5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「憂国忌」のご案内

1 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :04/11/07 03:16:29 ID:???
今年も11月25日の三島由紀夫先生の命日に、「憂国忌」が開催されます。

日時     平成16年11月25日(木)
午後5時半開場 6時開会
会場     九段会館・真珠の間, 地下鉄九段下駅下車
記念講演   井川一久(元朝日ジャーナル副編集長) 
 「三島由紀夫と保田輿重郎」
会場分担金  賛助会員=無料 一般 2000円
 *事前のお申し込みや予約、チケット等は必要ありません。当日、直接会場
までお越し下さい。

 なお追悼会終了後、午後7時40分より「翡翠の間」において発起人の先生
方を囲んで直会を予定しています。別途会費3000円となりますが、こちら
の方にも是非ご参加の程をお願い申し上げます。


2 :右や左の名無し様:04/11/07 03:21:55 ID:???
三島って刃物を持って自衛隊の駐屯地に立てこもった単なるテロリスト
じゃねーか。
右翼ってこんな馬鹿を賞賛して喜んでるんだな。


3 :右や左の名無し様:04/11/07 09:54:38 ID:5R3vtz70
愛国を掲げれば悪を為してもよしとされるならば、
自国のために「日本軍の蛮行」を捏造するのも
よしとしなければならなくなる。

4 :右や左の名無し様:04/11/07 10:07:27 ID:Gs4ZTyUc
又、大伴佐伯の宿禰は、常にいふごとく
天皇が朝守り仕へまつることかへりみなき人どもにあれば、
汝たちのおやどものいひくらく、
海行かばみづく屍山行かば草むす屍、
王のへにこそ死なめのどには死なじ
といひ来る人どもとなも聞こしめす。
是をもって、遠天皇の御世を始めて
今朕が御世にあたりても内の兵と思ほしめしてことはなも使はす。

●≦☆ ̄>
\(〇m〇) 諸君! \ ~:@\
負けられないゾ!

5 :右や左の名無し様:04/11/07 10:17:24 ID:???
>>1
あれ、大日本報靖会さん・・・。
憂国忌って新右翼系の人は参加しないはずじゃなかった?
別に野分祭を実施して。
確か、森田必勝氏の扱いをめぐっての問題があったはずなんだが。

6 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :04/11/07 11:15:42 ID:???
そんなことないよ >>5

7 :右や左の名無し様:04/11/07 11:26:58 ID:HYqIJKQu
自分の主張が受け入れられなかった連中が
凶器を持って立てこもりをしまくることを奨励するのか?
浅間山荘か?

8 :■西郷南州先生偶成:04/11/07 11:30:37 ID:Gs4ZTyUc
宇宙由来日に新に赴き、
数千里外すでに隣りの如し。
四海同胞の意を知らむと願はば、
皇道頻りに萬国の民に敷け。


9 ::04/11/07 11:44:07 ID:???
>>6
いや、鈴木邦男氏がそう書いていたのを読んだ記憶があったんでね。

10 :右や左の名無し様:04/11/07 13:45:56 ID:???
おれ、ずいぶん前に行ったことがある。小室直樹博士が来たとき。
警備している学生服姿の男たちの目つきが異常に鋭くて、怖かった。
紀元節の式典など、民族派の集会は何度か行ったが、怖い思いをしたのは憂国忌だけだ。失礼ながら。
もちろん、別に、何かされるわけじゃないし、電話をかけても応対は普通。
ただ、その学生服の男の目つきが怖かったのが印象に残っているだけ。

11 :右や左の名無し様:04/11/07 13:57:58 ID:Gs4ZTyUc
天日の下に新しきもの無し

12 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :04/11/07 14:13:45 ID:???
>>9
 俺は一水会員じゃないよ

13 :右や左の名無し様:04/11/07 14:22:21 ID:???
井川一久って右翼だったのか。
朝日新聞の編集委員で、ピースボートにも係わっていたこともあったから
てっきり本多勝一なんかの同類かと思っていた。

14 :右や左の名無し様:04/11/07 16:20:28 ID:YbfczWJQ
時代だな(どんな時代なんだか?)
憂国忌の記念講演に、元朝日ジャーナルの記者が公演
するなんて
わけわからん

15 :右や左の名無し様:04/11/08 01:28:57 ID:jTm6Y8kI
<米大統領選>電子投票の激戦州で異様なブッシュ票

 【ロサンゼルス國枝すみれ】米大統領選で電子投票を使った地区の中に、民主党員が圧倒的に多いのにブッシュ大統領が勝利したり、投票総数の6倍以上をブッシュ氏が得票するなど奇妙な現象が起きていたことが分かった。
 市民団体「ブラック・ボックス投票」によると、光学読み取り式投票機を使ったフロリダ州カルホーン郡では、登録有権者8350人中82.4%が民主党員で、共和党員は11.9%。
投票率71.4%での推計ではブッシュ氏709票、ケリー氏4911票だったが、結果はブッシュ氏3780票、ケリー氏2116票で、ブッシュ票が予測より433.2%も増えた。
 一方、オハイオ州フランクリン郡ガハナ地区では、638人しか投票しなかったのに、タッチスクリーン式の投票機がブッシュ氏4258票、ケリー氏260票とはじき出した。
 ジャーナリストのトム・ハートマンさんは「出口調査はケリー氏勝利を予測していた。出口調査と結果がかい離するようになったのは電子投票が導入されてからだ」と指摘。不正投票の疑いも含めて調査すべきだと訴えている。
(毎日新聞) - 11月8日0時0分更新



16 :右や左の名無し様:04/11/08 01:34:40 ID:???
工藤雪枝も多分来るよ

17 :右や左の名無し様 :04/11/08 02:18:28 ID:???
三嶋のような不恰好な小オトコのどこがいいのかね!
自分で腹も切れず、無腰の自衛官、公務員の指をきってなさけないね
生きていたら刑務所で彫られておしまいだったろうね!
三嶋なんて兵役にもいかず まるで情けないホモの大日本ホウセイではないか?

