臣制へと繋がる。
現役こそが軍人であり予・後備役に編入した途端に軍人では無くなる。
軍部大臣が現役軍人で無い場合、軍に対して大臣が共同歩調をとってくれるとは限らない。
そう言う状況を嫌悪して予・後備役の軍部大臣が就任する事が無いように自制して軍部は
政治に余計な口出しをしないようにしたが2・26事件にビビった広田内閣は
迂闊にも軍部大臣現役制を復活させてしまった。
支那事変の様に出先の軍隊が暴走しても内角に軍隊の指揮権は無いからどうする事も出来ない。
しかし、言う事を聞かない指揮官は片っ端からクビにすれば良い。
軍部は政治に口を挟めないから勝手に戦争を始める部隊はいなくなる。
高級将校は官僚だから役人根性コチコチなんで大臣を暗殺してまで政策を阻止しようなんて思わない。
さらにいくら政党が腐敗して民衆の信頼を失い民意が軍部に傾いてもその対象は青年将校であり
軍閥や高級将校は政党同様腐敗し君側の奸として暗殺の的になっていた。
政府は不拡大方針を堅持したが軍隊が勝手に動いてしまうので戦争は拡大するばかり。
外国から見れば不拡大方針の言明で外国を安心させておいて結局戦果をあげて既成事実を作ってしまうとは
なんて狡い国策だと言う事になって日本の信頼は地に落ちる。

364 :右や左の名無し様:04/12/30 14:46:48 ID:???
>>362
禿道です!

>>360
ま、100年以内に詩にな
  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~

365 :右や左の名無し様:04/12/30 20:10:08 ID:???
これから百年以内に詩ぬ人が殆どかと
百年過ぎたら長命でかなり目出度い罠

366 :右や左の名無し様:04/12/30 22:44:43 ID:???

琉球(沖縄) : 日本側として敗戦。その後も日本( 経 済 大 国 )の統治下にある。
台湾 : 日本側として敗戦。“第三国”となったが、その後は(強制的に)中国の一部となる。

やっぱ琉球(沖縄)だろw
ここは戦後ず〜っと本国(日本)を非難ばっかりしてるな。
ここがもし台湾のように中国として再出発してたら、間違いなく「日本の統治時代は良かった」って言ってるだろうな・・・w
国を護ってもらって、裕福な日本として再出発したのを良い事に、ノンキにほざいて、日本に対する感謝ってもんが無いのかね?・・・
やっぱりあいつ等は日本人じゃないんだな。


367 :右や左の名無し様:04/12/30 23:51:07 ID:???
>>366
豆腐の角に頭ぶつけて詩になw

368 :右や左の名無し様:04/12/31 01:38:48 ID:???
日本は村社会なんだよ。
自分たちが暮らしていくために村の掟を決め
みんなで協力し合って暮らしていく。それが日本。

日本における市民革命とは何か。
村の寄り合いを無視して、一部の血気盛んな連中が
自分たちの勝手な理想のために暴れまわることだよ。
日本人にとっては協調のほうが大事なのだ

369 :右や左の名無し様:04/12/31 04:01:09 ID:???
>>368
「〜なのだ」という言い方は上から押し付ける感じがあるからやめたほうが
いいのだ。実際、「〜なのだ」を連発するレポート書く椰子ってたいてい
脳が硬直してそうだし。○翼みたいにw

あと、その文章の内容の幼稚さは措いておくとしても、まず社会学や政治学の
ちょっと高級なタームを学習してちりばめると似非知識人っぽい香りがでて
グーだゾ

てか藻前、釣りか!!!

370 :右や左の名無し様:04/12/31 20:45:41 ID:???
>>367
反論する気無い(できない?)んだったら、初めっから黙っててくれるかな???

371 :右や左の名無し様:04/12/31 21:20:54 ID:???
戦争は勝てば官軍
どう考えても白人がアジアに何をしていたかを見れば
日本が軍隊を使って立ち上がらなくてよかったはずはない
日本が維新を同胞の多くの血を流して成し遂げて
富国強兵をしたのも白人たちがアジアで傍若無人だったからだ
アメリカ大陸の先住民のようになってよかったはずはないだろうが

372 :右や左の名無し様:04/12/31 23:11:52 ID:a4BHjl8C
>>367 >>370
低脳同士話が通じるようだな。(´ー`)


373 :右や左の名無し様:04/12/31 23:23:11 ID:???
>>372
喋れて満足か? まあageるにはちょうどいいレスだな。

374 :右や左の名無し様:05/01/02 00:03:58 ID:???
歴史上の戦争は二つの種類に分けられる。
一つは正義の戦争であり、もう一つは不正義の戦争である。
すべて、進歩的な戦争は正義のものであり、進歩をはばむ戦争は不正義のものである。
われわれ共産党員は、進歩をはばむすべての不正義の戦争に反対するが、進歩的な正義の戦争には反対しない。

毛沢東(中国)

375 :右や左の名無し様:05/01/02 21:46:47 ID:???
史上、戦争の正義か不正義かは、勝ったか負けたかが決めてきた。
毛沢東も晩年には歴史がすべてを裁くだろうというような発言をした。

376 :右や左の名無し様:05/01/03 00:28:52 ID:???
しかし、最近の憲法改正論議を見ているとまたもや「いつか来た道」を歩いているような気がするな。
どうやらこの国は、あのバカな戦争から得た教訓をどぶに捨てようとしているらしい。

377 :右や左の名無し様:05/01/03 06:54:06 ID:???
平和ボケこそが戦争のもとなのだということに気づかない人もいる。

戦争を絶対悪と決め付け、思考を停止させ、現実から逃げてばかりの人がいる。
戦争に限らず物事はなんでもそうなのだが
疑い続け考え続けることこそが、もっとも確実で安全な道だろうということすら
考えない人もいる。人間は疑い考え続けることで進化してきた。
それをなくしたら停滞し、大きな破壊と崩壊を招くことになるだろう。

378 :右や左の名無し様:05/01/05 12:21:43 ID:A3KywhxA
戦争は外国からの侵略を防衛する為に軍隊を持っただけ
江戸時代から外国に狙われて、明治維新をおこし
昭和の敗戦までずっ〜と戦って守ってきた
歴史をみても必然だったとしか思えない

先人が築き上げた今の平和を現代人が
何も犠牲無く今の平和を食い潰してるだけ
先人の感謝なくして、真の平和は語れない

379 :右や左の名無し様:05/01/05 12:38:39 ID:???
>>378
>>363をよめ

380 :右や左の名無し様:05/01/05 15:05:47 ID:A3KywhxA
長いから嫌だもん


381 :右や左の名無し様:05/01/05 22:50:54 ID:???
>>371
大人しくヨーロッパの植民地になっておけばよいものを。
ヨーロッパによる平和が世界に訪れていたかもしれないのに、日本が下手に国力つけてロシアに勝ったりするものだから、アジア諸国が勢いづいてその後の独立運動に発展してしまったんじゃねえか。
現代のテロリストが跋扈するような不安定な世界情勢をもたらすことになった元凶も日本だということができるかもしれぬ。

382 :右や左の名無し様:05/01/07 15:21:43 ID:???
最後通牒を突きつけられてやられたのはイラクと同じ事。
北朝鮮には核疑惑と中国と北朝鮮の軍事同盟があるからしないだけ。
今は核疑惑だけでしないだけ。

人間だって追い込めば反撃に出るのは当たり前の事。
日本にアメリカとの戦争責任は無い。

383 :右や左の名無し様:05/01/07 16:09:09 ID:???
>>381
かわいそうに・・・・・

384 :右や左の名無し様:05/01/07 18:23:59 ID:wZegJv7G
1 名前:192.168.0.774 投稿日:05/01/07 15:16:08 ID:waOW4YU2
支那人が靖国神社HPにサイバー攻撃をしているそうな。
これは反撃するしかない!
手順は
@攻撃目標を決める
A攻撃ツールを公開
B一斉攻撃
みんなの協力が必要だ。このまま黙っているだけでは日本人が廃るぞ。

(ソース) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050107-00000003-zdn_n-sci


385 :右や左の名無し様:05/01/09 22:17:20 ID:???
>>383
ほっとけほっとけ
≫381などは左翼を突っ走って自業自得でおかしくなった成れの果てだ