18 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :04/11/08 03:23:35 ID:???
三島先生の最後の演説の一節だ。
『アメリカは真の日本の自主的軍隊が日本の国土を守ることを喜ばない
 のは白明である。あと二年の内に自主性を回復せねば自衛隊は永遠に
 アメリカの傭兵として終わるであろう/今こそわれわれは生命尊重以
 上の価値の所在を諸君の目に見せてやる/もしおれば今からでも共に
 起ち共に死のう』
先生の御遺志を継承していくのが我々の責務だ。

19 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :04/11/08 03:41:19 ID:???
>>15
インチキ選挙で、ブッシュ王朝の世襲権力が定着したか。
北朝鮮と変わらないな。

ブッシュ−金正日こそ、悪の枢軸だ! 真の日本の国軍再建!

20 :右や左の名無し様:04/11/08 14:17:56 ID:???
大日本報靖會さん
三島の文章は正仮名遣で引用しなきゃだめだよ

21 :>9>6>17、中年男が抱き合い舐めあって悪いかよ、ウフn:04/11/08 15:23:39 ID:nmCFx0Ko
「・・・・私の方から三島さんの体を強く抱きしめ、その首筋に、激しいキスを
しゃぶりつくようにしたのだった。三島さんは、身悶えし、小さな声で、わたしの
耳元にささやいた。
「ぼく、、、幸せ、、」
歓びに濡れそぼった、甘え切った優しい声だった。・・・」

去年1998年3月、日本文学界を衝撃に包み、総ての「三島論」を木っ端微塵に
吹き飛ばしたと言われる、福島次郎の「三島由紀夫、剣と寒紅」80頁の記述である。
「、、私は、頭に灰かぐらをかぶったまま、キスを続けた。私の体よりもずっと小さく細い、
三島さんの体は腰が抜けそうに、私の両腕の中で、柔らかくぐにゃぐにゃになっていた。、」
http://www.asyura.com/sora/bd4/msg/426.html
私が抱きついてゆくと三島さんは急に体の向きを変えて抱き返してきて
小さな声でささやいた。
「しばらくぶりだったね、会いたかったよ。」
、、、、懸命に三島さんの首から、胸、腹に、強いキスを浴びせかけていった。
、、、三島さんはこちらが驚くほどの、甘えた子供のような声をほとばしらせた。

1966年、昭和41年8月27日、熊本、ホテル・キャッスル。
三島由紀夫42歳、福島次郎36歳、熱い再会だった。
三島の熊本行きは明治9年に熊本で起きた「神風連事件」と蓮田善明の取材が目的という
ことだった。『豊穣の海』第2巻「奔馬」執筆のための資料である。




22 :右や左の名無し様:04/11/08 16:05:27 ID:N+G2P0a6
保守派は同性愛に不寛容なはず。
国家に対し道徳的であれと唱える一方で性的不道徳を容認するのでは
筋が通らない。

23 :馬鹿者!:04/11/08 17:04:04 ID:FRWKfeDL
真の漢たる者は、♂×♂だけの一方だけが、
イカンのであって両刀使いならば申し分ないのである。

24 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :04/11/08 20:45:08 ID:???
前日は、三島由紀夫・森田必勝両烈士追悼「野分祭」に参加しましょう。
 第1部 追悼祭
 第2部 追悼記念講演 講師・元楯の会会員(予定)

 日時:11月24日(水) 午後6時半開場 7時開会
 場所:高田馬場シチズンプラザ2階 電話03(3363)2211

25 :右や左の名無し様:04/11/08 22:13:45 ID:???
井川一久なる極左ジャーナリストに講演させ、森田必勝同志をないがしろにする
「憂国忌」弾劾!すべての愛国者は「野分祭」に結集せよ!



26 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :04/11/08 22:25:25 ID:???
>>25
なんだか左翼みたいな書き方だな

27 :25:04/11/08 22:26:46 ID:???
>>26
すまん。
すぐにバレてしまったなw

28 :右や左の名無し様:04/11/09 15:10:51 ID:3d4YCr5s
ところで、大日本報靖會は何処の団体に所属してんだ?

29 :右や左の名無し様:04/11/09 21:51:12 ID:???
一般市民ですが、憂国忌に逝ってみたいと思います。
でも、公安警察に尾行されたり、写真撮られたりするのはイヤなヘタレです。


30 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :04/11/09 22:09:39 ID:???
>>28
 四月から某学会に所属してます。草加じゃないけれど。
>>29
 『公安警察の手口』という本を読んで勉強しませう。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-ISBN=4480061983

31 :kouei38非戦主義 ◆bLAROckCS6 :04/11/09 23:17:28 ID:2rMfM4f+
>>1
テロリストを崇める人たちが集うんだな?