386 :右や左の名無し様:05/01/12 07:22:02 ID:2bzdoI4s
>>348
という事は、日本を責める資格のある国もなくなるなw

387 :右や左の名無し様:05/01/12 13:21:21 ID:???
日米戦争責任無し。
アメリカは戦争を仕掛けさせるのが得意。
メイン号事件でキューバやフィリピン等をスペインから分捕り、
テキサス独立を煽り、援助するがアラモ砦を見殺しにしてメキシコに報復、
テキサス等当時のメキシコの国土の半分以上を分捕る。
交渉とは言えない要求を突きつけて真珠湾を攻めさせ日本と開戦。
他との戦いも責任無し。
大航海時代から4世紀も続く白人至上主義、植民地化、奴隷化に巻き込まれない為
には自衛やむなし。
原住民無視、原住民自治があっても国際法の主体たる国(白人国)が統治しない
なら主が無き国とし、初めに領有した国が権利を得る。
主国の為に現地無視の一作物生産(これが現アフリカ等の貧困の原因)、高税率
による圧政。十数年間で原住民が半分位まで減る国も多かった。
それに従えと?
中国に進出したのは事実。それによって殺された中国人も数多く、
中国人が日本人を嫌うのは仕方ない。戦争とはいえ。
しかし、すでに中国に進出してた英仏及び、他国に上記の行動をしてた欧米諸国
に侵略うんぬん言われる筋合いは無い。
東京裁判?勝ちが負けを裁くのは公平では無い。あれはリンチです。

388 :383:05/01/12 17:45:00 ID:???
>>385
だな・・・

389 :右や左の名無し様:05/01/12 19:30:57 ID:???
もしあの時戦争してなかったら、いまごろ世界中が白人国家一色だったろうな。
そして俺たち有色人種は奴等の奴隷。想像すると身の毛が弥立つよ。
こんな世界になるのを未然に防いでくれた英霊たちには感謝せねば!

390 :85:05/01/12 19:42:08 ID:f5uVF8cb
>>389
>もしあの時戦争してなかったら、いまごろ世界中が白人国家一色だったろうな。
いい加減な分析だよな。当時の日本がちゃんとして国民党と手打ちしていれば
台湾なみの発展が中国本土で実現したかもしれないんだぜ?

391 :右や左の名無し様:05/01/12 20:52:34 ID:???
>>390
>当時の日本がちゃんとして国民党と手打ちしていれば
したんだけど>>363に書いてある様に郡部が独走して踏みつぶした。


392 :右や左の名無し様:05/01/13 00:32:09 ID:???
>>390
>台湾なみの発展が中国本土で実現したかもしれないんだぜ?
それはまずいだろ!10億人を超える人口で台湾並みの発展なんかされたら
エネルギーの消費量なんてもう桁違いの量にたってたろうよ。環境破壊が余
計に進むだけだ。

393 :右や左の名無し様:05/01/13 05:52:55 ID:???
>>1に書いてある通りだ!
どうしても日本が悪かった事にしたい反日派が頑張ってるみたいだが、無駄な努力。
日本は悪くない。

394 :右や左の名無し様:05/01/13 06:18:13 ID:???
>日本は悪くない。

オマエ裁判官か?ヘボ右翼が。
法治国家においては、悪いかどうかは裁判で決めるんだよ。しらねーの?
裁判で悪いといわれたら、たとえ事実がどうであれ悪いんだっつーの。
その裁判が気にいらねえならテメーでそう国際法廷に訴えれば?
戦争に負けたんだからしょうがねーだろ。負けを認めろ。
みんな言いたいことがあっても負けを認めて生きてんだよ。
負けたくせにウジウジいつまでもみっともない。
日本男児なら潔くシャキっとせんかい!
それが嫌ならこの国から出てけ!
ほんとに日本にいらねーよ。
邪魔っつーか、国益に反するわな。日本の損だ。
とっとと日本から出てって、中国とでもどことでも勝手に戦争してこい。
貴様こそ反日派だ!!ヘボ国賊が!
はよ目をさませボケ!!

395 :右や左の名無し様:05/01/13 12:40:53 ID:???
>>394
東京裁判では、インド人のパール判事が「全員無罪」を主張したんだが、
何としても東條たちを裁きたいアメリカは「南京大虐殺」などの架空の話を
でっち上げてまで日本の戦争責任を追及した事実がある。
そんな不当過ぎる裁判を肯定してどうすんのよ。

396 :右や左の名無し様:05/01/13 16:27:25 ID:???
>>394
必死だなクソサヨ。
脳内だけで謝罪しかできねーくせに謝罪させようたって無駄だぜ。
中共みたいなクソに誰が行くかよ。
てめーが中共大好きなんだから勝手に行けば?つーか自分のカネで謝罪しろよ。
そもそも裁判も終わったんなら何を謝罪すんだ?



397 :右や左の名無し様:05/01/13 16:27:56 ID:???
>>395
おわったことをいつまでも未練がましいな〜。
あの時代に戦争に負けるとはそういうことだろ。
勝ってる時は威勢の良いことほざいといて、
負けたら「公平な裁判を〜(涙」ってバカか?
生き恥を晒すのが嫌なら切腹しればよかったのだ。
そんなに不服ならこんなところで負け犬の遠吠えをしないで、
君も自分の命で訴えたら?
東スポのはじっこくらいには載れるかもよ?

398 :右や左の名無し様:05/01/13 16:47:40 ID:???
>>397
>おわったことをいつまでも未練がましいな〜。
は? いつまでも未練がましいのは中共の方ですが何か?
>勝ってる時は威勢の良いことほざいといて、負けたら「公平な裁判を〜(涙」ってバカか?
バカか?日本は毎回勝ってたが、敗戦国に対しても公正な処分してましたが何か?

399 :右や左の名無し様:05/01/13 17:05:58 ID:???
>は? いつまでも未練がましいのは中共の方ですが何か?

君も同類だろ?人のふりみて我がふりなおせってな。

>日本は毎回勝ってたが、敗戦国に対しても公正な処分してましたが何か?

公正な処分なんかしてるわけねーだろボケ。本気でそんなこと信じてるのか?
今時そんなことほざいてんのはエセ右翼団体とよしりん教くらいなもんだぞ。さては信者か?
なんでシナ人とかチョンとかのような下党連中を我々日本人と同じに扱わねばならぬのだ?あ?
あんな奴隷連中相手にマジ腹立ててるウジ虫どもよ。はずかしいからやめれ。
つーかはよ日本から出てけ。しっし。

400 :右や左の名無し様:05/01/13 18:56:58 ID:???
確かぁ、賠償金を払ったとおもったけど。
でも、某国はそれを無視(忘れたフリともいう)して、請求したことあったな(W

401 :右や左の名無し様:05/01/13 23:37:50 ID:???
>>399
自分の無知ぶり自慢してどーすんだ? 死ねよ


台湾
>>http://sakuranohana.jp/book_suteki.html

その他のアジア
>>http://www.jiyuu-shikan.org/faq/A03.html


ちゃんと戻って来いよw

402 :右や左の名無し様:05/01/13 23:52:25 ID:EeVyL0jO
>>401
偏った立場から、特定の意見だけを抜き出して得意になってる理由ってなんだい?

403 :右や左の名無し様:05/01/13 23:55:29 ID:???
ここでみるクソウヒョの主張って、たんなるワガママで

香具師等が批判してやまない中国人・韓国人と同レベル
の歴史観(=自慰史観)でしかないのな

なんで先進国をわざわざ、三流国と同じ民度に下げようと
するのかねぇ?(w

404 :右や左の名無し様:05/01/14 00:00:45 ID:YcRU5Jwh
>>403
日本の民度も三流国なみってことじゃないの?

405 :右や左の名無し様:05/01/14 00:21:19 ID:???
【 相対的に歴史を見られない自慰史観ってこのレベル 】
     ↓  ↓  ↓

    〃〃∩  _, ,_
     ⊂⌒( `Д´) < 負けたんじゃない!
       `ヽ_つ ⊂ノ    正当な目的で戦争したんだい!
      _, ,_
     (`Д´ ∩ < アジアの人たちは
     ⊂   (     ボクの国を尊敬しているに違いない!
       ヽ∩ つ  
         〃〃
    〃〃∩  _, ,_
     ⊂⌒( つД´) < ボクの国はぜんぜん悪くないんだ! 
       `ヽ_ ノ ⊂ノ
              
      ∩
     ⊂⌒(  _, ,_) 
       `ヽ_つ ⊂ノ
              ヒック...ヒック...

           ※ ただし「自虐史観」もどうかとおもうが・・・・・・


406 :右や左の名無し様:05/01/14 01:54:37 ID:???
一敗戦国以外の何者でもない。
しかし同情すべき点はある。

407 :右や左の名無し様:05/01/14 03:09:35 ID:???
日本に戦争責任無し!というのは誤りだろうと思う。

だが日本が悪かったかといったらそれは答えが存在しない。

408 :右や左の名無し様:05/01/14 14:56:01 ID:???
要するにサヨクは欧米列強によるアジア侵略を正当だったといいたいのだ。
そしてついでに日本も植民地にされて白人たちの奴隷になりたかったと。

409 :右や左の名無し様:05/01/14 15:55:05 ID:???
>>408
左翼は現在進行中のアメリカのイラク侵略を、批判していますが?

410 :右や左の名無し様:05/01/14 17:25:28 ID:???
ウヨの東京裁判批判って虚しいんだよね。
ハル・ノートも、対華21箇条などとの比較をしなければ、
ただのダブスタ。

しょせん、戦後日本は自分で自分のケツを拭けなかったってこと。
官僚機構の無能・無責任を天皇も国民も裁けなかった。
それに目をつぶり、必死になって東京裁判やGHQに責任転嫁し、
甘美な被害者意識に逃げ込むウヨは女々しい。
いわゆるサヨ連中の態度となんら変わり無い。

オウム真理教や、バブル戦犯経営者どもの同類だと、
自ら表明するようなもの。

411 :右や左の名無し様:05/01/14 21:06:05 ID:???
>>401

おまえ本当にオメデタイ奴だな。
そんなものを本気で信じる日本人がいること自体信じられんわ。
つーか君は日本人じゃない。決定。即刻国外追放だ。しっし。

412 :右や左の名無し様:05/01/14 22:43:14 ID:???
>>411
てゆーかお前は日本に居たいのか?w

413 :右や左の名無し様:05/01/15 02:27:39 ID:???
>甘美な被害者意識に逃げ込むウヨは女々しい。
>いわゆるサヨ連中の態度となんら変わり無い。

激しく同意!
「日本は悪いことをしたのです!反省しましょう!謝罪しましょう!」ってのも、
「日本は悪くないのです!悪いことにされてしまってるだけなのです!抗議しましょう!」ってのも、
結局、自虐的思想にしがみついて生きてるだけじゃんw


414 :右や左の名無し様:05/01/15 03:38:10 ID:???
アホなガキばかりかと思えば、少しはわかっている者もいるんだな。

415 :右や左の名無し様:05/01/15 03:42:37 ID:???
>>412
まだ日本にいんのかよ!早く消えろ!殺すぞ猿!

416 :右や左の名無し様:05/01/15 05:50:50 ID:o6TusJuF
>>413
という事は、やはりまともなのは
「反省すべき点は反省し、そうでない部分については、必要が有ればきちんと主張していこう」
と言う右翼の方が良いって事だな。


確かに納得。

417 :右や左の名無し様:05/01/15 06:00:36 ID:1MvABW6l
>>416
そうだね。必要が無いことは主張するなってことだよ。

418 :右や左の名無し様:05/01/15 16:49:26 ID:???
勝負アッタ。
このスレ終了。

419 :右や左の名無し様:05/01/15 20:02:04 ID:???
      _ _,,___
    i ',,. ‐ ー-‐ー` .、
    /´        `;,       ΛΛ
   li         ,/   〈       (   )
   /l   `ヽ     -`、     (_ <ъ
  ./;;ゝ  ,'、          ヽ    ,0宀0~
 /;;/   .γ::⌒ヾ、      ゙、  ,:'  ,:'゙
. iヽi    ,!' :: .:::,,;;リ ,,_    \'' ,:'
. l il    ノj ,`ヾ,, ノ  `ヽ、 〃`〃¬:r''""'':,
 ーl  ー'--`ニ,,´ー ,,    .:`''ー,:''--┴!..「」ノ
  '、_,,__l_l,,l i l 彡  ,:':'  ,:''
         ` ー '
        ノ`ー───
       | give up

420 :右や左の名無し様:05/01/15 21:28:25 ID:???
>>415
お〜い、何ファビョってんだよ猿?w
俺は日本に居つづけるわ、日本を愛してるからな。謝罪なんかしねーよバカ。
三馬鹿は嫌いだからな。絶対行かねーよ。 お前は謝罪を要求してるくせに日本を愛してるのか?
意味不明だなw 死ね。

421 :右や左の名無し様:05/01/16 13:24:12 ID:???
>>420
全くその通りだな。>>415みたいな大陸半島大好き野郎なんざ日本に存在する意味はない。



422 :右や左の名無し様:05/01/16 15:55:25 ID:ezmnbq7W
>415
>420
>421
等しくモチケツ


>416
その「謝罪すべき所」の分別が難しい


423 :右や左の名無し様:05/01/16 17:14:15 ID:???
>>422

>>416
>その「謝罪すべき所」の分別が難しい

直接のアンカー>>416には「謝罪すべき所」などと言う文章は入って居ない。
なんとなく「謝罪しろ」と言ってる奴等のメンタリティーが解った気がする。

424 :オトコ一本:05/01/16 18:21:46 ID:???
にげるなや おとこなら責任をとれや

425 :右や左の名無し様:05/01/16 19:47:15 ID:???
>>424
反論できないからって、また話を一から始めるつもりか? 何度やったって無駄だよw
>>415だってまだだろ?、てゆーかもう戻ってこないんじゃないか?w

426 :nanasi:05/01/16 21:04:21 ID:2EfisKvu
春秋に義戦なし。日本の立場からすれば英米にはめられた。シナにはめられた。
逆もしんであろう。国民が自分の国を正当化するのは、どこの国でも常識。
ゆえに日本人が日本の歴史を正当なものと思うのは自然の理。

427 :国境の無い世界から来た男:05/01/17 09:48:35 ID:???
様々なサヨクウンドーを通じて、サヨクが結局何を言いたいのかと言うと、
「ボクは善意に満ちた意識の高いリッパなシトだ。エライんだぞお。」ということだ。
サヨクは往々に「意識が高い」とかいう表現で自分や自分の属する思想組織を表現したがる。
「市民意識が高い」「人権意識が高い」など。
その一方政敵はもちろん民衆に対しては「市民意識が低い」「人権意識が低い」などと罵倒したがる。
特に戦前の日本の民衆を。実はサヨクがサヨクである大きな理由がこの点にこそある。
サヨクがサヨクである最も主要な目的の一つは、
世間一般の人間を「意識の低い馬鹿(オウム真理教でいうステージの低い人間)」と規定し、
自らを「意識の高い賢者(オウム真理教でいうステージの高い人間)」と規定するファンタジーに身をおくことにある。
サヨクウンドーに参加すれば「チミは善意に満ちた意識の高いリッパなシトだあ。」と先輩サヨクもおだててくれ、そう思い込ませてくれる。
なんとも嬉しいではないか。

ところが、筆者のように徹底してサヨクの現実を突きつけ、サヨクの夢想ファンタジーを破壊する人間がいたりする。これはサヨクが最も嫌うことだ。
「ボクは善意に満ちた意識の高いリッパなシト。」と思い込みたいばかりにサヨクをやっているのに、
サヨクであることを理由にこき下ろされたらサヨクをやっている甲斐がない。


428 :右や左の名無し様:05/01/17 17:30:51 ID:byRRNWwK
韓国政府が国民に補償義務 外交文書公開で判明

 韓国政府は17日、日韓国交正常化交渉の1963−65年の外交文書の一部を公開、
日本の植民地支配に伴う補償などの請求権については両政府間で一括して解決するため、
被害を受けた韓国国民への個人補償義務を日本政府でなく
韓国政府が負うと確認していたことが明らかになった。
強制徴用などの被害者が日本政府に個人補償を直接求める道を閉ざしたことになり、
今後、韓国内で同国政府に対する批判が高まる可能性もある。
 文書は請求権に関する5件、計約1200ページで、今回初めて公開された。
日本政府は公開に慎重な姿勢を要請したが、韓国政府は「国民の知る権利を満たし、
政府の透明性を高める」として公開に踏み切った。
韓国政府は今後も外交文書の追加公開を行う方針。
 韓国外務省は同国経済企画院の質問に答えた64年5月11日付の公文書で、
62年11月の金鍾泌中央情報部長と大平正芳外相の会談により
「(個人請求権を含め)各請求項目を一括して解決する」とし
「(韓国)政府は個人請求権保有者に補償義務を負うことになる」と明言している。
 既に明らかになっているが、61年5月の日韓会談で日本側は個人補償の姿勢を表明した。
しかし、韓国政府は「国内問題」として断り、関連法を制定、75年から77年まで補償を実施した。
 徴用された死亡者8500人以上に対し、
総額約25億7000万ウォン(当時のレートで約37億2650万円)
を遺族に支払うなどしたが、
負傷者ら生存者は対象外で補償から除外された者も多くいたという。(共同)
(01/17 16:18)