32 :kouei38非戦主義 ◆bLAROckCS6 :04/11/09 23:17:48 ID:2rMfM4f+
右翼・保守・極右・愛国者・軍国主義者・民族主義者・武士気取り・言論チンピラ・ネットチンピラたちに質問します。
軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。



33 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :04/11/09 23:21:37 ID:???
>>32
生命よりも大切なものがあるって三島先生は俺らに教えたのだよ。
koueiにはわからないだろうな。

34 :kouei38非戦主義 ◆bLAROckCS6 :04/11/09 23:53:08 ID:2rMfM4f+
>>33
>生命よりも大切なものがあるって

その「ある」というものを証明してください。ok

35 :kouei38非戦主義 ◆bLAROckCS6 :04/11/10 00:08:55 ID:JWmcTHiF
おーい(藁

36 :右や左の名無し様:04/11/10 01:13:53 ID:???
>>33
あぼーんしな、koueiは。
それか、削除依頼を出したほうがいい。
奴が来たからには、もうこのスレは御仕舞いだぞ。
南京スレでもご存知の通り、毎日のようにめちゃくちゃに荒らされたからね。

37 :28だけど:04/11/10 11:43:37 ID:HqsOQpxu
憂国忌には言われんでも行くが、大日本報靖會氏、君に逢ってみたいものだな。

38 :右や左の名無し様:04/11/10 19:45:17 ID:???
保田輿重郎は好きな評論家だ
彼はもっと現代においても読まれるべき

39 :右や左の名無し様:04/11/11 09:34:05 ID:???
大日本報靖會さん
ちょっとオカルトっぽい話をするけど、三島由紀夫に二・二六事件の将校の幽霊が取り憑いていたっていう話があるけど、どう思う?
古くはつのだじろうの「うしろの百太郎」に書いてあった。
それだけならオカルト作家の電波だろうと言われるかもしれないが、谷沢永一先生、渡部昇一先生の対談本でも採り上げられた。
どうだろうね?


40 :右や左の名無し様:04/11/11 21:23:52 ID:???
(會さんではありませんが)

三島由紀夫の著作では「英霊の声」などは古神道の鎮魂帰神を扱っている
三島がこの作品で参考にしたのは友清歓真の「霊学筌蹄」だそうだが
純正な神社神道から異端視されている友清歓真を三島が用いたのは意外な感じがする

41 :右や左の名無し様:04/11/11 22:04:05 ID:???
中川八洋先生が、谷沢永一先生との対談本で「英霊の声」「憂国」を好きになれない、天皇への反逆の二・二六事件を美化することになるからだ、三島自身の天皇観とも矛盾するはずだと言っているんですよね。
やっぱり霊が取り憑いていたのかしら。

42 :右や左の名無し様:04/11/12 12:38:46 ID:sXvornU6
オカルト板に御逝きなさい!!!

43 :右や左の名無し様:04/11/12 15:24:45 ID:???
ファルージャでは市街戦になり一軒づつの接近戦になっている。
このなかでったひとり(と信じられている)のイラク人が数百人の米兵を
抑えている。 神出鬼没のスナイパー(複数かも)である。 爆弾、砲弾を
雨あられと降り注いでも、占拠したビルにそれらしい死体はなく、どこからとなく
弾が飛んでくる。
まるで映画スターリングラードのようだ。

テロリストだが、その行為は英雄的であり、将来イラク国民の話題になるだろう
この戦争が民族戦争にならないためにも、早急な民主自治の政権を樹立すべきである。


44 :国粋:04/11/12 20:46:05 ID:B7NJ9QJB
>32さん
はい、どっかからミサイルが飛んできました。
1)迎撃ミサイルで打ち落とします。
2)衛星からいち早く情報がある場合は発射国内で撃破します。
以上具体的かつ現実的方法でした。

45 :右や左の名無し様:04/11/12 20:48:48 ID:???
ウヨちゃんは馬鹿だから難しくて三島なんて読めないや

46 :右や左の名無し様:04/11/13 21:22:48 ID:???
三島先生の生き方や死に方はやはり時代がそうさせたとしか言えません。
三島先生の没後には、黛敏郎先生は知識階級からの方法で、また、
野村秋介先生は広範な大衆に訴える方法でよくご活躍してくださいました。
その時代によって、また訴える対象によって方法は違いますが、
憂国の情の厚さに類似性が伝わってきます。

47 :右や左の名無し様:04/11/13 22:10:13 ID:cfOR7KKp
三島先生の最後は切腹→森田必勝の介錯だったが
その最後がいただけん。
三島先生、業物で有名だった「関の孫六」で死ぬつもりが
「関の孫六」ならぬとんでもないニセモノ日本刀だったとかw

森田も再三、手元が狂って先生の首を落とすのに四苦八苦したとよ(実話w)
大文豪の三島先生らしからぬ最後でしたなw

48 :右や左の名無し様:04/11/14 16:55:47 ID:???
日本刀はどんなに腕のいい高名な刀鍛冶が作った刀でも
実際に肉や骨を切る一度切っただけでもダメージが大きい
むしろ本物の関の孫六を避けたのでは?

森田の手元が狂ったのは無理もない
人間の首など切ったことのない一学生が
それも敬愛する偉大な師の首を切るのだから

49 :右や左の名無し様:04/11/15 13:36:52 ID:Ogu9yRI0
三島先生の美意識からすれば、立派な最後と考えていたはずな訳で。
もちろん、どの刀を使って死ぬかは先生の念頭にあったはず。
後世、三島は偽刀で首落とされたなんて言われて先生はどう思いますかねぇ

おそらく刀剣商から騙されて「関の孫六」と完全に信じこまされていたのでしょう。
残念な事ですが。

森田の手元が狂うのは当然。山田浅右衛門じゃないんだからw
ただ、森田の首を落とした盾の会の人は(今度は森田の首を)
一刀の元に切り落とした由。


50 :近藤勇の:04/11/15 19:07:51 ID:6zwv20zD
『虎徹』も偽物だったそうだから、大したことではないな。

51 :AA貼り付けホモ野郎=阪京=大日本報靖會 ◆5m18GD4M5g :04/11/16 03:26:45 ID:???
>>47
三島由紀夫氏が最後に使った「関の孫六」は渋谷の大盛堂書店の故船坂弘氏が贈呈した物です。
秋月薫なる腰抜け左翼の駄法螺をそのまま信じてのカキコご苦労さん。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~polanet/essay.a4.htm#page_top
この思想的敗北者、秋月薫を笑おう。