429 :地獄の質問者:05/01/17 18:36:19 ID:uBYQ194R
日本外務省、「日本軍による南京での殺人・略奪行為は否定できない事実」

日本の外務省スポークスマンの沼田貞昭氏は19日、当時の日本軍による南京
における殺戮(さつりく)行為は否定できない事実であると語った。

上記は、沼田貞昭氏が新華社の記者によるインタビューに応じ、語った言葉で
ある。沼田氏は、旧日本軍が1937年南京に侵入し、一般市民を殺害し、略奪行
為を行なったことは、否定できない事実であり、政府によるこれらの認識は、集
会を催した団体の認識とは異なっていると表明し、以下のように強調した。

日本政府の歴史認識に関する考えは、日本の村山富市元内閣総理大臣が
1995年8月15日の談話において明らかにした、「我が国は遠くない過去の一時
期に、植民地的統治と侵略によって多くの国、特にアジア諸国の人々に極めて
大きな損害と苦痛をもたらした。我々は、この歴史的事実を謙虚に認め、ここ
で改めて痛切な反省と心からの謝罪を表する」という言葉と変わっていない。
現在に至るまで、日本政府のこの考えには、いかなる変化もない。

「人民日報」 2000年1月20日1面
ttp://fpj.peopledaily.com.cn/2000/01/20/newfiles/a1020.html

430 :右や左の名無し様:05/01/17 18:52:08 ID:byRRNWwK
韓国政府が国民に補償義務 外交文書公開で判明

 韓国政府は17日、日韓国交正常化交渉の1963−65年の外交文書の一部を公開、
日本の植民地支配に伴う補償などの請求権については両政府間で一括して解決するため、
被害を受けた韓国国民への個人補償義務を日本政府でなく
韓国政府が負うと確認していたことが明らかになった。
強制徴用などの被害者が日本政府に個人補償を直接求める道を閉ざしたことになり、
今後、韓国内で同国政府に対する批判が高まる可能性もある。
 文書は請求権に関する5件、計約1200ページで、今回初めて公開された。
日本政府は公開に慎重な姿勢を要請したが、韓国政府は「国民の知る権利を満たし、
政府の透明性を高める」として公開に踏み切った。
韓国政府は今後も外交文書の追加公開を行う方針。
 韓国外務省は同国経済企画院の質問に答えた64年5月11日付の公文書で、
62年11月の金鍾泌中央情報部長と大平正芳外相の会談により
「(個人請求権を含め)各請求項目を一括して解決する」とし
「(韓国)政府は個人請求権保有者に補償義務を負うことになる」と明言している。
 既に明らかになっているが、61年5月の日韓会談で日本側は個人補償の姿勢を表明した。
しかし、韓国政府は「国内問題」として断り、関連法を制定、75年から77年まで補償を実施した。
 徴用された死亡者8500人以上に対し、
総額約25億7000万ウォン(当時のレートで約37億2650万円)
を遺族に支払うなどしたが、
負傷者ら生存者は対象外で補償から除外された者も多くいたという。(共同)
(01/17 16:18)

431 :右や左の名無し様:05/01/17 18:52:12 ID:cJDyKbqG
http://mypage.odn.ne.jp/home/syusuke3821/

432 :右や左の名無し様:05/01/17 19:16:42 ID:???
>>429
証拠品といえる証拠品が何一つ無いのに証言だけで事実として受け止める外務省かぁ・・・

もうね、ヴァクヮかと。アフォかと。

433 :右や左の名無し様:05/01/17 19:36:09 ID:???,
>>429
koueiか?

434 :右や左の名無し様:05/01/22 09:15:06 ID:???
>>432
戦争中に、殺人行為や略奪行為が起きてしまうことは否定できない

と言ったに過ぎないのかもよw

435 :ご意見番:05/01/22 12:03:41 ID:HdxHOp0W
あのね。証拠第一主義は一般的な裁判の中でのこ
とですよ。国家間、或いは国家と公人との問題に
関してはもっと大きな視点で論議しないと他国か
ら馬鹿にされてしまいますよ!

436 :右や左の名無し様:05/01/22 16:38:42 ID:???
>>435
じゃあ裁判して事実と認められてから受け止めろよバカw

437 :右や左の名無し様:05/01/22 19:21:04 ID:???
>>435
大きな視点・・・

      ブッ

438 :右や左の名無し様:05/01/23 01:47:56 ID:???
>>435
近代の法の精神は
疑わしきは罰するではありません。

近代の法の精神は
疑わしくても確固たる証拠なしには罰さない
というものです。

国家レベルの問題とはいえ
東京裁判で裁かれたのは、一人一人の人間です。
人間の尊厳を無視するならば、確固たる証拠がなき有罪があってもいいでしょう。

439 :右や左の名無し様:05/01/23 23:06:30 ID:???
世界で一番進んでいる国として自他共に認めている米国は
疑わしきイラクを罰してついに大量破壊兵器はどこにもなし
冤罪を処刑したのにまだ裁き続けている

440 :右や左の名無し様:05/01/23 23:10:00 ID:+RLZsCfz
>>439
まぁ、それが国対国の現実だな
子供には厳しすぎるかも知れんがね。

441 :右や左の名無し様:05/01/24 01:19:20 ID:???
昔のこといつまでも言う奴ってホント暇人。
日本は悪くないとか、
日本は悪いとか、
バカみたい。
死んだのは所詮アカの他人なくせに、
別に痛くも痒くもないくせに、
本当は悲しくも悔しくもないくせに、
政治家や漫画家やその他諸々に与えられた
他人の思想に影響されすぎ。
私も含めて人間誰でも外部に影響されるものだけど、
それにしても昔の日本の戦争の話に
しがみつく人達って自分がなさすぎ。
経験したわけでもないのに、
さぞわかったような風なこと言って、
なんかみっともない。

442 :右や左の名無し様:05/01/24 06:37:10 ID:???
>>440
そういう現実なのにひたすらアメリカに依存しよう、
頼ろうとする馬鹿な国があるな。

443 :右や左の名無し様:05/01/25 15:21:38 ID:???
>>441
まだ言ってんのか?w

444 :右や左の名無し様:05/01/25 17:25:35 ID:???
>>441
>昔のこといつまでも言う奴ってホント暇人。
>死んだのは所詮アカの他人なくせに、
>別に痛くも痒くもないくせに、
>本当は悲しくも悔しくもないくせに、
>政治家や漫画家やその他諸々に与えられた
>他人の思想に影響されすぎ。
>経験したわけでもないのに、
>さぞわかったような風なこと言って、
>なんかみっともない。

長いね・・・。 それはともかく、
南京大量虐殺をいつまでも言う中国人に不敬だぞw

445 :右や左の名無し様:05/01/26 22:31:29 ID:???
ありもしない大虐殺をいつまでも言う支那人な

446 :右や左の名無し様:05/01/26 22:45:30 ID:HuAAn/l4
大虐殺はあったかもしれないが、中国人への孤児は労働力で酷使、人肉を食う習慣は中国が先。
ひつこい性格と自己中心中華思想、チャイナタウンがはびこる全世界からも嫌われている

447 :右や左の名無し様:05/01/27 00:30:52 ID:???
日本に戦争責任はあると思うが、
昭和天皇に戦争責任はない。

448 :右や左の名無し様:05/01/27 12:11:00 ID:I5XYSNtm
南京大虐殺はありましたよ。
中国共産党がやりました。それが定説。

449 :右や左の名無し様:05/01/27 15:37:13 ID:8WcRLG1p
 南京大虐殺の真相教えてください

450 :右や左の名無し様:05/01/27 20:03:31 ID:???
>>449
秦の焚書抗儒とか楚の項羽がやった鏖殺(おうさつ)など
支那の史書に見える漢民族が繰り返してきた大量虐殺の記事を
日本兵が支那人に対してやったこととして翻案した作り話
日本人は獣肉を忌む農耕民族で鏖殺のような歴史はない
(信長の叡山焼き討ちなどの「例外」はあるにはあるが)

451 :一部追加しました:05/01/27 21:27:00 ID:hsKn/CfO
兵士1人が日本刀1本で100人以上の人間を斬り殺せるほどの戦闘能力と有り余る予備の日本刀を持ち、
銃剣と単発銃のみで80万人以上殺すなど、原爆以上の破壊力を持つ携行兵器を誇り、
各植民地で無駄に現地人を殺してまわるほど武器弾薬が余っていて、
揚子江の川幅を2m以下にしたりするほどの高い土木技術を持ち、
沖縄で米軍上陸後も市民に玉砕命令が出せるほど命令系統がしっかりしていて、
開戦前からオランダ占領時のインドネシアにも日本軍用の慰安婦を送り込むほど先見性があり、
日本兵の数を上回るほどの従軍慰安婦を一日に一人あたり何十人も暴行するほど体力と食料があって、
AVが無かった時代にも関わらず慰安婦に顔射するほど独創性に富み、
韓国で文化施設はもちろん一般家庭にある辞書から料理本に至るまで処分してまわるほど暇で、
保護するために植民地ではなく「併合」したにも関わらず、韓国の運気を捻じ曲げるために、山の頂上に鉄杭を埋め込むほど風水に明るく、
韓国の優れた建築施設・街・鉄道を全て接収することなく破壊し尽くした上、新たに日本のダメな建築物に建て替えるほど資源と資金が有り余っていて、
当時の朝鮮の人口のおよそ半数近くを日本へピストン輸送するほど燃料と船舶が豊富で、
中国で家々に火を放ちまくり無駄に虐殺した民間人の死体を一カ所に集めてたっぷりとガソリンをまいて燃やすほど石油資源に余裕があり、
広く険しい中国大陸を大軍勢で移動していたにも関わらず、各地区の兵士や民間人が逃げる暇も無い程のスピードで動き回るなど金メダル級の運動能力を誇り、
田舎から都市部まで全ての街道を余す所無く隅々まで破壊し尽くし、さらに人気の無い山の奥深くでさえ草一本残さず毟り取る程の根気と几帳面さを兼ね揃え、
11歳が戦場で暴れ回るほど若い内から逞しく、
終戦後になぜか意味の無い強制連行を行いまくるほどの軍備と余裕があり、
圧倒的科学力を誇る朝鮮の反日勢力になぜか圧勝するほど運がよく、
朝鮮人を殺しまくりながら人口を2倍にするという魔術を持ち、
敗戦国でありながらGHQを手玉にとって朝鮮戦争を起こすようコントロールするほど政治力と外交能力に長け、
もともと無い記憶を奪えるという摩訶不思議な技術を持っていた
大日本帝国が敗戦したことは、人類史上最大のミステリー。

452 :銀の鈴:05/01/27 21:40:14 ID:GIqYRpLy
>>450
>獣肉を忌む
薬食いと称して、結構獣肉を食べていました。また、生類憐みの令が出るまでは日本人も犬を食べていたした。
>>451
いい加減に、38式歩兵銃を単発銃と言うのはやめろや。知識不足の馬鹿にしかなってないぞ。
それと、併合した後、朝鮮人には神社の参拝を強制したり、日本語教育をしたり(一応良い事か)したけど、選挙権も徴兵も無かったなあ。
「併合」なんて言っているけど、実態は植民地化ですよ。

別に答えてくれなくてもいいけど、何故「南京」事件なんだろう?
日本軍が占領した主な都市は「漢口」「徐州」といくつか有るけど、何で「南京」だけ虐殺があったことになるのだろう?私なら、どうせ捏造するなら全部でやった事にするだろう。

453 :右や左の名無し様:05/01/27 23:24:30 ID:8WcRLG1p
南京大虐殺を信じている人がけっこういるけど、はっきり違うと実証して
いう偉い人はなぜいないのか。はっきり潔白を証明してすっきりしたい。


454 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :05/01/28 00:33:41 ID:???
「アウシュビッツ解放60周年」などと称して、ロシアのプーチンや
アメリカの閣僚がセレモニーをやっているが、そんなにロシアや
アメリカが「人道的」だったのかよ?
笑止千万だ。

455 :右や左の名無し様:05/01/28 00:56:29 ID:???
>>452
>38式歩兵銃を単発銃と言うのはやめろや。
俺は小学校で、日本兵の武器と米兵の武器の差を教えられた。
「米の武器に対して、日本軍はこの程度の武器しか持っていなかった。
にも関わらず、戦争を仕掛けた。実に無謀だった。」ってな。

>選挙権も徴兵も無かったなあ。
日本への選挙権? 朝鮮は「大韓帝国」という独立国でしたが何か?

456 :右や左の名無し様:05/01/29 15:35:52 ID:RijEeFNA
つーか、みんなでもっかい戦争しようぜ!

457 :右や左の名無し様:05/01/29 15:46:07 ID:XfBpl2NQ
ニッポン無責任時代

458 :右や左の名無し様:05/01/29 15:47:05 ID:???
まあそうだけどな。しかし東京裁判自体からして主催した国はその後
てんでバラバラになってしまったわけで。
反省の身を示すとしたら遅まきながら米英連合軍の一員として
本格的に参戦して身の証を立てるのが肝要。

459 :右や左の名無し様:05/01/31 19:02:28 ID:???
男にはどうしようもない闘争本能がある
戦争をずっとしない国家は国内の犯罪が凶悪化するおそれが大きい
それは教育の充実によって回避されることもある
だが教育の現場に相変わらず日教組などが幅を利かせているようでは
十分には対応できない

460 :右や左の名無し様:05/02/02 18:13:27 ID:???
    |┃三     , -.―――--.、
    |┃三    ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ
    |┃    .i;}'       "ミ;;;;:}
    |┃    |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:|
    |┃ ≡  |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|
    |┃    |  ー' | ` -     ト'{
    |┃   .「|   イ_i _ >、     }〉}     _________
    |┃三  `{| _;;iill|||;|||llii;;,>、 .!-'   /
    |┃     |    ='"     |    <   話は全部聞かせて貰ったぞ!
    |┃      i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {     \  貴様ら全員シベリア送りだ!
    |┃    丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ     \
    |┃ ≡'"~ヽ  \、_;;,..-" _ ,i`ー-     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃     ヽ、oヽ/ \  /o/  |    ガラッ

461 :右や左の名無し様:05/02/05 09:14:37 ID:???
先日某コンビニに寄ると『おいしさシベリア』と言う名の
カステラに微妙に羊かんちっくなこしあんが挟まれた
パン?(←このコーナーにあったからなんですが…)を
発見しました。珍しい物好きであんこ好きな自分はとり
あえず買って食して見ました。なんとも言えない懐かしい
味!昔食べたことがある感じなのですが…。
しかし、このネーミングはなんなんでしょう?シベリアって
あなた…。ちなみにヤマザキパンから発売されています。
はたしてこのネーミングの意味は?だれか知っている人が
いたらぜひ、教えて頂きたく書込みしてみました

462 :右や左の名無し様:05/02/06 17:35:54 ID:rsQWaymG
>>1
それを世界的に主張するには
鎖国しなきゃ
それは無理だと思うから、脳内&2ちゃんで我慢しときましょう

463 :銀の鈴:05/02/06 18:50:02 ID:Y+ojkNGo
>>461
カステラに羊羹(?)を挟んだ和菓子?「シベリア」は、私も好きです。
あの名前の由来は、シベリア出兵で『雪原を行く列車』そっくりの見た目から来たと言います。
ほら、カステラが雪原に…羊羹が貨車に……
イロイロなメーカーから出ていたと思います。
それにしても?ばかりだな。

464 :右や左の名無し様:05/02/06 18:50:39 ID:???
大辞林 第二版 (三省堂)
さよく-しょうにびょう ―せうにびやう 【左翼小児病】<
〔レーニンの著「共産主義における左翼小児病」から出た言葉〕
現実の客観情勢を無視して、物事を観念的・公式的に判断し、
過激な言辞・行動をとる傾向。

465 :銀の鈴:05/02/06 20:44:49 ID:Y+ojkNGo
>>459
闘争本能は戦争には不要です。それどころか邪魔です。
極端な例として、核ミサイルの発射ボタンが『一人では扱えない』離れた所に『複数』用意されているという事があります。「N国のKはひどい独裁者だ、滅ぼしてしまえ」と言う正義漢が、闘争本能のままにボタンを押すことを防止する為です。
現在、軍隊で必要とされているのは、どんな上官の命令を聞き実行するが、それ以外の事をしないロボットです。闘争本能で暴走する単細胞は、軍「隊」の規律を乱す邪魔者でしかありません。
まあ、闘争本能を必要とする場面はありますよ、『戦争を始めたい時』です。独裁国家でもない限り、みんなの意見を聴かないと戦争は出来ません。つまりは単細胞を集めて選挙に勝つのです。