52 :AA貼り付けホモ野郎=阪京=大日本報靖會 ◆5m18GD4M5g :04/11/16 03:28:47 ID:???
>>47
しかも三島氏の首を最終的に介錯したのは森田必勝氏ではありません。
念のため。

53 :右や左の名無し様:04/11/16 20:37:51 ID:???
そう、盾の人が見るに見かねて先生を押し倒してギコギコやったんだ。
(これを押し切りという)

まるで香田君さながらに(合掌

54 :右や左の名無し様:04/11/16 21:43:09 ID:???
野戦病院で水木しげる先生が腕を負傷したとき、
もはや切断しかないというときに十分な手術の道具がなく、
メスのような刃物で切断したそうな。
そんなのを思い出した。

55 :右や左の名無し様:04/11/17 00:11:25 ID:N2QlB3XR
偽刀であろうと無かろうと、もし森田が見事に三島先生を
介錯していたなら三島先生の評価も森田自身の評価も
まったく変わっていたと思われ。

56 :右や左の名無し様:04/11/17 18:35:00 ID:???
それはどうだろうか

57 :右や左の名無し様:04/11/17 20:32:03 ID:???
三島先生は死に方が少々ミットもなかったけど
先生の文学的な名声は揺るがないと思う。

森田はどうかな。個人的業績が無いだけに三島由紀夫を
介錯した男としか記憶されない。それも介錯を仕損じた男として。
森田の心中はいかばかりであろうか・・・

58 :右や左の名無し様:04/11/19 19:30:46 ID:???
自衛隊が先生の激に応じて動かなかったことで三島先生の大博打は負けだった
切腹がどういう形であったかはたいした問題ではないような気がする
いずれにせよあの時代にああいう大博打が打てた人たちは
たとえ結果が負けだったにせよ
やはり偉大な人たちであったと思う

59 :右や左の名無し様:04/11/19 22:11:22 ID:???
>>58
ギャンブルが成功するかどうかは最初から分かっていた訳だがw

60 :右や左の名無し様:04/11/19 22:22:44 ID:A/r4lwXc
昭和40年代の自衛隊員なんていうのは、高度成長のだだ中にあって
自衛隊しか就職できなかったDQNと田舎者達で(失礼w 

そんな連中が三島先生の高尚な演説など理解できるものかよ。
案の定、三島先生は連中にヤジリ倒されてしまったしまった訳で。

61 :右や左の名無し様:04/11/19 22:32:42 ID:M40F0gsk
>>60
国防の任務に当たる者は、上官の指令に従うべきであって
三島の妄想に同調するなど、軍人としてあってはならないこと。

三島を野次るなんて自衛官がまともな証拠じゃないか。

62 :右や左の名無し様:04/11/19 22:37:07 ID:A/r4lwXc
>>61
ま、その通りだわな。

この際、当時の自衛官がDQNと田舎者ばかりだなんて言わぬ事にしようw

63 :右や左の名無し様:04/11/19 22:40:59 ID:JhO/eV+T

(カルト)創価学園前 ←  (´・ω・`)   →  朝鮮大学校

  http://www.domo2.net/bbs/image/1099813884.jpg
  http://www.domo2.net/bbs/image/1099813546.jpg



64 :右や左の名無し様:04/11/20 01:17:06 ID:???
かつて一睡会の鈴木邦男はその著書において、「あの時、三島を野次った自衛官の青年
たちは当時の正常な思考の持ち主だった」と書いた。しかし、私が当時自衛官だった人
たちにインタビューしたところ、「あの事件後に三島さんの作品をむさぼり読んだ」、
「三島の思想と行動には衝撃を覚えていた人たちが隊内には多くいた」と回想していた
方々が多くいた。戦後史の中で三島事件を考え直す度に奥深さを思える。ところで野分
祭やってる人たちって、そこんところよくわかってんの?


65 :亡の暗殺者 ◆BDuKgIQes. :04/11/20 01:40:02 ID:???
左翼はもう時代遅れだよ
何で日本いるの?
どう考えても存在意義が無い
どっか逝けよ マジで

66 :右や左の名無し様:04/11/20 02:40:06 ID:???
こんなこと↓を言ってる日本人が意見交換をしている掲示板…


>> 国旗・国歌が、学校で見るのも聞くのもそんなに嫌ですか?

>はい(笑)
>あんたみたいのがいる以上、国旗国歌どころか日本国家そのものがいやです。
>日本に誇りが持てるようにあんたみたいのを駆逐するのが私正義のヒーローとほほマンの使命です。

ttp://otd13.jbbs.livedoor.jp/337658/bbs_plain



67 :右や左の名無し様:04/11/20 03:17:21 ID:???
ところで、このスレで大日本なんとかは、名無しになったのですか?
それとも書いてないの?

68 :右や左の名無し様:04/11/20 03:35:34 ID:???
>>60
>昭和40年代の自衛隊員なんていうのは、高度成長のだだ中にあって
>自衛隊しか就職できなかったDQNと田舎者達で(失礼w 

少なくとも挺身して国防の任についている分だけ、常に安全な場所に
とどまって言いたい放題な三島よりは遙かにまともな連中だな。

>そんな連中が三島先生の高尚な演説など理解できるものかよ。
>案の定、三島先生は連中にヤジリ倒されてしまったしまった訳で。

そうか。
丸腰の幹部自衛官数人に向かって、刀で斬りつけるのが高尚なのか。


69 :右や左の名無し様:04/11/20 11:25:04 ID:zl2k2+bb
ゲバ棒持って暴れていた連中よりは百億倍ましだな!

70 :堀田大作 ◆HeKVCq2G2k :04/11/20 11:49:28 ID:???
>>1

国を放り出して死んだ奴を崇めてどうするんだよ?

71 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :04/11/20 13:51:34 ID:???
>>67
俺のことか?
卒論また忙しくて、書いてられねーよ。最低限の政治活動もあるし。

72 :右や左の名無し様:04/11/20 21:19:01 ID:???
>>71
卒論なんて嘘八百w
どうせ無職のドキュソに決まってらー

73 :右や左の名無し様:04/11/21 19:52:05 ID:???

           本宮ひろ志『国が燃える』掲載中止・報告勝利集会


日時 11月30日(火)18時30分から
      場所 文京区民センター 03−3814−6731
         都営三田線・春日駅下車0分
      会費 3,000円(飲食代を含む)

      基調報告 酒井信彦(東京大学歴史編纂所教授)
           阿羅健一(百人斬り訴訟を支援する会会長)
      挨  拶 抗議活動に参加した地方議員

  ◆ 国民の抗議によって、集英社は『国が燃える』の掲載中止と、係争中の百人斬り訴訟の
    原告・ご遺族へ謝罪文を提出しました。朝日新聞をして集英社の訂正・削除を「これで南京
    虐殺の場面はほとんど消えてなくなる」と嘆かせる成果を上げました。
    多くの国民が参加した抗議が出版界では「異例」(朝日新聞)とされる結果を勝ち得ました。
    今後の教訓を発展させる上でも、この成果を多く方々と共有・確認しましょう。
    当日は『日本海海戦勝利百周年記念ビール』をご用意しております。皆様のご参加をお待ちし
    ております。

     主 催  國民新聞社 03−3311−1001  
     呼掛人  古賀俊昭 (東京都議会議員)
          佐藤ひろ志(英霊にこたえる会広報委員長)
          永山英樹 (台湾研究フォーラム代表)
          蓮見一郎 (自由主義研究会監査役)
          槇 泰智 (政経調査会代表)
          四宮正貴 (四宮政治文化研究所所長) 


74 :d〇メ〇b (〇m〇):04/11/22 00:30:42 ID:5WST+LdW
行きたいが地方人につき参加は不能。
昨日も帝都の同志がやたらとテンション高い電話をしてきたな。

 ∩ ∩ 今日も明るく
|(^@^)/元気出して
( 州 )がんばろうね
○」 L


75 :右や左の名無し様:04/11/22 19:48:38 ID:???
>>71
なら、「憂国忌」のあとオフ会やろうや。来るかい?諸君。

76 :右や左の名無し様:04/11/23 19:36:01 ID:???
「本宮ひろ志」の「ひろ志」と
「佐藤ひろ志」の「ひろ志」は
どっちも「ひろ」がひらがなで
「志」だけが漢字なのが面白い

77 :右や左の名無し様:04/11/23 21:34:01 ID:dLwEcplY
いつから右翼陣営は死んだもんの慰霊イコール運動みたくなったんかいね
昔は今以上にどんどん死んでいった しかしみんなしかばねを超えてがんばって運動した

と、じいさんがいってました。ちなみにじいさんは○○会議の重鎮です

78 :右や左の名無し様:04/11/23 22:34:03 ID:hKUOqgZU
三島由紀夫≧黛敏郎>>>>越えられない壁>>>>>>>正統民族派

だからな( ´艸`)ププ

79 :右や左の名無し様:04/11/24 17:38:08 ID:???
日本の神道は先祖の霊魂を「神」と呼んで崇敬する美風なのです
「神」とはわが国を造り維持し進歩させてきた先人への尊称です

80 :右や左の名無し様:04/11/25 13:29:34 ID:???
さて、そろそろ出掛け様かな。大日本報靖會君はホントに来るのかな?

81 :右や左の名無し様:04/11/26 14:31:52 ID:???
レポートきぼん

82 :右や左の名無し様:04/11/27 22:42:49 ID:???
文豪・三島由紀夫氏を追悼する第34回「憂国忌」は折からの冷雨にも関わらず、
今年も会場の九段会館を満杯にして厳粛な雰囲気で執り行われました。

83 :右や左の名無し様:04/11/28 17:08:14 ID:???
三島由紀夫氏追悼「憂国忌」は天候に恵まれ、
例年の九段会館で盛大にして静粛に行われ、
全国からの愛国者、三島ファンが集った。
会場前にほぼ満員。
最近とくに若いひとたちの参加が目立つ。

84 :右や左の名無し様:04/11/28 18:10:47 ID:???
ほんと、当日は寒かったね
雨が霙から雪に変わるかと思ったよ
開場まで皆、震えながら九段会館の前で並んでいたね
講演の最中に訳のわからん絶叫を発して、引きずり出された香具師は何だったんだろう

85 :右や左の名無し様:04/11/28 18:16:17 ID:???
多分「英0の肥」でせう。

86 :右や左の名無し様:04/11/28 19:44:36 ID:???
循環型社会を日本から世界へなどと、三島の文化防衛論や保田はイロニーと言ったとかを引き合いに出して、
石油を使って文明を支えているから戦争が起きる、自然と共生した本来の日本の生活に戻せば世界平和になるとか言ってたな。
さすが元朝日新聞編集委員だな。何故右系の集会に左が?訳判らんな。