466 :右や左の名無し様:05/02/10 19:58:32 ID:???
人間は「本能が壊れた動物」だそうですから
健常者には“本能”というものはないようです
神のように清く生きよういうモチベーションが強ければ
それが心のそこから成就されることもあるわけですし
淫獣のように性欲をほしいままにして生きよういう
モチベーションを強く持って生きればそうなるわけですし
世の中金がすべてだというモチベーションで生き続ければ
立派な守銭奴にもなれるのです
「本能」ではなく「信念」で人間はいろんな生き方の種類が分かれるのです

467 :右や左の名無し様:05/02/11 20:56:57 ID:???
>>465
人類を進化させたのも闘争本能。

あんたは原始共産制でも始めたらどうですかね。

468 :右や左の名無し様:05/02/12 23:47:08 ID:???
人間は狂ったサルという言い方もあって
進化もあれば退化もあって今の人類があるわけで

469 :右や左の名無し様:05/02/13 04:26:48 ID:???
>>468
人類がサルから進化したって話がまだ根拠付けられてないわけで

470 :右や左の名無し様:05/02/13 19:59:06 ID:???
われわれの常識ではウイルスは病原体である。
そのウイルスが種の壁を超えて遺伝子を運び、
生物を進化させたのではないか?
この理論は、
近年のバイオテクノロジーの進展ともあいまって、
従来のダーウィン進化論では説明できないさまざまな問題を解決するに至った。
果たして本当に生命は、
ウイルスに感染することによって進化してきたのだろうか?

ウイルス進化論は確かに重要な進化のファクターだと言う気はする。
しかし古典的なダーウィン進化論だけを対照としているのが物足りない。
例えば最近の量子進化論の議論などはない。
またウイルスの感染にしても「変わるべき時」だけなぜウイルス感染なのか、
進化の方向性は誰がどうやって決めるのかなど一切触れていない。
たんに中立進化が個体単位でなく集団単位で起きるようにしか受け取れない。
ウイルス進化論は重要なピースだが、
大事な事が足りない、
そうウイルスの意思だ。
種の集合意識がウイルスを操るのだろうか?

471 :右や左の名無し様:05/02/14 21:30:44 ID:???
ウイルスの意思を「神」と呼んできたのだ

472 :右や左の名無し様:05/02/16 22:27:59 ID:???
日本の明治維新では欧化政策を推進していた人々も
心のそこから好きで西洋かぶれをしてたわけではない
仕方がなかったから文明開化を進め富国強兵をしたのだ
西欧人がアメリカの先住民をどうしたか
アフリカの民をどうしたか
一目瞭然だ
支那がアヘン戦争に負けてどんな惨状だったか
日本が立ち上がらなかったら
アメリカ大陸のような
西欧の白人の国を宗主国とする植民地と
白人が政府の要人の独立国ばかりになっただろう
ヨーロッパにはいまだにアジア人の植民地があったことはないが
アジアは白人が支配する土地だらけだった
なんで日本が戦争をしたからといって謝らなければならないんだ?
特にアジアのほかの国からは感謝されこそすれ
非難されるようなことは少しもない

473 :右や左の名無し様:05/02/16 22:46:27 ID:???
>>472
>ヨーロッパにはいまだにアジア人の植民地があったことはないが
ちょいと違うと言われるかもしれないが、ジンギスカンの西方遠征なんてどうかな?
>非難されるようなことは少しもない
殆どの国では、結局は支配者の頭のすげ替えだけで終わったのだから、感謝されなくても仕方あるまい。
あと、非難をしているのはもろに植民地支配を受けた朝鮮と、侵略された支那ぐらいでしょ。そりゃ恨まれる罠。

474 :右や左の名無し様:05/02/17 03:32:23 ID:???
とにかく、今の日本が戦前の日本の教訓を生かすとすれば
『正しい正しくないは別にして、勝ち馬に乗れ』ということと
『中国・朝鮮人は手を組んでも労多くして益少なし(長い目で見れば特に)
なので、短期的な金銭的関係ならいいが、国の長期的政策をかの国と
歩調を合わせるのは避けるべし』の二点だな。

475 :右や左の名無し様:05/02/17 13:14:09 ID:???
>>473
>侵略された支那

厳密に言えば毛沢東が仕組んだのだがな。

476 :右や左の名無し様:05/02/17 17:00:40 ID:Zomf4tfh
アメリカや日本でアルカイダの自爆テロを第二次戦争末期の日本の神風特攻隊と同じく論する人達がいる。
神風特攻隊と今回のカルト教団の無差別テロを同一視するなど、その違いが理解できていないも甚
だしいのです!! この点においては断固としてその過ちを指摘しておきたい!

−−−−−−−−−

日本国憲法。 序文

われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努める 
全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なもの
であり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務である。


477 :右や左の名無し様:05/02/17 17:01:23 ID:Zomf4tfh
少し長くなるが、日本が何故日本が太平洋戦争にやむなくも至ったかの原因から述べさせて頂く。

昭和48年11月、スーパーマーケットで品薄と言われたトイレットペーパーを買おうと押し寄せ
た人々のニュースは、当時の日本を大きく揺るがした出来事、オイルショックの始まりでした。 
しかし、この時のエネルギーの需要の中の大部分を占めるとはいえ石油の輸入は、わずか10%前
後の減少でしか無かったのです。わずか10%の減少で物価は跳ね上がり、モノは買いだめで店頭
から姿を消してしまう。。。。

しかし、昭和十年代当時、太平洋戦争に至る少し前、黄色い猿と蔑視していたアジアの黄色人種が、
第一次世界戦でロシアを打ち負かし欧米列強と互角に渡り合う力を付けたイエローモンキー日本を
封じ込る為に、当時からの世界最大の超大国アメリカが次々にアジアを侵略し、日本への石油や鉱
物資源の80%を奪取し、日本への輸出を禁止してしまったのです。

日本はわずか10%の、しかも石油だけで狂乱物価になりパニックに陥るほどの資源無しの国なの
です。 エネルギーや鉱物資源の80%もの減少とはどういう事なのか読者の皆さんは想像できる
だろうか? 無理だろう。。。。80%という数字は減少という数字に表れる程度のインパクトで
は無いのである。 国に与えるその衝撃!影響たるや、もはや0の世界、無の世界、死の世界なの
である。国の消滅なのです!

鉱物資源が20%しか無いという事は、病院での薬は20%しかないという事なのです。 80%
の人達は死ぬか病気の悪化を座して待つしか無いのです。 病気に罹る以前に、食料が無い、農薬も
肥料も、たった20%しか無いのです。 


478 :右や左の名無し様:05/02/17 17:02:44 ID:Zomf4tfh
ガソリンが無いのだから動かせる農機具も20%しか無い。 食料を運ぶトラックも20%しか動かせない。 農家から都会
まで残りの全てはリヤカーで運ぶしか無いのです。 そんな事が可能でしょうか? 食料だけではない、リヤカーで都会へ工
場や会社、店舗などへの物資の輸送など、0.00001%も出来はしない。

こうして日本は、ただ、ただ、猿!汚し、気持ち悪し、憎しとしいう、アメリカやイギリスロシアなどの白人人種の人種差別
だけの意識により息の根を止められたのでした。

もちろんアメリカはそれを画策し、そのように仕掛けてきたのです。 「日本よ!どうだ!俺達白人の奴隷にしかおまえ達、
猿には、方法は無いんだぞ!さっさと手を上げて降参し、他の猿共、同様俺達の植民地に成れ!!」 そうした態度で、、
陰に陽に迫って来たのです。

さあ、読者の皆さん、 皆さんはこのような立場に追い込まれたら何もせず、座して死を待つのだろうか??それとも世界
中に物乞いをして歩くのだろうか? それとも他のアジアの国々のように日本民族が白人の奴隷として扱われても良いと思
うのだろうか??