87 :右や左の名無し様:04/11/29 18:45:15 ID:???
追悼儀式はまず全員が起立して一分間の黙祷のあと、
篠沢秀夫(学習院大学名誉教授)が開会の挨拶、
つづいて発起人の献花が行われ、
井尻千男(拓殖大学日本文化研究所所長)、
藤井厳喜(政治学者)、
八木秀次(高崎経済大学助教授)、
松本徹(文藝評論家)、
玉利斉(ボディビル連盟、三島氏にボディビルを直接教えた)の各氏らが粛々と遺影に献花した。

88 :右や左の名無し様:04/11/30 19:44:24 ID:???
記念講演は元「朝日ジャーナル」副編集長、
サイゴン支局長など戦争ジャーナリストとして十数年、
ベトナム、ラオス、カンボジアにあった井川一久氏が「三島と保田與重郎」と題した文学的文明的日本論を展開、
とくに「エネルギーを、枯渇する石油石炭ガスにたよる物質文明はいずれ戦争を引き起こし、
やがては衰退する。 日本は自然の独自なエネルギーを発明し、国の在り方として農業を重視し、
世界の見本をつくるべきであり、それが保田はイロニーと言ったし、
三島や文化防衛論のなかで皇室の重要性を説いた」とされた。

89 :右や左の名無し様:04/11/30 19:53:57 ID:???
しかし、井川が憂国忌で講演とは・・。
時代は変わるものだ。朝日左派のエースでピースボートにも
肩入れしていた井川が。
こりゃ、来年の憂国忌は本多勝一だったりしてなw

90 :右や左の名無し様:04/12/02 22:37:16 ID:???
追悼挨拶では井尻千男、
細江英公(写真家)、
工藤雪枝(『特攻のレクレイム』の著者)の各氏。
とくにイタリアのポンペイへ撮影に行かれ帰国したばかりの細江英公氏は、
ナポリの撮影現場で多くのイタリアの芸術家がMISHIMAを評価していた事実を紹介された。

91 :右や左の名無し様:04/12/02 22:56:45 ID:???
>しかし、井川が憂国忌で講演とは・・。

なああに 拉致以来 売れなくなったので 日よって様子をみているんだよ
紆余の大物は昔はさよ
サヨの大物は昔の紆余 これはないか

92 :右や左の名無し様:04/12/03 21:47:39 ID:???
第二部の直会では最初に『月刊日本』主幹の南丘喜八郎氏が献杯の音頭をとり、
ひきつづき藤井厳喜、田中英道(東北大学教授)、八木秀次、玉利斉、松本徹の各氏が演壇に立たれた。

93 :右や左の名無し様:04/12/04 21:17:13 ID:???
二日前の福岡憂国忌にも出席した西村真吾代議士秘書の佐々木俊夫氏からは九州での三島記念会の盛況が報告された。
会場には堤堯(元『文藝春秋』編集長)、
阿羅健一(評論家)、
植田剛彦(評論家)、
西村幸祐(評論家)氏ら多彩な顔ぶれがあった。

94 :右や左の名無し様:04/12/05 16:40:36 ID:???
防人(さきもり)の憂国の念の深さに頼もしさが伝わってくる

95 :右や左の名無し様:04/12/23 00:42:54 ID:???
国家とは国民が家族だということだ

96 :右や左の名無し様:04/12/23 01:05:31 ID:jN/C5zAh
愛国・愛民・愛族だな。

97 :右や左の名無し様:04/12/23 04:28:50 ID:hGMxzdwI
時制に媚びず,俗に流れず,権に屈せず,利に走らず
虚名を追わず,悪名を甘受し,起っては斬奸の剣を振るひ
飄々孤高祖国愛に生きる者
之を真の右翼と言ふ


98 :右や左の名無し様:04/12/24 22:45:40 ID:???
志士は溝壑(こうがく)にあるを忘れず、
勇士はその元(こうべ)を喪(うしな)うを忘れず。

99 :右や左の名無し様:04/12/25 22:12:05 ID:???
>>90
工藤雪枝を呼んでるようじゃ駄目だな

100 :<99:04/12/25 23:47:59 ID:S5ufb41q
あの女は確かにどうしようもない。
英王室と日本の皇室の区別もつかない馬鹿だ。三島氏の後輩(東大法卒)が聞いて呆れる。

101 :右や左の名無し様:04/12/26 06:17:46 ID:???
工藤か
特攻隊の話はいいのかも知れないが、朝生で皇室を語って、こいつはバカだと思った

102 :右や左の名無し様:04/12/26 22:30:06 ID:???
朝生なんて番組の存在自体がバカっぽい。

103 :右や左の名無し様:05/01/02 23:04:53 ID:0LVZ29VB
あの番組自体が見世物小屋みたいな物。

104 :右や左の名無し様:05/01/14 23:14:19 ID:???
志村静峯の絵看板とか使って欲しい

105 :右や左の名無し様:05/01/25 19:45:38 ID:???
三島由紀夫研究会・国防問題研究会合同「公開講座」

平成17年1月26日(水曜日)

講師 藤井厳喜氏(政治学者、拓殖大学客員教授)

演題 「国家破産以後の世界と日本」

午後6時開場/7時開演   
会場 大正セントラルホテル・3階大会議室
   【高田馬場駅前・ビッグボックス前】  

会場分担金 会員・学生 千円/一般二千円
録画ビデオ頒布 二千円/事務局までお申し込み下さい。

会終了後、近くの居酒屋で藤井厳喜氏を囲んでの懇親会(別途会費2000円)を行います。

106 :右や左の名無し様:05/02/06 22:03:08 ID:???
三島由紀夫研究会・国防問題研究会合同「公開講座」

今回は、評論家の西村幸祐氏をお招きし、「反日の構造と三島由紀夫──最後の檄文について」と題して行います。
周知の様に西村氏は最近、PHPから『反日の構造』という本を上梓され、
また「Sky Perfect TV! ch767日本文化チャンネル桜」のキャスターとしても現在大活躍されています。
周知の様に中国、韓国、北朝鮮は執拗な反日キャンペーンに狂奔しています。
その殆んどは根拠のないデマの類ですが、何故かくも彼らはデマ・キャンペーンに狂奔するのか? 
その背景を剔抉すると同時に、それによってもたらされた深刻な日本のアイデンティティー危機を分析し、
併せて三島由紀夫が訴えた「最後の檄文」の今日的意義を明らかにします。奮ってご参加下さい。

平成17年2月25日(金曜日)
講師 西村幸祐氏(評論家)
演題 『反日の構造と三島由紀夫の檄文』

     午後6時開場/7時開演   
会場 大正セントラルホテル・3階大会議室
   【高田馬場駅前・ビッグボックス前】

会場分担金 会員・学生 千円/一般二千円
録画ビデオ頒布 二千円/事務局までお申し込み下さい。

会終了後、近くの居酒屋で西村幸祐氏を囲んでの懇親会(別途会費2000円)を行います。

107 :右や左の名無し様:05/02/06 22:26:54 ID:8DS7SPuw
>98
司馬遼太郎の「燃えよ剣」で土方 歳三が近藤 勇に決意を迫るときに言ってた台詞だね
男はこうありたいもんです

108 :男はこうありたいもんです :05/02/07 00:09:05 ID:???
大日本報靖會ってばかなんでしょう?


109 :大日本報靖會ってばかなんでしょう? :05/02/07 00:41:16 ID:???
はい ばかです。


110 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :05/02/07 01:04:27 ID:GXeT71Mi
>>108
>>109

How happy you are!

111 :How happy you are! :05/02/07 01:09:05 ID:???
Oh! you are happy! Good! Very Good!
Are you okay? Recently you have some experience of brain down, haven't you?


112 : ばかです。 :05/02/07 01:13:23 ID:???
Ausgezeichnet!


113 :右や左の名無し様:05/02/10 20:08:46 ID:???
三島由紀夫が最初の海外旅行に出航したのは1952年のクリスマス、横浜港からで、はじめは船でハワイへ行った。
三島は例によって細かな旅日記を綴り、その心境を鮮明に書いた。
既に文壇の寵児として名声を確立してゆく過程にはあるが、まだこの時点では「仮面の告白」がベストセラーになっていた程度、まして海外では全く無名である。
従って米国についての感傷的な記述もないかわりに占領政策を攻撃する激甚な文章も「私の遍歴時代」と「アポロの杯」には見あたらない。
三島が占領政策に直接的な容喙をするのは昭和40年代であり、昭和20年代の中から寓話的批判を選ぶとすれば「鍵のかかる部屋」が、主権を失っていた時代の日本のデカダンスを描いた作品である。
その占領政策に抵抗できない日本人の精神の退廃をインモラルな役人とセックスに奔放な人妻と、その子供を通して背徳的な世相を描いている。
ともかく三島は最初の海外雄飛でハワイへ寄港し、半年のもわたる長い旅の第一歩を印(しる)した。
それから南米へ足を延ばし、やがてパリへ、最後は「憧れに憧れた」ギリシャの聖地・デルフィへ。
そこでめくるめく感動を覚えた三島は「アポロの杯」にその思いの丈を書いた。
アテネでもディオニソス劇場跡に何回か赴き、ゼウスしんでんでは日がな寝そべって空を見上げ、その幸福感に浸った、とある。

114 :右や左の名無し様:05/02/18 20:22:20 ID:???
最後にローマへ戻って、ヴァチカンへ二度行っている。
帰りの飛行機がでる直前にもう一度、三島はヴァチカンへもどって、ある英雄の像を見上げた。
ここが問題である。
三島は何故、二回もヴァチカンに行ったのか。何をそこに見ようとしたのか、が長い間誤解されてきた。
「太陽!太陽!完全な太陽!」と三島は「アポロの杯」で叫んだ。
太陽へのあこがれは、この船による長旅で、ハワイに近づくにつれ日光が強烈になる。
「私は暗い洞穴から出て、はじめて太陽を発見した思ひだつた」と彼は「私の遍歴時代」にもしるすのである。
そしてデッキで日光浴をしながら、「肉体的な存在感」が稀薄なことを改めておもい至る。
「存在感」への飢渇感を三島は実感するのである。
だからこそ、あの強烈な肉体美を誇るギリシアの彫刻の美に吸い寄せられ、ギリシアは「眷恋の地」と表現されるに至る。

115 :右や左の名無し様:05/02/20 13:51:16 ID:???
昨年末、北朝鮮は偽遺骨を送りつけてきました。
日本の世論は硬化し経済制裁を求める声が急速に高まっております。
しかし、小泉内閣は対話を繰り返すのみで拉致問題解決の具体的政策を示すに至っていません。
6カ国協議再開の目途も立たない現在、日本は北朝鮮にどう向き合うかについてお話いただきます。

平成17年3月10日(木曜日)
講師 池 東旭氏(ジャーナリスト)
演題 『拉致問題と北朝鮮制裁』

午後6時開場/7時開演

会場
大正セントラルホテル・3階大会議室
【高田馬場駅前・ビッグボックス前】 

会場分担金 会員・学生 千円/一般二千円
録画ビデオ頒布 二千円/事務局までお申し込み下さい。

会終了後、近くの居酒屋で池 東旭氏を囲んでの懇親会(別途会費2000円)を行います。

116 :右や左の名無し様:05/02/21 20:26:16 ID:???
>>114
三島にとっての「戦後民主主義」は、
こうして「ギリシア」に象徴される、
彼の独自の世界へと逃亡しているのである。
つまり「敗戦」と日本精神の希薄化状況、
アメリカ化への絶望が「暗い洞穴」であり、
「初めて太陽」を、世界人類史の民主主義発祥の地を見て、
思いついたのである。  