479 :右や左の名無し様:05/02/17 17:03:38 ID:Zomf4tfh
戦後、国民の多くを戦争で失ったアメリカは、その反省に立ち、政府や議会が一体となって戦争に至った経過を洗い直しました。 
その公聴会などでの政府の証言が残っています。 アイシャルリターンで有名な、ジェネラルマッカーサーでさえ「日本は自衛
の為に戦争をした」 と証言しているのです。 決して侵略の為の戦争では無かったのです。

余談ですが、その後アメリカは、他国がテロや軍事独裁、覇権や民主弾圧をしていない限り、封じ込めるという強圧的な行動は
しなくなったのです。 その過ちはいかに高くつくかという代償を払いすぎたからでした。

前説明が長くなりました。
こうした事態に押し込められた日本が生きるために万策尽き果て、アメリカの横暴を突き崩す為に真珠湾攻撃を決行したのです。 
真珠湾攻撃も、今回のテロと比較対照されていますが、日本は真珠湾では、一切の民間人攻撃はしていません。 民間人無差別
殺傷テロとはあまりにも次元が違うのです。 政治の世界に置いては今も昔も、戦争とは政治の交渉の結果の一つであるのです
。オウムなどのカルト教団の民間人無差別殺傷と同列に扱うなど言語道断なのです。


480 :右や左の名無し様:05/02/17 17:04:55 ID:Zomf4tfh
日本にとっての太平洋戦争は当時の朝日や毎日(当時は日々新聞でした)が書いたように、絶対の生存の危機から脱出
するため、生きるための聖戦だったのです。 狭い教義に縛られたカルト教団の聖戦などとごちゃ混ぜにしてはいけません!

当時のアメリカの政策は、ナチスヒットラーのユダヤ人根絶、アウシュビッツ以上の人類史上まれにみる、一民族消滅を
図る為の行為、愚劣な日本民族挑発行為だったのです。 これに対抗し、生きるための行為、まさしく日本にとっての生
きるための戦争、聖戦だったのです。

宗教に殉ずる、その行為は自ら神と一体なる、神に近づける、真に神の僕となれる。 そういった自らの為の行為です。 
個人だけの命をその行為に置いて実行することを、私は侮辱するものではありません。 



481 :右や左の名無し様:05/02/17 17:05:57 ID:Zomf4tfh
しかし、こうした自らの為の行為と、国の為、親や兄妹子供や孫のため、そして何より国家の為に命を投げ出す。
他の人達の為に命を投げ出す行為とを同一視していけないと思っています。 自らの信仰の為の行為と、他の人の
ための行為、どちらが現実の世界に生きている私達に尊い行為となるのでしょう。 まして民間人無差別殺傷と国
を守るために命をなげうった人達、、、、、、。

その明らかな違いは誰にも解るというものでしょう。。。。。。

−−−−−−

以下に、東条英機首相 と神風特攻隊に関する逸話をしるします。
特攻隊員であろうとも、それを指揮した人であろうとも東条英機首相で有ろうとも、私達日本の国を死守するため
に、やむなく決断した聖戦そのものの犠牲者達です。残された私達日本人がこうして死んでいった人達を敬うこと
の無き悲惨さを思うと、、、彼らに申し訳なさで、、涙する思いです。。



482 :右や左の名無し様:05/02/17 17:07:17 ID:Zomf4tfh
その実務においても、運転手の車の中でも、部下の進言や報告に「その事案を遂行するには、どこそこの誰それが、
苦境に立つだろうからそれは出来ない」 また、別の日は「どこそこの誰は、あの立場に立たされて辛い思いをする
だろうから、こうしてあげなさい」 とか、常に部下を思いやり、立場を考えてやり、その仕事を助けようとという
思いで思考し、行動していたと言うのです。まことに立派な人物だったという逸話です。 ほんとうにそのとうりの
人物だったという事は数々の証言があります。

しかしながら、堺屋氏はこう説きます。 東条英機氏は人物的には非常に出来た良い人だった。しかし、そのような
人を慮っての配慮ばかりをリーダーがする事は組織にとってマイナスである!と。

リーダーとは常にその組織本体の維持発展を目指さなければいけないのであって、大事のためには小事を切り捨てる
覚悟無くしてそれは全うできるものでは無いと言います。 そのとうりでしょう。東条氏はあくまで、一行政官とし
ては人物的にも立派だったかもしれないが、組織の頂点に立つ人物では無かったのでは無いかと書いていました。



483 :右や左の名無し様:05/02/17 17:08:29 ID:Zomf4tfh
人思い、人付き合い、争い事を好まず、根回しに奔走し、平和を愛する人物! それが東条英機氏の実体。。。そのような日本独特
の根回し人付き合いを大事にする者が上につく村社会の典型的な例だったのではないか。そのような組織作りしか出来ないことが日
本の致命的な欠陥ではないか。そのような論調だったと思います。

戦争中の東条氏は、「独裁的」な政治を行ったということで、現在では批判の的になっています。しかし、東条氏が独裁者にならざ
るを得なかったのは、敗戦をある程度覚悟し、戦争責任を、他の者に及ばないようにするためだった、可能性も大なのです。


484 :右や左の名無し様:05/02/17 17:09:44 ID:Zomf4tfh
大西滝次
第一航空艦隊司令長官

自らを「統率の外道」と自嘲していた空軍の侍だった。太平洋戦争末期、国を残すために神風特攻隊を編成、指揮した司令官である。
敗戦の翌日「吾死を以って旧部下の英霊と其の遺族に謝せんとす」との遣書を残して腹を切って自決を遂げました。

現場に駆けつけた副官達に対して 「責様ら絶対に医者は呼ぷな。俺は自分の命令で殺した何百人のために死ぬんだ!」ど告げ、血の
海の中を八時間のたうち回って死にました。。。。。。

おそらく神風特攻隊を組織した時点で、戦争に勝とうが負けようが、自らの命を特攻隊と共に断つ覚悟を決めていたのだろう思います。
日本では侍の時代より、忠義や責任の始末や敗戦での領主の自殺などで切腹という死の儀式を執り行う事が有りました。

人は動脈や心臓、脳を切れば短時間で死に至れます。ところが内臓の切断程度では死に至るには時間がかかります、そこで苦む時間を
無くすために、、、作家の三島由紀夫の割腹自殺でも同じ事をしたのですが、、、、後ろに日本刀を構えた者が切腹の直後に切腹者の
首を刎ねる(切り取る)、死の苦しみを早く終わらせるという、介添え役がつくのです。


485 :右や左の名無し様:05/02/17 17:11:03 ID:Zomf4tfh
大西滝次郎は切腹し、その後の切腹以上の苦しみの時間を自らに与える事で、志のある若者を
死に送った債いをしたかったのでした。
内臓を切り刻んでその地獄の苦しみを長時間にわたり自らに与える。。。。
これ以上の責任の取り方が有るでしょうか。。。。
大西滝次郎は8時間もの死に至る苦しみをのたうち回りながら味わい続けたのです。
それが日本の国を守る責任者の塗炭の苦しみの末の決断だったのです。
そしてその意を理解し、進んで国を守るために死んで行った人達。。。。。

このように私達の国の存立を賭けて、の崇高な自爆行為、、、、、、国を守るために
死んだ人達、、、、、私は生きている限り彼らを心より祀り敬い感謝の念を持ち続けようと思っています。




486 :右や左の名無し様:05/02/17 18:30:40 ID:???
>>477-485断片的な事ですみませんが、当時の日本と現在の日本を混同していませんか。
農村でガソリンを使っているのは、医者か役場の車、ガソリン不足で動かなくなる農機具など存在しませんよ。
石油化学工業も存在しない日本で、石油不足で困るのは、軍ぐらいじゃないか?(戦争を決意するには十分だが)

責任を取る為に割腹自殺を遂げた大西滝次郎、非常に無責任です。残された部下をなんだと思っているのだ、後始末を部下に押し付ける気か。

大東亜戦争擁護論者は、日本人が白人の奴隷になるだの大げさな事言っているけど、日本なんてちっぽけな島国など、植民地にするほどの価値はあるか?技術も資源も無い、あるのは勤勉な人?白ンぼにはアフリカがある、そっちから搾り取るほうが効率的だ。
第一、当時のアメリカは対外不干渉政策が基本で、国民を対ナチの戦争に同調させる手段として日本を挑発させていたんだ。

487 :右や左の名無し様:05/02/17 23:34:56 ID:???
>>485
>それが日本の国を守る責任者の塗炭の苦しみの末の決断だったのです
死ねばすむほどの責任だったかね。

自国民を300万人近く殺すような戦争始めておいて。
アジアの人をその何倍も殺すような戦争始めておいて。

負けたら負けたで自国民の若い女性をアメリカ兵やソ連兵に「慰安婦として差し出す」
ような真似しておいて。

責任?ふざけんなよ。

488 :右や左の名無し様:05/02/18 06:12:09 ID:???
>>487
じゃあお前が切腹して味わってみれば?

489 :右や左の名無し様:05/02/18 20:18:03 ID:???
>>488
レスが変だな

490 :右や左の名無し様:05/02/18 23:55:03 ID:???
>>487
日本軍がアジアの人を殺したなんて言うガセネタを本気で信じてんのか?

491 :右や左の名無し様:05/02/18 23:58:47 ID:???
>>487
戦後のパンパン姉ちゃんは自ら売っていたわけですが

492 :右や左の名無し様:05/02/19 00:14:29 ID:???
>>487
だいたい死んで済まないんだったら、お前はどうすれば済むと思ってんだ?

493 :右翼必死だね:05/02/19 16:49:06 ID:???
>>490
へえ、ガセなんだ。ガセなら何で「殺された」「殺した」っていう資料が山ほどあるんだ。
>>491
無知無知だなお前
>>492
戦争なんか始めなければよい。

494 :右や左の名無し様:05/02/20 13:38:16 ID:???
>>493
>資料が山ほどあるんだ

それが山ほどどころか殆どない
わずかに証拠写真と言われている物があるにはあるが
証拠でもなんでもないことが解明されている本などもかなり出ている
ttp://www.geocities.com/TheTropics/Paradise/8783/lie.html

495 :右や左の名無し様:05/02/21 00:38:23 ID:???
>>493
>戦争なんか始めなければよい。
じゃあお前は米兵に殺されても何も文句言えねーぞ?

496 :右や左の名無し様:05/02/21 02:09:35 ID:???
>>495
>じゃあお前は米兵に殺されても何も文句言えねーぞ
日本が戦争始めなかったら、な ん で 米 兵 に 殺 さ れ る ん だ ?
ほれ答えてみろ。

>>494
>それが山ほどどころか殆どない
嘘つきページの宣伝乙。
まあそりゃあ、あるものをすべて「みえなーーい、みえなーーーーい」っていってればいいんなら、
なんにもなくなる罠w

497 :右や左の名無し様:05/02/21 12:20:44 ID:???
>>494
右翼のプロパガンダサイトにリンク貼られてもなぁ〜
もっと客観的で学術的なサイトじゃなきゃバカ晒してるだけにしか見えないよ?

498 :右や左の名無し様:05/02/21 15:10:20 ID:MbNMevzR
>>496
>な ん で 米 兵 に 殺 さ れ る ん だ ?
米が攻めてくるからだろーがアホ

499 :右や左の名無し様:05/02/21 15:13:34 ID:???
>>498
いきり立ってる割に頭の悪いレスで乙
日本が戦争始めなければ米兵には殺されません。

500 :右や左の名無し様:05/02/21 16:24:33 ID:???
>>499
戦争しなかったらアメリカの植民地にされてた。


501 :右や左の名無し様:05/02/21 16:28:10 ID:???
>>500
妄想乙
アメリカは当時モンロー主義で大平洋の覇権は求めていませんでした。
日本が中国大陸で過剰に動かなければ何も怒りませんでした。残念

502 :右や左の名無し様:05/02/21 20:49:32 ID:Y81ZWn5o
支那はほとんど西欧の植民地状態であった
アジアの多くの国々もそうだ
日本はどうだったか

アメリカの黒船からはじまって
不平等条約を強制的に結ばされていた
富国強兵をしなかったら不平等条約を撤廃できなかった
不平等条約の存在というのが
そもそも日本が植民地のような扱いに近い屈辱的な立場にあったといえる
表向きの歴史では長い間ハワイという国が
ハワイ国民の意思でアメリカ合衆国に“加入”したかのように言われてきたが
今はそんなことを信じている人は合衆国の国民でもほとんどいない
不平等条約といいハワイ王国の滅亡といい
何もしなかったから起こったことであって
何かが起こってからでは遅いのです

503 :右や左の名無し様:05/02/21 21:04:56 ID:NE5WkPG1
>>501

しったかくん発見!! アメリカは中国への覇権をずっと狙っていた。
太平洋戦争は、中国覇権争いの延長にある。


504 :右や左の名無し様:05/02/21 21:16:07 ID:ovRU78dU
>>501
太平洋ではなく大西洋だな

505 :右や左の名無し様:05/02/21 21:45:31 ID:???
?

506 :右や左の名無し様:05/02/21 22:31:12 ID:???
>>503
頭わりいなw
右翼らしい妄想だね。
>>504
当時のアメリカはドイツと事を構えることを想定していたから
太平洋ではあまり戦いたくなかったんだよ。

507 :右や左の名無し様:05/02/21 23:33:40 ID:IePPxviK
>>506

>>503
>頭わりいなw
>右翼らしい妄想だね。

どこが妄想か説明汁!!
あなたは自分の妄想と現実の区別がつかなくなってますね。


>>504
>当時のアメリカはドイツと事を構えることを想定していたから
>太平洋ではあまり戦いたくなかったんだよ。

ルーズベルトは欧州の戦争に参戦しないことを公約として大統領に当選した。
だから、日本を追い込んで参戦する口実としたことは歴史上の事実なのだが。。。

書き込むならもちっと勉強してからにしてください。
ウヨ、サヨ超えて、あまりに不勉強で恥ずかしいよ。

508 :右や左の名無し様:05/02/21 23:41:50 ID:???
>>507
残念でしたw
右翼に都合がいい偏った文章しか読んでねえだろ
ルーズベルトは政府高官との私信で
「ヨーロッパの動向もあり太平洋で開戦することは望まない。」とはっきり明言してる。
どっちが勉強不足なんだかw

509 :右や左の名無し様:05/02/21 23:48:29 ID:???
だいたい、

>ルーズベルトは欧州の戦争に参戦しないことを公約として大統領に当選した。
>だから、日本を追い込んで参戦する口実としたことは歴史上の事実なのだが。。。
この文章が無知と頭の悪さをよく現している。

モンロー主義を掲げてるんだから、ヨーロッパでもアジアでも必要以上に介入したくないのは
あたりまえじゃん。どうしてヨーロッパ不介入だと「だから日本を」となるんだろうねw
結局はドイツの勢いが余りにも急激で、チャーチルから強い要請を受けてヨーロッパに
参戦することになった。そうなると太平洋ではあまり戦いたくない。戦力が分散するんだから
いかに強大な兵力を持っていても苦戦が予想される。ルーズベルトはそう考えていたのさ。
少なくとも君よりは遙かに賢明だったと思うよw

510 :ふざけた奴:05/02/21 23:53:31 ID:H6uPoYN4
>>508
残念でしたw
 そうかなそいつには、そう言っておかないと、いけなかった
んじゃ無いかな。

511 :右や左の名無し様:05/02/22 01:28:34 ID:???
>>490
日本人も亜細亜の人ですがねぇ。
随分日本人の兵隊が死んだようですが
亜細亜の人は一人も殺せなかったのですねぇ。
西欧人の見方をした亜細亜の人は一人もいなかったのですかねぇ。

512 :右や左の名無し様:05/02/22 20:47:58 ID:???
>>511
白人に騙されたやつの事か?
確かに居たねぇ、反日中国人な。 マレーシア人が言ってたよ。

ラジャー・ダト・ノンチック元上院議員
「この国に来られた日本のある学校の先生は「日本軍はマレー人を虐殺したに違いない。その事実を調べに来たのだ」と言っていました。
私は驚きました。「日本軍はマレー人を一人も殺していません。」と私は答えてやりました。
日本軍が殺したのは、戦闘で闘った英軍や、その英軍に協力したチャイナ系の抗日ゲリラだけでした。」

まあ日本人はマレーシア人を一人も殺してないみたいだねw


513 :右や左の名無し様:05/02/22 20:53:54 ID:???
日本が国際連盟時代に出した人種差別撤廃条項に反対したのは、アメリカでしたっけ?
モンロー主義を標榜しながら、ハワイを占領したのもアメリカでしたよね。
少なくとも歴史的には、有色人種には冷たい国ですね。
でもキリストもりっぱなアジア人なんだけど?
キリスト教のどこがアメリカの嗜好に合うんでしょう?
矛盾に満ちたアメリカに乾杯!

「掲げていたから」の一点張りで史実との調和を欠いた文が上のほうの書き込みに見えますが、
北朝鮮が「民主主義人民共和」を「掲げているから」から地上天国と言ってるような
おめでたさが伝わってきますな。

188 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)