 「私は希臘にゐる。私は無上の幸福に酔つてゐる」
 「絶妙の青空。絶妙の風。夥しい光」
 「私はかういふ光りと風を心から愛する」
 対して日本の
 「知識人の顔といふのは何と醜いのだらう」
 
三島はこうしてギリシャに新しい人生の理想を見出していく。
つまりギリシアの美に憧れた三島は自らの筋肉も懸命に鍛え上げれば、
あのような美しい体を形成出来るとしてボデイビルにいそしむのだが、
単純にそう考えてしまうと時間的スパンの計算が合わなくなってしまう。

117 :右や左の名無し様:05/02/22 21:13:27 ID:???
三島にボディビルを家庭教師として教えた玉利さとし氏によれば「潮騒」で成功し、
次の「金閣寺」へと移る期間に本格的な練習を始めたそうで、
そうなると昭和29年から30年にかけてのことになり、
すると帰国後しばらくは他のスポーツをしていていた。
それはボディビルを始めるには当時の三島の肉体はとても人前にさらせるものではなく、
兵役検査不合格が示すように腺病質で虚弱な体質であった。

118 :右や左の名無し様:05/02/24 20:36:40 ID:???
三島はギリシアへ行って、
人生観を改め、
まずは自らの肉体を「ギリシア化」する決意をしたのである。
その決意、
その強い動機の一つとなったのがヴァチカンのアンテイノウス像だった。

119 :右や左の名無し様:05/02/27 21:01:03 ID:???
三島はアンティノウス像を以下のように描いた。
「キリスト教の洗礼を受けなかったギリシアの最後の花」
つづけて三島は書いた。
「さやうなら、
アンティノウスよ、
我らの姿は精神にむしばまれ、
既に年老いて、
君の絶美の姿に似るべくもないが、
ねがわくはアンティノウスよ、
わが作品の形態をして、
些かでも君の形態の無上の詩に近づかしめんことを」(「アポロの杯」)。  
アンティノウス像は凛として引き締まり、
無駄のない、
戦士の筋肉、
勇者の面魂をもって悠久の歴史から現代人へ「命より大事なものがある」と呼びかけているようだ。

120 :右や左の名無し様:05/02/28 02:34:50 ID:???
そのとおり命より大事なものがあるんだから
ウヨはあの世にいってくれ

121 :右や左の名無し様:05/03/06 00:44:24 ID:???
>>119
三島がそれから18年の後、
「檄」のなかで「命より大切なものがある」と激甚きわまる文章を綴ることになろうとは、
まさかこの時点での彼自身想像していたわけではないであろうけれど・・・・・・ 
その像を見上げた。凛々しくも雄々しく、猛々しくも優しいアンティノウス。
長く見入っていると古代ローマへタイムタプセルの搭乗して、飛び込んでしまった気になる。
アンティノウスはマケドニアをケルト族の侵略から守った。
彼は國のため、家族のため、そして名誉のために闘った。
さて問題点は二つ、早くも、ここで浮上している。
現在の地政学がこびりついている現代人の感覚に「ギリシア・ローマ」を一括して「ヘレニズム」と呼ぶことは歴史で習っても、教室の感覚でしかないだろう。
当時はともに都市国家の連合体形式の奇妙な国家であったものの世界最高峰の文化水準を誇り、また同時に世界最大の経済力を基盤に世界最強の軍事力を誇った。
「全ての道はローマに通ず」と言われた。
北アフリカからトルコにかけて旅行すると明らかになるが「歴史的遺跡」は殆どがローマ時代のものである。
だから三島はギリシアとローマを区別して認識しながらも混同したように用いている箇所は、まさに「ギリシア・ローマ時代」のことである。
そして「キリスト教の洗礼を受けなかったギリシアの最後の花」という意味は、
日本の歴史に置き換えて言えば「唐」文化に染まる、仏教渡来以前の、最後の日本文化の花、という意味に取って良いのである。
それはヤマトタケルか。
「大和は国のまほろばたたなずく、青垣山こもれる大和しうるわし」か。

122 :右や左の名無し様:05/03/13 01:24:07 ID:???
このときの三島は表面的には単なる「ギリシア狂い」ではあったけれど、
後の歴史的覚醒が深く潜伏していく最初の過程と考えれば、
あれほど、
アンティノウス像に憑かれたか、
分かるような気がしてくるのである。
アンティノウスは純粋にして純正な根源的文化の象徴でもあり、
晩年の「文化防衛論」の論旨に繋がる萌芽がこの文章に早くも見えているのだ。
もうひとつは芸術至上主義の極致として、
「無上の詩」と表現し、
三島はそれからの人生の目標をそこにさりげなく挿入しているのである。

123 :右や左の名無し様:05/03/16 21:13:39 ID:???
そして現実に三島は大きく変わっていく。
帰国後の三島はギリシアとローマの影響をうけて、
その明るいまでの肉体美を憧憬としつつ「禁色」第二部の物語展開を変更し、
さらに「潮騒」という、それまでの三島にはなかった健康そのものの明るい物語を書くのだった。
筆者が最初にローマへ行ったのは昭和47年春。
仕事だったためにでヴァチカンは一望しただけである。
むろんアンティノウス像をみる時間さえなかった。
二度目のイタリア行きはミラノが中心でヴァチカンを見たのは僅か30分だった。

39 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)